06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

更新二段目~

2012年 10月18日 02:12 (木)

IMG_91690.jpg

IMG_93940.jpg

ルイズとぽってたんです。

これで手持ち在庫は全てUP完了。

ところが、ご使用のパソコンによってはぽってたんの画像が一部表示されないかも?なので、
お気づきの方はご一報ください!

雨過天晴 ←こちらより

久々に本家更新

2012年 10月10日 23:03 (水)

IMG_8886.jpg

IMG_8921.jpg

IMG_9082.jpg

作り溜めていた作品を久々に本家HPにUPしました。

まどマギ三人娘でございます。
劇場版公開にあわせて、ということで。

こちらからご覧下さい。

他まだ二人いるので近々UPしますですわ。

ワイルドチキン・同志社大学模型研究会合同展示会レポ

2012年 09月21日 01:11 (金)

先日9月16日、17日の両日にわたってボークス大阪にて開催されましたが、
作品数も昨年を上回り、目玉の大型作品も揃い、実に見ごたえのあった展示会であったなあと自賛。(私は作品を持ち込んだだけで事務方の手続きはろっきぃさんやなにじゅうさんにお任せでしたが)


とりあえず、今回の(多分)新作発表となる会員の展示物を紹介していくとしましょう!


IMG_8518.jpg

IMG_8522.jpg

IMG_8523.jpg

新旧JSDF戦闘爆撃機のそろい踏み!

IMG_8525.jpg

IMG_8540.jpg

IMG_8562.jpg

今回の目玉作品となった空母瑞鶴と赤城です。
大戦初期と末期の空母の対比という意味でも実に興味深い。

IMG_8563.jpg

IMG_8568.jpg

IMG_8558.jpg

ソロモン海域の砲撃戦が蘇ってきますね。

IMG_8571.jpg

なんか背筋が寒くなってくるような・・・。

IMG_8573.jpg

IMG_8635.jpg

IMG_8637.jpg

ミルキィーパステルをAFVに使用とは・・・予想の斜め上でしたね。でもウェザリングがしっかりしているので全く違和感ない。

IMG_8547.jpg

!?

IMG_8545.jpg

IMG_8575.jpg

フィギュアを沈めるとは・・・これはアイデアもの!

IMG_8607.jpg

IMG_8617.jpg

スクリーンショット 2012-09-02 2.26

IMG_8608.jpg

以下、私めの新作。
近々HPにアップしますが先行してお披露目。

IMG_8629.jpg

IMG_8621.jpg

IMG_8622.jpg

IMG_8625.jpg

IMG_8630.jpg

総数200近く?集まったので、新作だけでも拾いきれていないと思いますが、とりあえず質・量ともに十分な内容であったと思います。
それでも空白スペースが目立ったのだとしたらそれはもう現有両会員の手に余るなあという感じです。

さらに充実した展示会をどうやって目指していくかは来年に向けた課題ということで。

ワイルドチキン・同志社大学模型研究会合同展示会のお知らせ

2012年 09月04日 03:05 (火)

たまゆら聖地巡礼記もうしばらくかかりそうなので、つなぎの記事。

9月16日、17日に大阪ボークスにて同志社大学模型研究会OBサークル・ワイルドチキンと同志社大模型研による合同展示会

を開催いたします。

日本橋にお立ち寄りの際は気軽に覗いてみてくだいな〜。

DMAOBの方は勿論大歓迎です。


さて、最近、久々にラノベを読んだので紹介
ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)
(2012/08/17)
筒井 康隆

商品詳細を見る


なんと『時をかける少女』の筒井康隆大先生の作品ですよ。挿絵はいとうのいぢ。

なになに

主人公のハーフ美少女女子高生で生物部に所属するビアンカは、ウニの生殖実験をしていたが、退屈を感じたところで
「そうだ、人間の生殖について研究しよう」と思いつく。

とりあえず後輩の塩崎に精子の提供を求めるが、「ビアンカの前で自分でなんてできない」ということでビアンカが抜いてやることになってってってって

エロ小説じゃないですか!!

精子を顕微鏡で観察したビアンカ。
求める卵子にも出会えず、死に絶えて行く精子を哀れに思ったビアンカが次にひらめいたのは「自分の卵子をいれてみよう」。

いやあ、実に危ない危ない。

冒頭はこんな感じですが、中盤からは筒井氏らしいSF未来もの展開になっていきます。

御年77歳の大先生がラノベを書いたというだけでも驚きですが、内容にも驚愕でしたわ。。。

☆3.5

盛大に祝いましたね・・・

2011年 12月26日 03:45 (月)

24日「嘆きの聖誕祭」参加の皆さん、お疲れ様でした。

カラオケでも歌いだけ歌って、存分に楽しめましたワイ。(少し飲みすぎた・・・。)


本家サイトのフィギュア新作を載せてありますのでよろしければご覧ください。