08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

信州巡礼③・・・いよいよ本命の地へ!

2009年 11月11日 20:41 (水)

IMG_9951.jpg

諏訪大社を見終わったところで、諏訪湖を離れて上田市へと向かいます。

まずは上田市郊外別所温泉近くの塩田地区にある旧西塩田小学校へ。

かつて小学校として使われていた校舎は現在高校校舎として再利用されていますが、
外観及び内部は昔懐かしい雰囲気が残り、アニメ・映画等で登場しています。

私の知っているところでは『雲のむこう、約束の場所』とminoriのゲーム『はるのあしおと』でしょうか。

上記のとおり、現在は高校校舎として現役で使われているので、所々新しくなっていたり、取り壊されていたり『雲のむこう』登場シーンを全て網羅できなかったのが残念。
とりあえず校舎の様子なぞ。

IMG_9903.jpg

IMG_9895.jpg

IMG_9905.jpg

IMG_9906.jpg

IMG_9899.jpg

『雲のむこう』の学校ワンシーンとして印象的な水のみ場ですが、屋根が外されかなり印象が違っていました。

IMG_9919.jpg

校舎はse○omのシステムが装備されており、入ることは全く出来ませんでしたので窓越しに外から。

IMG_9943.jpg

こちら体育館。



さて、西塩田小学校を見終わり、一路上田市街地へ。

IMG_9956.jpg

上田市といえば上田城、上田城といえば真田幸村・・・ではなく、陣内家と『サマーウォーズ』!
上田駅に到着すると早速


IMG_0037.jpg

IMG_9963.jpg

IMG_9961.jpg

IMG_9960.jpg

IMG_9959.jpg

ここまで大々的にやっているとは正直驚きです。
これも『時かけ』効果でしょうか?


昼食のために一階が蕎麦屋になっているホテル「祥園」で偶然

IMG_9964.jpg

こんな色紙が。

ホテルの人に聞いたところでは、ロケハン終了後、ここの居酒屋でスタッフが打ち上げをしたとか。
知らずに入ったとはいえ、なんとも幸先のよい。


さて、駅から歩いて10分ほどで上田城到着。

IMG_9979.jpg

『サマーウォーズ』作中登場する陣内家正門はこの上田城門がモデル。

かつて真田家が徳川軍を二度にわたり破った上田城ですが、現在はお堀と城門を残すのみで天守閣はありません。

かわりに場内には真田神社が鎮座しています。

IMG_9994.jpg


で、気になる絵馬のほうは・・・



IMG_9997.jpg

IMG_9995.jpg

IMG_0001.jpg

もう、BASARA様様ですな。
(当然ですが東方系は一切なし)


と、まあ思った以上に内容の濃いツーリングとなりました。

帰りは上信越自動車道→中央道で一気に岐阜まで帰りましたが、料金たったの1000円。

燃料代が思ったよりかかりましたが、それを除けばずいぶんリーズナブルな旅行でした。
電車で来る方は上田電鉄で陣内家への旅路をトレースするのもいいかもしれません。


全三回の巡礼記でしたが、ご覧いただいた皆様、どうもありがとうございました。

またの機会をお楽しみに!!

蒼空の果てには

2009年 05月01日 02:21 (金)

回転IMG_5553

『雲のむこう』巡礼の旅、行ってきました。

当初予定を変更してフェリーにて敦賀を出て秋田上陸。

そのままバイクで日本海沿いを北上して、津軽半島へ。
途中、十三湖を横目に見つつ、残雪残る峠を越えると眼下に竜飛崎が。

回転IMG_5500

はるか彼方に見えるのはユニオン領地のエゾですな。
何度も足を運んでいるエゾですが、本州から見るとやはり「異国」という感じがして、心の奥からこみ上げる感慨のようなものがあります。

曇りなき蒼空に突き抜ける塔ですか・・・

主人公らが憧れを持って見つめた心情、よーわかりますよ。

IMG_5529.jpg

本州最北端の終着駅三厩です。

IMG_5542.jpg

蟹田をはじめ、作中冒頭の中学生時代の風景は駅ホームが多い。

IMG_5541.jpg

ほんとにここが本州の終着点なんですな。

IMG_5558.jpg

三厩から30分ほど上がったところにあるのが蟹田駅。
登場頻度では一番多いかと。

IMG_5569.jpg
IMG_5576.jpg
IMG_5590.jpg

蟹田駅周辺も含めて紹介しましたが、ここですでに日暮れ時。

この日は宿泊地の浅虫温泉に向かい、翌日は下北半島『クラナド』における「世界の果」を目指します。