08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

Wake Up,Girls!〜Beyond the Bottom〜舞台探訪記

2016年 01月27日 22:48 (水)

b_wug2b_p_top.jpg

Wake Up,Girls!〜七人のアイドル・TV版〜舞台探訪記
Wake Up,Girls!〜青春の影〜舞台探訪記

ー敗れてもなお、諦められないものがあるー
「7GW」を引っさげて仙台より上京しメジャーデビューを果たしたWUGは続く2ndシングル「素顔でkiss me」の販売不振に苦しみ、早坂から渡された「少女交響曲」を手に自らの原点である仙台に戻ってきます。「雑草魂」を胸に仙台で再スタートを切り、その中で「WUGらしさ」とは何かをそれぞれのメンバーが模索しながら成長していきます。一方のI-1 clubは白木が仕掛けた「チームM」と「チームS」によるセンター争いにより再びミリオンセラーを回復、代償として志保はセンターの座を萌歌に譲ります。しかし白木の命により博多へと飛んだ志保は新ユニット「ネクストストーム」として活動を開始し、復活を誓います。WUG、I-1、ネクストストーム、物語を引っ張って来たアイドルたちは再び、年末のアイドルの祭典へと収斂していきます。
続・劇場版後半となる「Beyond the Bottom」は仙台を中心としながら、東北各県から関東、中部、関西、中国、そして九州とこれまでにない範囲が舞台となりました。まさしく全国を駆け巡るWUG、そしてI-1やネクストストームの姿を実際の背景とともにお楽しみください。

※記事中では店舗内写真を掲載しておりますが、全て許可をいただいた上で撮影しています。また、駅ホーム等での撮影は危険を伴いますので、聖地巡礼の際にはルールに従っての撮影をお願いします。


b_wug2b_c_0001.png b_wug2b_p_0001.jpg
続・劇場版後編:未来塾進学会木町通教室
スタートはグリーンリーヴズの事務所から。メンバーの総意はbvexに籍を置きつつも、bvexのプロモーションには乗らずWUGとして独自の活動をしていくことになりました。目標は全国アイドルの頂点を目指すアイドルの祭典。

b_wug2b_c_0002.png b_wug2b_p_0002.jpg
続・劇場版後編:仙台放送本社
仙台に再び拠点を戻すということで丹下と松田は再び地方放送局での出演を申し出ます。

b_wug2b_c_0003.jpg b_wug2b_p_0003.jpg
続・劇場版後編:宮城県庁
始まりの地、勾当台公園の野外ステージで、初期の衣装での出演。

b_wug2b_c_0004.png b_wug2b_p_0004.jpg
続・劇場版後編:勾当台公園(写真:やなっさん提供)
今回WUGが出演したイベントは恒例となっている仙台乳製品フェアですが、物語の舞台となっている2015年は秋開催でした。

b_wug2b_c_0005.png b_wug2b_p_0005.jpeg
続・劇場版後編:勾当台公園
前方を陣取る仙台のワグナーたち。

b_wug2b_c_0006.png b_wug2b_p_0006.jpeg
続・劇場版後編:勾当台公園
「ここから、Wake Up,Girls!の本当の活躍が始まるんだ。」
大田の脳裏に蘇るのは1年半前、勾当台公園での島田真夢との衝撃的な再会でした。そしてこの地にWUGが再び立っていることは感慨深いものがあったでしょう。

b_wug2b_c_0007.png b_wug2b_p_0007.jpeg
続・劇場版後編:EBeanS
「少女交響曲」を武器に地元での活動を再会しファンを着実に増やしていくWUG。

b_wug2b_c_0008_2016012721364480c.png b_wug2b_p_0008.jpg
続・劇場版後編:EBeanS
現在はアニメイト他サブカル系の店舗が多数入店しており、アニメファンで仙台に訪れた方なら一度はEBeanSに足を運ばれたことかと思いますが、1階にイベントスペースがあり、実際にWUGのようにご当地アイドルによるライブも開催されているようです。

b_wug2b_c_0009.png b_wug2b_p_0009a.jpg
続・劇場版後編:勾当台公園市民広場
こちらはステージ規模から察するに、さきほど紹介したのとは反対側の勾当台公園ステージのようです。

b_wug2b_c_0010.png b_wug2b_p_0010.jpeg
続・劇場版後編:東北ろっけんパーク
続いて仙台駅前から伸びるアーケード街クリスロードにある東北ろっけんパークです。こちらでは劇場版後編の放映開始と合わせてWUGスタンプラリーやポスター、等身大パネルなどの展示を行っていました。

b_wug2b_c_0011.png b_wug2b_p_0011.jpeg
続・劇場版後編:仙台福祉プラザ
こちらは仙台市営地下鉄五橋駅近くにある仙台福祉プラザ1階のイベントホール、ふれあいひろばミニコンサートです。
期間によっては企画展示会場としても利用されているようです。

b_wug2b_c_0012.png b_wug2b_p_0012.jpeg
続・劇場版後編:仙台福祉プラザ

b_wug2b_c_0013.png b_wug2b_p_0013.jpeg
続・劇場版後編:仙台城趾
こちらは仙台城趾で活躍中の伊達武将隊の皆様。武将隊による演舞が時折仙台城趾で開催されているようで、通常は展望台にて行っているそうです。

b_wug2b_c_0014.png b_wug2b_p_0014.jpeg
続・劇場版後編:仙台城趾
「そうか、江戸で荒波に揉まれたか。」
展望台近くの休憩所で語り合うのはWUGと伊達武将隊の伊達政宗、片倉小十郎重長、畑の3人。映画パンフレットにもあるとおり、伊達武将隊の声優は現役で活躍中のご本人たちがこなしているそうです。

b_wug2b_c_0015.png b_wug2b_p_0015.jpeg
続・劇場版後編:仙台城趾
「それでここで一からやり直しと。なかなか骨のある姫たちですな、正宗様。」
「はい、畑もその心意気、素敵に思いまする。」

b_wug2b_c_0016.png b_wug2b_p_0016.jpeg
続・劇場版後編:仙台城趾
「はぁ、まぁ。」
少し押され気味の夏夜。

b_wug2b_c_0017.png b_wug2b_p_0017.jpeg
続・劇場版後編:仙台城趾
「曇りなき 心の月を さきたてて 浮世の闇を 照らしてぞ行く」

b_wug2b_c_0018.png b_wug2b_p_0018.jpeg
続・劇場版後編:仙台城趾
有名な伊達政宗の辞世の句、意味は「何も見えぬ真っ暗な闇の中で、月の光を頼りに道を進むように、戦国の先が見えない時代の趨勢を自分が信じた道を頼りに、ただひたすら歩いてきた人生であった」。
つまり、自らの信じた道を行くべきであろう、ということ。

b_wug2b_c_0019.png b_wug2b_p_0019.jpeg
続・劇場版後編:仙台城趾
「なりきりすごいね〜!」
「なりきり?何のことじゃ?」「意味が分からん!」
「これぞプロだね。」

b_wug2b_c_0020.png b_wug2b_p_0020.jpg
続・劇場版後編:MACANA
そして東京遠征前に「ちょっと一旗、あげてきます」のライブを行ったMACANAでも。

b_wug2b_c_0023.png b_wug2b_p_0023.jpeg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
その頃、I-1 clubではセンター争いに勝利した萌歌が志保と交代、そしてさらに志保の博多「左遷」が話題に。

b_wug2b_c_0024.png b_wug2b_p_0024.jpeg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
「左遷」の概要は、I-1 clubの研究生を何人か福岡に移転させて、新ユニット「ネクストストーム」を結成、そのセンターを志保が務めるというものでした。

b_wug2b_c_0025.png b_wug2b_p_0025.jpeg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
「しかけるね〜。」
「しほっちともかにセンターを競わせて、負けた方を左遷だなんて、いくら話題作りでも酷くない?」

b_wug2b_c_0026.png b_wug2b_p_0026.jpeg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
「いかにも白木って人がやりそうなことだよね。」
「しほっち、辞めちゃったりしないかな…。」

b_wug2b_c_0027.png b_wug2b_p_0027.jpeg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
「それはないよ。志保はそんなに弱くない。今までだって、厳しい世界をずっと勝ち抜いて来たんだもの。わたしたちも頑張らないとだよ。早坂さんがくれた「少女交響曲」。」
「夏が過ぎたらこの曲で戦うことになる。それまでにみつけないとね。私たちらしさ、Wake Up,Girls!らしさを。」

b_wug2b_c_0029.png b_wug2b_p_0029.jpeg
続・劇場版後編:Crosby
そして国分町にあるJazz Bar Crosby。

b_wug2b_c_0030.png b_wug2b_p_0030.jpeg
続・劇場版後編:Crosby
一日何回かマスターも入ってのJazz生演奏がありますが、日によっては作中通りボーカルが入ることもあるそうです。

b_wug2b_c_0031.png b_wug2b_p_0031.jpeg
続・劇場版後編:Crosby
そこで歌っていたのはなんと、「七人のアイドル」冒頭で丹下社長から「あばずれ」呼ばわりされて事務所を飛び出したサファイヤ麗子こと佐藤勝子でした。

b_wug2b_c_0032.png b_wug2b_p_0032.jpeg
続・劇場版後編:Crosby
「久しぶり、じゅんじゅん。」
「その呼び方はやめて。」

b_wug2b_c_0033.png b_wug2b_p_0033a.jpg
続・劇場版後編:Crosby
そう、二人は「セイント40」時代の元同僚だったわけで。

b_wug2b_c_0034.png b_wug2b_p_0034.jpeg
続・劇場版後編:Crosby
「元気になったの?」
「あのとき、入院費を出してくれなかったら、わたし…」
「いいのよ、ただし倍返しね。」

b_wug2b_c_0035.png b_wug2b_p_0035.jpeg
続・劇場版後編:Crosby
そして佐藤勝子の口から二年前の丹下社長資金持ち逃げ事件の真相が語られるわけです。
いや、長い伏線でしたねw

b_wug2b_c_0036.png b_wug2b_p_0036a.jpg
続・劇場版後編:Crosby
「さっきの歌、いいわね。あの頃と変わらない。あなたいい声している。」
「やめてよ、もうおばちゃんよ。」

b_wug2b_c_0037.png b_wug2b_p_0037.jpeg
続・劇場版後編:未来塾進学会木町通教室
そして夏休みに入りを契機にWUGは全国的なゲリラライブにより知名度を上げる戦略を採ります。その足となるのが丹下社長が特別に用意してくれたドロドロのワゴン車w

b_wug2b_c_0038.png b_wug2b_p_0038.jpeg
続・劇場版後編:未来塾進学会木町通教室
まあ多少の不満はあるものの…

b_wug2b_c_0039.png b_wug2b_p_0039.jpeg
続・劇場版後編:未来塾進学会木町通教室
とりあえず洗車を始めるWUGですw

b_wug2b_c_0040.png b_wug2b_p_0040.jpeg
続・劇場版後編:未来塾進学会木町通教室
「何やってんだお前ら。」

b_wug2b_c_0041.png b_wug2b_p_0041.jpeg
続・劇場版後編:未来塾進学会木町通教室
「ゴンちゃんのお風呂だよ~。」

b_wug2b_c_0042.png b_wug2b_p_0042.jpeg
続・劇場版後編:未来塾進学会木町通教室
そんなわけで「WUG」デコレーションが施されたワゴン車にて出発。

b_wug2b_c_0043.png b_wug2b_p_0043.jpeg
続・劇場版後編:秋田駅
遠征の最初の目的地に選んだのは男鹿なまはげーずが本拠地とする秋田です。アイドルの祭典東北ブロック最大のライバルと目されているライバルへのあいさつ回りですね。

b_wug2b_c_0044.png b_wug2b_p_0044.jpeg
続・劇場版後編:秋田 Club Swindle
男鹿なまはげーず定例ライブ会場として登場するクラブハウスですが、どうやら秋田市内にあるClub Swindleのようです。秋田市内でも最大級のクラブハウスということで、正式に取材は受けていないようですがモデルとして間違いなさそうです。

b_wug2b_c_0045_201601241103449e9.png b_wug2b_p_0045.jpg
続・劇場版後編:岩手山
秋田で男鹿なまはげーずとのライブを終えたWUGは東北を南下。ワンカットのみ登場する山は岩手山かと思われます。

b_wug2b_c_0046.png b_wug2b_p_0046.jpeg
続・劇場版後編:郡山駅
福島県郡山駅前での宣伝活動。

b_wug2b_c_0047.png b_wug2b_p_0047.jpeg
続・劇場版後編:桜木町駅
関東入りして今度は横浜・桜木町駅前にて。作中登場するのは桜木町リニュアール前の姿のようです。

【2月12日追記】
b_wug2b_c_0048.png b_wug2b_p_0048.jpeg
続・劇場版後編:甲府駅
関東から甲信越地方を目指す一行は甲府駅前にて宣伝活動。なお、甲府駅前は現在工事中で、作中とは若干様子が変わっています。

【2月12日追記】
b_wug2b_c_0049.png b_wug2b_p_0049.jpeg
続・劇場版後編:富士山
途中、山梨県側からの富士山の風景が登場しますが、今回は河口湖から撮影しました。

b_wug2b_c_0050_20160124110345a37.png b_wug2b_p_0050.jpeg
続・劇場版後編:梅花園
さらに甲信越地方を行脚するWUGが立ち寄ったのは飯田市。
場所は飯田市中心部より南に少し離れた飯田市運動場近くのリンゴ園が広がる国道233号線沿いになります。

b_wug2b_c_0051_201601241103471f2.png b_wug2b_p_0051.jpeg
続・劇場版後編:梅花園

b_wug2b_c_0052_201601241103495a8.png b_wug2b_p_0052.jpeg
続・劇場版後編:梅花園
梅花園前を歩いていた老婆ですが、梅花園さんのお話によると、若い方ですがここの娘さんがモデルではないかとのことです(笑)

b_wug2b_c_0053_201601241103503c2.png b_wug2b_p_0053.jpeg
続・劇場版後編:梅花園
「たいへ〜ん!」

b_wug2b_c_0054_20160124110418e8e.png b_wug2b_p_0054.jpeg
続・劇場版後編:梅花園
こちらでは冬はリンゴを販売していますが、8月頃には桃が最盛期になるそうです。

b_wug2b_c_0055_20160124110419b4b.png b_wug2b_p_0055.jpeg
続・劇場版後編:梅花園

b_wug2b_c_0056_20160124110421123.png b_wug2b_p_0056.jpg
続・劇場版後編:梅花園
「みんなごめんね〜」
「いえいえ!」

b_wug2b_c_0057_20160124110422af9.png b_wug2b_p_0057.jpeg
続・劇場版後編:飯田市動物園
こちらは飯田市市街地にある飯田市動物園。入園無料で見学も可能ということもあり、休日は家族連れで結構な人入りです。

b_wug2b_c_0058_20160124110424b23.png b_wug2b_p_0058.jpeg
続・劇場版後編:飯田市動物園
動物園内にレールが敷かれており、そこを走るミニSLの乗り場となっている「どうぶつのくに駅」がライブ会場として登場しています。動物園だけにわぐずーずーですねw

b_wug2b_c_0060.jpg b_wug2b_p_0060.jpg
続・劇場版後編:大阪駅
そこから関西入りして大阪駅北口にて宣伝活動。大阪駅から阪急梅田駅への乗換通路に当たります。

b_wug2b_c_0061.png b_wug2b_p_0061.jpeg
続・劇場版後編:広島平和記念公園
続けて中国地方は広島市。

b_wug2b_c_0062.png b_wug2b_p_0062.jpeg
続・劇場版後編:元安橋(広島)
ゲリラライブを行っているのは平和記念公園近くの元安橋。太田川沿いにテイクアウトできるショップもあったり、非常に景観の良い場所なので散歩道している市民の方も多いようです。

b_wug2b_c_0063.png b_wug2b_p_0063.jpeg
続・劇場版後編:博多駅
そして遂に九州上陸。映画パンフレットにもあるとおり、今回は博多のロケハンに力を入れたというだけあって、背景の描写が非常に丁寧です。

b_wug2b_c_0064.png b_wug2b_p_0064.jpeg
続・劇場版後編:博多駅前
「今日も暑いな〜」

b_wug2b_c_0065.png b_wug2b_p_0065.jpeg
続・劇場版後編:博多駅前
「そういえばしほっちどうしているんですかね〜。」

b_wug2b_c_0066.png b_wug2b_p_0066.jpeg
続・劇場版後編:博多駅前
全国行脚の最中、I-1の愛から「志保に会ってほしい」と連絡を受けた真夢は…

b_wug2b_c_0067.png b_wug2b_p_0067a.jpg
続・劇場版後編:博多川(福岡)
真夢と志保が再開するのは博多川沿い。市内で那珂川から分岐している幅の狭い河川です。

b_wug2b_c_0068.png b_wug2b_p_0068.jpeg
続・劇場版後編:冷泉公園前(福岡)
志保から待ち合わせ場所に指定されたのは冷泉公園前の交差点。

b_wug2b_c_0069.png b_wug2b_p_0069.jpeg
続・劇場版後編:冷泉公園前(福岡)
そこでやって来たのは私服姿の志保。

b_wug2b_c_0070.png b_wug2b_p_0070.jpeg
続・劇場版後編:冷泉公園前(福岡)

b_wug2b_c_0071.png b_wug2b_p_0071.jpeg
続・劇場版後編:冷泉公園前(福岡)
アイドルの祭典以来、半年ぶりの再開。

b_wug2b_c_0072.png b_wug2b_p_0072.jpeg
続・劇場版後編:明治橋(福岡)
二人が歩いて来たのは博多川に架かる明治橋。博多の繁華街裏方に当たり、なんとも雑然とした地方都市らしさを醸し出す場所ですね。

b_wug2b_c_0073.png b_wug2b_p_0073.jpeg
続・劇場版後編:明治橋(福岡)
「…そう、全国回ってるんだ。」
「うん。ちょっと痩せた?」
「うん、体絞ったの。」

b_wug2b_c_0074.png b_wug2b_p_0074.jpeg
続・劇場版後編:明治橋(福岡)
「…同情はいらないから。」
「してないよ。」
「白木さんに、ここで新しい波を作れと言われたの。」

b_wug2b_c_0075.png b_wug2b_p_0075.jpeg
続・劇場版後編:セブンイレブン博多中洲三丁目店(福岡)
「わたし、これが運命だと思っている。これでまた、真夢と同じ土俵に立てた。」

b_wug2b_c_0076.png b_wug2b_p_0076.jpeg
続・劇場版後編:明治橋(福岡)
「真夢は仙台で、わたしは博多で、東京から遠く離れた場所で、もう一度アイドルのトップを目指すの。」

b_wug2b_c_0077.png b_wug2b_p_0077.jpeg
続・劇場版後編:明治橋(福岡)
「アイドルの祭典で決着を付けましょう。じゃ、またその時に…」

b_wug2b_c_0078.png b_wug2b_p_0078.jpeg
続・劇場版後編:セブンイレブン博多中洲三丁目店(福岡)
「真夢、とんこつラーメンの美味しい店、後でメールする。」
「ありがとう。」
かつてI-1センターとしてアイドル界の頂点に立ち、敗れて地方からもう一度這い上がる。真夢と視線を同じくした時、志保の中にも変化が現れたようです。

【2月12日追記】
b_wug2b_c_0079.png b_wug2b_p_0079.jpg
続・劇場版後編:東京スカイツリー
そして志保が去った後、萌歌がセンターとして率いるI-1もアイドルの祭典目指して猛特訓が続いてました。「絶対負けない」かつて志保が口にした言葉ですが、国民的アイドルのセンターを勝ち取った者としての宿命のようなものを感じますね。

b_wug2b_c_0080.png b_wug2b_p_0080.jpeg
続・劇場版後編:一番町
さて、アイドルの祭典東北ブロックでは、再び男鹿なまはげーずを破り全国大会進出が決定。しかし大会規定により東北ブロックで披露した「少女交響曲」の他、未発表曲を準備しなければならず、その準備に苦しむグリーンリーヴズでした。

b_wug2b_c_0081.png b_wug2b_p_0081.jpeg
続・劇場版後編:珈巣多夢
丹下は「タチアガレ」「16歳のアガペー」を作曲したTwinkleに作曲を依頼しますが…
丹下が相談を持ち掛けた場所は勾当台公園近くの喫茶店珈巣多夢。

b_wug2b_c_0082.png b_wug2b_p_0082.jpeg
続・劇場版後編:珈巣多夢
「本当はお引き受けしたいところなんですけど…」
Twinkleも全国ライブツアーを控え手一杯な様子です。

b_wug2b_c_0083.png b_wug2b_p_0083.jpeg
続・劇場版後編:珈巣多夢
早坂、Twinkleに頼れないとなると…

b_wug2b_c_0084.png b_wug2b_p_0084.jpeg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
「ごめーん!」
「リーダーまた遅刻。」
「ちょっと最近疲れているのかな…」

b_wug2b_c_0086.png b_wug2b_p_0086.jpeg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
アイドルの祭典最終戦に勝ち残った全国のトップアイドルが出そろい、作戦会議を開き戦々恐々のWUG面々。

b_wug2b_c_0087.png b_wug2b_p_0087.jpeg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
「あのとき感じたの、わたしたちじゃなきゃダメって曲を歌いたいなって。」

b_wug2b_c_0088.png b_wug2b_p_0088.jpeg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
「それわかる。アイドルってみんなおんなじに見られがちだからね。」

b_wug2b_c_0089.png b_wug2b_p_0089.jpeg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
「でもアイドルってそれでいいんじゃないですか。楽しそうにきゃぴきゃぴしてて、可愛い衣装着て、可愛い笑顔で、可愛い歌歌っていれば…。」

b_wug2b_c_0090.png b_wug2b_p_0090a.jpg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
「それで…改めてわたしたちらしさってなに?って話になるんだけど…。」

b_wug2b_c_0091.png b_wug2b_p_0091a.jpg
続・劇場版後編:喫茶ビジユゥ
「WUGはWUGである。」
「どういう意味?」
「わかんない。思いつき。」
パンフレットにも記載のある通り「WUGはWUGである」は吉岡茉祐さんの言葉であるとか。

b_wug2b_c_0092.png b_wug2b_p_0092.jpeg
続・劇場版後編:山形駅
そして菜々美の実家がある山形市も今回初登場です。

b_wug2b_c_0093.png b_wug2b_p_0093.jpeg
続・劇場版後編:山形駅
菜々美が座っているのは駅裏にあたる西口です。

b_wug2b_c_0094.png b_wug2b_p_0094.jpeg
続・劇場版後編:山形駅

b_wug2b_c_0095.png b_wug2b_p_0095.jpeg
続・劇場版後編:山形駅

b_wug2b_c_0096.png b_wug2b_p_0096.jpeg
続・劇場版後編:山形駅
そしてこれまた初登場の菜々美の父親ですが、父親は菜々美がWUGで活動して光塚の受験に支障が出ることを懸念している様子です。

b_wug2b_c_0098.png b_wug2b_p_0098.jpeg
続・劇場版後編:Crosby
「なに?改まってお願いって。」
一方、Crosbyの佐藤に再び会いに来た丹下ですが…

b_wug2b_c_0099.png b_wug2b_p_0099.jpeg
続・劇場版後編:Crosby
「うちの子たちに曲書いて欲しいの。」
そしてセイント40が「ゴールデンディスク大賞」を受賞した「生意気シンデレラ」のゴーストライターだったのが佐藤だったという、事実が明かされます。そしてセイント40解散後も二人で活動したものの売れなかったという、今となっては懐かしい過去。

b_wug2b_c_0100.png b_wug2b_p_0100.jpeg
続・劇場版後編:Crosby
「チャンスの神様は前髪しかないからね…明日ちょっと付き合ってくれる?」

b_wug2b_c_0103.png b_wug2b_p_0103.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール
そして丹下が佐藤を連れて来たのはWUGの練習現場でした。

b_wug2b_c_0104.png b_wug2b_p_0104.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール
「この人はね、前うちの事務所にいたの。ちょっと見学させてもらうわ。」

b_wug2b_c_0105.png b_wug2b_p_0105.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール

b_wug2b_c_0106.png b_wug2b_p_0106.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール
そこで佐藤の脳裏に甦るのはセイント40時代の自分と丹下の姿でした。

b_wug2b_c_0107.png b_wug2b_p_0107.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール
「書くわ、曲。」

b_wug2b_c_0108.png b_wug2b_p_0108.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール
「この子たちの姿見てたら、断れなくなっちゃった。」

b_wug2b_c_0109.png b_wug2b_p_0109.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール
こうして丹下の数奇な運命がまた一つの出会いをもたらし、最終決戦へ望む曲は準備されることになりました。

b_wug2b_c_0110.png b_wug2b_p_0110.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール

b_wug2b_c_0111.png b_wug2b_p_0111.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール
WUGの誰もが納得する曲も完成し、アイドルの祭典に向け一丸となるWUGでしたが、一人浮かない表情を浮かべる菜々美ですが…

b_wug2b_c_0112.png b_wug2b_p_0112.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール
「ななみん、どうかしたの?最近元気ないみたいだけど。わたしで良かったら相談乗るよ。」

b_wug2b_c_0113.png b_wug2b_p_0113.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール

b_wug2b_c_0114.png b_wug2b_p_0114.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール
「曲も決まって、衣装も決まって、ダンスも決まって、もうテンション高まります〜!」
「あとは」
「「「目指せ優勝!」」」
「はもった!?」

b_wug2b_c_0115.png b_wug2b_p_0115.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール
と、浮き足立つメンバーの中、中々出てこない菜々美と藍里を心配する真夢でしたが。

b_wug2b_c_0116.png b_wug2b_p_0116.jpeg
続・劇場版後編:日立システムズホール
「ななみんの鬼特訓を、あいちゃんが受けまくるの巻ですよ〜。」
「ななみん妥協しないからな〜。」
「うん…」

b_wug2b_c_0117.png b_wug2b_p_0117.jpeg
続・劇場版後編:熊谷屋
そして菜々美は藍里の前で光塚とWUGの板挟みになっていることを打ち明けます。
「わたしね。わたしなりにWUGらしさって考えてみたの。真摯であること。正直であること。一生懸命であること。だから正直に話そうよ。これはみんなの問題だよ。」

b_wug2b_c_0118.png b_wug2b_p_0118.jpg
続・劇場版後編:北四番丁駅付近
そして菜々美はどうしても断ち切れない光塚への思い、そしてメンバーに背中を押されて、菜々美はアイドルの祭典と同日に実施される光塚の入学試験を受けることを決意します。
そしてWUGはいよいよアイドルの祭典の頂点を目指して東京へ。

b_wug2b_c_0119.png b_wug2b_p_0119.jpeg
続・劇場版後編:仙台駅
「また〜。それなに?」

b_wug2b_c_0120.png b_wug2b_p_0120.jpeg
続・劇場版後編:仙台駅
「も〜、色々あるんです〜」

b_wug2b_c_0121.png b_wug2b_p_0121.jpeg
続・劇場版後編:仙台駅
「あれから一年か…あのときのリベンジしなくっちゃね!」
「とか言って気負わないでよ、リーダー。」
「ななみん、大丈夫かな…」

b_wug2b_c_0122.png b_wug2b_p_0122.jpeg
続・劇場版後編:仙台空港
「みにゃみの御守りがあるから大丈夫だよ。」

b_wug2b_c_0123.png b_wug2b_p_0123.jpeg
続・劇場版後編:仙台空港
その頃、菜々美は一人仙台空港で伊丹行き(?)の航空便を待っていました。

b_wug2b_c_0124.png b_wug2b_p_0124.jpeg
続・劇場版後編:仙台空港
飛行機を待ち続ける間、菜々美の意識に流れるのはWUGとして活動してきたこの2年間。
制作サイドもこのシーンで泣けて来た、というだけあって、二つの夢に引き裂かれて泣き叫ぶ菜々美のシーンはWUG名シーンの一つと言っても過言ではないですね。

b_wug2b_c_0125.png b_wug2b_p_0125.jpeg
続・劇場版後編:東京駅
そしてWUG一行は東京駅へ到着。

【2月12日追記】
b_wug2b_c_0126.png b_wug2b_p_0126kai.jpg
続・劇場版後編:神田駅
東京駅に到着した一行は京浜東北線でさいたま新都心へと向います。

b_wug2b_c_0127.png b_wug2b_p_0127.jpeg
続・劇場版後編:さいたまスーパーアリーナ
そして再び決戦の舞台はI-1アリーナへ。よく見るとアリーナの手前が、実際に合わせて高層ビル再開発の様子まで再現されていますね。

b_wug2b_c_0128.png b_wug2b_p_0128.jpeg
続・劇場版後編:さいたま新都心ビル建設現場
「パンケーキ食べたいな〜」
「みにゃみ今からおやつ?」
「相変わらず食いしん坊ですな〜」
と終始張りつめていた1年前とは打って変わり、和やかな雰囲気です。

b_wug2b_c_0129.png b_wug2b_p_0129.jpeg
続・劇場版後編:さいたま新都心ビル建設現場
と、真夢がふと横を見るとそこには見慣れた影が。

b_wug2b_c_0131.png b_wug2b_p_0131.jpeg
続・劇場版後編:さいたま新都心ビル建設現場
「えっ!?」

b_wug2b_c_0132.png b_wug2b_p_0132.jpeg
続・劇場版後編:さいたま新都心ビル建設現場
「菜々美!?」

b_wug2b_c_0133.png b_wug2b_p_0133.jpeg
続・劇場版後編:さいたま新都心ビル建設現場
「菜々美!」
「なんでここへ?」
「光塚の受験どうしたんですか!?」

b_wug2b_c_0134.png b_wug2b_p_0134.jpeg
続・劇場版後編:さいたま新都心ビル建設現場
「…やっぱ来ちゃった。」

b_wug2b_c_0135.png b_wug2b_p_0135.jpeg
続・劇場版後編:さいたま新都心ビル建設現場
「菜々美〜」
「もう、みにゃみは泣き虫だな。」

b_wug2b_c_0136.png b_wug2b_p_0136.jpeg
続・劇場版後編:さいたまスーパーアリーナ
こうして再び七人で共演できることが決まり、菜々美を加えてのフォーメーション変更が急ピッチで進められます。

b_wug2b_c_0137.png b_wug2b_p_0137.jpeg
続・劇場版後編:さいたまスーパーアリーナ・けやきひろば
いよいよアイドルの祭典当日、こちらは公式私設ファン倶楽部「わぐらぶ」の募集中。

b_wug2b_c_0138.png b_wug2b_p_0138.jpeg
続・劇場版後編:さいたまスーパーアリーナ・けやきひろば

b_wug2b_c_0139.png b_wug2b_p_0139.jpeg
続・劇場版後編:さいたまスーパーアリーナ

b_wug2b_c_0140.png b_wug2b_p_0140.jpeg
続・劇場版後編:さいたまスーパーアリーナ
かつてない規模での開催の熱狂の中、いよいよアイドルの祭典決勝戦が白木の宣言とともに始まります。

トップバッター・ネクストストームの「レザレクション」、本命I-1の「止まらない未来」そしてWUGによる「Beyond the Bottom」が繰り出されます。白木は「買いかぶり過ぎだ」と言ってますが、まさしく早坂の言う通り、全てはこの日、この瞬間のために準備された壮大なアイドルの物語と言ってもいいでしょう。一抹の寂しさがありますが、王道中の王道、堂々たるエンディングで幕を閉じた続・劇場版でした。WUGとな何か?が終始テーマとなっていましたが、「Beyond the Bottom」という曲がその解となっている、と言ってもいいでしょう。真摯に、正直に、一生懸命に生きることの尊さを私達に伝えようとしているのかもしれませんね。

「いつもの力を出そう。」(菊間夏夜)
「想いを込めて、届けよう。」(林田藍里)
「元気を届け、元気をもらおう。」(岡本未夕)
「思いっきり楽しもう。」(片山実波)
「悔いのないようにやろう。」(久海菜々美)
「わたしたちらしさをここで見つけよう。」(島田真夢)
「この七人にしかできないパフォーマンスをしよう。」(七瀬佳乃)


***

本当に長大な探訪記事になってしまいましたが、最後までお読みいただいた皆様どうもありがとうございました。今回の取材結果は改めまして同人誌としての形で舞台解説本を配布予定の他、今後発表が予想される宮城県観光アピールのショートアニメにつきましても、機会があれば舞台探訪記事を紹介していきたいと思います。



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てGreen Leaves/Wake Up,Girls!2製作委員会にあります、ので。

Wake Up,Girls!〜青春の影〜舞台探訪記

2015年 10月01日 21:44 (木)

b_wug2_p_top.jpg

2013年12月、劇場版と同時にTV版「Wake Up,Girls!」放映。
同年3月に放映が終了し、昨年12月の幕張Wake Up,Girls!Festaにて続・劇場版の制作が発表され、9月25日より前編となる「Wake Up,Girls!〜青春の影〜」が公開されました。「アイドルの祭典」で惜しくも準優勝に終わったWUGでしたが、ラストでまさかの「bvex」よりメジャーデビューの申出。「明日はどっちだ!?」の続きとなるわけですが、仙台のご当地アイドルとして着実に実力をつけ、全国の晴れ舞台で「7 Girls War」を見事披露してみせたWUGは同曲を引っさげて、エンターテイメントの中心地、東京へと上京します。


b_wug2_c_0001.png b_wug2_p_0001.jpeg
続・劇場版前編:表参道avex旧本社前
WUGを担当するA&R(Artist&Repertoire)カルロス鴨田との面会を終え、bvexの社屋を後に。

b_wug2_c_0002.png b_wug2_p_0002.jpeg
続・劇場版前編:表参道avex旧本社前
東京進出に浮かれるWUGメンバーに釘を刺す菜々美ですが、本人も光塚東京劇場の観劇を楽しみにしている様子です。

b_wug2_c_0003.png b_wug2_p_0003.jpeg
続・劇場版前編:表参道avex旧本社
作中登場するのは現在六本木泉ガーデンタワーに仮本社があるavexの旧本社社屋で、既に解体されており2017年9月の完成を目指して新社屋工事が行われています。ちなみに作中描かれているbvexの様子はかなり忠実にavexの旧本社を再現しているようで、カルロスとWUGが対面した会議室は「WUG」の企画書の稟議が行われた役員会議室とのことです。

b_wug2_c_0004.png b_wug2_p_0004.jpeg
続・劇場版前編:表参道avex旧本社前
既に本社社屋はありませんが、車道を挟んでの景観は現在でも一致を確認できます。

b_wug2_c_0005.png b_wug2_p_0005.jpeg
続・劇場版前編:原宿竹下通り
WUGが最初に訪れたのは東京随一のファッションストリート・原宿竹下通り。

b_wug2_c_0006.png b_wug2_p_0006.jpeg
続・劇場版前編:原宿竹下通り
WUGが服を物色する店舗ですが、ウィンドウの形からいって、明治通り側でしょうか?

b_wug2_c_0007.png b_wug2_p_0007.jpeg
続・劇場版前編:原宿竹下通り
協力店舗としても名が上がってないようなので特定は出来ませんでしたが、これまた明治通り近くのファッションショップの集合店近くでしょうか?

b_wug2_c_0008.png b_wug2_p_0008.jpeg
続・劇場版前編:原宿竹下通り・Exchange
こちらは原宿駅近くにある雑貨屋「Exchange」です。同店には美波が購入したようにサングラスの他、作中そのままに安売りの靴下まで(笑)販売しています。今回は店主さんにご許可いただき撮影させていただきましたが、「撮影禁止」の表示がありますので、撮影希望の際はご配慮お願いいたします。

b_wug2_c_0009.png b_wug2_p_0009.jpeg
続・劇場版前編:原宿竹下通り・カフェクレープ エンジェルスハート
「外で食べる意味、あるのかな…。」
「みんなそうしてるよ…。」
「東京の人、たくましいよね…。」
Exchange近くにある「カフェクレープ エンジェルスハート」。サングラス同様、クレープなどのスイーツは原宿を代表するといっても過言ではないでしょう。恥ずかしがらず外で買い食いしながら
「うんめぇにゃ〜」

b_wug2_c_0010.png b_wug2_p_0010.jpeg
続・劇場版前編:原宿竹下通り・プリクラ SHOP NOA
七人が変顔でプリクラ撮影をした店としてEDクレジットに表記があるプリクラ SHOP NOA。流石に店舗内に入っての取材までは勇気が出ませんでしたが(笑)、女性の方は是非こちらの店舗で変顔プリクラをw

b_wug2_c_0011.png b_wug2_p_0011.jpeg
続・劇場版前編:原宿竹下通り

b_wug2_c_0012.png b_wug2_p_0012.jpeg
続・劇場版前編:原宿竹下通り・The World Connection
クレープ屋から少し明治通り方面に進んだところにあるのがキャラクターグッズを取り扱う「The World Connection」。まゆしぃがひよこに飛びついた店ですw

b_wug2_c_0013.png b_wug2_p_0013.jpeg
続・劇場版前編:原宿竹下通り
「うゎ!ひよこ!!」
The World Connectionの向かいですが、ショーウィンドウの様子は一致しています。

b_wug2_c_0014.png b_wug2_p_0014.jpeg
続・劇場版前編:浅草・浅草寺
WUGが原宿の次に訪れたのは浅草・浅草寺。これまた国外観光客にもど定番な観光名所ですが(笑)、いわずもがな、真夢にとってはI-1時代思いでの土地でもあります。

b_wug2_c_0015.png b_wug2_p_0015.jpeg
続・劇場版前編:浅草・浅草寺
七人が引いたおみくじもしっかり浅草寺のものが再現されていますね。

b_wug2_c_0016.png b_wug2_p_0016.jpeg
続・劇場版前編:浅草・浅草寺
「うそっ!人生初の凶だよ…」
「あ、ななみんだけ大吉!」

b_wug2_c_0017.png b_wug2_p_0017.jpeg
続・劇場版前編:浅草・浅草寺
「自分の信じた道を行けば、必ず功名を得る、かぁ…。」

b_wug2_c_0018.png b_wug2_p_0018.jpeg
続・劇場版前編:浅草・梅園
こちらは創業安政元年という浅草の超老舗甘味処「梅園」です。
特に初代から続く当店名物「あわぜんざい」は餅に粟ではなく、餅きびをもちいてこしあんとともに食する、全国でも珍しいメニューとなっており、当店をして「あわぜんざいこそ梅園の歴史」と言わしめるほどです。
梅園公式HP

b_wug2_c_0019.png b_wug2_p_0019.jpeg
続・劇場版前編:浅草・梅園
梅園で甘味を食する七人ですが、作中奥の四人が食べているのがしるこ、手前三人があわぜんざいのようです。
「でもうんめぇにゃ〜」
「美波それやりすぎ!」

b_wug2_c_0020.png b_wug2_p_0020.jpeg
続・劇場版前編:吾妻橋

b_wug2_c_0021.png b_wug2_p_0021.jpeg
続・劇場版前編:吾妻橋
かつて真夢がI-1時代にゲリラライブをやっていたのももう五年も前の話。

b_wug2_c_0022.png b_wug2_p_0022.jpeg
続・劇場版前編:吾妻橋より東武線

b_wug2_c_0023.png b_wug2_p_0023.jpeg
続・劇場版前編:六本木・RANDY
続いて早坂と丹下・松田の会合場所として登場するのは六本木のレストラン「RANDY」。早坂の入店する店なのでさぞかしや高級店か…?と思いきや、それほどでもなく、数人で食事をすればお一人様5000円でワインと食事を堪能することが出来ます。
RANDY公式HP

b_wug2_c_0024.png b_wug2_p_0024.jpeg
続・劇場版前編:六本木・RANDY
「聞いてるよ、bvexからは。」

b_wug2_c_0025.png b_wug2_p_0025.jpeg
続・劇場版前編:六本木・RANDY
「じゃあ、改めて私から…」

b_wug2_c_0026.png b_wug2_p_0026.jpeg
続・劇場版前編:六本木・RANDY
「7GWはグリーンリーヴズに、というよりオイモちゃんたちにあげた曲だからね。今更どうこう言うつもりはないよ…」

b_wug2_c_0027.png b_wug2_p_0027.jpeg
続・劇場版前編:六本木・RANDY
「でも、どうして東京で勝負する気になったのかな?」
ちなみに早坂が食しているジャガイモ料理はありませんが、当店のベーコンを贅沢に使用したポテトサラダは絶品でした!
このときの早坂の問いが物語を貫いて意味を持ってくるのですが…。

b_wug2_c_0028.png b_wug2_p_0028.jpeg
続・劇場版前編:東京駅
とりあえずbvexその他諸々の打ち合わせを済ませて仙台に帰るグリーンリーヴズ一行。
新幹線ホームの描写はあまり合わないようですね。

b_wug2_c_0029.png b_wug2_p_0029.jpeg
続・劇場版前編:原宿・エーベックス・アーティスト・アカデミー
仙台に帰るも、土日はbvexでのトレーニングということで息つく暇もなく再び上京。

b_wug2_c_0030.png b_wug2_p_0030.jpeg
続・劇場版前編:原宿・エーベックス・アーティスト・アカデミー

b_wug2_c_0031.png b_wug2_p_0031.jpeg
続・劇場版前編:原宿・エーベックス・アーティスト・アカデミー
作中、トレーニング施設として登場するのは原宿に実在するエーベックス・アーティスト・アカデミーです。先2カットのように再現度が非常に高く、本作品で登場するavex案件では唯一?現存する建物になります。
※エーベックス・アーティスト・アカデミーではレッスンを受ける方々が多数往来しますので、そうした方にカメラを向けるなど誤解を受ける行為にはくれぐれもご注意ください。

b_wug2_c_0032.png b_wug2_p_0032.jpeg
続・劇場版前編:新宿(東京スカイツリー・イーストタワーより)
ワンカットのみですが、夕陽の新宿は東京スカイツリー隣のイーストタワーからの眺めに似ています。同ビルにはI-1事務所のモデルとなったグッドスマイルカンパニーも入居しており、その眺望を使用した可能性は十分にあります。
撮影場所は31Fのレストラン街からになりますが、同階は無料で眺望を楽しむことが出来ますのでお勧めです。

b_wug2_c_0033.png b_wug2_p_0033.jpeg
続・劇場版前編:レンボーブリッジ(お台場海浜公園より)
実はこのあと登場するWUGが宿泊したホテルと松田が飲んでいたBarが未だに未特定となっています。場所的にはお台場周辺?とも思われますがどうでしょう。

b_wug2_c_0035.png b_wug2_p_0035.jpeg
続・劇場版前編:原宿・エーベックス・アーティスト・アカデミー
そして週末は東京でbvexレッスン、平日は仙台で学生生活・ローカル放送出演の多忙な日々が続きます…

b_wug2_c_0036.png b_wug2_p_0036.jpeg
続・劇場版前編:末廣ラーメン本舗仙台駅前分店
WUG出演がローカル放送で紹介されているのが、これまた仙台市民ならご存知(?)駅前アーケード街の一角に行列をなす末廣ラーメンです。本店、1938年創業とのことですが、そのルーツは遠く京都の老舗・新福菜館にあるというのも非常に興味深いですね。ラーメンは見た目濃そうな黒色スープですが、味は不思議にそれほどからくなく、旨味を感じるのも特徴的です。

b_wug2_c_0037.png b_wug2_p_0037.jpeg
続・劇場版前編:末廣ラーメン本舗仙台駅前分店

b_wug2_c_0038.png b_wug2_p_0038.jpeg
続・劇場版前編:新宿・ハイジアビル
菜々美と佳乃の宿泊ホテルシーンですが、外から見える景色は歌舞伎町のハイジアビルからのシーンと一致しています。この時WUGが宿泊していたホテルのモデルは、実際にはホテルは入居していませんがハイジアビルと考えて間違いなさそうです。

b_wug2_c_0039.png b_wug2_p_0039.jpeg
続・劇場版前編:仙台高校
そして作中登場する「7GW」MVを再現したシーンですが、こちらは実際のMVのまま、屋上が収録場所として使用された仙台高校と考えて間違いなさそうです。
Wake Up,Girls!舞台探訪記〜7 Girls War MV探訪〜

b_wug2_c_0040.png b_wug2_p_0040.jpeg
続・劇場版前編:秋葉原・ソフマップ1号店
7GWの販促行脚は続きます。続いては秋葉原の量販店を巡回です。

b_wug2_c_0041.png b_wug2_p_0041.jpeg
続・劇場版前編:秋葉原・タワーレコードヨドバシカメラ秋葉原店
大田をはじめとするWUG仙台の古参ワグナーも応援に駆けつけます。

b_wug2_c_0042.png b_wug2_p_0042.jpeg
続・劇場版前編:東京スカイツリー
7GWが好調な滑り出しを見せる一方、I-1の新曲はついにミリオンセラーの大台を割る事態に、白木GMの周辺には挽回を狙い不穏な空気が醸成されつつありました。

b_wug2_c_0043.png b_wug2_p_0043.jpeg
続・劇場版前編:六本木・RANDY
7GWに続いて2ndシングルの発売が決定。カルロスは7GWに続き早坂への作曲を依頼しますが、にべもなく「書かない」と断られてしまいます。

b_wug2_c_0044.png b_wug2_p_0044.jpeg
続・劇場版前編:仙台城趾・大手門
こちらはTV版でも登場した仙台城趾入口にある大手門。季節的には4月半ばといった頃でしょうか。

b_wug2_c_0050.png b_wug2_p_0050.jpeg
続・劇場版前編:MACANA
東京での活動に専念するためにローカル放送のレギュラー番組を降板したWUGでしたが、「これまで支えてくれた仙台の人たちに恩返しがしたい。」ということで、WUG躍進基礎を築いたMACANAで「ちょっと一旗あげてきます」のライブです。

b_wug2_c_0051.png b_wug2_p_0051.jpeg
続・劇場版前編:MACANA
仙台「出陣」ライブで新曲名が披露されると同じ頃、東京のI-1でも新曲「運命の天使」の告知。2グループ制による同時発売対決が白木の口から発表されます。チームMのセンターは岩崎志保、チームSのセンターは鈴木萌歌。「世代対決」という新たなる戦争の勃発でもありました。

b_wug2_c_0052.png b_wug2_p_0052.jpeg
続・劇場版前編:浜町・東京テレビセンター
そしてWUGの東京におけるレギュラー番組出演が決定します。撮影スタジオとして登場したのは浜町にある東京テレビセンターです。

b_wug2_c_0053.png b_wug2_p_0053.jpeg
続・劇場版前編:原宿・神宮前交差点

b_wug2_c_0054.png b_wug2_p_0054.jpeg
続・劇場版前編:東京スカイツリー(インテグラルタワーより中野方面)
こちらのカットは山本監督のOrdetが入居するインテグラルタワーからの眺めで一致します。

b_wug2_c_0055.png b_wug2_p_0055.jpeg
続・劇場版前編:SHIBUYA・109
三万枚というノルマ、bvex上層部の期待と宣伝広告のもとで発売された2ndシングル「素顔でKISS ME」でしたが、アイドルファンがWUGに求める要素との食い違いをみせ、売れ行きが芳しからず。早坂の不在によって、早坂相という存在感が一層決定的なものとなります。

b_wug2_c_0056.png b_wug2_p_0056.jpeg
続・劇場版前編:荻窪駅
「手売りしよう」との松田の提案により、路上ライブ・手売り戦略に乗り出したWUG。

b_wug2_c_0057.png b_wug2_p_0057.jpeg
続・劇場版前編:荻窪駅
ポスター付き、握手付きと手を打ちますが振り返る人もまばら。

b_wug2_c_0058.png b_wug2_p_0058.jpeg
続・劇場版前編:荻窪駅

b_wug2_c_0059.png b_wug2_p_0059.jpeg
続・劇場版前編:新宿駅南口

b_wug2_c_0060.png b_wug2_p_0060.jpeg
続・劇場版前編:新宿駅南口
ちなみにWUGが路上ライブをしているこの場所、はっきりと「路上ライブ禁止」となっていますので、そのような方はいないかと思いますが真似されないようご注意をw

b_wug2_c_0061.png b_wug2_p_0061.jpeg
続・劇場版前編:新宿駅南口
松田どころか丹下社長まで手売りの手伝いに、「ここで負けたら東京での闘いは終わり」という崖っぷちにいるグリーンリーヴズの姿が伺えます。

b_wug2_c_0062.png b_wug2_p_0062.jpeg
続・劇場版前編:武道館(田安門)
そしてこちらはライブ常連さんにはおなじみの九段下にある武道館。この辺り一帯は皇居外苑となっており、北の丸公園への入口となる田安門は寛永13年建築の国指定重要文化財です。

b_wug2_c_0063.png b_wug2_p_0063.jpeg
続・劇場版前編:北の丸公園入口
WUGがCDを手売りしていたのは武道館近くの北の丸公園入口。靖国神社の反対車線となります。

b_wug2_c_0064.png b_wug2_p_0064.jpeg
続・劇場版前編:味の素スタジアム
そして2ndシングル発売前からの既定路線どおり、WUGはbvex所属アーティストが一同に会する一大イベント「b-session」参加当日を迎えます。「b-session」のモデルはavexが主催し、東京においては作中と同じく調布・味の素スタジアムで開催される「a-naition」となります。もとより、アイドルの祭典以外に大規模ステージイベント(しかも集合形式)は、大田の言葉を借りればアウェー感が半端なものでなかったであろうことが想像できますね…。
a-naition2015公式HP(既に終了しております)

b_wug2_c_0065.png b_wug2_p_0065.jpeg
続・劇場版前編:味の素スタジアム
上記リンクのホームページをご覧いただけば分かりますが、イベントロゴはそのままです。

b_wug2_c_0066.png b_wug2_p_0066.jpeg
続・劇場版前編:味の素スタジアム
WUGの昨今の不振を憂慮しながらも、励まそうと仙台より駆けつけた大田たちワグナーが作戦会議(?)をとっていたと思われるのは、味の素スタジアム併設のRoyal Hostかと思われます。

b_wug2_c_0067.png b_wug2_p_0067.jpeg
続・劇場版前編:味の素スタジアム
WUGの奮闘、そして大田たちの声援空しく、ほとんどオーディエンスから注目されることなく終了したWUGのステージイベント。
「そう、これが東京よ。あなたたちみたいな少女たちが沢山やって来ては夢破れて消えていく。それが東京なの。」
「来たからにはやるしかないし、生き残るしかないの。それがいやなら、とっとと仙台に戻りましょう。」
東京の現実の厳しさに怯んだWUGでしたが、丹下社長の言葉、そして佳乃の励ましによりそれでもなお諦めずCDの手売りを開始。場所は味の素スタジアムの正面ゲートになります。

b_wug2_c_0068.png b_wug2_p_0068.jpeg
続・劇場版前編:味の素スタジアム
ここまで必死に東京という戦場で生き残ろうと懸命な姿には、見る者の心が動かさずにはいられませんね…。

b_wug2_c_0069.png b_wug2_p_0069.jpeg
続・劇場版前編:味の素スタジアム

b_wug2_c_0070.png b_wug2_p_0070.jpeg
続・劇場版前編:石神井公園
他のアニメ作品でも多数登場している石神井公園。

b_wug2_p_0083.jpg
さて、クライマックスを飾る石神井公園野外ステージですが、残念ながら今年始めに改築されており、作中登場するステージとは形がすっかり変わっています。写真は改築に当たられた株式会社森峰様より取り壊し直前の姿のものを提供いただきました。

b_wug2_c_0071.png b_wug2_p_0071.jpeg
続・劇場版前編:石神井公園
それでも諦めないWUGは場所を石神井公園に移してゲリラライブを続行しますが…。

b_wug2_c_0072.png b_wug2_p_0072.jpeg
続・劇場版前編:石神井公園
「お客さん、いなくなっちゃった…。」
「まぁ流石に、小学生にCD売れないね…。」

b_wug2_c_0073.png b_wug2_p_0073.jpeg
続・劇場版前編:石神井公園
WUGメンバーが仙台に帰るべきか、東京に踏みとどまるべきかを口々にする中、真夢は重大な問いかけをします。
「WUGらしさって、なんだろうね。」

b_wug2_c_0074.png b_wug2_p_0074.jpeg
続・劇場版前編:石神井公園
「Wake Up!
 眩しい日差し浴びて
 今 胸の希望が君と重なる」
(「タチアガレ」より)

そして八方塞がりの状況、もう無理なんじゃないか…その時、突如藍里が口ずさんだ曲。
それは1年半前冬の仙台勾当台公園で初めてライブを披露した「タチアガレ」。

b_wug2_c_0076.png b_wug2_p_0076.jpeg
続・劇場版前編:石神井公園
「Stand Up!
 明けない夜はないから
 明日の笑顔 信じるんだ」
(「タチアガレ」より)

b_wug2_c_0077.png b_wug2_p_0077.jpg
続・劇場版前編:石神井公園
「輝きたい my only one」(「タチアガレ」より)

b_wug2_c_0079.png b_wug2_p_0079.jpeg
続・劇場版前編:石神井公園
「おい、そこの地下アイドル!」
そしてどこから現れた、早坂!(笑)

「アイドルの祭典」再挑戦を条件に手渡された新曲


「少女交響曲」


b_wug2_c_0080.png b_wug2_p_0080.jpeg
続・劇場版前編:石神井公園
「いっぱい悩んだ日々は 
 けっして無駄じゃないから」
(「少女交響曲」より)

b_wug2_c_0081.png b_wug2_p_0081.jpeg
続・劇場版前編:石神井公園
「笑顔だけは今日もチャージして
 不安とぶつかる」
(「少女交響曲」より)
 
b_wug2_c_0082.png b_wug2_p_0082.jpeg
続・劇場版前編:石神井公園
「ありのままを出すのは とっても勇気いるけど
 やっぱ 素直な自分みてほしい 君に届けたい
 はじめての交響曲(シンフォニー)」
(「少女交響曲」より)


最後をライブシーンで飾る躍動感やときめき、劇場版WUG「七人のアイドル」勾当台公園のラストを彷彿とさせるものでした。WUGに関する評論や作画等々アニメの制作に関するレビューは優れたものが続々上がってくると思いますのでこちらでは省かせていただきます。舞台を仙台から東京へと移しましたが、リアルな背景やロケハン、設定へのこだわりは、やはり他のアイドルアニメにはない要素だと思います。TV版に続き業界のシリアスな内容を余すところなく描いた続・劇場版WUGは、単なる娯楽性以上にドキュメンタリー性を追求しているといっても過言ではないでしょう。今回の公開と同時に後編となる「Beyond the Bottom」は12月11日公開が決定されました。再び年末「アイドルの祭典」で頂点を迎えると予想される本作品。WUGのスタートともいえる勾当台公園ライブがあった2013年12月に劇場版・TV放映が開始し、2回目の「アイドルの祭典」となる2015年12月で一区切りを付ける、まさしく現実と仮想のハイパーリンク。12月にはWake Up,Girls!Festa〜Beyond the Bottom extend〜も控えており、コンテンツがどこまで盛り上がりを見せるのか非常に楽しみであります。



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てGreen Leaves/Wake Up,Girls!2製作委員会にあります、ので。

Wake Up,Girls!〜青春の影〜PV探訪記

2015年 08月14日 20:58 (金)

b_wuggeki_c_0015.png





いよいよ9月に公開を控えました、「Wake Up, Girls! 〜青春の影〜」のPVが公開されましたので、上映後の本格的な調査を控え、先行探訪を実施しました。
TV版では「アイドルの祭典」準優勝で終わりながら、「bvex」によるメジャーデビューを見事決めて「明日はどっちだ!?」になったWUG!ですが、新劇場版ではいよいよWUG!は舞台を仙台から東京に移して、「アイドル戦国時代」の中心地で名乗りを上げることになるのか?
それでは今回PVで明らかになった舞台を紹介していきましょう。

b_wuggeki_c_0010.png b_wuggeki_p_0010.jpeg
新劇場版PV:MACANA
仙台活動時にWUG!が活動拠点としていたライブハウスMACANA。

b_wuggeki_c_0011.png b_wuggeki_p_0011_20150814212251d77.jpeg
新劇場版PV:MACANA
そして「故郷に錦を飾ってよ。」の期待を背に、WUG!はいよいよ東京へと乗り込みます。

b_wuggeki_c_0001.png b_wuggeki_p_0001.jpg
新劇場版PV:浅草寺
まず上京したWUG!が訪れたのは浅草・浅草寺のようです。映像で登場するおみくじは浅草寺で求められるもの、そのものですね。

b_wuggeki_c_0005.png b_wuggeki_p_0005.jpeg
新劇場版PV:吾妻橋
夕暮れ時、真夢と未夕が振り返るのは隅田川に架かる吾妻橋。こちらは真夢I-1club時代、デビュー前にチラシ配布をしていた思いでの場所でもあります。

b_wuggeki_c_0002.png b_wuggeki_p_0002.jpeg
新劇場版PV:明治神宮寺前交差点
上京したばかりのWUG!メンバーが歩いているのは原宿駅近く、明治神宮前の交差点です。
なにかしら、ビートルズのアビイ・ロードを彷彿とさせるシーンですね。

b_wuggeki_c_0003.png b_wuggeki_p_0003.jpeg
新劇場版PV:秋葉原・ソフマップ
仙台からWUG!がひっさげてきた「アイドルの祭典」で熱唱した「7 Girls War」のようで、その広告看板が秋葉原にデカデカと飾られていますね。

b_wuggeki_c_0006.png b_wuggeki_p_0006.jpeg
新劇場版PV:渋谷・ハチ公前交差点
そしてメジャーデビュー曲?は新曲「素顔でkiss me」。
既にWUG!2ndツアーライブで公開されていますが、従来のWUG!とは一線を画した調べの曲で、先鋭さがアイドルファンにはどのように映るのか?

b_wuggeki_c_0004.png b_wuggeki_p_0004.jpeg
新劇場版PV:タワーレード・ヨドバシカメラ秋葉原店
新曲の衣装はかつてシングルのジャケットでも使用され、WUGFESのライブでも使用された白地の衣装のようです。

b_wuggeki_c_0007.png b_wuggeki_p_0007.jpg
新劇場版PV:新宿駅南口
メジャーデビューしたにもかかわらず、路上ライブを敢行するWUG!。

b_wuggeki_c_0008.png b_wuggeki_p_0008.jpeg
新劇場版PV:荻窪駅
そしてやはり中央線沿線沿いで路上アピールをするWUG!。PVのナレーションからもWUG!が登場進出以来、多大な困難に遭う展開が予想されますが、このシーンなどもそれを暗示していますね。

b_wuggeki_c_0009.png
新劇場版PV:大久保病院
菜々美が入院している(?)病院は歌舞伎町の大久保病院のようです。隣接する居酒屋から類似のカットを確認することができました。
北海道直送 はなの舞 歌舞伎町ハイジア店

b_wuggeki_c_0012.png
新劇場版PV:石神井公園野外ステージ
こちらの円形ホールは石神井公園の野外ステージですが、現在では工事が行われ、もはや原型をとどめていないようです。

b_wuggeki_c_0013.png b_wuggeki_p_0013_201508142123458e3.jpeg
新劇場版PV:青山・表参道
こちらはavexの本社があった青山・表参道です。本社の向かい通りが一致しますね。

b_wuggeki_c_0014.png b_wuggeki_p_0014_20150814212346946.jpeg
新劇場版PV:青山・表参道
現在、avex本社は2017年完工を目指して新社屋を建設中とのことですが、写真はかつてのavex本社隣接の雑居ビルです。avexの一部事務所が入っているようですね。

というわけで、PV探訪は以上です。先述したとおり、新劇場版前編では「青春の影」という副題そのまま、一筋縄ではいかない展開が予想されますね。これまでもデビュー決定まで紆余曲折を経てきたWUG!。今後はどのような試練が待ち受けているのか、9月25日のロードショーを固唾を飲んで見守りましょう!

b_wuggeki_c_0016.png

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てGreen Leaves/Wake Up,Girls製作委員会にあります、ので。

Wake Up,Girls!舞台探訪記〜完結編〜

2015年 03月01日 08:50 (日)

b_wug_p_top6.jpg


Wake Up,Girls!〜七人のアイドル〜舞台探訪記
Wake Up,Girls!舞台探訪記①
Wake Up,Girls!舞台探訪記②
Wake Up,Girls!舞台探訪記③
Wake Up,Girls!舞台探訪記④
Wake Up,Girls!舞台探訪記⑤
Wake Up,Girls!舞台探訪記⑥
Wake Up,Girls!舞台探訪記〜I-1clubのキセキ〜
I-1 clubのキセキ〜激動の歴史〜


今回は「Wake Up,Girls! 舞台探訪記〜完結編〜」ということで、本編記事では収載しきれなかったオーディション会場、日立システムズホール4練習室他、CD・BDジャケットの背景を紹介していきます。(公共施設等内部写真も掲載しておりますが、全て許可をいただいた上で撮影しております)(最終改訂2014年10月19日)

b_wug_c_9977.jpg b_wug_p_9977kai.jpg
キービジュアル:仙台市近郊海岸
仙台港より南は延々と海岸線か続いており、それに沿って現在津波対策として砂浜の後ろに巨大な防波堤が建設されています。写真は仙台空港付近にて撮影。

b_wug_c_9975.png b_wug_p_9975.jpeg
劇場版:木町通市民センター・空中庭園
WUGメンバー選抜オーディションの会場となったのは木町通市民センター五階の第一会議室です。
本センターは1〜3階が小学校、また五階にも託児所などがあり、会議室や和室等カルチャースクール会場としても使用されているようです。

b_wug_c_9960.png b_wug_p_9960.jpeg
劇場版:木町通市民センター・第1会議室
以下の比較カットをご覧いただいてもわかるように、建物外装だけでなく室内まで忠実に再現されています。

b_wug_c_9961.png b_wug_p_9961.jpeg
劇場版:木町通市民センター・第1会議室

b_wug_c_9962.png b_wug_p_9962.jpeg
劇場版:木町通市民センター・第1会議室
丹下社長と松田が「公園で見た娘」の話をしていると島田真夢が登場。

b_wug_c_9963.png b_wug_p_9963.jpeg
劇場版:木町通市民センター・第1会議室

b_wug_c_9971.png b_wug_p_9971.jpeg
劇場版:木町通市民センター・5階
待機場所となっていたのは会議室横の廊下ですね。

b_wug_c_9972.png b_wug_p_9972.jpeg
劇場版:木町通市民センター・5階

b_wug_c_9973.png b_wug_p_9973.jpeg
劇場版:木町通市民センター・第1会議室
会議室の椅子ですが、主人公たちが座っていた椅子も現場にあるものを使用したという設定になっており、「ここまで再現するのかw」とかなり驚きました。

b_wug_c_9974.png b_wug_p_9974.jpeg
劇場版:木町通市民センター・第1会議室

b_wug_c_9976_20140816172214d8f.png b_wug_p_9976_2014081617221397d.jpeg
劇場版:木町通市民センター・第1会議室
「あなたたち、処女?」の丹下社長の言葉にドン引きww

b_wug_c_9964.png b_wug_p_9964.jpeg
劇場版:木町通市民センター・第1会議室

b_wug_c_9965.png b_wug_p_9965.jpeg
劇場版:木町通市民センター・第1会議室

b_wug_c_9970.png b_wug_p_9970.jpeg
劇場版:木町通市民センター・第1会議室
「アイドルは物語よ」の丹下社長名言のシーンですね。
写真でご注目いただきたいのは窓外の晩翠通りまで再現されているところ。本当に凄いこだわりですね。

木町通市民センターは会議室の予約が入っていない場合、受付で見学申し込みをすれば撮影もOKのようです。
予約状況の確認はホームページの予約システムからできます。
木町通市民センターホームページ


b_wug_p_9950.jpg
日立システムズホール・4練習室
WUGメンバーの練習場所として今更説明不要の日立システムズホールですが、本編登場場所としては2カ所。自由練習広場と有料の個室があります。劇場版でも登場し、また早坂氏がWUGを指導するようになってからは、こちら4練習室がメインとなります。

b_wug_c_9944.png b_wug_p_9944.jpeg
第11話:日立システムズホール・4練習室

b_wug_c_9945.png b_wug_p_9945.jpeg
第11話:日立システムズホール・4練習室

b_wug_c_9946.png b_wug_p_9946.jpeg
劇場版:日立システムズホール・4練習室
ご覧の通り、正面大鏡の他、手すりまでリアルに再現されていますね。

b_wug_c_9947.png b_wug_p_9947.jpeg
第7話:日立システムズホール・4練習室
ぐるりと様々な角度からカットと比較検証しても、ほぼ一致です。

b_wug_c_9948.png b_wug_p_9948.jpeg
第11話:日立システムズホール・4練習室
細部に目をやると、時計の位置も。

b_wug_c_9949.png b_wug_p_9949.jpeg
第7話:日立システムズホール・4練習室
扉の文様も。

使用状況はホームページで確認できますので、事前に確認された上での訪問をお勧めします。
通常は施錠されているので、訪問の際は事前予約、もしくは見学の旨を事務所の方にお伝えするのがよろしいでしょう。
日立システムズホールホームページ


次はラブホテル「Wake Up,Girls!」のモデルを紹介。

b_wug_c_9957.png b_wug_p_9957.jpeg
劇場版:仙台フォーラム付近
事務所で丹下社長がユニット名「Wake Up,Girls!」略称「WUG」とすることをぶちあげた帰り道。

b_wug_c_9958.png b_wug_p_9958.jpeg
劇場版:タイ料理サバイサバイ

b_wug_c_9959.png b_wug_p_9959.jpeg
劇場版:タイ料理サバイサバイ
「えー!!」のシーンw
ラブホのモデルとなった建物は仙台フォーラムから青葉神社へ少し歩いた場所にあります。


さらに、仙台一番町にあるMACANAのライブステージ及び控え室も紹介します。
なお、今回二次元オンリーのワグナーさんが取材されましたが、MACANA店主曰く、舞台探訪・聖地巡礼という形で取材されたのは今回が初めてということで、大変貴重な写真となっております。

b_wug_c_9985.png b_wug_p_9985.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
WUGワンマンライブのポスターは二次元オンリーのワグナーさんお手製とのこと。芸が細かいw

b_wug_c_9982.png b_wug_p_9982-1kai.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
こちらは控え室になりますが、見事一致!

b_wug_c_9983.png b_wug_p_9983.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
ドアに貼ってある「Wake Up,Girls様」も勿論お手製。

b_wug_c_9986.png b_wug_p_9986.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)

b_wug_c_9989.png b_wug_p_9989.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)

b_wug_c_9988.png b_wug_p_9988kai.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)

b_wug_c_9990.png b_wug_p_9990.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)

b_wug_c_9991.png b_wug_p_9991.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)

b_wug_c_9992.png b_wug_p_9992.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
第五話で「タチアガレ!」及び「16歳のアガペー」のライブが行われた会場の様子です。

b_wug_c_9993.png b_wug_p_9993kai.jpg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
ステージから客席を眺めた様子も一致。

b_wug_c_9994.png b_wug_p_9994.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)

b_wug_c_9997.png b_wug_p_9997.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)

b_wug_c_9995.png b_wug_p_9995.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
早坂が眺めていた2階のバルコニーの背後は事務所となっているそうです。

b_wug_c_9996.png b_wug_p_9996.jpeg
第五話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
そしてこちらはお忍びでWUGを見に来た白木GMが立っていたバックの扉。

b_wug_c_9998.png b_wug_p_9998.jpg
第十話:MACANA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
こちらも二次元オンリーのワグナーさんが再現されたもの。いや、遊び心とは思えない完成度w

最後に、今回のMACANAさん取材当日は機材のメンテナンス修理中ということで公演がない日に作業の支障とならないよう取材が実行されましたが、ご快諾いただいたMACANAオーナー様、また撮影にご協力いただいた関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。


続いては未夕が関係する場所もいくつか紹介していきましょう。

b_wug_c_9955.png b_wug_p_9955.jpeg
劇場版:マクドナルド仙台中央通店(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
劇場版で松田が未夕をスカウトした喫茶店らしき場所ですが、アーケード街のマクドナルドでした。

b_wug_c_9954.png b_wug_p_9954.jpeg
劇場版:マクドナルド仙台中央通店(提供:二次元オンリーのワグナーさん)

b_wug_c_9953.png b_wug_p_9953.jpeg
劇場版:マクドナルド仙台中央通店(提供:二次元オンリーのワグナーさん)

続いては、6月初旬に国分町LUVYAが開催したイベントで、期間限定の「メイドin仙台」の様子です。

b_wug_c_9950.png b_wug_p_9950-1.jpeg
第二話:国分町・LUVYA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
ちょっっw再現度高過ぎるw

b_wug_c_9951.png b_wug_p_9951.jpeg
第二話:国分町・LUVYA(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
もはや外観は見分けがつかないといっても過言ではないですね。

b_wug_c_9956.jpg b_wug_p_9956.jpg
TVシリーズBD第1巻ジャケット:国分町・LUVYA前(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
1階入口の看板も架け替えられています(下記のジャケット絵比較画像の写真と見比べてみて下さい)。


さらに島田真夢と林田藍里の学び舎である宮城学院についても少し紹介。
こちらは校内見学等は特にしておらず、部外者でも入場可能な中学校高等学校文化祭でも撮影は禁止となっております。今回はGooglemapや、実際に文化祭で現地を視察された方からの情報を元に位置特定をしました。

b_wug_p_9982kai.jpg

黄色点線で囲った拡大部が中学校高等学校校舎群となりますが、真夢たちの高等学校教室は南側の建物になるようです。校舎内いずれのカットも忠実に再現されているとのことです。
(拡大写真は下記サムネをクリックしてください)
miyagigakuin4.jpg

b_wug_c_9981.png b_wug_p_9981.png
劇場版:宮城学院
宮城学院は一部がGooglemapストリートビューで閲覧可能となっており、入口部分の建物の一致が確認できます。

b_wug_c_9980.png b_wug_p_9980.png
劇場版:宮城学院
また、入口から正門までの途中にある駐車場も再現されていますね。

※これらの情報は舞台比較研究のため可能と判断した範囲で掲載しておりますが、ご指摘や学校関係者皆様のご迷惑になるようであれば即時削除いたします。

ここからは、CD・BDジャケットを紹介していきましょう。

b_wug_c_9943.jpg b_wug_p_9943.jpeg
CD「言の葉 青葉」ジャケット:勾当台通り・JTB前
勾当台公園近く。意図的に選ばれたのかは分かりませんが、ここ、日本初の公共図書館・青柳図書館の跡地でちょっとした観光名所だとか。それにしてもマニアックなチョイスですねw

b_wug_c_9940.jpg b_wug_p_9940.jpeg
映画初回限定版ジャケット:望洋台公園前
望洋台公園は劇場版のみの登場でしたが、松田が真夢を「発見」する重要なポイントでもあり、この場所が選定されたのも納得ですね。

b_wug_c_9941.jpg b_wug_p_9941.jpeg
TVシリーズBD第1巻ジャケット:国分町・LUVYA前
こちらも、収録されている第2話が未夕(及び「メイド in 仙台」)を中心とした回所以でしょう。LUVYA自体このビルの地下にあるので、ぱっと見わかりにくいのですが・・・。

b_wug_c_9942.jpg b_wug_p_9942.jpeg
TVシリーズBD第2巻ジャケット:熊谷屋前
こちらも説明不要の藍里の実家前となります。が、映っているのは「うんめいにゃ〜」の実波でしたw

b_wug_c_9952.jpeg b_wug_p_9952.jpeg
TVシリーズBD第3巻ジャケット:勾当台・公園野外ステージ(二次元オンリーのワグナーさん提供)
実家前のカットを実波に奪われた(笑)藍里は勾当台公園、劇場版ラストに登場の野外ステージでした。

b_wug_c_9954.jpeg b_wug_p_9954-1kai.jpg
TVシリーズBD第4巻ジャケット:日立システムズホール(二次元オンリーのワグナーさん提供)
はじけんばかりの菜々美と日立システムズホールの自由練習広場です。

b_wug_c_9978_20140816142554df1.png b_wug_p_9978_201408161646077c6.jpeg
TVシリーズBD第5巻ジャケット:気仙沼市港ふれあい公園
第9話で登場した気仙沼の港ふれあい公園のベンチですね。
背後が駐車場となっていますが、震災前は建物があったそうです。

b_wug_c_9979.jpg b_wug_p_9979kai.jpg
TVシリーズBD第6巻ジャケット:MACANA(二次元オンリーのワグナーさん提供)
BD最終話は何故かMACANAでした。


最後に特選で版権絵を紹介。

IMG_4335.jpg IMG_4334.jpg
版権絵:気仙沼ふれあい公園(提供:二次元オンリーのワグナーさん)
気仙沼ふれあい公園の埠頭からのカットですが、奥に写っている特徴的な建物は気仙沼女子校です。
現地では既にかさ上げ工事が決まっており、2015年初頭には校舎解体が開始され、大鍋屋旅館さん本館も取り壊されるとのこと。変わりゆく気仙沼。復興は大変喜ばしいことですが、かつてそこに「街」があった記憶は語り継いでいきたいですね。

大鍋屋旅館【3月1日追加】

b_wug_c_9446.png b_wug_p_9446.jpeg
2月29日から3月1日にかけて気仙沼・大鍋屋さんに宿泊させていただきましたので取材結果をレポートします。今回宿泊したのは第九話でWUGメンバーが宿泊したのと同じ大鍋屋本館の大部屋でした。

b_wug_c_9445.png b_wug_p_9445.jpeg
WUGメンバーが寝静まる部屋の様子もよく再現されていますね。

b_wug_c_9901_20150301084720a86.png b_wug_p_9444.jpg
大鍋屋旅館本館のお風呂(女性用)です。ここも見事に再現されていますね。
今回宿泊ついでに見学させていただきましたが、現在は物置として使用され、WUGちゃんの代わりに扇風機が入浴していました。

本編記事でお伝えしきれなかったカットを紹介した補完記事のような形になりましたが、これにて登場カットはほぼ網羅したものと自負しております。また、12月には仙台市・光のページェントなど季節的なイベントなども取材したいですね。


より大きな地図で Wake Up,Girls!舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てGreen Leaves/Wake Up,Girls製作委員会にあります、ので。

Wake Up,Girls!舞台探訪記〜7 Girls War MV探訪〜

2015年 01月02日 17:50 (金)



Wake Up,Girls!〜七人のアイドル〜舞台探訪記
Wake Up,Girls!舞台探訪記①
Wake Up,Girls!舞台探訪記②
Wake Up,Girls!舞台探訪記③
Wake Up,Girls!舞台探訪記④
Wake Up,Girls!舞台探訪記⑤
Wake Up,Girls!舞台探訪記⑥
Wake Up,Girls!舞台探訪記・完結編
Wake Up,Girls!舞台探訪記・番外編〜光のページェント〜
Wake Up,Girls!舞台探訪記〜I-1clubのキセキ〜
I-1 clubのキセキ〜激動の歴史〜

今回は少し趣向を変えてアニメではなく「Wake Up,Girls!」のOP曲「7 Girls War(以下7GW)」のMVで登場した背景を紹介します。MVが公開されている曲は本曲と「言の葉 青葉」ですが、両曲ともに全て仙台市内にてロケハンを行っています。7GWはアニメ本編とほとんどロケ地が重なっていませんので、アニメ聖地巡礼を済ませた方はMVロケ地巡りなんていかがでしょう。


★榴岡公園野外ステージ★

b_wug7gw_c_0001.png b_wug7gw_P_0001.jpeg
WUG!7人が初期コスチュームで7GWのダンスをするのは仙台駅東側、仙台駅から仙石線1駅の榴ヶ岡駅を下車したところにある、榴岡公園の野外ステージです。


★愛宕神社★

b_wug7gw_c_0002kai.png b_wug7gw_P_0002.jpeg
WUG!メンバーがわいがやしていたのは愛宕神社(本殿の裏側)です。展望が非常に良く、仙台城趾と双璧する眺望の良さは是非ご覧いただきたいと思います。地下鉄愛宕駅下車15分程です。

b_wug7gw_c_0003.png b_wug7gw_P_0003.jpeg

b_wug7gw_c_0004.png b_wug7gw_P_0004.jpeg

b_wug7gw_c_0005.png b_wug7gw_P_0005.jpeg

b_wug7gw_c_0006.png b_wug7gw_P_0006.jpeg


★虚空蔵堂★

b_wug7gw_c_0007.png b_wug7gw_P_0007.jpeg
虚空蔵堂は愛宕神社を大満寺方面に下ってすぐの場所です。


★仙台城南高校付近★

b_wug7gw_c_0008.png b_wug7gw_P_0008.jpeg
アクセスにやや難がありますが、城南高校からまっすぐ登ったところにある坂道で、愛宕神社からは徒歩30分程です。近くのバス停から仙台駅までの便もあるようです。ルート的には愛宕神社から徒歩→帰りはバスで仙台駅でしょうか。


★サンモール一番町★

b_wug7gw_c_0011.jpg b_wug7gw_P_0011.jpeg
早朝、横一列に走るWUG!ですが、アーケードの天井に釣下る提灯が目印となるサンモール一番町です。撮影したのは年末だったため、国旗が提灯の前に掲げられていました…


★宮沢橋★

b_wug7gw_c_0009.png b_wug7gw_P_0009.jpeg
よっぴーを先頭にWUG!が走るのは広瀬川に架かる宮沢橋です。地下鉄河原町駅を下車して5分程です。

b_wug7gw_c_0010.png b_wug7gw_P_0010.jpeg


★広瀬川★

b_wug7gw_c_0012.png b_wug7gw_P_0012.jpeg
こちらは宮沢橋を付近の河原になります。付近にある宮城県武道館はアニメでも登場していますね。

b_wug7gw_c_0013.png b_wug7gw_P_0013.jpeg


★仙台市立仙台高校★

b_wug7gw_c_0014.png b_wug7gw_P_0014.jpeg
最も気になるところですが、WUG!メンバーが制服でダンスしている校舎の屋上は、仙台市立仙台高校校舎の東側であることがMVに映る周辺風景から分かります。

b_wug7gw_c_0015.png b_wug7gw_P_0015.jpeg
背景に映っているマンションですが、高校西側にあるマンションと一致。

b_wug7gw_c_0016.png b_wug7gw_P_0016.jpeg
また、ショートカットですが、映し出される校舎の時計が、高校校門前から確認することができました。
仙台市立仙台高校は仙山線国見駅下車、徒歩10分程です。
※高校正門でも注意書きされていますが、関係者以外の立ち入りは禁止されています※



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てGreen Leaves/Wake Up,Girls製作委員会にあります、ので。