10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハル舞台探訪記

2013年 12月30日 14:07 (月)

b_hal_p_top.jpg

2013年夏に公開された近未来京都を舞台に、最愛の人・ハルを失ったくるみと、ロボット・ハルが絆をつむぎ、くるみが生きる意思を取り戻していく中編アニメーション映画「ハル」。
「四畳半神話大系」を手がけた牧原亮太郎を監督、声優も「ちはやふる」綿谷新役の細谷佳正、「けいおん」秋山澪役の日笠陽子など豪華メンバーを迎え、制作会社はプロダクションIGより独立したWIT STUDIOが手がける作品となりました。
6月初回公開以降も順次全国に拡大公開され、英国でイベントが開催されるなどの人気を見せましたが、先日12月18日ついにBD、DVDが発売となりましたので、舞台探訪を実施しました。

【注意】記事にはネタバレとなる記載が多数あります。本作品をお楽しみいただくためにも、視聴の上記事をお読み頂くことを推奨いたします。

それでは、登場順に各シーンを写真とともに振り返ってみましょう。

b_hal_c_0001.png b_hal_p_0001.jpeg
鞍馬川(鞍馬寺付近)
物語冒頭で登場する藍染工房のモデルは、EDクレジットから栃木県の「日下田藍染工房」であることが明らかになっていますが、後にハルが叡電に乗るシーンから川のモデルは鞍馬川かと思われます。上記のとおり工房が別の場所にあるため、ピッタリ一致する場所はありませんが、川幅や山に囲まれている情景は似ています。

b_hal_c_0002.png
日下田藍染め工房
そしてこちらが日下田藍染工房がモデルになります。今回撮影が間に合いませんでしたが、ネット上に類似カットが掲載された記事・写真がありますので紹介させていただきます。
エヌ・クラフツアットメトロクス様より

b_hal_c_0003.png
日下田藍染工房
土祭2012様より

b_hal_c_0004.png b_hal_p_0004.jpeg
叡電・貴船口駅
駅の看板の位置などが変わっていますが、ホームの形式はおおむね一致。奥から入線してくるのは展望列車きらら号です。

b_hal_c_0005.png b_hal_p_0005_20131230181230562.jpg
展望列車きらら号内
他に乗客もいるので、ハルが座った位置から撮影できませんでしたが、おおむね車内も再現されているようです。

b_hal_c_0006.png b_hal_p_0006.jpeg
展望列車きらら号内

b_hal_c_0007.png b_hal_p_0007.jpeg
展望列車きらら号内
研究所(?)を出たハルと荒波先生は貴船口から一路出町柳へ。

b_hal_c_0008.png b_hal_p_0008.jpeg
鴨川デルタ
もう説明する必要のないくらい多くのアニメ作品でも登場しているデルタの飛び石ですね。

b_hal_c_0009.png b_hal_p_0009.jpeg
鴨川デルタ

b_hal_c_0010.png b_hal_p_0010.jpeg
鴨川デルタ
撮影したのは12月の寒空、しかも平日とあって流石に人はほとんどいませんでした。

b_hal_c_0011.png b_hal_p_0011.jpeg
鴨川デルタ

b_hal_c_0012.png b_hal_p_0012.jpeg
鴨川デルタ
本来であれば川中からのカットは撮影できないところですが、9月の豪雨の影響で土石が堆積しており、出町橋を見るカットも撮影可能な状況です。

b_hal_c_0013.png b_hal_p_0013.jpeg
京都市内および京都タワー
タイトルカットですが、空撮及びかなり魚眼レンズのように湾曲していますが、似たカットが京都駅屋上より撮影できます。

b_hal_c_0014.png b_hal_p_0014.jpeg
蜂蜜専門店ドラート付近
鴨川デルタからハルはつぐみの家へ向かいますが、つぐみのざっか屋「くも」のモデルとなったのは西陣の一角にある蜂蜜専門店ドラート。しかしながら、後ほど説明しますが「くも」の所在地は設定上、元田中〜出町柳付近となっています。

b_hal_c_0015.png b_hal_p_0015.jpeg
蜂蜜専門店ドラート

b_hal_c_0016.png b_hal_p_0016.jpg
蜂蜜専門店ドラート
ドラートですが、取材した日は残念ながら休業日でした。

b_hal_c_0017.png b_hal_p_0017.jpeg
蜂蜜専門店ドラート
窓から中を覗いた感じや、実際ここを訪れた方の感想では、「くも」の店内はドラートをモデルにはしていないようです。

b_hal_c_0018.png b_hal_p_0018.jpeg
賀茂川・出町橋付近

b_hal_c_0019.png b_hal_p_0019.png
錦市場
つぐみに手料理を作ることにしたハルは食材探しに錦市場へ。出町柳にしても西陣にしても、食材の買い物にしては遠出過ぎる気もしますが(笑)
本カットで登場する鶏卵店は三木鶏卵さんかと推測されます。

b_hal_c_0020.png
ちなみに三木鶏卵さんの店内では本カットのように、多数の料理人さんがだし巻きを調理しています。

b_hal_c_0021.png b_hal_p_0021.jpeg
大正製パン所
こちらの店はEDクレジットで協力店として紹介されている西陣のパン屋さんです。
作中では小路にある店として描かれていますが、大正製パン所さんは今出川通りに面しているため、前を車がひっきりなしに行き交います。

b_hal_c_0022.png b_hal_p_0022.jpeg
大正製パン所
協力店ということもあって、店内では「ハル」コラボ企画のパン「つぐみの涙」が販売されていました。
左隅にちょこっと広告が見えますね。

b_hal_c_0023.png b_hal_p_0023.jpeg
大正製パン所

b_hal_c_0024.png b_hal_p_0024.jpeg
下鴨神社・糺ノ森
遣り水があるすぐ近くです。

b_hal_c_0025.png b_hal_p_0025.jpeg
下鴨神社・糺ノ森
パン屋で知り合った子ども達にハルがつれていかれたのは…

b_hal_c_0026.png b_hal_p_0026.jpeg
鴨川デルタ
出町橋の東詰め。

b_hal_c_0027.png b_hal_p_0027.jpeg
鴨川デルタ

b_hal_c_0028.png b_hal_p_0028.jpeg
園芸店タネゲン
作中、作菓子屋となっている出町橋西詰めの店は園芸店です。建物の様子も色々改変されていますね。
さて、つぐみが欲しがっている「きりん」を見つけたハルですが…

b_hal_c_0029.png b_hal_p_0029.jpeg
葵橋西詰め京阪出町柳駅
デイケアで「つきこさん」の助けにより、「きりん」を引き取ることになったハルは再び作菓子屋へ。

b_hal_c_0030.png b_hal_p_0030.jpeg
葵橋

b_hal_c_0031.png b_hal_p_0031.jpeg
葵橋

b_hal_c_0033.png b_hal_p_0033.jpeg
出町橋
「きりん」を引き取り荒波先生と二人で搬送。

b_hal_c_0034.png b_hal_p_0034.jpeg
叡電元田中駅付近踏切
このシーンからざっか屋「くも」は、叡電出町柳駅〜元田中駅付近の住宅街にあるという設定だと思われます。
どうやら本作は地理上の設定と建物が必ずしも一致していないようですね。

b_hal_c_0035.png b_hal_p_0035.jpg
叡電元田中駅付近踏切

b_hal_c_0036.png b_hal_p_0036.jpeg
叡電元田中駅付近踏切

b_hal_c_0037.png b_hal_p_0037.jpeg
叡電元田中駅付近踏切

b_hal_c_0038.png b_hal_p_0038.jpeg
叡電元田中駅付近踏切
まあ流石に線路に入り込んで撮影はできませんので線路より元田中駅方面を撮影。

b_hal_c_0039.png b_hal_p_0039.jpeg
蜂蜜専門店ドラート

b_hal_c_0040.png b_hal_p_0040.jpeg
蜂蜜専門店ドラート

b_hal_c_0041.png b_hal_p_0041.jpeg
蜂蜜専門店ドラート

b_hal_c_0042.png b_hal_p_0042.jpeg
蜂蜜専門店ドラート
この「きりん」の一件がつぐみの心を開くきっかけになり、物語が流れ出します。

b_hal_c_0043.png b_hal_p_0043.jpeg
賀茂川
出町橋より北側を撮影。川幅や段になっている部分から、この地点が類似していますね。

b_hal_c_0044.png b_hal_p_0044.jpeg
三条大橋

b_hal_c_0045.png b_hal_p_0045kai.jpg
三条大橋西詰め
この辺りはかなり再現度が高いですね。

b_hal_c_0046.png b_hal_p_0046.png
錦市場
錦市場の東口になります。

b_hal_c_0047.png b_hal_p_0047.jpeg
錦天満宮
新京極商店街の一角にある神社です。歓喜寺と呼ばれていましたが、菅原道真の霊を祭り鎮守社に。元は別の場所にありましたが、豊臣秀吉による都市計画で現在の位置に移動しました。明治の神仏分離令により寺が東山五条に移り、神社のみが残り現在の姿になったということです。余談ですが、「有頂天家族」にもちょこっと出てきますね(偽叡山電車のシーン)。

b_hal_c_0048.png b_hal_p_0048.jpeg
木屋町・車屋橋付近
周辺の雰囲気や右に映っている橋の形から、車屋橋付近と推察されますが建物や道路の形状が一致しません…。

b_hal_c_0049.png b_hal_p_0049.jpeg
木屋町・車屋橋付近

b_hal_c_0050.png b_hal_p_0050.jpeg
木屋町・車屋橋付近

b_hal_c_0051.png b_hal_p_0051.jpeg
木屋町・車屋橋付近

b_hal_c_0052.png b_hal_p_0052.jpeg
祇園祭り・菊水鉾
写真は菊水鉾の組み立て途中を撮影したものですが、カットの場所は全く別です。EDテロップに後ほど登場する長刀鉾と並んで綾傘鉾が協力と記載されていますが、現地でカットと同じ背景は確認できませんでした。綾傘鉾はどのような形で協力したのでしょうね?

b_hal_c_0053.png b_hal_p_0053.jpeg
四条境町通付近
いよいよ物語のクライマックス・祇園祭が始まります。作中、山鉾巡幸の「くじ改め」のシーンが登場するため、この辺りかと思われるのですが、ビルの形がほとんど一致していませんね…。

b_hal_c_0054.png b_hal_p_0054.jpeg
四条境町通
山鉾巡幸の見所の一つである「くじ改め」のシーンです。長刀鉾などの「くじ取らず」を除いて巡幸の順番はくじによって毎年決定され、「くじ改め処」にて鉾の先頭を行く町行司が奉行(京都市長)にくじを見せ、順番通りであるかを確認します。この際、勢いよく身体全体でお辞儀をするようにくじを差し出すものとされ、作中でこの様子がよく再現されています。

b_hal_c_0055.png b_hal_p_0055.jpeg
四条境町通
背後の野村證券のビルは再現されています。

b_hal_c_0056.png b_hal_p_0056.jpeg
新町通御池下る
デイケア「狐狸庵」の前を長刀鉾が通過します。山鉾巡幸は四条→河原町→御池→新町の順路となっており、作中のように狭い通路は新町しかありませんが、ピッタリくる場所がありませんでした。デイケア「狐狸庵」もこの辺という地理設定ではないかと思われますが・・・。

b_hal_c_0057.png
EDクレジットでも協力として名が記載されている、巡幸の先頭を行く長刀鉾。

b_hal_c_0059.png b_hal_p_0059.jpeg
八坂神社
浴衣姿のハルとくるみが訪れたのは八坂神社。そもそも祇園祭自体八坂神社のお祭りであるわけで。

b_hal_c_0060.png b_hal_p_0060.jpeg
八坂神社

b_hal_c_0061.png b_hal_p_0061.jpeg
八坂神社

b_hal_c_0062.png b_hal_p_0062.jpeg
鴨川デルタ
ハルとくるみはお京阪で祇園四条→出町柳へと戻ったようです。

b_hal_c_0063.png b_hal_p_0063.jpeg
鴨川デルタ

b_hal_c_0064.png b_hal_p_0064.jpeg
鴨川デルタ

b_hal_c_0065.png b_hal_p_0065.jpeg
鴨川デルタ
夕日に照らされるデルタを背景に二人の緩やかな時が流れますが…

b_hal_c_0066.png b_hal_p_0066.jpeg
鴨川デルタ
ハルの悪友(?)と一派が現れて逃げる身になるハルとつぐみ。

b_hal_c_0067.png b_hal_p_0067.jpeg
鴨川デルタ

b_hal_c_0068.png b_hal_p_0068.jpeg
鴨川デルタ
二人は鴨川沿いを南へと逃げていきます。

b_hal_c_0069.png b_hal_p_0069.jpeg
四条木屋町

b_hal_c_0070.png b_hal_p_0070.jpeg
四条木屋町
京都在住の方や京都をよく知っている方なら「ええ!」と言いたくなるところです。
実際出町柳〜四条は京阪で3駅、結構ハードなランニングなんですが、二人とも割と平気に走ってますね。

b_hal_c_0071.png b_hal_p_0071.jpeg
先斗町
先斗町の小路に逃げ込む二人。

b_hal_c_0072.png b_hal_p_0072.jpeg
先斗町
先斗町を逃げるシーン、追いかけるシーンが数カット登場しますが、類似の場所を発見できたのはここだけでした。
手前右の提灯が似ていますね。

b_hal_c_0073.png b_hal_p_0073.jpeg
関西電力夷川発電所
ここでまた「ええ!」。
先斗町から丸太町南の夷川発電所までまた自走ですか…ううむ。
さて夷川発電所ですが、このカットを見ても分かるとおり、所々改変されているようです。

b_hal_c_0074.png b_hal_p_0074.jpeg
関西電力夷川発電所
一応雰囲気、似ている部位を撮影。

b_hal_c_0075.png b_hal_p_0075.jpeg
関西電力夷川発電所

b_hal_c_0076.png b_hal_p_0076.jpeg
関西電力夷川発電所
本作の真相が暴かれるシーンです。

b_hal_c_0077.png
そしてハルの脳裏に甦ったつぐみと分かれたあの日。
この背景は関西国際空港第一ターミナルのようです。
また、ここで映っているつぐみが搭乗する「66番ゲート」は存在しないようですが、この点について舞台探訪関係で交流させていただいているkai881さんが非常に興味深い考察をされています。
ハル(HAL) 聖地巡礼 関空での搭乗ゲート特定について

b_hal_c_0078.png b_hal_p_0078.jpeg
全ての真相が明らかとなり、ハルの心がつぐみとの別れを受け入れて、一ヶ月程。
8月16日五山送り火の情景となります。
なお、最後に灯籠流しのようなシーンが登場しますが、このような催事はちょっと聞いたことがないですね。

b_hal_c_0079.png b_hal_p_0079.jpeg
ED:万博公園
つぐみが存命のころに二人が訪れていたであろう場所。残念ながら私が訪問した時は年末休業でしたが、柵越しの外からでも太陽の塔を撮影することができました。


長くなりましたが紹介カットは以上となります。
「近未来京都」を舞台にしていることで、当初は全カット撮影楽勝かと思いきや、結構手こずり挙げ句に特定に至らなかった重要な場所も多々あります。例えばハルとつぐみが訪れた喫茶店ですが、これも特定できず(私は木屋町・高瀬川沿いとの印象をもちましたので、形が近いと思われる場所が五条を少し上がったところの喫茶 KANOかと思います)、デイケア狐狸庵のモデルも特定できませんでした…。
こちらの案件についてはもはや京都市内にないのではないか?と思いますが継続調査ということで、発見次第報告したいと思います。
ともあれ、長文の記事、最後までお読みいただきありがとうございました!


より大きな地図で ハル 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示


より大きな地図で ハル 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示


より大きな地図で ハル 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てWIT STUDIO様にあります、ので。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。