08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

由利高原鉄道×ゆりてつ〜ラッピング列車でゆく由利高原の旅〜

2014年 05月12日 00:21 (月)

b_yuritetsu_p_0101.jpg


ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 4 (サンデーGXコミックス)ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 4 (サンデーGXコミックス)
(2013/11/19)
松山 せいじ

商品詳細を見る


ゆりてつ探訪記〜最終話:由利高原鉄道〜

本年初頭、ゆりてつ最終話の舞台となった秋田県・由利高原鉄道を紹介しましたが、その後嬉しい企画のお知らせがありました。なんと、由利高原鉄道がゆりてつとタイアップし、ラッピング列車が2014年春より夏にかけて運行されるとのことです!今回の企画実現にあたっての経緯はラッピング列車車内に説明書きがありましたが、おおよそ以下の経緯のようです。

2011年4月より2013年11月にかけて連載された松山せいじさんの「ゆりてつ 私立百合ヶ咲女子校鉄道部」。
最終回で由利高原鉄道が舞台となり、社長やアテンダントも登場。由利高原鉄道の他、旧鮎川小学校など観光スポットも紹介されました。
最終回を読んだ鉄道ファンが実際に鳥海山ろく線に乗りに訪れるなどしている(←私もです)。
『由利鉄』と『ゆりてつ』!!
『コラボしたらおもしろい!この縁を生かそう!』
と、会社(由利高原鉄道)が小学館にラッピングの構想を持ち掛け、実現に至りました。

自身も先述の通り最終回連載・単行本刊行後に現地を訪れたのですが、鉄道関係者の方はほぼ皆さん「ゆりてつ」のことをご存知で非常に歓待を受けたのは良き思いでとなりました。また私の探訪記事を公式Facebookで紹介いただけたこともあり、そして何より生まれ故郷であることから今回の企画を聞きつけ、是非とも現地を訪れたいと思っていました。幸い、今回秋田帰省に合わせて、現地取材をする機会を得ましたので、ラッピング列車の様子、そして何より雄大な自然を走る由利高原鉄道の魅力をお伝えできたらと思います。

まずは由利本荘駅からスタート。
由利高原鉄道・鳥海さんろく線の切符売り場に行くとまず目に入るのが松山せいじさんの直筆イラスト色紙。

b_yuritetsu_p_0102.jpeg

冬に訪れた際にはなかったので、4月19日の運行開始セレモニー時に寄贈されたものかもしれませんね。
こちらで是非ともゲットしておきたいのが記念切符。

b_yuritetsu_p_0103.jpeg

由利高原鉄道名物の硬券切符、ゆりてつラッピング車両記念乗車券です。
大人・小児用で絵柄が異なりますので、ここは両方とも買っちゃいましょう!
なお、本切符は通信販売でも入手可能です。
webショップはこちら

待合室から、入線してくるピンク色の車両がちらりと見え、いよいよ改札口を抜けると

b_yuritetsu_p_0104-1.jpeg

b_yuritetsu_p_0104.jpeg

凄い、凄いです・・・。関西で「けいおん!」ラッピングや「中二病(こちらはまだ目にしていませんが)」などのラッピング車両が走行していますが、それにひけをとならに完成度の高いラッピングです。

ここからは細部を紹介していきましょう。まずは車体左側。

b_yuritetsu_p_0105.jpeg

こちらはヘッドマーク。やはりはつねちゃんですね。

b_yuritetsu_p_0106.jpeg

まずは最も目を引く鉄道部メンバーと春日さくらの「おばこ」衣装バージョンのイラスト。
私も刊行物の全てに目を通しているわけではないのですが、本イラストは今回のための書き下ろし(?)ではないかと思います。
さて、前回の記事でも説明しましたが、「おばこ」というのはこの地方に伝わる「若い女性」を表す古い方言で、農作業時にイラストのような格好をしていたそうです。由利高原鉄道ではアテンダント添乗便も運行しており、その際にはおばこ衣装の添乗員さんが道中の見所などを紹介してくれます。

b_yuritetsu_p_0114.jpeg

日野はつねの足元には松山さん直筆サインが。

b_yuritetsu_p_0107.jpeg

日野はつね×能登まみこ

b_yuritetsu_p_0108.jpeg

本企画のロゴマークと言ってもいいでしょうね。

b_yuritetsu_p_0109.jpeg

石塚まろん

b_yuritetsu_p_0110.jpeg

鶴見はくつる

b_yuritetsu_p_0111.jpeg

春日さくら

b_yuritetsu_p_0112.jpeg

滝沢このみ

b_yuritetsu_p_0115.jpeg

こちらは上り方面、正面側からになります。

b_yuritetsu_p_0113.jpeg

正面はおばこコスのはつねちゃん。

さて、この列車のラッピングは左右で別デザインとなっているのですが、羽後本荘駅の停車位置が端のホームのため、確認するには駅外に出なくてはなりません。ゆっくり撮影できるポイントとしては上り終点羽後本荘駅と下り終点矢島駅ですが、今回は矢島駅で停車中に駅裏に回り込んで撮影してみました。

b_yuritetsu_p_0123.jpeg

右側は鉄道部メンバーが順に由利高原鉄道の魅力を一言ずつ伝えてくれるデザインになっています。
それでは彼女たちから一言w

b_yuritetsu_p_0124.jpeg


b_yuritetsu_p_0125.jpeg


b_yuritetsu_p_0126.jpeg


b_yuritetsu_p_0127.jpeg


b_yuritetsu_p_0128.jpeg


b_yuritetsu_p_0129.jpeg


b_yuritetsu_p_0130.jpeg

さて、列車内部はというと、外装ほど凝ったラッピングはされていませんでしたが、松山せいじさんのプロフィールや、先ほど説明した今回のコラボ企画実現の経緯を説明する文章が、イラストと伴に掲示されていました。

b_yuritetsu_p_0117.jpeg

まあ内装はこんな感じ、外面のように全面塗装がされているわけではありません。

b_yuritetsu_p_0119.jpeg

正面ヘッドマークのイラストです。
額縁に入れて大切にされています。

b_yuritetsu_p_0120.jpeg

正面運転席付近には松山せいじさん著作物の読書コーナーが(笑)
しかし、由利高原鉄道は地元の方も多く日常の足として使っていますので、むしろ地元の方に今回の企画の趣旨と作品を知っていただく試みとして非常によいのではないでしょうか。


さて、車両の紹介はそのくらいにしまして、由利本荘駅から矢島駅までの風景を紹介していきたいと思います。


由利本荘駅を出て20分程で前郷駅に到着します。由利本荘駅は基本的に単線のため、前郷駅で上り・下り列車が並びます。

前郷駅のホームに近づくと、駅員さんが立っています・・・

b_yuritetsu_p_0121.jpeg

b_yuritetsu_p_0122.jpeg
b_yuritetsu_c_0014.jpeg

そしてここで行われるのがタブレット交換。

b_yuritetsu_c_0015.jpeg
(前回探訪記事からの転載になりますが)スタフとタブレットがあり、上下単線で事故を起こさぬように使用される「通行許可証」のようなものだそうです。
かつては全国の鉄道で行われていたそうですが、安全システムの自動化が進んだ今では、由利高原鉄道が数少ない「非自動化閉塞」を採用している鉄道であるとか。


b_yuritetsu_p_0132.jpeg
b_yuritetsu_c_0021.png

前郷を過ぎてさらに15分程、終着駅矢島駅に到着です。
ここに入ってまた目に飛び込んだのが・・・


b_yuritetsu_p_0134.jpeg

b_yuritetsu_p_0133.jpg


またまた松山せいじさん直筆の色紙ではありませんかw

さて、矢島駅に15分程停車(この隙に駅裏に回って反対側を激写w)した後、折り返し羽後本荘方面上りに乗車します。

b_yuritetsu_p_0136.jpeg

田園の中にぽつねんとある曲沢駅。前郷〜曲沢が絶好の撮影ポイントで、多くの鉄道ファンが撮影をするようです。
周囲には遅き東北の春を感じさせる花々も。

b_yuritetsu_p_0150.jpeg


b_yuritetsu_p_0149.jpeg


今回は曲沢を中心にラッピング列車と鳥海山麓の自然を撮影しようと、3時間程張り込みましたw
コンデジでの撮影のためあまり映えない写真であれですが、以下、牧歌的な田園風景をちょっとミスマッチなラッピング列車が走る風景の面白さを感じていただけたらと思います。


b_yuritetsu_p_0137.jpeg

子吉川付近を曲沢駅に向かうラッピング列車(下り)


b_yuritetsu_p_0140.jpeg

曲沢駅に停車するラッピング列車(上り)


b_yuritetsu_p_0141.jpeg

曲沢駅を出発したラッピング列車は子吉川へ(上り)


b_yuritetsu_p_0142.jpeg

子吉川を渡るラッピング列車(上り)


b_yuritetsu_p_0143.jpeg

新緑の山々を背景に走るラッピング列車(下り)


b_yuritetsu_p_0145.jpeg

「秀麗無比なる鳥海山(秋田県民歌より)」を背景に走るラッピング列車(下り)


b_yuritetsu_p_0144.jpeg

日が暮れ、夕日に照らされるラッピング列車(上り・鮎川駅付近)


b_yuritetsu_p_0146.jpeg

というわけで、私も夕闇が迫る1800時頃、鮎川駅をラッピング列車で離れました。


b_yuritetsu_p_0147.jpeg

帰路、夕日に照らされる水田が奇麗でしたね。
今まさに田植えの時期で、もう1、2ヶ月もすれば青い草に覆われるわけで、そういった意味でも今回水鏡のような田園を背景に撮影ができたのは僥倖とも言えます。


このラッピング企画は8月お盆過ぎまで開催中とのことです。首都圏、まして関西圏からはかなり遠くなりますが、ラッピング列車抜きにしても十分に堪能できる由利高原鉄道の自然。そんな中を「可愛い」「ピンク色」のラッピング列車が走ってるなんて、なんかワクワクしませんか?由利高原鉄道、是非この機会にお越し下さい!

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て松山せいじ様/小学館にあります、ので。

ゆりてつ探訪記〜最終話:由利高原鉄道〜

2014年 01月06日 00:19 (月)


ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 4 (サンデーGXコミックス)ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 4 (サンデーGXコミックス)
(2013/11/19)
松山 せいじ

商品詳細を見る


新年あけましておめでとうございます。
本年最初の探訪記事は少し趣を変えてコミック「ゆりてつ」より最終話「ゆりてつ〜由利高原鉄道からはじまる新たなゆりてつ〜」の舞台となった由利高原鉄道を紹介したいと思います。由利高原鉄道は、秋田県の羽後本荘駅より矢島駅までの「鳥海山ろく線」23km12駅のローカル線。実家より特急で30分程ということで、風雪の中ではありますが、探訪を実行しました。
*通常探訪記では人物が映り込んでいる場合画像処理を施しておりますが、由利高原鉄道では社員の顔・氏名が記載されたパンフレットが配布されていること、また由利高原鉄道のホスピタリティ溢れる雰囲気を味わっていただきたいとの思いから、画像処理は施さないこととしました。(不都合がありましたら削除など対応しますので、ご一報いただけると幸いです)
それでは、鳥海山麓を走る由利高原鉄道と自然をご堪能ください!

b_yuritetsu_p_0001.jpeg
b_yuritetsu_c_0001.jpeg
秋田駅
こちらのカットは前話になります。
百合ヶ咲女子高鉄道部(通称「ゆりてつ」)一行は青森県より五能線で南下。秋田市に入ります。

b_yuritetsu_p_0002.jpeg
b_yuritetsu_c_0002.jpeg
秋田駅
ゆりてつ一行は、旅中行動をともにすることになった春日さくらから「わだすの、ゆりてつ」へ来てけれな〜、と誘いを受け…

b_yuritetsu_p_0003.jpeg
b_yuritetsu_c_0003.jpeg
特急いなほE653系
翌朝、羽後本荘まで移動。
さて、作中で登場する485系1000番台は昨年秋から順次E653系へと世代交代しており、今回の探訪中はお目にかかることができませんでした。あまり鉄道事情に詳しくないのですが、もう走ってないのでしょうか?

b_yuritetsu_p_0005.jpeg
b_yuritetsu_c_0005.jpeg
羽後本荘駅
JR線のホームになります。

b_yuritetsu_p_0006.jpeg
b_yuritetsu_c_0006.jpeg
羽後本荘駅
この日は時折晴れ間も見えるものの風雪でした。おそらく、地元ではまだ穏やかなほうだったのではないかと思います。

b_yuritetsu_p_0007.jpeg
b_yuritetsu_c_0007.jpeg
由利高原鉄道では硬券が使用されています。今回は終点矢島駅までの切符を購入しましたが、鉄道の途中散策などをする場合は周遊切符がお得です。

b_yuritetsu_p_0009.jpeg
b_yuritetsu_c_0009.jpeg
羽後本荘駅
こちらは由利高原鉄道のホーム。
JRは1〜3番線、由利高原鉄道は4番線となっているようです。

b_yuritetsu_p_0010.jpeg
b_yuritetsu_c_0010.png
YRー3000形まごころ列車
由利高原鉄道では矢島発9:49、羽後本荘発10:47の二本運行しています。
YRー3000形は2012年導入の新鋭車両、中ではお土産の販売などローカル線とは思えない充実ぶりです。

b_yuritetsu_p_0008.jpeg
b_yuritetsu_c_0008.jpeg
車内にて。
まごころ列車ではアテンダントさんが矢島までの30分程、乗客に各所見所の紹介をしてくれます。
作中でも再現されているこの衣装、昔の「おばこ」を再現したもの。
「おばこ」とは東北で若い未婚女性のことを意味するそうで、衣装は農作業時着用していたものだそうです。
今回はアテンダントさんにお願いして一枚撮らせていただきました。感謝です!

b_yuritetsu_p_0011.jpeg
b_yuritetsu_c_0011.png
YRー3000形まごころ列車

b_yuritetsu_p_0012.jpeg
b_yuritetsu_c_0012.jpeg
前郷駅
さて、ゆりてつ一行は矢島への途上、前郷駅へとさしかかります。

b_yuritetsu_p_0013.jpeg
b_yuritetsu_c_0013.jpeg
前郷駅
上り、下り線はここで待ち合わせをして、何があるかといいますと・・・

b_yuritetsu_p_0014.jpeg
b_yuritetsu_c_0014.jpeg
前郷駅
今ではほとんど姿を消してしまった乗務員と駅員のタブレット交換が行われます。

b_yuritetsu_c_0015.jpeg
(コミックの受け売りですが(汗))スタフとタブレットがあり、上下単線で事故を起こさぬように使用される「通行許可証」のようなものだそうです。
かつては全国の鉄道で行われていたそうですが、安全システムの自動化が進んだ今では、由利高原鉄道が数少ない「非自動化閉塞」を採用している鉄道であるとか。

b_yuritetsu_p_0016.jpeg
b_yuritetsu_c_0016.jpeg
前郷駅付近
乗車した日は前述のとおり、天候がよろしくないため鳥海山が見えませんでしたが、本来であればこのような景色が見られます。(昨年春乗車した親父殿から画像を提供してもらいました)

b_yuritetsu_p_0017.jpeg
b_yuritetsu_c_0017.jpeg
矢島駅
ゆりてつ一行は下り線の終着駅・矢島駅に到着しました。
矢島駅もローカル線とは思えぬ美しさ。ちなみに由利高原鉄道の本社も由利本荘市街地ではなく、矢島にあります。

b_yuritetsu_p_0018.jpeg
b_yuritetsu_c_0018.jpeg
矢島駅
中の展示も充実してます。
ちなみに下車して改札をくぐると、駅舎内でさくら茶が振る舞われました。なんとも嬉しい心遣い!

b_yuritetsu_p_0019.jpeg
b_yuritetsu_c_0019.jpeg
やしまこころちゃん
なぜ「UREYYYYYYYYYY」なのかw
由利高原鉄道のマスコットキャラとして、名前は投票により決まったとか。

b_yuritetsu_p_0020.jpeg
b_yuritetsu_c_0020.jpeg
矢島駅

b_yuritetsu_p_0021.jpeg
b_yuritetsu_c_0021.png
矢島駅
ゆりてつ一行は「おばこ」衣装に。

b_yuritetsu_p_0022.jpeg
b_yuritetsu_c_0022.jpeg
曲沢駅付近にて

b_yuritetsu_p_0023.jpeg
b_yuritetsu_c_0023.jpeg
曲沢駅付近
曲沢駅から少し羽後本荘方面に進んだところにある、子吉川にかかる橋です。
ゆりてつの「撮り鉄」能登まみこが撮影しているように、写真撮影のポイントのようですね(寒過ぎて列車が来るのを待てませんでしたがw)。

b_yuritetsu_p_0024.jpeg
b_yuritetsu_c_0024.jpeg
旧鮎川小学校
鮎川駅より徒歩10分程。国の登録有形文化財として、平成16年に廃校になったあとも地元の方々の手によって大切に保存されています。由利高原鉄道が目の前を走るため、車内からも校舎群が見えます。

b_yuritetsu_p_0025.jpeg
b_yuritetsu_c_0024-1.jpg
旧鮎川小学校

b_yuritetsu_p_0024-1.jpg
b_yuritetsu_c_0025.jpeg
矢島駅
由利高原鉄道を満喫したゆりてつ一行は帰路へ。
写真は矢島駅を撮影した後、羽後本荘方面への上り列車に乗る際のお見送りを撮影したものですが、まさかここまで再現されていたとは驚きですねぇ。

というわけで、舞台探訪としても楽しみましたが、それ以上に由利高原鉄道の「おもてなし」の心に感動した旅でした。由利本荘地区も決して人口が多い訳ではありませんが、とにかく会社だけでなく地元も後押しして、遠方からの旅行者に楽しんでもらおうという心意気と優しさがじんわりきます。鳥海山麓の雄大な自然に、見所聞き所たっぷりの由利高原鉄道。一度、足を運んでみてはいかがでしょう?

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て松山せいじ様/小学館にあります、ので。