06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

四月は君の嘘舞台探訪記 サクラセレクション

2015年 03月30日 18:26 (月)

b_kimiuso_p_top.jpg

有馬公正という一人のピアニストの「死」から「生」への復活と、それを支えたかをりとの別れを描いた「四月は君の嘘」。表題に「四月」とあるように、物語の起点となるのは桜咲き乱れる四月で、物語の終幕となるのもまたその1年後の四月でした。今回は全22話の中から特に印象的だった桜のシーンをセレクトして、実際に桜を楽しめる舞台を紹介していきたいと思います。

【大泉学園駅】
b_kimiuso_p_0001.jpeg
b_kimiuso_c_0001.png
第一話:大泉中学校前
第一話のアバンタイトルと最終話のエピローグで登場する大泉学園駅近くの桜並木の通りですが、実際に桜が並び非常に壮観です。また、近くでは大泉桜祭も開催されているようです。

【石神井公園】
b_kimiuso_p_0002.jpeg
b_kimiuso_c_0002.png
第一話:石神井公園
こちらも第一話アバンタイトルで登場するかをりが猫と出会う場所ですが、石神井公園自体が都内でも有名な桜の名所のようです。撮影時点ではまだ五分咲でしたが、もう一週間ほど経つと満開の桜で公園内が埋め尽くされることでしょう。

【練馬高野台駅】
b_kimiuso_p_0010.jpeg
b_kimiuso_c_0010.png
第二話:練馬高野台駅付近
第二話で帰宅途中の公正とかをりが出会い、公正に「君を代役に任命します」と宣言する場所。アパートの前が石神井川となっており、川沿いに桜並木が延々と続きます。こちらも公園などといったわけではありませんが、中々見応えのある桜の情景を楽しむことができます。

b_kimiuso_p_0011.jpeg
b_kimiuso_c_0011.png
第二話:練馬高野台駅付近

b_kimiuso_p_0012.jpg
b_kimiuso_c_0012.jpg
第二話:練馬高野台駅付近

b_kimiuso_p_0013.jpeg
b_kimiuso_c_0013.png
第二話:練馬高野台駅付近

b_kimiuso_p_0014.jpeg
b_kimiuso_c_0014.png
第二話:練馬高野台駅付近

【練馬文化センター】
b_kimiuso_p_0008.jpeg
b_kimiuso_c_0008.png
第一話:練馬文化センター
最初に公正とかをりが出会った場所であり、二人が初の共演を果たすことになったコンサートホールのモデルとなった練馬文化センター。実際には桜の木はそれほど多くは植えられていませんが、かをりがピアニカを演奏した遊具があると思われる場所には大きな桜の木が植えられています。

b_kimiuso_p_0006.jpeg
b_kimiuso_c_0006.png
第一話:練馬文化センター

【中瀬中学校】
b_kimiuso_p_0004.jpeg
b_kimiuso_c_0004.png
第一話:中瀬中学校
主人公たちが通う中学校のモデルとなり、EDクレジットにもロケハン協力校として記載されている中瀬中学校。こちらも構内には多数の桜が植えられており、特に交差点付近のミラーのカットは背後の桜が映り込んで全く同一のカットを撮影することが出来ます。(注:中学校付近は閑静な住宅街であるため、付近住民や学校生徒さんの迷惑になる行為には十分ご注意ください)

b_kimiuso_p_0009.jpeg
b_kimiuso_c_0009.png
第一話:中瀬中学校

b_kimiuso_p_0005.jpeg
b_kimiuso_c_0005.png
第一話:中瀬中学校

【上石神井駅】
b_kimiuso_p_0015.jpeg
b_kimiuso_c_0015.png
最終話:上石神井駅付近の踏切
最終話でかをりが公正に告白するシーンの踏切。「君を代役に任命します」と宣言したシーンと対になるとも言える、かをりの背後に咲く桜が綺麗で印象的なシーンですが実際に桜の木が植えられています。物語のラストを飾るシーンであるだけに、一本の桜を求めて巡ってみるものよろしいのではないでしょうか。

以上、駆け足になりましたが、「四月は君の嘘」桜シーンと実際に桜を撮影できるポイントを紹介する企画いかがでしたでしょうか。私が撮影した先週末段階ではまだ咲き始めでしたが、今週末より満開を迎え本格的な花見シーズンを迎えます。この時限りしか見ることのできない「四月は君の嘘」の名シーンを巡ってみる、そんな季節を満喫する聖地巡礼もいいかもしれませんね。



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て「四月は君の嘘」製作委員会にあります、ので。