10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女と彼女の猫-Everything Flows-舞台探訪記

2016年 03月28日 20:56 (月)

b_cat_c_key2.jpg b_cat_p_key2.jpg
キービジュアル:塚本・淀川河川敷

短編全四話による「彼女と彼女の猫-Everything Flows-」は、2000年に新海誠監督が自主制作したモノクロアニメ「彼女と彼女の猫」のリメイク作品でしたが、エピローグで新海監督作品の世界へと繋がり、見るものの感動を呼びました。短編全四話と通しても30分弱の作品ですが、坂本監督がインタビューで答えていたとおり、ご自身がかつて暮らしていた大阪・塚本の風景が多数登場しています。今回はそんな坂本版「彼女の猫」を背景とともに振り返っていきたいと思います。

b_cat_c_0001.png b_cat_p_0001.jpeg
sec1:淀川・JR東海道本線鉄橋
キービジュアルに登場しており、本編でも何度も登場する鉄橋は大阪駅・塚本駅の間を流れる淀川に架かる鉄橋です。

b_cat_c_0201.png b_cat_p_0201.jpeg
sec2:塚本駅前ヘアサロン・ハシモト
「彼女」の母が子猫を拾って帰宅するシーンですが、今はもう閉店してしまったのかシャッターが降りてしまっている塚本駅西口のヘアサロン・ハシモトのようです。

b_cat_c_0202.png b_cat_p_0202.jpeg
sec2:ライフ・塚本店付近の道路標識
こちらは「彼女」が猫である「僕」を捨てにいくシーンで登場する道路標識です。接触事故があったのか歪んでいますが、確かにここの標識ですね。

b_cat_c_0203.png b_cat_p_0203.jpeg
sec2:山科川・桃山南口駅付近
上記シーンに続き「彼女」が「僕」を捨てた橋ですが、これは淀川ではなく京阪宇治線の桃山南口駅付近、山科川に架かる橋です。この場所のみ塚本以外の舞台となりますが、坂本監督も京都アニメーション出身ということでこの場所を選んだのでしょうか?

b_cat_c_0204.png b_cat_p_0204.jpeg
sec2:花川公園
「彼女」が「僕」とたどり着いた公園は塚本駅近くの花川公園。

b_cat_c_0205.png b_cat_p_0205.jpeg
sec2:花川公園

b_cat_c_0206.png b_cat_p_0206.jpeg
sec2:花川公園

b_cat_c_0207.png b_cat_p_0207.jpeg
sec2:花川公園
結局は、転校先で馴染めなかった友達から猫をかわいいと言われたことで、今につながる「彼女」と「僕」の物語は始まります。

b_cat_c_0208.png b_cat_p_0208.jpeg
sec2:塚本幼稚園
そしてワンカットのみ登場する飛び出し坊やですが、付近にある飛び出し坊やは少なく、また背後に草が生い茂っていることから塚本幼稚園のものと考えて良さそうですね。

b_cat_c_0401.png b_cat_p_0401-2.jpg
sec4:某所
「彼女」のアパート近くと目される場所ですが、該当アパートは確かに存在しました(個人マンションであることに配慮し、具体的な場所は伏せておきます)。

b_cat_c_0402.png b_cat_p_0402.jpeg
sec4:塚本駅
「彼女」と「僕」の別れのシーンで登場するホームは塚本駅です。三宮方面のホームから大阪方面を撮影するカットで一致します。

b_cat_c_0403.png b_cat_p_0403.jpeg
sec4:淀川・JR東海道本線鉄橋
こちらも何度も登場している鉄橋ですが、大阪ではこれほど雪がちらつくのも年に何回あるかないかですね。

b_cat_c_0404.png b_cat_p_0404.jpeg
sec4:淀川・JR東海道本線鉄橋

b_cat_c_0405.png b_cat_p_0405.jpeg
sec4:淀川・JR東海道本線鉄橋
そして物語が新海誠版につながるエピローグ。新しい「僕」と彼女が出会うのは鉄橋の橋桁ぼ下でした。

以上になります。どちらかというと、東京に生きる現代の若者の心理を背景芸術を駆使して描くのが巧みな新海監督。京都ライデンフィルムが関西を舞台にどう「料理」するのか楽しみでもあり不安でもありましたが、蓋を空けてみると新海監督の世界観と見事にマッチする作風で、下町とも言える塚本も都会の一角としてなんの違和感もなく作品に溶け込んでいました。坂本監督が「大都会なわけでもなく、田舎なわけでもない。川向こうに広がる高層ビル群に対する憧れのようなものもあった」と自身の塚本在住時代を回顧していますが、その思い出を「彼女」と「僕」の心象風景に重ねたのだろうと推察されます。塚本の川向こうに広がる大都会の風景は、まさしく「彼女」と「僕」の生きる温もりのある此岸と、「不完全な世界」である彼岸を表象しているのかもしれません。



最後になりましたが、今回探訪で参考にさせていただきました下記サイト様、どうもありがとうございました!
舞台巡礼の実録(その0)
ホクロを結んで星座をつくれ!(舞台探訪)

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て彼女と彼女の猫EF製作委員会にあります、ので。
スポンサーサイト

彼女と彼女の猫-Everything Flows-キービジュアル探訪

2016年 02月15日 23:30 (月)

b_cat_c_key2.jpg b_cat_p_key1.jpg


今年3月より全四話にて放映予定の「彼女と彼女の猫-Everything Flows-」は、2000年に新海誠監督が自主制作したモノクロアニメ「彼女と彼女の猫」をリメイクした作品として放映前から話題を呼んでいます。今回制作を担当するのはライデンフィルム京都スタジオということで、舞台地として京都伏見などをロケハンしたことが判明。さらにキービジュアルの河川敷が淀川のJR塚本駅側から見た風景がモチーフとなっていることが雑誌「KansaiWalker」により明らかとなりました。背景描写のリアルさと緻密さで定評のある新海監督の作風をそのままに、関西が新海監督原作の作品として登場するとすれば、今から非常に楽しみですね。

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て彼女と彼女の猫EF製作委員会にあります、ので。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。