03月 « 2007年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

桜さく頃に

2007年 04月29日 01:39 (日)

20070429011833.jpg



三度雛見沢へ。

初夏、冬に続いて桜咲く春の白川郷を訪問。
今回は一人単車でやってきました。

途中天気が大荒れ。
落雷、横殴りの暴風雨、おまけに・・・雹(ヒョウ)!!


予定より3時間遅れたものの白川郷到着。
日没まで時間がなく、あせってカメラの設定を間違えたりと、
使える写真が少なくなってしまいましたが、前回、前々回押さえた主要SPOTは全て撮影しました。

これで秋がそろえば、雛見沢の四季の移り変わりを楽しめるというわけで。

20070429011818.jpg



桜は7分咲で少し時期的に早かったのですが、春らしさはちらほらと感じられます。

20070429011852.jpg


冬の間囲いがしてあった古手神社も整備されています。

そして相変わらず・・・

20070429011911.jpg


20070429011924.jpg


20070429011938.jpg


前回来た時よりさらに増。
いつまで続くやら。


さて、明日からは関西です。

あぶねーあぶねー

2007年 04月27日 01:21 (金)

どーにか実家に帰省する切符を一日ずらすことができました。

ってなわけで、予定通り4/30の神戸WHFには参加します。
前日から京都入り、早朝DMAのBOX出発を考えていますので、
数時間並ぶ覚悟のある方ご一緒しませう。

虚淵玄版Fate

2007年 04月24日 01:42 (火)

積んだままになっていた『フェイト ゼロ』2巻読了。

「王たちの狂宴」の副題どおり、アーサー王/セイバー、ギルガメッシュ/アーチャー、アレクサンダー大王/ライダーの三人が今回の中心。

第一巻が「起」としたら今回は「承」。
ライトノベル一冊とは思えぬほどの盛り上がりようでした。

ひたすらハードな展開で魅せる虚淵玄執筆によるフェイト。
自分としてはゲームよりこちらのほうが好みかも。


次はま~だ~?

Natural!!

2007年 04月23日 01:16 (月)

先週に続き、一眼レフカメラの修行中。

関羽雲長、以前のコンパクトで撮ったものが
黄味がかっていて気に入らなかったんで、今回撮り直してみました。

以前掲載していたものよりは格段に実物に近くなったのは確かです。


それはそうと、もう来週には黄金週間に神戸WHFですね。

今回は土曜に関西入り、日曜WHF参加、その日のうちに大阪から寝台列車で実家に帰省予定。
欲しいものがあるんで、始発で参加しようかと思っています。
その為にはBOXで夜を明かさんといかんかな?
DMA諸君にはお世話になるかも、よろしくです。

欲しいもの?
いや・・・メイドとかセイバーとか・・・

N氏と同じものですよ。

ロースクール受験者向け?

2007年 04月19日 01:28 (木)

最近、仲間内で流行っている『車輪の国、向日葵の少女』をプレイ中。

本作品、犯罪を犯したものは懲役刑を受ける代わりに日常生活における厳しい制限を受け、「特別高等人」と呼ばれる国家資格保持者により生活指導を受ける、という仮想社会が舞台。

主人公は特別高等人を目指す学生で、最終試験として有罪者が住まう田舎町で3人の少女の更正にあたる、という話。

・・・なんかこー紹介すると、鬼畜ゲームっぽいんですが・・・
一応泣きゲーに分類されてますって。

ゲーム中語られる刑罰論とか社会論とか、フランクな語り口の中にも真実を突いているような部分あり、ローとか役人目指す方なら別の意味で楽しめるんじゃないかと。

まだ1章目。
評価はおいおい。

いまさらですが・・・

2007年 04月17日 01:37 (火)

近所のビデオレンタル屋で70円セールやっていたんで、
この際未視聴のアニメぎゃんぎゃん借りてやれと思い、
以前より関心のあった村田蓮爾『ラストエグザイル』を一括レンタル。

もうかれこれ4年前のアニメですが、素晴らしい。
実に素晴らしい。

村田蓮爾の描くキャラクターの魅力は知っていたのですが、登場するメカ(ヴァンシップという小型飛行艇)のデザインに目が釘付けに。

なんでも村田氏は元々は車のデザイン志望で、クラシカルなものを作りたかったそうな。

GONZOの製作クオリティーも(このころは)非常に高い。
久々に面白い過去のアニメを発掘できました。

金が・・・足らん!!

2007年 04月16日 01:13 (月)

どーにかこーにか一眼レフの使い方がわかってきました。

今回のHP更新で使用した写真は、原色そのままの色になったのではないかと思います。
仕上がりの自然さ、現物そのままに写し出せるところはコンパクトの比じゃないですね。

カメラがよくなると今度はライト、背景などの撮影周辺機材がどうしても見劣りしてきました。
現在はデスクで使用している蛍光灯を流用しているんですが、これじゃあダメだな。
やはり専用のライトを買ってこないと。

カメラは拘りだすと、本当に金が飛びますね。
あと給料日まで・・・うわ。

通報されるからとばせ!!

2007年 04月15日 03:23 (日)

実に数年ぶりでカラオケで歌いましたよ。
「そっち方面」のやつらで行ったんですが
出てくる曲は懐メロ(60~70年代?)と軍歌とアニソン。

カラオケでストレス溜めず発散できたなんて生まれて初めてか?

今まで避けていたんですが、コレなら悪くないですね。


さて、本日は、先週買った一眼レフをアレコレいじくっていました。
ホワイトバランスとか、ピントとか、マニュアルでは面倒すぎるので
オートにしたんですが、
「これじゃコンパクトと変わんなくねぇ?」
という気が・・・。

10万以上つぎ込んだんだから、今まで以上の成果は出さねば。

今日色々撮って、最良の出来はコレ。


IMG_0140.jpg


明日、さらに精進します。

・・・眩しかった日のこと・・・

2007年 04月12日 01:49 (木)

ねこねこソフト『朱』読了。

評価があまり芳しくないようで、中古格安で買ったのですが
かなり楽しめました。

『銀色』のエピローグで平安時代の石切が大陸へ旅立つのですが、
『朱』はその続編。

石切が旅の果てにたどり着いた中世中央アジア(パキスタン~イラク?)が舞台という、スケールのどでかい話。

ストーリー的には未消化の部分が多く、首をかしげる部分もあるのですが、とにかく舞台設定とその世界観には引き込まれました。

テーマ曲、BGMともに一級。
これが1000円台で売られているとは・・・

どーんと買い物

2007年 04月09日 01:18 (月)

IMGP2429.jpg


一眼レフ導入。

現在所有するコンパクトカメラもかれこれ三年使っているのですが、
最近性能的に満足できなくなってきたので、この際にと思って購入しました。

本当はF-2を完成させてから購入しようかと思っていたのですがね。

基本レンズつきのCanon Kissデジにマクロレンズ一本、リモコンやらメモリーやら保護レンズやら購入したら・・・16万超。

帰って早速触ってみるも、なにがなにやら。
果たして使いこなせるか?
しばらく勉強せねばなりませんな。

思わぬところで

2007年 04月04日 01:36 (水)

本日はDMA現役時にお世話になった大先輩がお仕事で弊社工場に。

午後、お互いひと段落着いたところで落ち合いました。
冬フェスで実はニアミスしていたかもしれませんが、
お会いしたのは昨年のEVE以来。

会って話すことといえば模型談義、DMA出身者のその後のことなぞですが、短いながら楽しいひと時でした。

次回は4月末神戸WHFでお会いすることになるんでしょうか。
昨年同様、「小OB会」になったらいいなぁ・・・と思っています。


話の途中、製作途上のF-2Aが話題に・・・
まあ、作ります。
作りますとも。

cerberusこのみ

2007年 04月02日 01:05 (月)

IMGP2422.jpg


このみようやく完成しました。
製作開始から約1月での完成でした。

3月中完成を目指して急いだんで、表面処理が甘くて塗装をいったん落として表面処理やり直したりと・・・とにかく無駄に時間を食ってしまいました。

しかも最後の最後、接着でしくじったぁ。

来週末の時間を使って撮影してupしますんで、詳細はそのときに。

はー。
疲れましたわ。

これぞ新海作品

2007年 04月01日 03:48 (日)

模型製作のほうも一段落着いたので、ひさーびさに名古屋へ。

とらに行ったら・・・えらい新刊の数じゃのう。
エマにガンスリにアリアにフェイトにマリみて・・・しかもひだまりのファンブックって・・・ええ!!

蒼木うめサイン会実施中!?
と思ったら、整理券頒布終了でした。

帰ろうとしたところ、(名古屋地下鉄の)伏見駅近くの映画館で
『秒速5センチメートル』上映中の貼紙が。
せっかくの機会なんで見に行きました。

新海誠作品は映像や短編は好きですが、長編ものはしっくり来なかったのでどーかなー・・・と思っていたのですが、
脱帽するほどいい~作品でした。


主人公10代の頃の第一話、第二話での美しき世界が、
社会人になった第三話で化石となり崩落していく様は切ないことこの上ない!
それがラストでの再会で一瞬、鮮やかさを取り戻すところも・・・また切ない!!

我々に何か、道を示してくれたわけではないのですが・・・何故か非常に励まされたような気がします。

一時間のショートストーリー3連作ですが、物凄い密度を持っていますよ。
上映映画館が極端に少ないのが・・・悔やまれる。(まあしょうがないけど)