04月 « 2008年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひろさんUP

2008年 05月30日 01:49 (金)

本家HPにひろ完成品UPしました。

構図、ピンボケ具合まで今回の撮影は我ながらうまくいきました。
(そのために百枚近くボツにしましたが)

広角レンズは本格的に購入を検討中。
でも価格が12万!?20万!?
妥協するかなぁ・・・。


さて明日は定時後ごーこんなるものに行かねばなりません。
首尾を聞くような野暮なことせんよーに。
スポンサーサイト

宝の持ち腐れだったのかよ

2008年 05月28日 01:49 (水)

ゲーム絵師でおなじみ、しろ氏の一眼レフを題材にした同人誌を購入して以来、ココ最近デジカメに凝ってます。

いつもフィギュア撮影では「絞り優先」「オートフォーカス」の組み合わせだったんですが、
露出からピント、ホワイトバランスに至るまで全マニュアルにしたほうが思い通りの絵に仕上がる上、
撮りなおしの手間も省けるのでビックリ。

今まで「んな面倒なことできるか」と思っていたんですがねぇ・・・。

購入後一年目でようやく一眼レフの真価を思い知った気がします。

あー聖地巡礼用に広角レンズ欲しい!!


んなわけで本日撮れたてを一枚。

IMG_1572のコピー

「私のうたを聴けぇええ!」

2008年 05月25日 02:58 (日)

現在公開中の映画『光州 5・18』を見てきました。

「光州とはなんぞな?」という方はこちら「光州事件」をどうぞ。

導入部分のメロドラマチックな部分とかラストの仰々しさはやっぱ韓国映画か、という感じでしたが、
それでも劇中、軍によるデモ隊鎮圧シーンの残虐さは圧巻。

私が生まれるちょい前に韓国でこんな事件があったこと自体驚きですが、監督談によると、本映画はまさに我々世代の韓国人に向けて作られた映画だそうです。

ミャンマーやらチベット自治区やらきな臭い昨今にあっては、スクリーンの向こうの世界は現在進行形の事実そのものなのかもしれませんねぇ。



遅ればせながら最近『マクロスF』に私もはまっています。

名古屋のとらでシェリルのCDを衝動買しちまいました。

実はマクロス見たのはFが初めて。
早速初代から勉強しなおしたいところです。

裏テーマ復活?

2008年 05月20日 01:43 (火)

IMG_1272.jpg


GW前後から作製していた作品本体完成しました。

最近は仕事後はこいつにかかりっきりだったんで更新が滞っていましたが・・・

が、しかし、静岡HSは今年も行ってきました。


IMG_1184.jpg



例年通り土曜早朝に岐阜を発って11時頃会場到着。

DMAブースで現役会員・なにじゅうさんと合流。

半日かけて会場をぶらぶらと。

企業ブースでの目玉はなんといっても1/350戦艦シリーズ。

長門級の評判はもちろんのこと、金剛級もそれに引けをとらぬ出来栄えでした。

DMAブースで気づいたことは・・・あれ?フィギュアが復活しとる?

ってなワケでEVEに向けてまた何か(裏)テーマを決めて何か作ろうかと。(3年前はTYPE-MOON、2年前は東鳩2)

とは言えど、なにじゅうさんも私も良いアイディアなし。

いっそ「痛車コンペ」なんぞにしても、各人のセンスが発揮できて面白いかも。

IMG_1195.jpg


これはハイレベル過ぎますが・・・。


静岡で唯一心残りは他にもOBの方々が来場していたにも関わらず、すれ違いになってしまったこと。

次のイベントor展示会でお会いしたいところです。




TYPE-MOON新作三本

2008年 05月12日 01:42 (月)

先日土曜日より名古屋地区で『空の境界』2幕「殺人考察(1)」が公開されています。

映画館に出掛けるついでに、ゲーム雑誌も購入してきました。

お目当ての情報はTYPE-MOON新作三本。

『魔法使いの夜』はタイトルだけ予備知識としてあったのですが、
この作品、原作はなんと奈須きのこ最初期(『空の境界』より古い!)であり、
舞台は蒼崎青子学生時代の1980年代末とのこと。

TYPE-MOON諸作品を貫く縦の糸、蒼崎姉妹ですが、
稀代の魔法使い青子の誕生秘話、とくと堪能したいところです。


ちなみにTYPE-MOONファンの間では蒼崎姉妹どちらが人気なんでしょうかね?

私は橙子派ですが。
(『空の境界』を見ていて橙子のとこで働く黒桐がうらやましい。うちにもあんな上司がいたらなぁ・・・
ってそりゃそれで怖いか)

アフタヌーンティーでも

2008年 05月07日 01:58 (水)

何度もお伝えしている6月末開催予定の「かがり美少女イラストコンテスト」。
keyでおなじみ樋上いたる氏が担当する「旧対川荘」イラストですが、よくよく調べてびっくり。
イラストモデルが秋田県南部唯一のメイド喫茶だとか。(いたる氏のイラストはこちらで公開中)
件の物件がある羽後町は私の生まれ故郷の隣街、こりゃあ行かねばなるまいということで急遽訪問。



IMGP3206.jpg


喫茶店名は「Ohzan de imane 村 cafe」。
築百年の別荘「対川荘」をカフェレストランに改装。
命名者はかの安岡正篤という由緒ある物件だそうです。

門から入っていくと

IMGP3221.jpg


なるほど趣がある。

しかし

ラストオーダーは17:00。

現在時刻17:30。

残念ながら店員さんは平服でしたが、持ち帰りのケーキを買って、内装と庭園を撮影させてもらいました。

IMGP3207.jpg



IMGP3218.jpg



こんなところで午睡にまどろみつつ読書でも出来たらなぁ・・・

というぐらいすばらしいロケーションでした。


このとおり本店、特定層対象の店ではなく、歴史的建造物を利用してオーガニック料理を提供する本格的なレストランです。

親にも聞いてみたところ、地元のマダム(?)の間では話題になっているとか。


二ヵ月後の「祭り」のときはさぞかし盛況になるんだろうなぁ・・・と少し後ろめたいような申し訳ないような気がしますが、いたる氏のポスターに描かれるのは実に嬉しい。

多分私も二ヵ月後来るかと思います。

きみまち阪

2008年 05月04日 01:32 (日)

IMGP3204.jpg


せっかくの機会なんで、先日紹介した『North Wind』の舞台地、秋田県二ツ井町(今は合併されて能代市だったかな?)に行ってきました。

秋田市より青森行きの鈍行で1時間20分。

駅はこのとおり極めて小規模ですが、駅員は常駐しており特急列車も泊まります。
駅前は商店街になっており、思ったより栄えていました。

町内のポイントを徒歩で回ったのですが、それにしても暑かった。

駅から歩いて20分ほどのところに「きみまち阪公園」というところがあり、ここが作中の恋文祭りゆかりの地になるのですが、園内歩き回っただけで汗だくでした。

園内は「きみまち阪桜祭り」ののぼりがあるのですが、桜は何処?
みな散っていました。

去年のGWは余裕で花見が出来たのに、今年の春は異常じゃないかと。

連休も残り3日か・・・。

帰省中です

2008年 05月02日 02:51 (金)

あれよあれよという間にGW突入。

うちの会社は5/1より休みなんで、現在秋田に帰省しています。

いうまでもなくど田舎なんで、買いたいコミックを置いてる書店がないことも多々あったんですが、
昨年末に駅前にジュンク堂が開店して状況が一遍。

ジュンク堂は座り読みOKなのも嬉しい。(コミックはさすがに無理ですが)

というわけで実家滞在中時間つぶせるだけコミック、本を買い込みました。


新刊で注目は勿論こちら

エマ 10巻 (BEAM COMIX) (BEAM COMIX)エマ 10巻 (BEAM COMIX) (BEAM COMIX)
(2008/04/25)
森 薫

商品詳細を見る


最終巻がしばらく前に出て、その後は外伝だったはずが、何時の間にか本編並みのボリュームとクオリティーに。
巻を重ねるごとに森薫氏が腕をあげていくのがわかる作品でしたが、今回最終巻は鳥肌ものの出来でした。


次は新刊ではありませんが、各メディアにとりあげられている話題作

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))
(2005/09/29)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


同名のTVドラマもあったんで、江戸の時代物かと思ったんですがなんとSF。
本編の日本は、江戸初期に全国的に流行した男性のみに伝染する疫病によって、男性人口が女性の1/4まで減少してしまい、女性が男性に代わり社会の重要ポジションを占めるというもの。
単に男女が入れ替わるという話は巷に多々ありますが、この作品のすごいところは上記の状況によってセクシャルな部分はそのままにジェンダーの構造がいかに変化したのかを緻密に描いているところ。
その意味では「サイエンス・フィクション」というよりは「ソーシャル・サイエンス・フィクション」ともいえるのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。