03月 « 2009年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-Day延期です

2009年 04月26日 17:52 (日)

今回のGW、会社の正式休暇は4/29から8連休なんですが、直前2日有休を申請してどどどーんと12連休にしました。

んで、予定では26日早朝から秋田に向けてバイクで旅立ち、途中新潟で一泊27日秋田到着の予定が、
低気圧の影響で北日本大荒れだとか・・・。

急遽予定を変更。
27朝敦賀発秋田行きのフェリーで帰ります。バイクのっけて。
岐阜~新潟~秋田の道中も楽しみしていたんですが、本命は青森における聖地巡礼なんでそこは我慢。


鴨川ホルモー (3) (角川コミックス・エース 216-3)鴨川ホルモー (3) (角川コミックス・エース 216-3)
(2009/04/25)
渡会 けいじ

商品詳細を見る


一日伸びたので、書店で暇つぶし。
『鴨川ホルモー』最終巻出てましたが、今回もヨカッタ。
「二人静」も小説よりとっつきやすいようアレンジされていましたし、
芦屋・安倍最終決戦も気合の入った描き方でしたなあん。

作中登場する実在の喫茶店や食堂、大学正門前の立看とか、なにもかもが泣けてくる・・・
作者にはただただ、ありがとうと言いたい。
スポンサーサイト

二台目です

2009年 04月20日 00:11 (月)

不況の昨今、順調に売り上げを伸ばしているネットブック、自分も購入しました。

言うまでもなくパソコンはズブの素人もいいとこなので、とりあえず「DVDドライブこみで5万以内」「できれば国内メーカー」ということで、東芝のNB100に即決。

自宅デスクトップのほか、もう一台購入した理由は
①ツーリングや聖地巡礼の旅先で使いたい
②実家帰ったとき自分専用のパソコンが欲しい
③自室でデスクトップでアニメ&ゲームしながらネットを使いたい
の3点。

それにしても、3年前に購入したデスクトップより処理速度が速いとは・・・。


さて、GWが迫っていますが、今回はバイクにて秋田に帰ります。
行きは地べた、帰りは仙台から名古屋までフェリーを利用する予定。
今回で東北(主に青森)の聖地を一挙攻略するつもりでいます。

もしかしたら現地からブログ更新も可能かも?

携帯電話がぶっ壊れやがりました・・・

2009年 04月12日 20:29 (日)

原因は会社で記念に支給された安物乾電池式充電器。

土曜名古屋に出掛けるとき充電している暇がなかったんで
「あ、そーいやもらい物の充電器あるやん」
と思いついたのが運の尽き。

名古屋に到着したところでチャージされたかなと携帯を開くがウンともスンとも言わず。
充電器をもう一度差し込むと、充電中を示すライトが異常な点灯を繰り返す・・・

しょうがないんで、名駅前ビックカメラのドコモショップに行って調べてもらったところ、バッテリーが異常をきたしているとのこと。

とりあえずショップの備品だったバッテリーを借り受けて、代品を発注してきました。

うちの会社もなんちゅーもん記念品にしてくれるのか・・・


さて久々に名古屋に出た目的はこれ。

殻ノ少女 オリジナルサウンドトラック AZURE (アジュール)殻ノ少女 オリジナルサウンドトラック AZURE (アジュール)
(2008/07/04)
不明

商品詳細を見る


先週倉敷巡礼前に買っておけばよかったな・・・。
前作、BGMに本格的JAZZを使用した『ピアニッシモ』にはかないませんが、こちらも秀逸。
イノグレの卓越したセンスにただただ感服。

雨中巡礼

2009年 04月05日 02:50 (日)

IMG_5224.jpg

決算中でこんなことしている場合じゃないんですが、倉敷巡礼に行ってきました。(日帰り強行軍で)
今回の題材はイノグレが昨年リリースした『殻ノ少女』に登場する倉敷の美術館、モデルになったのは大原美術館。
創立は戦前で作中の時代1950年代にはしっかり存在しています。

美術館は倉敷観光の中心、美観地区に入ってすぐのところです。

IMG_5245.jpg

IMG_5248.jpg

IMG_5316.jpg

古い町屋の中に一見ミスマッチともいえる荘重な造りですが、そこがまたいい。
大原美術館は実業家・大原氏が画家児島氏に依頼して戦前欧州にて収集した絵画を中心に展示しており、「~派展覧会」のような明確なテーマがあるわけではなく、児島氏の目に留まり運よく購入できたものだけを展示しているわけですが、極めて個性的で鮮烈な印象を受けました。
考えてみれば、自館所蔵品だけで展覧会ができる美術館が日本にはどれだけあるのだろう?
これを見に東京からはるばる倉敷に来た冬子の心情がわかるよ、うん。(他の目的もあったっけ?)

午前中一杯かけて本館、別館、児島虎次郎記念館と見た後は近辺をぶらぶらと。
あいにくの雨模様で写真が撮りづらかったのですが、かえって面白いものがとれました。
雨に煙る街も悪くない。

IMG_5327.jpg

IMG_5373.jpg

IMG_5328.jpg

IMG_5329.jpg
なんと証券会社。

IMG_5231.jpg

IMG_5287.jpg

IMG_5292.jpg

IMG_5277.jpg

IMG_5279.jpg

IMG_5397.jpg

IMG_5298.jpg

私の心境そのまま駆け足になりましたが、半日でまわれる小ぶりな町並みが倉敷のよいところかと。
泊りがけなら瀬戸大橋まで行きたかったところです。

さて明日からまた決算か・・・

今週もツーリングで

2009年 04月01日 01:19 (水)

ココ最近落ち着きなく休日は常に移動していますが、
先週末は職場内ツーリング。
泊りがけで、熊野・伊勢方面に出掛けてました。

一日目は集団で室生寺~吉野~尾鷲を走りぬけ、
二日目は私だけ単独行動。

目指すは・・・伊勢市。

お伊勢参りは勿論ですが、目的はいつもの巡礼。
お題はラノベ原作でアニメ化、果てには実写ドラマまで放映された『半分の月がのぼる空』。

本作で舞台地として登場する伊勢市は作者が少年時代を過ごした地。
作品の中に登場する背景・個人商店に至るまで、街への愛着を感じる作品には惹かれますねえ。


尾鷲から北上し、伊勢市に入ってまず立ち寄ったのは伊勢神宮・内宮。

IMG_5104.jpg


IMG_5121.jpg

正月でもないのにこの人出。
笑っちゃうくらいの混雑っぷり。

おかげ横丁はどこの繁華街だよ、ってなぐらいの人ごみで、あっさりスルーして伊勢市街地に入ります。

IMG_5137.jpg

名鉄宇治山田駅。
レトロな外観の駅が面白い。

そしてすぐ近くの飲食店街にあるのが

IMG_5140.jpg

まんぷく食堂。
小説版のみ登場ですが、ここの名物が「からあげ丼」(600円)。
14:00ごろ入ったにもかかわらず満席状態。
地元の学生、家族連れのほか、観光客もちらほら。
旅行雑誌を片手に店に入ってきたところを見ると、『半月』目的ならずとも名の知れた店のようです。

ここから歩いて10分ほどのところにあるのが通称「砲台山」。
IMG_5159.jpg
麓で宅地造成工事が最近まで行われていたため、一時入山が困難だったそうですが、
現在は山道が荒れ果てているもののなんとか記念塔まで登ることが出来ます。

IMG_5155.jpg
「砲台山」から見た伊勢市の眺望。
主人公が里香と見た風景ということで。

IMG_5171.jpg

アニメ版OPに登場する旅館・星出館。

IMG_5181.jpg

主人公と里花が入院していた病院のモデル。
流石に病院は撮りづらい・・・。

IMG_5188.jpg

本作、文学作品が一つのキーになるのですが
その関係で登場する市の図書館。


と、一気に紹介してきましたが、
実は小説版は未読、知っているのはアニメだけだったりします。


帰りは高速で強風にあおられ転倒しそうななったり、
事故渋滞に巻き込まれたり散々でしたが・・・


**

さて今週から仕事は年度決算に突入。
しかしながら、桜の時期を逃すのはあまりにも惜しいので、
来週もう一箇所巡礼を考えています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。