06月 « 2009年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

下地島より

2009年 07月31日 00:43 (金)

IMG_6759.jpg



「これより下地島基地、迎撃体制に入ります。」 


「第一陣、第二陣スタンバイ!」


「第7オービタルステーションヨリより連絡。
迎撃に成功するも、基準値をこえる隕石が3つ。
うち一つが下地島基地エリアに入ります。」


「サシバ11
サシバ22
出撃よ!!」


「サシバ11」
「サシバ22」

「「Clear for laonch!!」」


てなわけで、やって参りました宮古・伊良部・下地島。


雨天のセントレアを出発して那覇で降りるとビカビカの晴天。
そこから飛行機を乗り継いで、30分ほどで宮古到着。

とにかく青い!蒼い!

IMG_6808.jpg


二日目は伊良部島に渡ってストラトスの聖地巡礼。

伊良部島・下地島は隣接しあった島なのですが、橋で複数箇所結ばれており、ひとつの島を形成しているようなかんじです。

まずはお決まりのスポット

IMG_6728.jpg

そして空港。
北端が観光スポット。

IMG_6954.jpg

IMG_6958.jpg

IMG_6962.jpg

IMG_6963.jpg

IMG_6978.jpg

ANAの機体(737?)が訓練でタッチアンドゴーしていました。
我々の直上をすっ飛んでいきます。



空港先端から数分で通り池到着。
それほど広くないのですが、深度25メートルほどとかなり深く、
底で海に通じているそうです。

作中では美風たちが泳いでいたところですね。

IMG_6986.jpg


空港のある下地島から伊良部島に戻って、牧山展望台。

IMG_7004.jpg

作中、オタクらが拠点に使っていた場所です。

広陳に出前注文すれば香鈴ちゃんがもってきてくれるのかな?




今日は宮古島本島を巡ります。

WF不参加でしたが

2009年 07月27日 00:33 (月)

金曜は会社の新入社員どもと酒席をともにしたのですが、
久々にゲーム・アニメネタで意気投合できるやつらにめぐり合えました。
(ここ2年は0人だったんですが今年は2人も)

一次会までは楽しかったのですが、二次会のカラオケでちょーしづいてCCさくらを入れて他の社員から白眼視されたのは失敗。あいたたた。


さて、今週も新刊があれこれ発売されましたが、一押しは志村貴子の『放浪息子9巻』。

女友達が次々男子学生服で登校する中、女装好きの主人公修一がついに
セラー服で登校して・・・という佳境で前巻終了。

この一件が学校、家族に波紋をよんで・・・

小学生から始まったこの話もかれこれ中学生中盤。

「お前、女装がすきなのか?女になりたいのか?」

自分の感性で生きてきた修一も、周囲の反応から圧倒的に迫りくる現実に追い詰められていくような。
作中、修一に投げられたこの問いがそれを象徴している気がします。

もしや、次くらいで最終巻?


同じく志村貴子関係で、今期オンエア中の『青い花』OP曲、空気公団「青い花」が発売されました。

とらに行ってもなし、メロンに行ってもなし、アニメイトでようやく手に入りました。
いい曲なんだけど、なんで主要店2店でおいてくれないのか?



さて、本日はWFでしたが今回は不参加。
(でも欲しいものは社の先輩にお願いしましたが)

それもこの水曜からの下地島巡礼のため。

てなわけでいよいよ今週、沖縄に行ってきますわ。

また買った・・・

2009年 07月20日 00:40 (月)

IMG_6523.jpg

羽後町関連でまた買い物。

今回は羽後町ポスター第三弾

IMG_6528.jpg

第一弾、二弾は西馬音内盆踊りでしたが、今回は古民家が題材。
ポスターパッケージも数種類あり、非常に凝ったつくり、デザインも洒落ています。

IMG_6524.jpg

もうひとつはポスター第一弾「あぐりこ神社」の絵柄を使用したりんごジュースです。


さて、今年は参加できませんでしたが、先週の第三回かがり美少女イラストコンテストは大盛況だったようで、今回人気投票での上位作品も素晴らしい。実に素晴らしい。

作品はこちらから。

ご近所巡礼

2009年 07月19日 05:09 (日)

週末は自転車で近場の聖地巡礼に行ってきました。
各務原市内の寮から自転車南に4,50分ほど。
木曽川を超え、一宮市内に入るとツインタワーが見えてきます。


IMG_6502.jpg


今回の作品は以前も紹介したこちら。

瞳のフォトグラフ 1 (Flex Comix)瞳のフォトグラフ 1 (Flex Comix)
(2009/05/09)
GUNP(杜 講一郎×さくら あかみ)

商品詳細を見る


作者がうちの近所?なのかツインタワーがワンシーンで登場します。


こちらが登場するアングル。

IMG_6519.jpg

IMG_6503.jpg

*掲載写真に問題があれば削除いたします。


実際近くまで行くと相当デカイ!

展望台まで上りましたが、天気が悪く見晴らしがイマイチだったのが残念。

週末は飲みに

2009年 07月13日 01:52 (月)

週末、久々(2年ぶり?)に大須の巫女居酒屋・月天に行ってきました。

名物のオリジナルカクテルは「戦国武将シリーズ」。
カウンターのまわりを見るとなるほど、女性客ばっか・・・。
客層が入れ替わりながらも繁盛続けているようでなによりです。


二次会にこちらも1年半ぶりにモルトバーに行きましたが、
バーテンダーさんこちらのこと覚えていてくれました!
今回含め3回(うち一回は貸切で入れなかった)しか行ったことないのですが。
職業柄かもしれませんが、記憶力もここまでくるとただただ驚嘆です。

百合の四大人といえば

2009年 07月11日 03:17 (土)

今期開始アニメ、『青い花』視聴しました。
志村貴子さんの原作がめっさ好きで、アニメ作品がどうなるのか心配でしょうがなかったんですが、
アニメ作品もきわめて良作で見入ってしまいました。

で、その勢いで私的傑作百合作品を紹介。

まずは今回アニメ化の志村貴子さんの『青い花』。

青い花 4巻 (F×COMICS)青い花 4巻 (F×COMICS)
(2009/04/23)
志村 貴子

商品詳細を見る


作品全体にあふれる優しさ、舞台となる鎌倉の静謐な雰囲気、甘美な作風は古風ながらも実に良し!


熱帯少女 (IDコミックス 百合姫コミックス)熱帯少女 (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2009/06/18)
吉富 昭仁

商品詳細を見る



続けて吉富昭仁氏の最近発売された作品。
同氏の作品としては『BLUE DROP』もお勧めですが、なんていうか・・・
この人、変態っすね、と正面きって賞賛できるほど独創的な作品を送り出してくれます。


オクターヴ 2 (アフタヌーンKC)オクターヴ 2 (アフタヌーンKC)
(2009/02/23)
秋山 はる

商品詳細を見る


続けて少しマイナーですが『オクターヴ』。
百合の一切の幻想と抽象さを捨てた作品。
数ある百合作品でも異彩を放つ作品ですが、シリアスな内容に引き込まれます。


マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫)マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫)
(2008/12/26)
今野 緒雪

商品詳細を見る


そして最後はやはりマリみて。
百合作品のはじまりにして終着点だと思います。
まさに王道。
個人的に好きなストーリーは『いばらの森』と『チェリーブロサム』。
白薔薇ファミリーには挫折・死と再生、これだけで起承転結すべてが詰まってる気がします。


と、少々(どころじゃない?)濃い~内容になりましたが、百合世界は一度足を突っ込んだら抜け出せません。

今回はなにゆえか紹介作品のイメージ画像が表示されず、見苦しくて申し訳ないっす。

ではでは。

年をとったはずさ

2009年 07月06日 00:44 (月)

『エヴァンゲリヲン破』見てきました。

副題に違わぬ物語の筋書き、未見の方も多かろうと思うので、内容については語りませんが。

視聴中、既視感と違和感が交互に去来し、エピローグ部分で今回劇場版のTV版に対する位置づけや世界観が見えてきた気がします。


さて、今回見ていて気づいたのは、かつて中坊のころと今では登場人物に対する自分の感情移入の対象が変化していること。
かつてはパイロット3人組み、今はミサト・加持・リツコの3人組み。
年齢や社会的立場が彼らに近づいたからでしょうかねぇ。
特に、自分の地位と任務、責任に立ち向かう強さ、一方で過去のしがらみから抜け出せぬ弱さやもろさを抱えるミサトの心情が、今になってわかった気がします。
そんな中でも飄々とした振る舞いを見せる加持は、やっぱ羨ましくも憧れますわ。

古典というものを年を重ねてからもう一度読むことの意味、実感しました。