07月 « 2009年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「方法」で観る日本

2009年 08月24日 00:53 (月)

夏休み明けの一週間は軽く流して・・・ってうまく行くわきゃあない。

今週の仕事は休みボケの心身にはちとハードでした。


ようやく週末自由時間が出来たので、早速名古屋まで夏コミ新刊買いに行ってきました。

まずとらの穴名古屋店。

「うみねこ」新作が品切れなのはある程度予想してましたが、5階(同人誌)の混雑っぷりが凄まじいことに。
レジ待ち列がフロア半周ほどの蛇になっていましたよ。

その後もペーパームーン、まんだらけ、メロンとはしご。
いやはや疲れた。(ちなみに「うみねこ」はペーパームーンにまだまだ残っていました。皆こっち買いにこんのか?)


さて、本日紹介する書籍は珍しくコミック外で。

日本という方法―おもかげ・うつろいの文化 (NHKブックス)日本という方法―おもかげ・うつろいの文化 (NHKブックス)
(2006/09)
松岡 正剛

商品詳細を見る


松岡正剛その人はたいがいの書店でコーナーが設けられているのでご存知の方もいるかもしれませんが、自称(というと失礼ですが)編集工学専門家。
私なりに解釈すると、文化=「情報の編集による新しい関係性の発見」という観点で、日本と世界を通観する歴史学・文化人類学・社会学者とでもいいましょうか。

「日本という方法」、なんか日本語的に「?」なタイトルに引かれて本を手に取ったのですが、引き込まれる引き込まれる。
松岡氏の独特な日本文化論(そしてその分析アプローチ)には、脳髄に針を差し込まれたような刺激とシビレを感じました。

斬新過ぎるが故、飲み込みに時間がかかりましたが、数冊分の満足感を得ることが出来ましたワイ。
スポンサーサイト

新しいこと、はじめませんか?

2009年 08月15日 23:55 (土)

盆休み中4日ほど出勤しましたが、なんとか13日前には帰省できました。

帰省途中アキバによったところ、こいつが発売されていたので購入。

ヘッドフォン少女画報ヘッドフォン少女画報
(2009/08/12)
不明

商品詳細を見る


自分はデジタル製品には全く無頓着かつ疎いのですが、読後サウンドの世界に半歩足を踏み入れてしまったような・・・。

そういや、一眼レフ本格的に始めたのもしろさんの同人がきっかけだったし、自分の趣味は常に二次元に触発されて始まってるようです。(今のバイクも『ラムネ』で決めたし)



一方で、天野こずえ氏の注目の新刊

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
(2009/08/10)
天野こずえ

商品詳細を見る


ダイビングを題材にした作品ということで、最近ライセンスを取得したおふくろに勧めてみたところ、(後半部は)勉強になったと評価は上々。
さっそくウェットスーツだドライスーツだと騒いでましたわ。

次巻からいよいよ海に入ってくれるのかな?

ニッポンの夏

2009年 08月09日 02:31 (日)

盆休み突入!

が!!

仕事が修羅場のため出勤とは・・・


せめてもの気晴らしに仕事後、先週公開となった『サマーウォーズ』をレイトショーで見に行ってきました。

『時かけ』から3年、注目の細田監督最新作ですが、前作の期待を裏切らぬ傑作でした。


ネットハッキングによる世界の危機を信州旧家の一家が救う、というありがちといえばありがち、
荒唐無稽といえば荒唐無稽なストーリー。

今作のテーマは「ネットワーク」と「絆」。

ネットワークとは二つ、誕生から十数年で世界経済、人々のコミニュケーションのあり方を一変させたデジタルネットワークと、親族に代表される人的なアナログネットワーク。

不完全ながらも、厳然と存在し、世界を覆いつくそうとするデジタルネットワークはもはや否定できるものではありません。
人的関係の希薄化やシステム的不完全性を指摘するのは正解として、旧時代に憧憬を持つのは単なる退行に過ぎません。

本作はデジタルネットワークとアナログネットワークをそういった対立関係に捉えるのではなく、前者の不完全性を超克し、次の時代に向かうためのヒントが、かつて人々をつないだ実生活における人的ネットワークにあることを示唆しているように思いました。


なんにせよ、生活に不可欠なものとしてネットを楽しみながらも、家族との会話を楽しめる生活。
これが日本的(?)デジタル生活の姿だなぁと。

お盆で実家に帰省する人、している人。
そんな人たちにぜひ見てほしい。

最高の夏映画、存分に楽しませてもらいましたよ!

アニメに始まり、アニメに終わる南島旅行

2009年 08月03日 00:56 (月)

IMG_6629.jpg

本日宮古島より戻りましたが、前回伊良部・下地島に引き続き宮古島の様子もUP。
もっとも、宮古島内のストラトス・フォー舞台地は、遠景として登場する風力発電用風車だけですが、それもおいおい。

IMG_6632.jpg

島内一の広さを誇る与那覇前浜ビーチ


IMG_7054.jpg

少し人里離れていますが、新城ビーチ


IMG_7255.jpg

砂山ビーチ・・・『夏音』OP思い出した・・・


IMG_7065.jpg

昼食時、宿の2階喫茶店から


性分か、島内ツーリングをしてみたくなったので、スクーターをレンタルして一周。

道の先々でも面白いものがあれこれ。

IMG_7182.jpg

ひまわりといえば『AIR』が思い出されて・・・。


IMG_7225.jpg

島の北にある宮古馬の牧場にて

在来種である宮古馬は現在十数頭しか存在しない絶滅危惧種とか。


IMG_7254.jpg

島内のあちこちに・・・目つきこえぇよ。


IMG_7143.jpg

昨日upしたサシバの展望台から美風が紙飛行機を、対岸の風車に向けて投げるシーンは有名。



最終日は昼前に那覇空港に到着し、空いた時間で国際通りをぶらぶらと。

最近できたとかいう、県内唯一のアニメショップ、アニメイトもしっかり行ってきました。

ガンスリ最新刊と那覇店限定品を入手。

IMG_7433.jpg

と、いうわけでアニメに始まりアニメに終わった宮古・伊良部・下地島(ちょっぴり那覇)ツアーでしたとさ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。