09月 « 2009年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

レポ:羽後町秋の美少女イラストコンテスト

2009年 10月25日 21:48 (日)

IMG_9312.jpg

んなわけで行ってきました羽後町美少女イラストコンテスト・秋。

会場は地元のコミニュティーセンター・若すぎを借り切って、1キロほど離れた重要文化財の古民家・鈴木家までの一帯。

若すぎではイラスト展示ほか、羽後町関連の物産展、ゲーマーズの出店ほか、江草つながりで紀州みなべからの出展もありました。

到着するなり目に入った痛車。

IMG_9309.jpg

IMG_9400.jpg

IMG_9399.jpg

IMG_9406.jpg

IMG_9409.jpg

IMG_9410.jpg

IMG_9411.jpg

IMG_9413.jpg

IMG_9414.jpg

IMG_9415.jpg

やば、助手席に誰か!!と思ったら

IMG_9416.jpg

はいどーも


周辺ではコスプレ嬢・・・もとい、コスプレ男女が寒村を歩いて、それを報道関係者が追うという・・・中々シュールな光景でした。

コスプレ写真は本人の了解を得ないものばかりなんでupはご勘弁を。


次は今回で4回目をむかえたイラストコンテスト。

今回は今年夏に公開された西馬音内盆踊りのキャラクター・こげどんぼさんがデザインした「うごぼん」がテーマ。

イラストは全50数点。
以前より全体としてのレベルが向上している上、何より地元秋田からの公募者が多いのがうれしい!!
全点紹介は無理ですが、目に付いてところを数点。

IMG_9491.jpg

IMG_9492.jpg

IMG_9494.jpg

IMG_9496.jpg

IMG_9508.jpg

IMG_9507.jpg

IMG_9503.jpg

IMG_9513.jpg

IMG_9498.jpg

反射光で見えにくいものもありますが。。。

今回1位25 2位29 3位1
でしたね。
秋田出身者が1,2位独占ということで、
「地元でイラストレターの人材発掘をする」というイベントも目的は達成できたのでは、
と思います。


その後、午後からは声優のみなかみ菜緒さんトークショー。


続いて、いわずもがな、イラストレーター巨匠江草天仁師とこげどんぼ師と羽後町イベントの仕掛け人山内氏のトークショー。



盛況のうちにトークショーも終了し、イベントも無事終了しました。

今後もみなべ町備長炭とのこらぼでのあきたこまち販売とイベントが続きますが、どこまで行くのか羽後町!!

まだまだ楽しませてくれそうです。

またまた

2009年 10月24日 02:21 (土)

突然ですが、明日より実家秋田に帰ります・・・

目的はコレです!!

レポは後日。

1年ぶり

2009年 10月22日 01:28 (木)

本サイト久々の更新です。
figure新作を更新しました。

が、一部リンク切れを起こしている・・・

原因は調査中ですが、判明しだい補修しますのでご容赦を!!

祭礼

2009年 10月19日 01:33 (月)

今週は名古屋で買い物ついでに社殿が最近完成した熱田神宮の新嘗祭を見てきました。
肝心の祭事は外野から見えない敷地内で行われるので、たいした写真はありませんが。



IMG_8816.jpg

IMG_8833.jpg

IMG_8839.jpg

IMG_8857.jpg

IMG_8883.jpg

いや、
巫女さんが目当てでは・・・

参拝の後、いつもどおりとらへ。

凡俗ですよ、へいへい。

久々ですが・・・

2009年 10月14日 21:22 (水)

IMG_8782.jpg
IMG_8809.jpg
IMG_8812.jpg

昨年の今頃手をつけ始めた作品がようやく完成しました。
途中、バイクの免許取ったり、ツーリングやら旅行にはまって一時中断を繰りかしてきましたが、
なんとかここまでこぎつけました。

今週末にはHPにてUPします。
(そういやHPも一年前で更新止ってる・・・)

蒼空

2009年 10月13日 01:11 (火)

IMG_8531.jpg

今年もご近所・岐阜基地の航空祭がありました。

今回は基地内ではなく、寮の屋上からブルーインパルスを鑑賞。

岐阜にとばされてよかったと思うのは、ほんとこの瞬間だけですね・・・。

例年通りの内容でしたが、その模様をどうぞ。

IMG_8561.jpg

IMG_8593.jpg

IMG_8600.jpg

IMG_8617.jpg

IMG_8652.jpg

IMG_8655.jpg

IMG_8660.jpg

IMG_8663.jpg

IMG_8667.jpg

望遠レンズがないんで、迫力に欠ける写真ばかりですが・・・

今年はどんぴかの晴れで、いつもにも増して見ごたえ・充実感がありましたね。

北方視察

2009年 10月11日 02:45 (日)

IMG_8341.jpg

三連休初日、職場仲間と若狭湾・三方五湖方面へツーリングに行ってきました。
(したがって今回聖地巡礼はなし)


ツーリングメンバーは岐阜から7名+神戸から1名の計8名。

IMG_8292.jpg

並ぶとそれなりに壮観ですが、車種も思想性も統一がねぇ・・・。


さて、関ヶ原~木之本から敦賀方面を目指しますが、途中雨が降ったり止んだりを2回繰り返しました。
なんつー天気だよ。


木之本から敦賀の中間地点・茅葺屋根民家の在原地区を見学。

IMG_8311.jpg


IMG_8303.jpg


IMG_8306.jpg

IMG_8318.jpg

IMG_8313.jpg

IMG_8322.jpg

その後三方五湖のレインボーロードを走行して展望台で一服。

IMG_8345.jpg

本当にレインボーです。
雨に打たれてきたかいがあったというもの。

IMG_8343.jpg

IMG_8351.jpg

非常にどうでもよいことですが、ここ、恋人の聖地だそうです。
こんなところで巡礼つながりがあっても・・・

さて、道中ですが、雨に打たれたばかりが、転倒者2名(コーナーでスリップ1、立ちゴケ1)。
自分も途中縁石に車体こすっちまいました。ちくしょう。

事故る度にうれしそうに写真撮る上司・・・あんたって人はぁっ!!

凄絶なるハッピーエンド

2009年 10月05日 01:50 (月)

『空の境界』第7章見てきました。

章題「殺人考察(後)」のとおり、殺人を主題とした生と死、罪と罰、120分におよぶ壮大な試論でした。

「人は一度しか殺人を犯せない。」

式が祖父の遺言として受け取った言葉の意味は二つ。
通常の人間はその一度を自己の死の瞬間まで取っておき、来たるべきときに、安らかなる自己の死を得るために、自己に対し「殺人」を行う。
だが、その一度を他人に行使した人間は、その対象の生を背負うことになり、苦しみのうちに一生を送る。
他死を背負った身には、その最後のときにも安寧は訪れない。
これが一つ。

しかし、二度目の他に対する死の行使は「殺人」ではなく「殺戮」となり、対象の生を負うことはない。
なぜなら人間は他人一人分の生しか背負うことはできず、二人目以降の生はそこから溢れだし、もはやその行為からは殺人としての意味が消失する。
その境地達したものは「殺人犯」の名で呼ばれることはなく、彼に対し贈られる名は「殺人鬼」となる。

今回の敵役、白純は第一の殺人において自己の罪と対峙することから逃走し、荒耶から差し伸べられた手を取ることで狂気として自己を認識し、一気に境界の彼方、「殺戮」を行う殺人鬼へと移行した。

ひるがえって両義式。
祖父の遺言と黒桐の想いを守り、自己の殺人衝動を必死に押さえつけ、境界の向こう側に行くのを防いできた。
物語においてはその禁忌を破り、ただ一度の殺人を白純に行使する結果となる。
しかしその罪を黒桐が「背負う」と宣言することで、二人は結託する。

式と黒桐がくっつくのはハッピーエンドとしても、それが殺人を鎹とする壮絶さ。
血と雪の中で二人が抱き合うのはその象徴でもあるような。


なにはともあれ、アニメ史に残る大作として完結したと思います。
(まだエピローグが残ってる気もしますが・・・)

1年半、本当に楽しませてもらいましよ。

スタッフにねぎらいと感謝の言葉をかけたい!!