02月 « 2010年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

AIR KING はやはりテロリストだった

2010年 03月30日 01:15 (火)

週末、『東のエデン 劇場版Ⅱ』を見てきました。


なんだかんだ言っても、攻殻のProductionIG製作のアニメ。

政治サスペンスとしてのシリアスさを基調とした緊張感ある展開は見る者を飽きさせませんわ。
(それ故少々話が込み入って展開が速いのでついていくのに一苦労でしたが)

『東のエデン』シリーズ未見の方のために内容をかいつまんで話すと、
近未来の日本を舞台に、100億円の電子マネーを渡され、日本を正しいあるべき方向に導く任務を課された「セレソン」と呼ばれる選ばれた12人が、躍闘する物語。

主人公滝沢朗が意識していたかは不明ですが、日本における難題としてワーキングプワー、世代間の経済格差から来る若年層の希望の喪失が作者の問題意識としてあったのではないかと思います。

この難題に対する反抗として滝沢が作品の最後に行う「富の再配分(中高年層から若年層へ?)か、さもなくば中高年層が手足としている若年層の労働力をそっくりそのまま移住させる」という宣言は、究極のサボタージュであり暴力なきサイレント・テロともいえるかと思います。

一昔前の若者の左翼テロは大人と肩を並べようとゲバルトに訴えたものでしたが、現在我等のなしうる最も効果的なテロ行為は中高年層のために社会的価値を生む行為を一切放棄することなのかもしれませんね。


まあ、色々考えさせられるアニメでしたわ。

帰省していました

2010年 03月23日 01:24 (火)

IMG_1164.jpg

E170にて北アルプスを望む。



三連休中は法事で実家に帰っていました。


短い滞在でしたが、久々(前回は15年前だったかな?)に平泉を探訪しました。

IMG_1254.jpg

IMG_1228.jpg

IMG_1246.jpg

IMG_1240.jpg

奥州藤原の栄華を偲ばせる雰囲気は非常に好きなのですが、やっぱり世界遺産となるとねぇ・・・


IMG_1217.jpg

宮沢賢治?
と思わせる黒ずくめの紳士発見。



さてさて、今週の新刊紹介は

世界の合言葉は水―安堂維子里作品集 (リュウコミックス)世界の合言葉は水―安堂維子里作品集 (リュウコミックス)
(2010/03/15)
安堂 維子里(あんどういこり)

商品詳細を見る


地球の地表のほとんどは水で覆われている。
地球の水は、この星の創生以来、大気圏外に出ることなく循環している。
人体の70%は水で出来ている。
その水が「意思」をもっているとしたら・・・。

静かな水面に一滴の水がこぼれ、波紋が広がるような、そんな余韻が心地よい一冊です。

「その正体を見極められたら、あたらしいものが創りだせそうな・・・そんな気がするんだ」

2010年 03月15日 01:22 (月)

IMG_1045.jpg

土日は職場仲間で十條、十津川温泉へ泊りがけのクーリングに出掛けていました。
今回はこれといって聖地巡礼ネタはないので、あっさりと・・・

IMG_0924.jpg

十條の町屋にて。
手前が私のボンネビル、向こうが参加者のZ1000。
ボンネビルは古い町並みにしっくりきますね。


さて、今週のお勧めコミック

少女素数 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)少女素数 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2010/03/12)
長月 みそか

商品詳細を見る


12歳双子少女のほんわか日常を描いた作品ですが、その観測者として登場するのが年の離れたフィギュア原型師の兄貴。

自分がフィギュアを作り続ける理由って、うまく言葉に出来た試がないのですが、原型師のアニキが妹二人を遠巻きに眺めつつ、つぶやいた一言が全てを代弁したくれた気がします。

「エロティシズムをまるで感じないかといえばそうでもないんだが」
「おんなのコってなんていうか、妖精を宿してる時期みたいなものがあるんじゃないかなあ」
「その正体を見極められたら、あたらしいものが創りだせそうな・・・そんな気がするんだ」

この年になっても二次元をやめられないのは単なる恋愛の代替などでは勿論なく、三次元を含めた何か普遍への憧れがあるから。
そんな高尚な考えが根底にあるかは自分でもよくわかりませんが、益々もって女性が恋愛とか性欲とかそういう此岸の対象としての興味が薄れ、彼岸の存在になっていく気がします。

そんな視点から少女をとらえた書をもう一冊

少女古写真館 (ちくま学芸文庫)少女古写真館 (ちくま学芸文庫)
(2001/12)
飯沢 耕太郎

商品詳細を見る

なんとなく北へ!!

2010年 03月08日 01:31 (月)

さてさて、今年もGWがやってきます。(まだ2ヶ月あるけどね!)

これまで実行したツーリング巡礼
4年前 紀伊半島びんちょうたんの里
3年前 尾道かみちゅ紀行
2年前 長崎solaの地へ
1年前 本州最北、雲の向こう約束の場所

そして今年はバイカー憧れの地、北海道!

そう、「北へ」再びです。

ソフトだけ積んでいる「北へ White Illumination」を再起動させるべく、
ドリキャスもヤフオクにて格安で確保済み。

これから2ヶ月、ゲームは勿論、装備品調達など忙しくなりそう。


てなわけで名古屋のバイクショップに買出しのついで、とらで新刊コミックも購入。

ハルシオンランチ 1 (アフタヌーンKC)ハルシオンランチ 1 (アフタヌーンKC)
(2010/03/05)
沙村 広明

商品詳細を見る


『無限の住人』、『ブラッドハーレーの馬車』など、緻密、妖艶ながらも激しくグロイタッチで物語を描く沙村広明の最新作はなんとコメディ。
会社を潰してホームレス状態の40男の前に現れた地球外美少女ヒヨス。
ガラクタから犬、人間までありとあらゆるものを喰う、そして吐く。
エロ要素+グロ要素で文字通りの「ゲロ漫画」となっております。(食事中の方、ごめんなさい)
あまりにも新感覚過ぎてなんとも位置づけに困る作品ですが、自分にとって、氏の作品では一番ヒットかも。


水面座高校文化祭 1 (アフタヌーンKC)水面座高校文化祭 1 (アフタヌーンKC)
(2010/03/05)
釣巻 和

商品詳細を見る


何度も紹介していますが、新鋭作家、釣巻和の最新作。
とある高校における文化祭の前日・当日の濃密な時間を、各回一人の生徒に焦点を当てる群像劇形式となっていますが、独特の釣巻ワールドは今回も全開。
おそらくこの方、漫画家としてだけでなく、小説作家としてのキャリアを歩んでも相当な名をなしたんだろうなぁと思わされます。


明日は毎年恒例の採用活動で京都行きます。
時間があればDMAのBOXに顔出すかも。

20世紀知の巨人に挑め!!

2010年 03月02日 21:25 (火)

本日自主休業(つまり有休ね)
ってなことで、バイクの点検整備やら用事を済ませて、読書にフィギュアいじりと
忙しいやらのんべんだらりなのかわからん一日でした。


さて、本日の書評は少し方向を変えて

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る


「経営学の祖」とも「社会学者」とも「哲学者」とも呼ばれる20世紀を代表する知の巨人P.ドラッカーの名著『マネジメント』を高校野球の女子マネージャーが手に野球部のマネージャー=「manager(経営者)」と勘違いして、
ドラッカーの経営理論を野球部運営に持ち込もうとする話。

確か去年暮れに発売され、よくある「萌えで理解する系」かと思い素通りしていたものの、日経を含めあまりに評判がいいので買ってみた。
随所原著の引用があり、それを解釈、野球部運営に適用していく様は実によく出来ており、まさしく『マネジメント』導入篇としては格好の「生きた教科書」。

それにしても、挿絵で、主人公の娘らが

マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]
(2001/12/14)
P・F. ドラッカー上田 惇生

商品詳細を見る


を読んでいるのはシュール過ぎて笑えた。


ちなみに今回イラストを担当したゆきうさぎ氏はれっきとした商業・同人作家です。

HPはこちら

ただの一度も敗北はなく・・・

2010年 03月01日 01:28 (月)

さて今週は遅ればせながら劇場版『Fate』を視聴してきたのでレビュー。

副題名「unlimited brade works」からも明らかなとおり、ゲーム三部中の凛ルート。

TV版がセイバールートを基本に、途中桜ルートの要素を織り交ぜた一方で、凛ルートが放置されて
アーチャーの存在意義が「?」の状態だったので、ゲーム未プレイの方には今回で満足いただけたかと。

1時間半あまりなんでかなりはしょった感はありましたが、シロウとアーチャー、ギルガメシュの打撃戦は息つかせぬもので、見応えありました。

なんか凛の存在感が霞んでしまった感もありますが・・・。


次回は『東のエデン』完結編ですね。

アニメ作品続くなぁ・・・