09月 « 2010年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

「帰れ!」

2010年 10月24日 01:27 (日)

IMG_4827.jpg

「人が作り出した究極の人型汎用決戦兵器、人造人間エヴァンゲリオン初号。」

IMG_4826.jpg

「久しぶりだな、シンジ。」

IMG_4825.jpg

「父さん・・・。」

IMG_4828.jpg

「父さんは僕がいらないんじゃなかったの?」

IMG_4825.jpg

「必要だから呼んだまでだ。」

IMG_4831.jpg

「そんなの、無理だよ・・・。できっこないよ!!」

IMG_4825.jpg

「・・・乗るなら早くしろ。でなければ

帰れ。」



とまあ冗談はそのくらいにして、
土曜日、同志で富士急ハイランドに行ってきました。

IMG_4785.jpg


なんといっても目玉は実物大エヴァ初号機。


展示物、ショップともに充実した内容でかなり満足でした。

また、本日は富士Q用に書き下ろされたポスター等グッズの発売日だったので、かなり散財してしまいました。

余興でネルフ臨時職員証を作ってもらったのですが、
配属部署が総務部・・・う~ん、微妙。
(一緒に行ったやつは広報部配属でした。臨時職員で作戦課とかは無理なんでしょうか?)


富士Qランド、他にもガンダムや戦国BASARAアトラクションありーので、結構楽しめましたね。

もし『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』がアニメになったら

2010年 10月20日 18:28 (水)

もしドラアニメ化!!

本ブログでも以前とりあげた超ベストセラーのビジネス小説(に入ると思う)がNHKでアニメ化されます。
IG製作で!

けいおん劇場化以上の驚きです。

良作アニメを量産し続けるNHK様には期待するところ大です。


さて、先日紹介した『シドニアの騎士』、続きが気になって2,3巻一気に読みましたが・・・

1巻でただならぬ雰囲気がありましたが、2巻以降の展開が壮絶です。

評価改め、☆5.0


シドニアの騎士(3) (アフタヌーンKC)
(2010/07/23)
弐瓶 勉

商品詳細を見る

Goodluck!

2010年 10月18日 03:09 (月)

今週は会社の元先輩の結婚式。

実は社会人になって結婚式出席したの初めてです。。。

まあ元々私自身交友関係が広くないのもあるでしょうが、私、従兄弟、知人も結婚するという話がないんですよね。


今週のお勧め

シドニアの騎士 1 (アフタヌーンKC)
(2009/09/23)
弐瓶 勉

商品詳細を見る


既に3巻まで出ているので、最近の作品ではないのですが。

メカものを紹介するのは珍しいのですが、こちらはどちらかというとスペースオペラっぽいかな。


謎の生命体「ガウナ」に太陽系を破壊された人類は、生き延びるため巨大播種船「シドニア」で宇宙を航海する。

次々襲い掛かるガウナ。

シドニア下層階級で育った谷風長道は戦闘兵器衛人パイロットに選抜され、騎士としての道を歩み始める。


スペースコロニー内の居住区域及び住人はなぜか日本風でノスタルチック。

登場人物であるパイロット達は男女ともに中性的顔立ちで魅力があります(ホンモノノ中性も一名)。


独創的な世界観に不思議と引き込まれる作品です。

☆4.0

Link久々更新

2010年 10月13日 02:56 (水)

また自転車で激しくスっ転びました。

手をすりむいた上、眼鏡が外れてとんだんで相当激しかったんだなぁと。

と、他人事のようなのは酒酔い運転で記憶が非常に曖昧だからです。


反省してますです。はい。

権力機構に見つかったら御用ですからね。


それはそうと(反省してないわけではない)
本家サイトのLinkに2件追加しました。

快諾くださったikasa氏ありがとうございます!

そのほか、リンク切れ、記述が古かったものを更新しておきました。
(長らく放置しており、大変失礼しました)

今後ともよろしくお願いいたします。

しばらく!DMA諸氏

2010年 10月04日 02:38 (月)

本日は猫鯖コンペの作品回収に大阪へ。

なんだかんだ三週連続日本橋に行ってるな・・・。
(先週は神戸出張でついでに徘徊してました)

いつもすれ違いばかりで中々顔合わせられなかったDMA諸氏とじっくり話せたのはよかった。
シリウス展示会は行けませんが、EVEはまた会社有休とって遊びに行きますわ。多分。


さて、今週の書評

“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)
(2008/12/26)
野村 美月

商品詳細を見る


文学少女の外伝。
外伝といいつつ、本編に匹敵する冊数が出ているんですよね・・・。

今回は主に本編が心葉2年、遠子先輩3年からなので、それ以前、
(なんと)高校入学当初の遠子先輩の文学部エピソード、それが実は前史だったボート部との熱い交流、
読み応え抜群でした。

文学少女に『蟹工船』が出てくるとは思いませんでしたが、その意外感もまた乙。

☆5.0