03月 « 2012年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

セッション!!

2012年 04月21日 02:24 (土)

51pr6c6eVWL__SS500_.jpg


ノイタミナで1960年代佐世保を舞台にした高校生とJAZZをテーマにした作品をやる、しかも製作陣が菅野ようこを始めとした『カウボーイビバップ』メンバー!
ということで非常に楽しみにしていた『坂道のアポロン』ですが、予想以上の良さです。

60年代が舞台にしては登場人物が洗練されすぎな感じもしますが、古く懐かしいような背景に在日米軍基地がある港町ならではの、そして60年代だからこそ日本人が感じていたアメリカの文化の香ばしさ。
そして第二話のJAZZ生セッションのかっこよさといったらもう・・・ね。

今月末早くもサントラ出るので必ず買いますよ。


さて、JAZZにまつわる話を少々。

うんちく語れるほどの知識は全くないのですが、バーに通うようになってからJAZZを聞くようになり、ちょくちょくCDレンタルで聞いています。
私は歴史的名曲を選ぶより最近の女性ヴォーカルの入った曲が好きなので、お気に入りは青木カレンですね。
バーにJAZZといえばある意味王道なのですが、それが逆に昔くさい、オヤジっぽいということでクラッシクにするとか、JAZZをかけないバーも増えてきてる気がします。
JAZZとバー。
ハイソとは離れた大衆文化の中で育ってきた二つのうち、日本のバーが最近はある種「芸術」の域までその技術水準はあがりつつありますが、それがクラッシクとか高級なものの仲間入りを目指しているのだとしたら、私は少し残念に思います。
JAZZを聞きながら酒が飲める、マスターと歓談する。でもある種の非日常を楽しめる空間。
それが私の愛するバーです。

さて、JAZZとバーといったら忘れられないのがイノセントグレイのゲーム『ピアニッシモ』

bdcam 2012-04-21 01-37-40-593

舞台は大戦前の昭和ですが(そんな昭和にこんなバーあるわけねぇだろ、てな突っ込みはおいておいて)東京神楽坂のとあるJAZZバーでのライブで幕を明ける展開は、エロゲとは思えぬスタイリッシュな作りこみで舌を巻きましたわ。

ちなみに、本作発売の年に、新宿でBGMに使用されているJAZZ曲のライブが行われたことは語り草になっているとか・・・。


というわけで、アニメから始まりJAZZとバーの話になりましたが結局エロゲの話で幕を閉じると・・・

今日のBAR 京のBAR 第五夜

2012年 04月16日 22:54 (月)

20120409181922.jpg

ここのところ更新を放置していましたが・・・。

先週月曜、祇園に花見(勿一人ですが)に行った帰り、バーに寄ったのですが、その直後そに祇園でまさかの大惨事ということで自粛していました。

事故に巻き込まれた方、本当にお気の毒です・・・。


さて、本日紹介するのは久々に京都のバー。

20120409221105.jpg


以前紹介したK家の別館です。

ここのバーテンダー岸さんとは私が引っ越してくる前、本館でお会いして以来なぜか気が合う(と私が思っているだけ)。

ということで、K家別館が今ではホームグラウンドですわ。


町屋を改修しており、入り口までの玄関があり、室内には中庭がライトアップされているのは本館と同じですが、
こちらは照明をぐっと落としてBGMにクラシックを使うなど、かなり落ち着いた雰囲気です。

お客さんも本館に比べると空いているので、ゆったり楽しみたい方はこちらにぜひ!


本日の酒

シンガポールスリング(ラッフルズホテルスタイル)
マンハッタン
グリーンアラスカ

護りたい空がある

2012年 04月02日 00:33 (月)

Ko-fuさんのお誘いで『ストライクウィッチーズ』劇場版見に行ってきました。

ストパン1期2期観てましたし、楽しんでいたのですがそれほどぞっこんだったわけではなかったので(ストパンファンにぶち殺されるかもしれませんが、実はウィッチーズの一部は顔と名前が以下略)、試験勉強時間削って見に行こうか迷っていたのですが、Ko-fuさんのお誘いを受けて「はい!行きます」。

でも見てよかった!

なんていうか

音!そしてパンツ!あ、パンツじゃねぇのか

発動機の爆音と機銃掃射音、これでもかとパンツアングルからネウロイに迫るウィッチーズの描写!

劇場でしかできないことをやってくれましたね。

☆4.0


で、別の話

『たまゆら』2期決定おめでたう!!

なんかこのままTVシリーズ終了で話題が下火になっていくのは非常に寂しいな・・・と思っていただけに、
飛び上がらんばかりの朗報でござるよ。