05月 « 2012年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

惚れず、求めず、踏み込まず

2012年 06月24日 19:06 (日)

22日会計士試験短答の合格発表ですが、当然のごとく落ちていましたわ。
全ては自分の実力不足にあるのですが、一言言わせてもらえばたかが一次試験で振るい分けるのに合格率4.2%は渋すぎるよ・・・。


はてさて、久々のコミック紹介

百合男子 2巻 (百合姫コミックス)百合男子 2巻 (百合姫コミックス)
(2012/06/18)
倉田 嘘

商品詳細を見る


百合男子(百合好きの男子)の苦悩(に見えるが、百合好き以外の人からはどーでもいい悩みにしか見えない)を描く異色のコミック百合男子2巻発売です。

私は基本的に初刊で紹介して、続巻については重ねて評論しない方針なので(最近コミック紹介が少なかったのは金銭的に新しい作品に手を出す余裕がなかったということもあります)2巻続けて紹介するのは・・・まあそういうことです。

で、肝心の内容。

前半で百合オンリーで知己を得た籠目から啓介は、「百合興味の根底にあるのはヘテロセクシャリズム」「百合とは虚構において愛でるものであり、現実において百合っぷる(百合カップル)に干渉しないこと、それが敬意であり最大の礼儀だ」との指摘を受け、反論の言葉を失う。さらに啓介を打ちのめしたのは「師匠」と慕った魚屋の百合おやじが実は妻子持ちだった事実。

この現実から一旦は百合を断ち切ろうとした啓介だったが、気づけば級友女子達のめまぐるしい人間関係に百合妄想を全開にせずにはいられない。後半部では籠目の指摘に対する回答はどこへやら、ついには師匠を「感動した」と言わしめる百合妄想を展開。

話の流れが啓介の超絶妄想であらぬ方向に飛んでしまった感じはありますが、本巻で一貫してあったテーマは百合男子として現実の自己の社会生活とどう向き合うかということ。籠目と魚屋のおやじは百合好きながら、実生活とは切り離して(百合は想像に止めよとの戒律の中で)生きていく存在であり、啓介は現実世界にも至高の百合を求め、ついには百合っぷる(と啓介が思っている女子達)に関わろうとする。

私もかつて、99%男しかいない寮と工場を往復していた会社員時代は啓介と同じスタンス(もはや百合原理主義といってもいいかもしれませんが)でしたが、シャバに出てこの一年、ある種男女比率のバランスを取り戻すにつれ籠目の思想にも共感できるところが出てきた感じがしますね。

だがそんな「ものわかりのよい」自分に時々嫌気が差し、かつての原理主義時代を懐かしく思うこともしばしば。そんなわだかまりは、かつて百合っぷるとして神美の対象としていた女性と結婚することになった魚屋のおやじももっているような節があり、だからこそ純粋な啓介に期待をしてしまう。

私も朝予備校に向かう途中、某女学院前で百合っぷる探しをしながらふと思うのですよ。
かつての私、お前なら何を思っただろうか、と。


共感できる百合好きには深刻な問いをつきつける書ですが、それ以外の人には完全ギャグ漫画。
百合を愛するとはどういうことか本質に迫ろうとする倉田先生3巻期待してますよ!

サブカルチャーフェスタin七ヶ浜町

2012年 06月18日 22:27 (月)

IMG_8196.jpg

6月16日は宮城県七ヶ浜町で開催されたサブカルチャーフェスタを訪問。
七ヶ浜町といえば言わずと知れたかんなぎの聖地。

先の震災で受けた当町の復興支援ということで当日は山本寛監督が来賓として登場。
また、震災復興を通じて交流のあった鷲宮からも出店。
かんなぎグッズの他、町内の特産品等の販売もあり。
いかにも地元イベントな雰囲気もありながら、
ヤマカン監督をはじめ、県外からもイベント団体を招いてのライブや痛車展示、レイヤーさんありの密度の濃い内容でした。

まずは野外で行われた痛車展示から。
(撮影自由、とのことだったので掲載させていただいていますが、問題がある場合即時消去しますのでご連絡ください)

IMG_8217.jpg

IMG_8194.jpg

IMG_8205.jpg
なんとロータスか!

IMG_8192.jpg
なぎ様痛車

IMG_8240.jpg

IMG_8241.jpg

IMG_8219.jpg

IMG_8222.jpg

IMG_8224.jpg

IMG_8228.jpg

IMG_8231.jpg
これってタクシー!?
ナンバープレートが緑ってことは営業車なのかな?

IMG_8200.jpg

IMG_8206.jpg

会場となった国際村ではかんなぎ作品展。
脚本が撮影可だったので。

IMG_8245.jpg

IMG_8246.jpg

IMG_8247.jpg

IMG_8248.jpg

IMG_8250.jpg

IMG_8251.jpg


で、今回最も楽しみにしていたヤマカン監督による震災復興をテーマにした短編アニメ作品『blossom』と監督のトークショー。

トークショーの内容は主に監督の視点から見た今回の震災。
かつて学生時代関西で体験した阪神大震災と今回東京で体験した東日本大震災。
震災は他人事ではありえない、何か行動に移さなくてはとの思いからボランティア活動に参加。
その際立ち寄った岩手県大槌町で聞いた、津波の跡地に花の種をまいた方の逸話から本作品の着想を得たとのこと。

本作品についての解説の後は参加者との質疑応答。
本人もおっしゃっていたのですが、作品の視聴者からの反応を非常に気にしているとのことで、かなり熱心に質問に答えられていましたね。
監督自身も本作品を制作するにあたって何か明確なメッセージをこめたのではなく、ほぼ衝動的に自分の頭に浮かんだものを映像化したようで、そこからどのような意味を見出すかは視聴者の解釈に任せる作品にしたかったご様子。(だからこそ視聴者が何を感じたのか、非常に興味を持っているということでしょう)

午前午後二回に分かれた上映会の合間にサイン会ということでちゃっかりもらってきました。

IMG_8256.jpg


イラストレーターにせよ、監督にせよ、やっぱり第一線で活躍している方の技や思想を聞くのは、自身についても色々考えさせられることが多いですね。
私自身も震災が人生の転機になったと感じているひとりですので(会社退職して本当に転機になってしまいましたが)、監督の一言一言にうなずける内容でした。
その思いを作品として残し、言動で多くの人の注目を集めることで自分の道を進んで行くその「力」とでもいましょうか。
おこがましいながら、私も一歩でも近づきたいものです。

さて、今週には関西に戻って試験勉強を再開しますが、時間の合間を縫ってまた業界の人の話を聞きたいですね。

あの夏で待ってる 舞台探訪記

2012年 06月13日 02:02 (水)

IMG_8104.jpg

表題の写真はそば七さんにて。

『氷菓』巡礼の翌日は小諸にて『あの夏』巡礼。
当日はあいにくの小雨模様。
初夏で作中の夏の雰囲気を味わえたらなあと思っていたのでちょっと残念。

宿泊地の松本を0630時ごろ出発して1時間ちょいで最初の目的地、佐久平駅に到着です。
佐久平駅は第2話でおねぇの出張を見送る際に登場してます。

IMG_7989.jpg
bdcam 2012-06-10 02-05-53-562

2話:佐久平駅正面

IMG_7995.jpg
bdcam 2012-06-10 02-06-19-578

2話:佐久平駅正面

IMG_8003.jpg
bdcam 2012-06-04 21-41-22-875

2話:佐久平駅改札

IMG_8001.jpg
bdcam 2012-06-04 21-41-44-000

2話:佐久平駅ホーム


駅の撮影を終えて、次の目的地乙女駅方面へ。
途中、乙女湖公園とその周辺でも撮影。

IMG_8008.jpg
bdcam 2012-06-03 05-22-57-296

OP:乙女湖公園

IMG_8014.jpg
bdcam 2012-06-03 05-25-09-500

1話:乙女駅南方面

IMG_8016.jpg
bdcam 2012-06-03 05-25-20-750

1話:乙女駅南方面

IMG_8028.jpg
bdcam 2012-06-03 05-22-53-812

OP:乙女駅ホーム
乙女駅は陸橋の袂にあるので少々わかりにくいです。

IMG_8122.jpg
bdcam 2012-06-03 05-22-45-796

OP:乙女駅周辺
本シーンに使用されたのは駅の裏側にあります。

乙女駅周辺を撮影していよいよ小諸市街地へと入ります。


小諸駅ではあの夏ポスターがお出迎え!

IMG_8035.jpg

やっぱり聖地巡礼の経済効果は地元でも相当期待寄せているんでしょうね。


さて、小諸駅の地図で巡礼ポイントを確認して商店街から攻めていきます。

IMG_8045.jpg
bdcam 2012-06-03 05-23-04-609

OP:小諸市街地

IMG_8082.jpg
bdcam 2012-06-03 05-23-00-750

OP:小諸市街地、ほんまち屋館

IMG_8094.jpg
bdcam 2012-06-03 05-23-23-656

OP:小諸市街地、ほんまち屋館周辺

続いて駅裏の懐古園の撮影に入ります。
懐古園は5話映画制作のロケ地として登場。
懐古園は小諸でも観光の目玉で、散策券300円で入園可。

IMG_8047.jpg
bdcam 2012-06-04 22-27-05-093

5話:懐古園正門

IMG_8056.jpg
bdcam 2012-06-04 22-28-31-562

以下、いずれも5話:懐古園

IMG_8057.jpg
bdcam 2012-06-04 22-33-02-656


IMG_8060.jpg
bdcam 2012-06-04 22-32-55-656


IMG_8052.jpg
bdcam 2012-06-04 22-27-07-703


IMG_8061.jpg
bdcam 2012-06-04 22-33-40-718


IMG_8064.jpg
bdcam 2012-06-04 22-33-28-359


IMG_8067.jpg
bdcam 2012-06-04 22-30-13-281


IMG_8077.jpg
bdcam 2012-06-04 22-30-57-890


IMG_8076.jpg
bdcam 2012-06-04 22-30-44-359


IMG_8072.jpg
bdcam 2012-06-04 22-30-50-437


やっぱり『あの夏』で最も思い出深い懐古園のシーンは製作陣のロケハンも力が入ってますね。


最後に訪れたのは物語冒頭の千曲川のダム。
海人とイチカ先輩が邂逅する場所ですね。
懐古園の裏側でかなり下っていかなければなりませんが、ダムは見学可能です。

IMG_8116.jpg
bdcam 2012-06-03 05-19-04-250

一話:千曲川ダム

IMG_8112.jpg
bdcam 2012-06-03 05-19-25-296

一話:千曲川ダム


と、今回は準備の時間が足りなかったため5話分しか巡礼ポイントを抑えられませんでしたが、これでも回るのは結構一杯一杯。

『あの夏』は『おねがい』シリーズから10年目の作品ということで、なんというか、同窓会的な懐かしさで楽しむことが出来た作品でしたね。
檸檬先輩はもちろんのこと、人物構成もおねてぃをなぞる形で、ラストに向けておねてぃとの作品の連続性が明らかになっていくストーリー展開は「おおおお!」と盛り上がりましたワイ。

長野はおねがいシリーズの他、サマーウォーズや咲、新海誠アニメ等巡礼地の密集地帯です。
2,3日かけて信州を堪能してみるもの面白いかもしれませんね。

氷菓 舞台探訪記

2012年 06月08日 03:28 (金)



久々の舞台探訪は現在放映中の『氷菓』。

『ひぐらし』で岐阜が舞台として脚光を浴びて5年ほど。
『星架』や『はがない』で岐阜県がちょこちょこロケ地として登場してきましたが、2012年、本格的に岐阜県高山市が完全に再現された作品として京アニによりプロデュース!

気になります!という方は続きをどうぞ!

IMG_7919.jpg
bdcam 2012-06-02 09-56-19-375

OP:弥生橋近く商店街

IMG_7891.jpg
bdcam 2012-06-02 09-56-17-796

OP:宮川弥生橋付近
川の真ん中まで石を飛び越えていきますので、あまりお勧めできませんが・・・

IMG_7971.jpg
bdcam 2012-06-02 09-56-16-546

OP:鍛冶橋
一つ離れた弥生橋のこのアングルでしか撮れないんですが、こりゃあ超望遠レンズじゃないと無理だ。。

IMG_7924.jpg
bdcam 2012-06-02 09-56-20-640

OP:本町商店街
なんでも季節ごとに置物が変わるそうで、まねきねこは春だけのよう。

IMG_7878.jpg
bdcam 2012-06-08 01-46-16-687

OP:弥生橋下

IMG_7909.jpg
bdcam 2012-06-08 00-55-21-562

OP:宮川、弥生橋~鍛冶橋

IMG_7911.jpg
bdcam 2012-06-02 09-57-20-031

OP宮川、弥生橋~鍛冶橋
川沿いにこのような水のみがいくつかありますが、アニメのとは形が違いますね。
新設されたような感じです。

IMG_7987.jpg
bdcam 2012-06-08 00-55-22-734

OP:日枝神社

IMG_7968.jpg
bdcam 2012-06-02 10-20-05-671

第1話ED:弥生橋付近

IMG_7976.jpg
bdcam 2012-06-02 10-26-28-578

第2話初頭:白山神社
折木家前(という設定)の神社。折木家のある位置は空き地でしたね。

IMG_7951.jpg
bdcam 2012-06-02 10-48-48-843


IMG_7955.jpg
bdcam 2012-06-02 10-48-50-093

第2話終盤と3話初頭で登場する「パイナップルサンド」ことバグパイプさんです。
さて、コーヒーを注文して千反田さんと優雅にひと時を・・・って

CLOSE

ちょっとションボリ・・・。


IMG_7963.jpg
bdcam 2012-06-02 12-09-25-156

第5話:弥生橋付近商店街
「氷菓」の件が落着してから折木が姉への手紙を投函するシーン。
ポスト前の店は空き店舗のようですね。

IMG_7863.jpg
003910_1.jpg

『氷菓』キービジュアル:斐太高校
平日は生徒さんがいますので撮影には十分配慮しましょう。


というわけで、紹介できたのはアニメに登場したシーンの一部でしたがいかがでしたでしょう?
『たまゆら』横須賀以来半年振りの巡礼でしたが、やっぱり巡礼は楽しいですね。

行く前は試験結果を引きずってどんより気分でしたが、高山に入るとそんな記憶はどこへやら、もう夢中で歩き回っていました。

高山市も早速『氷菓』舞台地ということで、ポスターをあちらこちらで貼ったり、
観光案内をしている店舗で特設コーナーを設けたりと、さりげないホスピタリティ精神は好感が持てましたね。

ちなみに、本町商店街のまるっとプラザでは記帳ノートが置いてありますのでお立寄りの際はぜひ一筆。

IMG_7930.jpg

次回は小諸『あの夏』で!!

・・・

2012年 06月07日 00:57 (木)

結局試験の自己採点結果は×××でした。

4科目中2つは成功、でも残り2つが・・・だめだめ。


結果発表は今月末ですが、内心ぺんぺん草も生えない状態なので、
とりあえず北へ向けて現在逃亡中。

実家に帰る途中、2箇所を探訪しますので後日UPしますっす。