04月 « 2013年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

たまこまーけっと探訪記 番外編・御霊祭

2013年 05月19日 21:22 (日)

IMG_0223のコピー


出町編①
出町編②
出町編③
出町編④
出町編⑤
出町編⑥
丹後由良編
藤森編①
藤森編②

「たまこまーけっと」第4話「小さな恋、咲いちゃった」。
あんこちゃんの初恋(だよね、勿論)の背景となったお祭りのモデルとなった上御霊神社の御霊祭(正式には御霊祭渡御之儀(還幸祭))が5月18日(土)にありました。
本祭は始まりが平安初期の清和天皇の代、貞観5年5月20日(西暦863年)であり、我が国における最古の御霊会(いわゆる怨霊払い)といわれております。
桓武天皇の代に疫病が大流行。これに対し、上記の通り863年崇道天皇・伊予親王・藤原夫人・藤原仲成・橘逸勢・文屋宮田麿ら(いずれも政争により非業の死を遂げる)を慰霊するために開かれた御霊会が上御霊神社の始まり。
江戸時代までは公家が邸宅を構える現在の京都御苑内を神幸列が巡行してまわったそうですが、明治維新の東京遷都を期に御苑の巡行は途絶えました。
昨年は神幸列の一部が御苑巡行を行い、今年2013年、実に140年ぶりに神幸列全員が御苑内を巡行するという記念すべき年でもあります。
ところが事前の天気予報では当日雨の予報。それが週末が近づくにつれ好転していき、祭当日には汗ばむほどの陽気。
当日は京都御苑の隣KBSでたまこまーけっとのイベントもあり、たまこまファン達と祭事関係者の方の願いが天に通じたのでしょうか?
「何かが起こる」そんな期待を抱きながら、平成25年度御霊祭が始まります。


さてさて、以下、今回のレポートでは、主に御霊祭の紹介を中心に、たまこま作中で登場したシーンを適宜差し込む形で紹介して行きます。

IMG_0930.jpg
御霊祭の当日私は1100時頃上御霊神社に到着。

IMG_0179.jpg
神御霊神社境内には数日前より神幸列の見所となる神輿三基が鎮座していました。
左が今出川口神輿、中央が末廣神輿、右が小山郷神輿。

IMG_0176.jpg
スクリーンショット 2013-02-24 20608
たまこま本編に登場するのは今出川口神輿となります。
神輿正面朱雀の姿が一致しており、他の2基とは異なっております。

IMG_0952.jpg
そして御霊祭渡御之儀が厳かに始まります。
一通り儀式及び関係者の参詣が終わり、神輿降ろしが始まります。

IMG_0183.jpg
どれだけの重量があるか分かりませんが、男衆が群がり怒号・掛け声が飛び交う中、末廣神輿が最初に降ろされます。

IMG_0187.jpg
引き続き小山郷神輿、最後に今出川口神輿が降ろされます。
ご覧の通り降ろされる際は神輿上部の鳳凰は安全のためか取り外されています。

IMG_0193.jpg
スクリーンショット 2013-05-19 171524
鳳凰の取り付け作業中。
劇中では壊れた鳳凰を接着剤でひっつけようとするシーンではありますがw

IMG_0208_20130519211047.jpg
準備が全て整い、先行して出発した列を追うように1250時に小山郷神輿を先頭に、今出川口神輿、末廣神輿が上御霊神社を出発。

IMG_0218.jpg
上御霊神社を迂回して烏丸鞍馬口に出ます。
神幸列はここから上賀茂まで巡幸しますが、私はここで一旦出町桝形商店街に向かうため離脱。



桝形商店街にて巡礼関係の方にご挨拶・しばし歓談の後、再び撮影に向かいます。
巡幸予定表では上賀茂から北大路通りに南下、その後河原町通りをさらに南下し出町に向かうとのことなので、私は逆ルートを北上し、北大路烏丸にて1500時ちょうど頃神幸列を発見。
北大路河原町を少し南下したところで列が来るのを待ち伏せ。



IMG_0991.jpg
神幸列先頭がやってきました。

IMG_0221.jpg

IMG_0995.jpg
龍鉾(劒鉾)

IMG_0997.jpg
蓬莱鉾(松鉾)

IMG_0998.jpg
枝菊鉾?

IMG_0999.jpg
蓬莱鉾(松鉾)でしょうか???

IMG_1001.jpg
お稚児さんは二つ衣装があるようです。続いてくる方が衣装的には豪奢なので、こちらは侍女ということなのでしょうか?でまた、後の方が「稚児行列」となっているので、こちらは「稚児」と呼ばないのかもしれません。


IMG_1006.jpg
そして「御霊祭稚児行列」ご一行がやってきます。
実はこれが今回一番楽しみだったりしましてw


IMG_1007.jpg
スクリーンショット 2013-05-19 172842
ankohime.jpg
おおぉぉ!髪飾りから衣装に至るまであんこ姫のままです!
いや、あんこ姫降臨でございます!

IMG_1008.jpg
スクリーンショット 2013-05-19 171656
残念ながらお稚児さんは桝形商店街には入りません。

IMG_0223_20130519211014.jpg
後ろ姿もかわいいなー。


さて真顔、続いては牛車の登場です。

IMG_1014.jpg


IMG_1013_20130519210757.jpg
スクリーンショット 2013-05-19 171650
こちらも再現度が高いのですが、商店街には入りません。

IMG_1033.jpg
スクリーンショット 2013-05-19 171653
こちらの馬も商店街には入りません。

IMG_1018.jpg
神幸列最後尾に神輿三基が連なります。
まずは小山郷神輿ご一行。

IMG_1024.jpg
つづいて出町口神輿ご一行。

IMG_1029.jpg
最後尾末廣神輿ご一行。

IMG_0224.jpg
そんなこんなで神幸列は賀茂川沿い河原町を南下。

IMG_1034_20130519224940.jpg
いよいよ出町桝形商店街に近づきます。



出町桝形商店街では神幸列から神輿三基が離れ、アーケード街の中を担いで通ります。
神輿が通る時間帯には聖地巡礼同業者の方は皆、たまこま本編登場のアングルを撮影できる場所でスタンバイw
そしていよいよ本日の御霊祭の興奮が最高潮に達する時が来ます!



IMG_0237.jpg
一番手は小山郷神輿!



IMG_0247.jpg
スクリーンショット 2013-05-19 171715
二番手はたまこま本編でもち蔵が担ぎ、デラが鳳凰の代役を勤めた今出川口神輿!
わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!

IMG_0238_20130519210822.jpg
スクリーンショット 2013-05-19 195723
激しく揺さぶられる神輿に翻弄される、否、得意満面なデラ・モチマッヅィ。

スクリーンショット 2013-05-19 232210
「そーっれ、いくぞーー!うさぎぴょこぴょこ!」


IMG_0249_20130519210824.jpg
スクリーンショット 2013-05-19 173153
「うさぎ山ぁ!」

興奮の渦の中を出町口神輿も無事通過。



IMG_0253_20130519210826.jpg
そして最後は末廣神輿。
こちらはなんといっても「えらやっちゃえらやっちゃ」の掛け声、そして神輿のサイズからいってもやはり三基の神輿の中では最も迫力がありますね。気がつくと周りの観客皆さん一緒に「えらやっちゃえらやっちゃ」の掛け声と手拍子。




IMG_0264.jpg
1700頃から今回140年ぶりとなる神幸列全体の京都御苑入りが始まります。
皆さん御所朔平門前で一礼、記念撮影。

IMG_0265.jpg
お稚児さん達もきっと忘れられない思い出になるんでしょうね。

IMG_0270.jpg
そして神輿一行が御苑入り。流石に御所前ですので粛々と進みます。

IMG_0272.jpg
朔平門に到着。


神幸列はこの後上御霊神社に戻るのですが、1800から京都御苑を西に出てすぐのKBSにてたまこまーけっとイベントがあるとのことでしたので、参加者の方を見送ってKBSまで。(私は残念ながら不参加でした)


その後はイベントには参加しなかった者で桝形商店街に戻ってちびからさんで唐揚げにビールで乾杯、その後Bar華波さんで再び乾杯。
イベント終了後は参加者の方が桝形商店街に続々戻ってきてさらなる盛り上がり。

日付が変わっても酒にたまこま談義が続くのでありました。


*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て京都アニメーションにあります、ので。

わんおふ〜one off〜探訪記 遠山郷 下栗の里

2013年 05月06日 04:57 (月)

IMG_0132.jpg
南アルプスの夜明け

2012年にOVAとして公開された『わんおふ』。
〜少女達が輝く、爽やかな初夏の物語〜というキャッチフレーズに惹かれて、雪解けを待ち、遅い春が訪れた南信州は遠山郷・下栗の里をバイクにて探訪してきました。


IMG_014200000.png IMG_0828_20130505003201.jpg
キービジュアル:しらびそ峠

『わんおふ』は『たまゆら』でおなじみ佐藤順一監督が手がけた全OVA二巻計4話60分ほどの短編ストーリーですが、当初よりバイク×少女、しかもホンダ協賛アニメということで注目を集めた作品。
「わんおふ」は「ワンオフパーツ=世界でただ一つのカスタム部品」という意味合いを持つことから連想できるように、リアルなバイク描写がありながら主題は多感な時を過ごす女子高生たち。
そんな彼女たちが海外からツーリングで「白流」にやってきた世界を旅する女性ライダー・シンシアと出会ったことから、日常が変わり始めます。

今回の記事においては作品における舞台のモデルとなった南信州・遠山郷の美しさと、作中登場するバイクのあれこれをお楽しみいただければと思います。

そんなわけで、まずはキービジュアルの背景にも登場している、主人公達のバイクから紹介して行きましょう。

スクリーンショット 2013-04-20 232958



bandicam 2013-05-04 23-44-51-062 ジョルノ
汐崎春乃:ジョルノ

bandicam 2013-05-04 23-44-35-421 リトルカブ
鏑木小夜:リトルカブ

bandicam 2013-05-04 23-45-05-203 べんりぃ
別所杏里:ベンリィ

bandicam 2013-05-04 23-45-20-531 ズーマー
前園利絵:ズーマー
ちなみに利絵は春乃たちより一年下なので、ストーリー開始時は免許もっていません。
しかしながら利絵はズーマーぞっこん。

bandicam 2013-05-04 23-45-30-406 cbr250r.jpg
シンシア・B・ロジャーズ:CBR250R


さて、作中登場する他のバイクの紹介は後ほどにして、舞台探訪記事に移ります。
佐藤順一監督がインタビューでもおっしゃっていたとおり、竹原周辺をまるごと再現した『たまゆら』と異なり、『わんおふ』は「白流」という架空の土地が舞台となっています。
そのため、モデルとなったのは下栗の里を中心とする遠山郷(および小渋ダム周辺)なのですが、背景登場シーンは相当広範囲にわたり、公共交通機関は皆無に近く自家用車でも途中かなりの悪路を覚悟しなければならない難所でもあります。
しかしながら、難所を超えたところに南信の深淵ともいえる広大な美しい南アルプスの自然が待ち受けています。
それでは第一話から順に紹介していきましょう。

スクリーンショット 2013-04-20 232601 IMG_0873_20130502234215.jpg
第一話アバンタイトル:下栗の里(伴場)

スクリーンショット 2013-04-20 232602 IMG_0886.jpg
第一話アバンタイトル:下栗の里(伴場)

スクリーンショット 2013-04-20 232605 IMG_0872_20130505025659.jpg
第一話アバンタイトル:下栗の里(伴場)
該当する看板はありません。気分だけでも(笑)。

スクリーンショット 2013-04-20 232609 IMG_0783.jpg
第一話アバンタイトル:ハイランドしらびそ
こちらはペンションNIWAのモデルになったとされるしらびそ高原のハイランドしらびそ。
下栗の里より車で20分ほど。
ただ、作中の設定では下栗の里の頂上部にある、はんば亭あたりに立地しているものと推察されます。

スクリーンショット 2013-04-20 232641 IMG_0874.jpg
第一話OP:下栗の里(伴場)

スクリーンショット 2013-04-20 232721 IMG_0778_20130505025853.jpg
第一話OP:下栗の里(天空の里ビューポイントより)

スクリーンショット 2013-04-20 232800 IMG_0837.jpg
第一話OP:四徳大橋
下栗の里から北へ40分ほど離れたところ、国道152号線と松川ICを結ぶ線にある、小渋湖にかかる橋です。
作中とは違い、トンネルにはなっていません。

スクリーンショット 2013-04-20 232804 IMG_0836.jpg
第一話OP:四徳大橋

スクリーンショット 2013-04-20 232820 IMG_0840_20130505025815.jpg
第一話OP:四徳大橋

スクリーンショット 2013-04-20 232826 IMG_0894.jpg
第一話OP:和田地区福島屋
こちらは小渋湖とは反対側、下栗の里より南に下った和田地区になります。
作中何度も登場する待ち合わせ場所。

スクリーンショット 2013-04-20 232829 IMG_0896.jpg
第一話OP:和田地区福島屋

スクリーンショット 2013-04-21 03855 IMG_0808.jpg
第一話:ハイランドしらびそ

スクリーンショット 2013-04-21 04053 IMG_0812.jpg
第一話:ハイランドしらびそ

スクリーンショット 2013-04-21 04116 IMG_0775.jpg
第一話:下栗の里(天空の里ビューポイントから)
春乃お気に入りのスポット。
作中ではジョルノで乗り付け、ティータイムを楽しみますが、実際ははんば亭駐車場より徒歩20分ほどの山道の先に展望できる場所があります。
バイクで乗り付けることは勿論、ティータイムを楽しむ・・・のもためらわれる場所です。

スクリーンショット 2013-04-21 04129 IMG_0774.jpg
第一話:下栗の里(天空の里ビューポイントから)

スクリーンショット 2013-04-21 04519 IMG_0876.jpg
第二話:下栗の里(伴場)

スクリーンショット 2013-04-21 04524 IMG_0880.jpg
第二話:下栗の里(伴場)

スクリーンショット 2013-04-21 04732 IMG_0865.jpg
第二話:木工センター「とちの木」

スクリーンショット 2013-04-21 04916 IMG_0861.jpg
第二話:木工センター「とちの木」
作中登場するカフェ兼バイクショップ「茂登屋」は該当する建屋がありませんが、かろうじて国道152号線の木工センター「とちの木」が似ているかな?といったところ。

本来なら第二話「春乃オーバーチュア」のルートをたどって、磐田の風車のある海岸線まで行ってみたかったのですが・・・時間的に無理でしたので、またの機会に。


スクリーンショット 2013-04-21 11710 IMG_0871.jpg
第三話OP:はんば亭

スクリーンショット 2013-04-21 11714 IMG_0869.jpg
第三話OP:はんば亭

スクリーンショット 2013-04-21 11718 IMG_0926.jpg
第三話OP:和田地区近藤工務店前

スクリーンショット 2013-04-21 11805 IMG_0852.jpg
第三話OP:三遠南信自動車道
矢筈トンネル出口飯田市街地側です。

スクリーンショット 2013-04-21 11810 IMG_0857.jpg
第三話OP:三遠南信自動車道

スクリーンショット 2013-04-21 11812 IMG_0859.jpg
第三話OP:三遠南信自動車道

スクリーンショット 2013-04-21 12250 IMG_0787.jpg
第三話:ハイランドしらびそ

スクリーンショット 2013-04-21 12255 IMG_0792.jpg
第三話:ハイランドしらびそ
奥に見える鉄道および車両はかつて使用されていた森林鉄道を移したものだそうです。

スクリーンショット 2013-04-21 12403 IMG_0796.jpg
第三話:ハイランドしらびそ

スクリーンショット 2013-04-21 12430 IMG_0797.jpg
第三話:ハイランドしらそびそ

スクリーンショット 2013-04-21 12502 IMG_0920.jpg
第三話:和田地区龍淵寺
先に登場した福島屋の少し先にあります。

スクリーンショット 2013-04-21 12519 IMG_0917.jpg
第三話:和田地区龍淵寺

スクリーンショット 2013-04-21 12521 IMG_0900.jpg
第三話:和田地区龍淵寺

スクリーンショット 2013-04-21 12526 IMG_0901.jpg
第三話:和田地区龍淵寺

スクリーンショット 2013-04-21 12530 IMG_0905.jpg
第三話:和田地区龍淵寺

スクリーンショット 2013-04-21 12600 IMG_0908.jpg
第三話:和田地区龍淵寺

スクリーンショット 2013-04-21 12601 IMG_0909.jpg
第三話:和田地区龍淵寺

スクリーンショット 2013-04-21 12613 IMG_0912.jpg
第三話:和田地区龍淵寺

スクリーンショット 2013-04-21 12627 IMG_0851.jpg
第三話:三遠南信自動車道
矢筈トンネル出口国道152号線側で、先ほどOPで登場したループ状の橋とはトンネルを挟んで反対側となります。

スクリーンショット 2013-04-21 13429 IMG_0867.jpg
第四話:下栗の里入り口
国道152号線から下栗の里への入り口となります。

スクリーンショット 2013-04-21 13933 IMG_0882.jpg
第四話:下栗の里(伴場)

bandicam 2013-05-05 01-39-37-843 IMG_0149.jpg
第四話:小渋ダム
第一話OPで登場した四徳大橋から松川ICに進んだところになります。
ダムは徒歩にて見学可。

スクリーンショット 2013-04-21 14020 IMG_0842.jpg
第四話:小渋ダム

スクリーンショット 2013-04-21 14036 IMG_0928.jpg
第四話:和田地区道の駅遠山郷付近
こちらも道路の周辺環境がぴったりくるところがありませんでしたが、背景に見える和田地区の景観からするとこのあたりかと思われます。

スクリーンショット 2013-04-21 14416 IMG_0785.jpg
第四話:ハイランドしらびそ

スクリーンショット 2013-04-21 14546 IMG_0875.jpg
第四話:下栗の里(伴場)

スクリーンショット 2013-04-21 14619 IMG_0924_20130505025422.jpg
第四話:和田地区遠山川
『わんおふ』のエピローグを飾る桜並木のシーン。
遠山桜・河津桜として、街の観光名所となっているようです。


さて、舞台探訪記は以上となりますが、冒頭でも述べた通り遠山郷がそのまま舞台として使われているわけではないため、今回発見に至らなかった場所も数カ所。
第一話OPで春乃が野菜をいただく農家もありそうなのですが、下栗の里・伴場付近を歩き回っても該当箇所が見つからず。
この他茂登屋や春乃達が通う高校校舎のモデルも謎です。

***

最後のおまけとして、作中登場する脇役(というのも失礼ですが)バイクを紹介。
私も一応バイク乗りなんですが、ホンダのバイクに関する知識はゼロに近いんで一から調べました・・・かなり自信が無いです。
間違いがありましたら容赦なくツッコミを入れてください。

スクリーンショット 2013-04-21 04301 CB1100.jpg
CB1100(現行モデル)

スクリーンショット 2013-04-21 04714 NC700X.jpg
NC700X(現行モデル)

スクリーンショット 2013-04-21 04738 CB750.jpg
CB750
私も教習所でお世話になった車種です。2008年をもって生産終了。

スクリーンショット 2013-04-21 04928 cb450
(多分)ホンダドリームCB450
1968年発売という旧車ですが、中古車市場でも入手可能のようです。

スクリーンショット 2013-04-21 04933 GOLDWING.jpg
ゴールドウイング(現行モデル)
モノクロ写真に写ってるお二人は今も現役ライダー・・・なわけないですよね。
作中ドリームCB750FOURに股がってエンジンふかすシーンはでてきますが。

スクリーンショット 2013-04-21 05644 モンキー
モンキー
モンキーの仕様についてはよく分からないのですが、チタンマフラー仕様のようです。

スクリーンショット 2013-04-21 11726 PCX.jpg
PCX(現行モデル)
利絵のあにぃが乗ってるスクーターですね。

スクリーンショット 2013-04-21 12647 シャドウ750
シャドウ750(現行モデル)
影山さんのバイク。
影山さんこんなビックなバイク運転してんのかよ・・・

スクリーンショット 2013-04-21 13355 CB750
ホンダドリームCB750FOUR
本作品でも最も目を引くバイクです。
1969年発売。時代を感じさせないデザインですね。

***

舞台探訪記あり、バイク紹介ありで長くなりましたが、最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。
この夏には『たまゆら』TV2期放映が決定しており、『わんおふ』もOVA2巻にとどまること無く、今後更なる続編や展開を期待したいところです。


より大きな地図で わんおふ〜one off〜探訪記 を表示

*本記事におけるアニメ・バイク画像は比較研究目的で引用しております。
著作権はわんおふ製作委員会等に帰属します、ので。(引用画像に問題がありましたら内容を改変いたしますのでご連絡よろしくお願い致します)