08月 « 2013年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有頂天家族探訪記⑩

2013年 09月25日 19:35 (水)

uchoten_top3.jpg


「父上の最後の言葉はそれだったよ。父上はあの夜、俺にそう言ったのだ。あれだけ長い間、井戸の底に籠もっていて思い出せなかったことだが、今の今、ようやく思い出した」
 次兄の全身で阿呆の血が沸き返るのが分かった。心臓の鼓動を聞く思いがした。
「面白きことは良きことなり!」
 高らかな次兄の宣言に、私と弟も唱和した。


(幻冬舎文庫 森見登美彦『有頂天家族』P365より)

「面白きことは良きことなり」
この言葉のもと下鴨家兄弟、そして亡き父の心は一体と化した瞬間である。

有頂天家族探訪記①
有頂天家族探訪記②
有頂天家族探訪記③
有頂天家族探訪記④
有頂天家族探訪記⑤
有頂天家族探訪記⑥
有頂天家族探訪記⑦
有頂天家族探訪記⑧
有頂天家族探訪記⑨

いよいよ本作最大の見せ場、第十二話「偽叡山電車」でございます。息をもつかせぬ原作小説の描写。それを再現するP.A.WORKSの「本気」がここに集約されたと言っても過言ではない素晴らしい出来だったと思います。
今回は偽叡電の驀進ルートを原作小説の描写とともに辿り、原作未読の方にも原作小説の面白さ、見事映像化したP.A.WORKSの「仕事」を堪能いただきたいと思います。
以下、記事で斜体青字で記載してあるのは原作よりの引用文章になります。
では!

b_uchoten_c_1201.png b_uchoten_p_1201.jpeg
第十二話:夷川発電所
「はたして次兄は役立たずであろうか。
はたして自分はひとりぼっちであろうか。
はたして希望は絶えたであろうか。
弟は偽電気ブランの小瓶を握りしめて身を翻し、一路、珍皇寺を目指して駆けた。」(P357)



b_uchoten_c_1202.png b_uchoten_p_1202.jpeg
第十二話:八坂通り東大路西入る
六道珍皇寺の正門のある松原通かと思ったら一本北の八坂通でした。

b_uchoten_c_1203.png b_uchoten_p_1203.jpeg
第十二話:六道珍皇寺
「なにゆえ弟がそのとき、井の中の蛙の手を借りるという誰も想像がつかなかった奇手を思いついたか、それこそ、どん詰まりのやけっぱちの苦し紛れの地平に至って初めて手にした一世一代の天啓であった。」(P357)

そして矢四郎は井戸の中の矢二郎の口になみなみ偽電気ブランを注ぎます。

b_uchoten_c_1204.png b_uchoten_p_1204.jpeg
第十二話:六道珍皇寺
 「父が冥途へ発って以来、たえて聞いたことのない朗らかな次兄の声が井戸の底から響いた。
「捲土重来!」」(P358)


b_uchoten_c_1205.png b_uchoten_p_1205.jpeg
第十二話:六道珍皇寺

b_uchoten_c_1206.png b_uchoten_p_1206.jpeg
第十二話:司津屋
 「どーんと大きく偽蕎麦屋が揺れたと思うと、どこやらへ運ばれて行くような感じがした。」(P360)

b_uchoten_c_1207.png b_uchoten_p_1207.jpeg
第十二話:寺町今出川
 「電車は寺町通を疾走しているらしい。金閣と銀閣が車窓へ顔を押し付けて、「どうなってんの」と口々に言った。」(P361)

b_uchoten_c_1208.png b_uchoten_p_1208.jpeg
第十二話:京極小学校付近

b_uchoten_c_1209.png b_uchoten_p_1209.jpeg
第十二話:京極小学校付近

b_uchoten_c_1210.png b_uchoten_p_1210.jpeg
第十二話:京極小学校

b_uchoten_c_1211.png b_uchoten_p_1211.jpeg
第十二話:京極小学校付近
 「偽叡電は京都御苑の森のかたわらを南へ駆け抜けてゆく。」(P362)

b_uchoten_c_1212.png b_uchoten_p_1212.jpeg
第十二話:京都市資料館前
 「次兄は疾風怒濤と言うべき快速で寺町通を押し通った。
 葉を落とした並木が、次兄の通り過ぎる風に煽られて揺れている。」(P363)

実はこのシーンには矛盾があり、南下しているはずの偽叡山電車が、この構図では北上していることになっているんですよね…。
改めて視聴したところ、偽叡山電車は南進しておりました…謹んで訂正致します。(9月30日)

b_uchoten_c_1213.png b_uchoten_p_1213kai.jpg
第十二話:寺町丸太町
「北から驀進してくる叡山電車に仰天した自動車が大慌てで道を譲り、仰天した人間たちが軒下へ転げこむ。」(P363-364)

b_uchoten_c_1214.png b_uchoten_p_1214.jpeg
第十二話:寺町二条
 「二条を越えるところで寺町通の道幅が狭くなる。角の雑居ビルへ突っこみそうになるのを辛うじてかわし、偽叡山電車は身を細めるようにしてさらに南へひた走る。」(P365)

b_uchoten_c_1215.png b_uchoten_p_1215.jpeg
第十二話:寺町二条付近
向かいにフラワーショップがあり、二階からぴったりのカットが撮影できるかと思います。外見では窓枠の形も一致していました。

b_uchoten_c_1216.png b_uchoten_p_1216.jpeg
第十二話:寺町御池
「車両の先頭に立って見やると、京都市庁舎の植えこみの脇をぬけ、広い御池通を渡った先に、夕闇に燦然と白く輝いて異世界へ通じるトンネルのように見える寺町通アーケードが迫ってくる。」(P365-366)

b_uchoten_c_1217.png b_uchoten_p_1217.jpeg
第十二話:寺町御池
実は矢二郎の回想シーン、原作では二条通の手前ですが、アニメでは御池通の手前となっています。ここはアニメの演出が正解だったかな、と私は考えます。

b_uchoten_c_1218.png b_uchoten_p_1218.jpeg
第十二話:寺町御池
 「信号機が青なのを良いことに、次兄はそのまま速度を緩めずに御池通を渡り、寺町通アーケードへ突っこんでしまった。」(P366)

b_uchoten_c_1219.png b_uchoten_p_1219.jpeg
第十二話:寺町商店街・鳩居堂前
「周囲が急に目映い光に包まれた。」(P366)

b_uchoten_c_1220.png b_uchoten_p_1220.jpeg
b_uchoten_c_1220-5kai.png
第十二話:寺町商店街・鳩居堂付近
 「次兄は本能寺の門前を駆け抜け、違法駐輪の自転車を撥ね飛ばし、洋服店の前に置かれた売り物のワンピースを吹き飛ばし、古書店の軒先に積まれたおびただしい美術書をはためかせた。」(P366)

b_uchoten_c_1221.png b_uchoten_p_1221.jpeg
第十二話:寺町商店街・鳩居堂
「あまりの速さに強い風が次兄の背後で生まれるらしい、「鳩居堂」から吸い出された美しい扇や便箋がアーケードの中を吹き上げられて舞っているのが見えた。」(P366)

b_uchoten_c_1222.png b_uchoten_p_1222.jpeg
第十二話:寺町商店街・三条通
 「寺町三条にさしかかったが、到底方向を変えられない。それどころか、まっすぐであるべき寺町通が右へわずかにずれている。(中略)「自転車は降りて押して下さい」の看板を撥ねてしまい、飛んだ看板がファーストフードショップの窓を木っ端みじんにした。」(P366-367)

b_uchoten_c_1223.png b_uchoten_p_1223.jpeg
第十二話:寺町商店街・三条通

b_uchoten_c_1224.png b_uchoten_p_1224.jpeg
第十二話:寺町商店街・三条通
「三条寺町交番と「かに道楽」の間をすり抜けながら、次兄は泡を喰って右へ曲がる。」(P367)

b_uchoten_c_1225.png b_uchoten_p_1225.jpeg
第十二話:寺町商店街・三条通

b_uchoten_c_1226.png b_uchoten_p_1226.jpeg
第十二話:寺町商店街・三嶋亭前
「「ああ悪いことをした」と次兄は呻きながら「三嶋亭」の軒燈をかすめて切り抜け、なおも寺町通を南進した。」(P367)

b_uchoten_c_1227kai.png b_uchoten_p_1227.jpeg
第十二話:寺町商店街・錦天満宮前
 「そのまま我々は四条を目指して走ったが、妙なことに四条通へなかなか出ない。さらに妙なことに、三条から四条までまっすぐに南北を貫いているはずの寺町通が、かすかに蛇行しているように思われる。」(P367)

b_uchoten_c_1228kai.png b_uchoten_p_1228.jpeg
第十二話:寺町商店街・錦天満宮
「本格的に妙だと気づいたのは、橙色に輝く提灯で埋め尽くされた錦天満宮を二度目に見たときである。錦天満宮は二つもない。」(P367)
錦天満宮の鳥居は確認できますが、なに、この「ミロのヴィーナスみたいなオブジェ・・・?」

b_uchoten_c_1229.png b_uchoten_p_1229.jpeg
第十二話:寺町商店街・四条通入り口
 「街の上空を鴨川へ向かって延びた偽寺町通は、ついに途切れた。」(P370)

b_uchoten_c_1230.png b_uchoten_p_1230.jpeg
第十二話:鴨川・四条大橋付近
 「偽叡山電車が勢いそのままに飛び出した。車窓から見ると、光り輝く白いトンネルが寺町三条のあたりから立ち上がり、うねくるチューブのように、寺町・新京極・河原町・先斗町の夜景を飛び越えて、鴨川まで延びている。」(P370)

b_uchoten_c_1231.png b_uchoten_p_1231.jpeg
第十二話:鴨川・四条大橋付近

b_uchoten_c_1232.png b_uchoten_p_1232.jpeg
第十二話:鴨川・四条大橋付近
「それこそ、あの「弁天の奥座敷」の飛行を司る中央制御装置、空飛ぶ茶釜エンジンであった。弟が座席の下に隠してあった赤玉ポートワインをなみなみ注ぐや否や、次兄は「空飛ぶ叡山電車しかも偽物」というもはや何のことだか分からない物体に変貌した。」(P370)

b_uchoten_c_1231-5.png b_uchoten_p_1231-5.jpeg
第十二話:鴨川・四条大橋付近

b_uchoten_c_1233.png b_uchoten_p_1233.jpeg
第十二話:鴨川・四条大橋付近
「弟は赤玉ポートワインを茶釜エンジンへ注ぎ、次兄はぐるりと身体を廻した。京料理「千歳屋」へ狙いをさだめた。」(P372)

b_uchoten_c_1234.png b_uchoten_p_1234.jpeg
第十二話:もみ葉
「私は窓を開いて少しだけ扇いでみたが、それでもまだ強かったらしい。鴨川の上を漂っていた偽叡山電車は千歳屋へ近づいていったが、勢いがつきすぎた。あれよあれよという間に座敷の硝子戸が近づいてきて、空飛ぶ偽叡山電車は勢いをゆるめずにそれを突き破ったのである。」(P372-373)
アニメのほうが勢いがありすぎて、このシーン思いっきり笑いましたw

b_uchoten_c_1235.png b_uchoten_p_1235.jpeg
第十二話:もみ葉
 「千歳屋の二階座敷は崩壊した。」(P373)

b_uchoten_c_1236.png b_uchoten_p_1236.jpeg
第十二話:もみ葉
 「ぬうっと伸びた影はその老人のものである。かたわらには弁天が微笑んでチョコナンと座っている。淀川教授を含むほかの面々は先ほどの衝撃がさめやらぬまま、座敷の隅でこちらへ尻を向けて頭を抱えているのに、弁天とその老人は座敷の真ん中に膝を揃えて泰然自若としている。」(P376-377)

b_uchoten_c_1237.png b_uchoten_p_1237.jpeg
第十二話:木屋町四条下る
崩壊した千歳屋から「金曜倶楽部」の宴席は「偽右衛門選挙」が行われている「仙酔楼」へ。

b_uchoten_c_1240.png b_uchoten_p_1240.jpeg
第十二話:木屋町四条下る

b_uchoten_c_1238.png b_uchoten_p_1238.jpeg
第十二話:鳥彌三

b_uchoten_c_1239.png b_uchoten_p_1239.jpeg
第十二話:鳥彌三
「仙酔楼」のモデルとなっているのは料亭・鳥彌三です。こちらはEDクレジットでも表記されているとおり、協力店となります。

と、いうわけで、アニメ・実写背景・原作文章を比較し本作品の魅力をトータルに知っていただきたいと思い、今回はいつもとは記事の形式を変えてみましたがいかがだったでしょうか?
今回このような形式を採用しようと思ったのは、他でもない先述のとおりアニメにおける偽叡山電車の描写に感動したからでありました。
また、この記事をとおして原作未読の方にも、原作を読もうという動機付けとなるのであれば、これほど嬉しいことはありません。

次回、いよいよ最終回!


より大きな地図で 有頂天家族 舞台探訪/聖地巡礼マップ を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て「有頂天家族」製作委員会にあります、ので。
スポンサーサイト

有頂天家族探訪記⑨

2013年 09月19日 20:27 (木)

uchoten_top3.jpg

 電話の相手は「捲土重来」と一言だけ言った。
 時を同じくして、背後から「捲土重来」という声が聞こえた。私は愕然として振り返った。いつの間にか便所から出てきた教授が細長い蕎麦屋の奥に立ち、弟の携帯電話を握っている。教授は私に向かって不気味なウインクをしてみせ、にんまりと笑った。


(幻冬舎文庫 森見登美彦『有頂天家族』P331-32より)

金閣が「捲土重来」につづけて「けれどちょうだい?」と言ったように聞こえましたが、アニメの創作ですね…

有頂天家族探訪記①
有頂天家族探訪記②
有頂天家族探訪記③
有頂天家族探訪記④
有頂天家族探訪記⑤
有頂天家族探訪記⑥
有頂天家族探訪記⑦
有頂天家族探訪記⑧


さて、父・総一郎を失って以来の最大の危機を迎える下鴨家ですが、時同じくして舞台となった京都も現実に危機に見舞われていました。台風18号です。深夜から明け方にかけて未曾有の豪雨となり、右京区、伏見区に甚大な被害をもたらしました。「有頂天家族」でも度々登場する嵐山・渡月橋の模様は全国放送でご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、被害に遭われた地域の一刻も早い復興を願うばかりです。

b_uchoten_c_1101.png b_uchoten_p_1101.jpeg
第十一話:鴨川デルタ
*以下写真は木曜日に撮影したものですが、土・日の水害の影響がまだ残り、飛び石が半分以上水没状態でした。キャプ画とは一部異なる部分もありますが、後日撮影し直したいと思います。

b_uchoten_c_1102.png b_uchoten_p_1102.jpeg
第十一話:鴨川デルタ

b_uchoten_c_1103.png b_uchoten_p_1103.jpeg
第十一話:鴨川デルタ

b_uchoten_c_1104.png b_uchoten_p_1104.jpeg
第十一話:鴨川デルタ

b_uchoten_c_1105.png b_uchoten_p_1105.jpeg
第十一話:鴨川デルタ

b_uchoten_c_1106.png b_uchoten_p_1106.jpeg
第十一話:鴨川デルタ

b_uchoten_c_1107.png b_uchoten_p_1107.jpeg
第十一話:鴨川デルタ
*上記の通り、飛び石が水没していました。

b_uchoten_c_1108.png b_uchoten_p_1108.jpeg
第十一話:鴨川デルタ
*こちらのカットも飛び石から撮影できませんでした。

b_uchoten_c_1109.png b_uchoten_p_1109.jpeg
第十一話:鴨川デルタ

b_uchoten_c_1110.png b_uchoten_p_1110.jpeg
第十一話:鴨川デルタ

b_uchoten_c_1111.png b_uchoten_p_1111.jpeg
第十一話:鴨川デルタ

b_uchoten_c_1112.png b_uchoten_p_1112.jpeg
第十一話:鴨川デルタ

b_uchoten_c_1114.png b_uchoten_p_1114.jpeg
第十一話:賀茂大橋西側
飛び石に降りる階段ですが、階段を出町橋が背景となるように撮影するのは角度的に困難ですね。

b_uchoten_c_1115.png b_uchoten_p_1115.jpeg
第十一話:賀茂大橋西側

b_uchoten_c_1116.png b_uchoten_p_1116.jpeg
第十一話:賀茂大橋西側
賀茂大橋西側のたもとから西詰のBON BON CAFEに上がる階段です。

b_uchoten_c_1118.png b_uchoten_p_1118.jpeg
第十一話:賀茂大橋西詰

b_uchoten_c_1119.png b_uchoten_p_1119.jpeg
第十一話:賀茂大橋西詰

b_uchoten_c_1120.png b_uchoten_p_1120.jpeg
第十一話:賀茂大橋西詰

b_uchoten_c_1121.png b_uchoten_p_1121.jpeg
第十一話:賀茂大橋西詰

b_uchoten_c_1122.png b_uchoten_p_1122.jpeg
第十一話:賀茂大橋西詰
如何にも怪しげな淀川教授。

b_uchoten_c_1123.png b_uchoten_p_1123.jpeg
第十一話:そば処司津屋
EDクレジットでも協力店として表記されているお店ですね。「たまこまーけっと」で登場する桝形商店街西口の向かいにあるそば処司津屋。そば処ですが丼ものメニューも充実しており、翁に扮した矢三郎が注文した「たまご丼」もあります。店主も「有頂天家族」目的で来たことを言うと、撮影を快諾してくださり、またアニメと実際の店の違い等々教えていただきました。
司津屋は定休日火曜、営業時間は昼11時〜3時、夜5時〜8時となります。

b_uchoten_c_1124.png b_uchoten_p_1124.jpeg
第十一話:そば処司津屋

b_uchoten_c_1125.png b_uchoten_p_1125.jpeg
第十一話:そば処司津屋
以下、アニメのカットと実際の店内は驚く程一致しております。

b_uchoten_c_1126.png b_uchoten_p_1126.jpeg
第十一話:そば処司津屋

b_uchoten_c_1127.png b_uchoten_p_1127.jpeg
第十一話:そば処司津屋

b_uchoten_c_1128.png b_uchoten_p_1128.jpeg
第十一話:そば処司津屋

b_uchoten_c_1129.png b_uchoten_p_1129.jpeg
第十一話:そば処司津屋
司津屋のたまご丼です。お椀まで一致とはw

b_uchoten_c_1130.png b_uchoten_p_1130.jpeg
第十一話:そば処司津屋
店主の話では、10年ほど前までコイン電話が置いてあったそうです。森見氏が学生の頃はコイン電話があったはずで、もしかしたら森見氏はこの店で食事をしたことがあり、その時の記憶から登場させたのかもしれませんね。

b_uchoten_c_1134.png b_uchoten_p_1131kai.jpeg
第十一話:そば処司津屋

b_uchoten_c_1135.png b_uchoten_p_1132.jpeg
第十一話:そば処司津屋

b_uchoten_c_1136.png b_uchoten_p_1133.jpeg
第十一話:そば処司津屋

b_uchoten_c_1137.png b_uchoten_p_1134.jpeg
第十一話:そば処司津屋
コードネーム「アビス銀閣」(公式アカウント談)のついたてもあります。

b_uchoten_c_1138.png b_uchoten_p_1135.jpeg
第十一話:そば処司津屋

b_uchoten_c_1139.png b_uchoten_p_1136.jpeg
第十一話:そば処司津屋


b_uchoten_c_1140.png b_uchoten_p_1137.jpeg
第十一話:木屋町赤ひげ隣
矢一郎と母が囚われている「書店」は「赤ひげ」の隣にあるという設定で、実際に存在はしません。「赤ひげ」と聞いてピンと来た方、中々の通ですw
そう、本作と同じく森見氏の「四畳半神話大系」アニメ版で焼き肉店として登場する店です。実際は沖縄料理店。

b_uchoten_c_1141.png b_uchoten_p_1138.jpeg
第十一話:木屋町赤ひげ隣

b_uchoten_c_1142.png b_uchoten_p_1139.jpeg
第十一話:京都踏水会前

b_uchoten_c_1143.png b_uchoten_p_1140.jpeg
第十一話:木屋町
赤ひげからすぐ近くです。撮影ポイントがガールズバーの前で、客引きの方が出ていますので夜の撮影は避けた方が無難ですね。

b_uchoten_c_1144.png b_uchoten_p_1141.jpeg
第十一話:秋月橋

第十一話は以上になります。
兄二人も母も囚われ、残された矢四郎はどこへ向かうのか?
下鴨家の危機をどう「回天」させるのか?次回「偽叡山電車」しばし待たれよ!


より大きな地図で 有頂天家族 舞台探訪/聖地巡礼マップ を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て「有頂天家族」製作委員会にあります、ので。

有頂天家族探訪記⑧

2013年 09月09日 19:18 (月)

uchoten_top3.jpg

檻に収められた父を、早雲は傲然と見下ろしていた。
「さらばだ、兄上」と言った。「もう会うこともあるまい」
座敷を去る早雲の背中へ、父は静かに言った。
「弟よ。おまえはそれでいいのかい?」

(幻冬舎文庫 森見登美彦『有頂天家族』P322より)

第8話で総一郎が弟・早雲との会合を前に、矢二郎から矢三郎の許嫁・海星を好いてしまった悩みを打ち明けられ、
「お前は兄弟と離れてはいけない」「一切を俺に任せるがいい。しばらく辛抱して暮らせ」と押しとどめています。
矢三郎達の母をきっかけに二度と戻せなくなった兄弟の絆。本話での総一郎最期の真相の重要な伏線だったことがわかります。

有頂天家族探訪記①
有頂天家族探訪記②
有頂天家族探訪記③
有頂天家族探訪記④
有頂天家族探訪記⑤
有頂天家族探訪記⑥
有頂天家族探訪記⑦

風雲急を告げる偽右衛門選挙における下鴨家と夷川家の対立。
今回は登場新規登場カットが少なめですが、第10話「夷川早雲の暗躍」登場背景を紹介します。

b_uchoten_c_1001.png b_uchoten_p_1001.jpeg
第十話:桝形商店街北
下鴨家地盤で選挙活動中の矢一郎。「八百屋」のすぐ隣ですね。
狸の総領選挙の活動を天下の往来で堂々とやっているというのも何か可笑しいですね。

b_uchoten_c_1002.png b_uchoten_p_1002.jpeg
第十話:東本願寺前
後続カットにもちょこっと写っていますが、東本願寺前には確かに蓮の花のオブジェがある休憩スポットが。

b_uchoten_c_1003.jpg b_uchoten_p_1003.jpg
第十話:京都タワー
東本願寺前の休憩スポットからのアングルですが、実際にカット左下に見える蓮の花のオブジェと京都タワー両方を一枚に収めようとすると京都タワーがかなり小さくなってしまいますね…。

b_uchoten_c_1004.png b_uchoten_p_1004.jpeg
第十話:京都タワー
私のレンズではこれが精一杯でした…

b_uchoten_c_1005.png b_uchoten_p_1005.jpeg
第十話:京都踏水会
夷川発電所の裏にあるので設定通りですね。
本ビルに入っている京都踏水会というのは、水泳団体で歴史も古く、オリンピック選手を輩出する名門のようです。

b_uchoten_c_1006.png b_uchoten_p_1006.jpeg
第十話:京都市消防局聖護院水防倉庫
京都踏水会ビルの隣です。形は違いますが、まあ雰囲気だけ。

b_uchoten_c_1007.png b_uchoten_p_1007.jpeg
第十話:京都踏水会
このカットは水防倉庫の敷地内からの撮影となりますが、立ち入りで来ませんので柵越しに撮影。

b_uchoten_c_1008.png b_uchoten_p_1008.jpeg
第十話:夷川発電所前
矢一郎が捕獲された現場。
原作を読むと、南禅寺から下鴨神社に帰る途中なので、北白川通りから川端通りに向かう途上だったのでしょう。

b_uchoten_c_1009.png b_uchoten_p_1009.jpeg
第十話:夷川発電所前

b_uchoten_c_1010.png b_uchoten_p_1010.jpeg
第十話:夷川発電所前

b_uchoten_c_1011.png b_uchoten_p_1011.jpeg
第十話:秋月橋
第二話以来の登場。夷川発電所のすぐそばです。

b_uchoten_c_1012.png b_uchoten_p_1012.jpeg
第十話:秋月橋

b_uchoten_c_1013.png b_uchoten_p_1013.jpeg
第十話:先斗町もみ葉
第五話登場の「千歳屋」のモデル?と思われていましたが、周辺の店の様子からもみ葉が「千歳屋」モデルで間違いなさそうですね。

b_uchoten_c_1014.png b_uchoten_p_1014.jpeg
第十話:先斗町

b_uchoten_c_1015.png b_uchoten_p_1015.jpeg
第十話:先斗町もみ葉

b_uchoten_c_1016.png b_uchoten_p_1016.jpeg
第十話:夷川発電所
街灯があるのはもう少し西側ですが、東に移動したところから撮影した方がしっくりきますね。

今回は以上、新規カットも少なく、前回登場との重複もありましたが。
僭越ながら、原作読者の私から見て「有頂天家族」最大の見せ場は何と言っても終盤、次回からラストだと思っております。
物語同様、背景描写もやたら凝った記述がありますので「有頂天家族」次回以降にもに乞うご期待!


より大きな地図で 有頂天家族 舞台探訪/聖地巡礼マップ を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て「有頂天家族」製作委員会にあります、ので。

有頂天家族探訪記⑦

2013年 09月03日 19:21 (火)

uchoten_top3.jpg

「ごめんな」
姿を見せない元許嫁は、たしかにそう言った。

記憶にあるかぎり、しおらしいそぶりなど毫も見せたことのない元許嫁の台詞は妙であった。妙というよりも不気味であった。私は問い返したが、海星は達磨のごとく口をつぐんでしまい、ふと気づいたら女湯から彼女の気配が消えている。暮れ行く冬空の下へ追って出たが、湯上がりホカホカの雌狸はたそがれ時の薄闇に没した横町へ姿を消していた。


(幻冬舎文庫 森見登美彦『有頂天家族』P289より)

「ええっ!」「ついに!」と驚きの終盤でした…

有頂天家族探訪記①
有頂天家族探訪記②
有頂天家族探訪記③
有頂天家族探訪記④
有頂天家族探訪記⑤
有頂天家族探訪記⑥

今回は第9話「夷川の娘・海星」登場背景を紹介。
いよいよ時は師走、偽右衛門選挙が始まり物語も終盤に突入します。
が、なんといっても「いつになったら姿を見せるのか」と視聴者をやきもきさせた海星にスポットが当たった、アニメならではの「創作・演出」が光った回でもありましたね。

b_uchoten_c_0901.png b_uchoten_p_0901.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺
烏丸通を六角通に東に少し入ったところ、周囲の高層ビル郡の中にどっしり構える六角堂。
そのいわれは古く聖徳太子が建立したといわれており、また生け花発祥の地、さらには「西国三十三所巡礼」の十八番目の札所、「洛陽三十三所巡礼」の一番目の札所としても信仰を集めています。私が探訪した時も関東方面から来たとおぼしき巡礼の集団の方々が本尊前で経を唱えていました。ホームページ

b_uchoten_c_0902.png b_uchoten_p_0902.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0903.png b_uchoten_p_0903kai.jpg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺
六角堂といえば上記の他様々な逸話が尽きませんが、その一つとして京都の中心地と言われる「へそ石」があります。

b_uchoten_c_0904.png b_uchoten_p_0904.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0905.png b_uchoten_p_0905.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0906.png b_uchoten_p_0906.jpeg
第九話:京都大学吉田北部キャンパス
アニメ第6話名刺から淀川教授が京都大学に籍を置いていることがわかり、また原作では京都大学ではあることは記載されていませんが、農学部教授との設定になってます。作者森見氏の母校京都大学農学部教授と推察していいでしょう。実際、農学部は吉田北部キャンパスに研究棟があります。

b_uchoten_c_0907.png b_uchoten_p_0907.jpeg
第九話:珈琲蔦屋
協力店としてEDテロップにも登場する六角堂近くの珈琲蔦屋。
本話登場以前からポスターを掲示するなど有頂天家族を積極的に宣伝しており、今回訪問した時にはマスターの奥さん?がエプロンに有頂天家族の缶バッチをつけたりと、もうノリノリでしたw
ご訪問の際は「有頂天家族を見た」とおっしゃると話が弾むかもしれませんね。

b_uchoten_c_0908.png b_uchoten_p_0908.jpeg
第九話:珈琲蔦屋
ロケハンがしっかり行われたようで、小物まで一致。(珈琲蔦屋様の許可を得て撮影しております)

b_uchoten_c_0909.png b_uchoten_p_0909.jpeg
第九話:珈琲蔦屋

b_uchoten_c_0910.png b_uchoten_p_0910.jpeg
第九話:珈琲蔦屋

b_uchoten_c_0911.png b_uchoten_p_0911.jpeg
第九話:珈琲蔦屋

b_uchoten_c_0912.png b_uchoten_p_0912.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺
先ほども登場したへそ石ですね。
実際には木の枝が周囲を囲うようにしてあるため、撮影は少し困難。

b_uchoten_c_0913.png b_uchoten_p_0913.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0914.png b_uchoten_p_0914.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0915.png b_uchoten_p_0915.jpeg
第九話:珈琲蔦屋

b_uchoten_c_0916.png b_uchoten_p_0916.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0917.png b_uchoten_p_0917.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0918.png b_uchoten_p_0918.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0919.png b_uchoten_p_0919.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0920.png b_uchoten_p_0920.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0921.png b_uchoten_p_0921.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0922.png b_uchoten_p_0922.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0923.png b_uchoten_p_0923.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0924.png b_uchoten_p_0924.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0925.png b_uchoten_p_0925.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺
六角堂に隣接するビルWEST18にガラス張りのエレベーターがあり、六角堂を上から眺めることが出来ます。残念ながらアニメカットとは一致しませんが…
また、本ビル一階の六角堂側に全面ガラス張りとなっているスターバックスがあり、六角堂を眺めながら珈琲タイムを楽しむことが出来ますので、お時間がある時にはぜひ優雅な一時を。

b_uchoten_c_0926.png b_uchoten_p_0926.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0927.png b_uchoten_p_0927.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0928.png b_uchoten_p_0928.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0929.png b_uchoten_p_0929.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0930.png b_uchoten_p_0930.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0931.png b_uchoten_p_0931.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0932.png b_uchoten_p_0932.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0933.png b_uchoten_p_0933.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0934.png b_uchoten_p_0934.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0935.png b_uchoten_p_0935.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0936.png b_uchoten_p_0936.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0937.png b_uchoten_p_0937.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0938.png b_uchoten_p_0938.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0939.png b_uchoten_p_0939.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_c_0940.png b_uchoten_p_0940.jpeg
第九話:六角堂 紫雲山頂法寺

b_uchoten_p_0941-1.jpeg
第九話:カフェウッディタウン
矢三郎が尻を暖めていた喫茶店。今回唯一の難物件でしたが、なんとか発見できました。
下鴨本通にあるので、下鴨神社も「コーポ桝形」も歩いて行ける距離ですね。

b_uchoten_c_0941.png b_uchoten_p_0941-2.jpeg
第九話:カフェウッディタウン
煉瓦模様の壁が類似。(カフェウッディタウン様の許可を得て撮影しております)

b_uchoten_c_0942.png b_uchoten_p_0942.jpeg
第九話:カフェウッディタウン
正面ドアの形が一致。

b_uchoten_c_0943.png b_uchoten_p_0943.jpeg
第九話:カフェウッディタウン
カウンターにボックス席という造りもおおよそ一致しています。

b_uchoten_c_0944.png b_uchoten_p_0944.jpeg
第九話:カフェウッディタウン
こちらのカットはお客様がいたので撮影できませんでしたが、このカットで写っている柵が今回発見の手がかりとなりました。

b_uchoten_c_0945.png b_uchoten_p_0945.jpeg
第九話:鞍馬湯

b_uchoten_c_0946.png b_uchoten_p_0946.jpeg
第九話:鞍馬湯前

第九話の登場カットは以上になります。
今回のアニメならではの演出に賛否両論あるかと思いますが、私は大賛成ですよ…


より大きな地図で 有頂天家族 舞台探訪/聖地巡礼マップ を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て「有頂天家族」製作委員会にあります、ので。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。