04月 « 2014年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

由利高原鉄道×ゆりてつ〜ラッピング列車でゆく由利高原の旅〜

2014年 05月12日 00:21 (月)

b_yuritetsu_p_0101.jpg


ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 4 (サンデーGXコミックス)ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 4 (サンデーGXコミックス)
(2013/11/19)
松山 せいじ

商品詳細を見る


ゆりてつ探訪記〜最終話:由利高原鉄道〜

本年初頭、ゆりてつ最終話の舞台となった秋田県・由利高原鉄道を紹介しましたが、その後嬉しい企画のお知らせがありました。なんと、由利高原鉄道がゆりてつとタイアップし、ラッピング列車が2014年春より夏にかけて運行されるとのことです!今回の企画実現にあたっての経緯はラッピング列車車内に説明書きがありましたが、おおよそ以下の経緯のようです。

2011年4月より2013年11月にかけて連載された松山せいじさんの「ゆりてつ 私立百合ヶ咲女子校鉄道部」。
最終回で由利高原鉄道が舞台となり、社長やアテンダントも登場。由利高原鉄道の他、旧鮎川小学校など観光スポットも紹介されました。
最終回を読んだ鉄道ファンが実際に鳥海山ろく線に乗りに訪れるなどしている(←私もです)。
『由利鉄』と『ゆりてつ』!!
『コラボしたらおもしろい!この縁を生かそう!』
と、会社(由利高原鉄道)が小学館にラッピングの構想を持ち掛け、実現に至りました。

自身も先述の通り最終回連載・単行本刊行後に現地を訪れたのですが、鉄道関係者の方はほぼ皆さん「ゆりてつ」のことをご存知で非常に歓待を受けたのは良き思いでとなりました。また私の探訪記事を公式Facebookで紹介いただけたこともあり、そして何より生まれ故郷であることから今回の企画を聞きつけ、是非とも現地を訪れたいと思っていました。幸い、今回秋田帰省に合わせて、現地取材をする機会を得ましたので、ラッピング列車の様子、そして何より雄大な自然を走る由利高原鉄道の魅力をお伝えできたらと思います。

まずは由利本荘駅からスタート。
由利高原鉄道・鳥海さんろく線の切符売り場に行くとまず目に入るのが松山せいじさんの直筆イラスト色紙。

b_yuritetsu_p_0102.jpeg

冬に訪れた際にはなかったので、4月19日の運行開始セレモニー時に寄贈されたものかもしれませんね。
こちらで是非ともゲットしておきたいのが記念切符。

b_yuritetsu_p_0103.jpeg

由利高原鉄道名物の硬券切符、ゆりてつラッピング車両記念乗車券です。
大人・小児用で絵柄が異なりますので、ここは両方とも買っちゃいましょう!
なお、本切符は通信販売でも入手可能です。
webショップはこちら

待合室から、入線してくるピンク色の車両がちらりと見え、いよいよ改札口を抜けると

b_yuritetsu_p_0104-1.jpeg

b_yuritetsu_p_0104.jpeg

凄い、凄いです・・・。関西で「けいおん!」ラッピングや「中二病(こちらはまだ目にしていませんが)」などのラッピング車両が走行していますが、それにひけをとならに完成度の高いラッピングです。

ここからは細部を紹介していきましょう。まずは車体左側。

b_yuritetsu_p_0105.jpeg

こちらはヘッドマーク。やはりはつねちゃんですね。

b_yuritetsu_p_0106.jpeg

まずは最も目を引く鉄道部メンバーと春日さくらの「おばこ」衣装バージョンのイラスト。
私も刊行物の全てに目を通しているわけではないのですが、本イラストは今回のための書き下ろし(?)ではないかと思います。
さて、前回の記事でも説明しましたが、「おばこ」というのはこの地方に伝わる「若い女性」を表す古い方言で、農作業時にイラストのような格好をしていたそうです。由利高原鉄道ではアテンダント添乗便も運行しており、その際にはおばこ衣装の添乗員さんが道中の見所などを紹介してくれます。

b_yuritetsu_p_0114.jpeg

日野はつねの足元には松山さん直筆サインが。

b_yuritetsu_p_0107.jpeg

日野はつね×能登まみこ

b_yuritetsu_p_0108.jpeg

本企画のロゴマークと言ってもいいでしょうね。

b_yuritetsu_p_0109.jpeg

石塚まろん

b_yuritetsu_p_0110.jpeg

鶴見はくつる

b_yuritetsu_p_0111.jpeg

春日さくら

b_yuritetsu_p_0112.jpeg

滝沢このみ

b_yuritetsu_p_0115.jpeg

こちらは上り方面、正面側からになります。

b_yuritetsu_p_0113.jpeg

正面はおばこコスのはつねちゃん。

さて、この列車のラッピングは左右で別デザインとなっているのですが、羽後本荘駅の停車位置が端のホームのため、確認するには駅外に出なくてはなりません。ゆっくり撮影できるポイントとしては上り終点羽後本荘駅と下り終点矢島駅ですが、今回は矢島駅で停車中に駅裏に回り込んで撮影してみました。

b_yuritetsu_p_0123.jpeg

右側は鉄道部メンバーが順に由利高原鉄道の魅力を一言ずつ伝えてくれるデザインになっています。
それでは彼女たちから一言w

b_yuritetsu_p_0124.jpeg


b_yuritetsu_p_0125.jpeg


b_yuritetsu_p_0126.jpeg


b_yuritetsu_p_0127.jpeg


b_yuritetsu_p_0128.jpeg


b_yuritetsu_p_0129.jpeg


b_yuritetsu_p_0130.jpeg

さて、列車内部はというと、外装ほど凝ったラッピングはされていませんでしたが、松山せいじさんのプロフィールや、先ほど説明した今回のコラボ企画実現の経緯を説明する文章が、イラストと伴に掲示されていました。

b_yuritetsu_p_0117.jpeg

まあ内装はこんな感じ、外面のように全面塗装がされているわけではありません。

b_yuritetsu_p_0119.jpeg

正面ヘッドマークのイラストです。
額縁に入れて大切にされています。

b_yuritetsu_p_0120.jpeg

正面運転席付近には松山せいじさん著作物の読書コーナーが(笑)
しかし、由利高原鉄道は地元の方も多く日常の足として使っていますので、むしろ地元の方に今回の企画の趣旨と作品を知っていただく試みとして非常によいのではないでしょうか。


さて、車両の紹介はそのくらいにしまして、由利本荘駅から矢島駅までの風景を紹介していきたいと思います。


由利本荘駅を出て20分程で前郷駅に到着します。由利本荘駅は基本的に単線のため、前郷駅で上り・下り列車が並びます。

前郷駅のホームに近づくと、駅員さんが立っています・・・

b_yuritetsu_p_0121.jpeg

b_yuritetsu_p_0122.jpeg
b_yuritetsu_c_0014.jpeg

そしてここで行われるのがタブレット交換。

b_yuritetsu_c_0015.jpeg
(前回探訪記事からの転載になりますが)スタフとタブレットがあり、上下単線で事故を起こさぬように使用される「通行許可証」のようなものだそうです。
かつては全国の鉄道で行われていたそうですが、安全システムの自動化が進んだ今では、由利高原鉄道が数少ない「非自動化閉塞」を採用している鉄道であるとか。


b_yuritetsu_p_0132.jpeg
b_yuritetsu_c_0021.png

前郷を過ぎてさらに15分程、終着駅矢島駅に到着です。
ここに入ってまた目に飛び込んだのが・・・


b_yuritetsu_p_0134.jpeg

b_yuritetsu_p_0133.jpg


またまた松山せいじさん直筆の色紙ではありませんかw

さて、矢島駅に15分程停車(この隙に駅裏に回って反対側を激写w)した後、折り返し羽後本荘方面上りに乗車します。

b_yuritetsu_p_0136.jpeg

田園の中にぽつねんとある曲沢駅。前郷〜曲沢が絶好の撮影ポイントで、多くの鉄道ファンが撮影をするようです。
周囲には遅き東北の春を感じさせる花々も。

b_yuritetsu_p_0150.jpeg


b_yuritetsu_p_0149.jpeg


今回は曲沢を中心にラッピング列車と鳥海山麓の自然を撮影しようと、3時間程張り込みましたw
コンデジでの撮影のためあまり映えない写真であれですが、以下、牧歌的な田園風景をちょっとミスマッチなラッピング列車が走る風景の面白さを感じていただけたらと思います。


b_yuritetsu_p_0137.jpeg

子吉川付近を曲沢駅に向かうラッピング列車(下り)


b_yuritetsu_p_0140.jpeg

曲沢駅に停車するラッピング列車(上り)


b_yuritetsu_p_0141.jpeg

曲沢駅を出発したラッピング列車は子吉川へ(上り)


b_yuritetsu_p_0142.jpeg

子吉川を渡るラッピング列車(上り)


b_yuritetsu_p_0143.jpeg

新緑の山々を背景に走るラッピング列車(下り)


b_yuritetsu_p_0145.jpeg

「秀麗無比なる鳥海山(秋田県民歌より)」を背景に走るラッピング列車(下り)


b_yuritetsu_p_0144.jpeg

日が暮れ、夕日に照らされるラッピング列車(上り・鮎川駅付近)


b_yuritetsu_p_0146.jpeg

というわけで、私も夕闇が迫る1800時頃、鮎川駅をラッピング列車で離れました。


b_yuritetsu_p_0147.jpeg

帰路、夕日に照らされる水田が奇麗でしたね。
今まさに田植えの時期で、もう1、2ヶ月もすれば青い草に覆われるわけで、そういった意味でも今回水鏡のような田園を背景に撮影ができたのは僥倖とも言えます。


このラッピング企画は8月お盆過ぎまで開催中とのことです。首都圏、まして関西圏からはかなり遠くなりますが、ラッピング列車抜きにしても十分に堪能できる由利高原鉄道の自然。そんな中を「可愛い」「ピンク色」のラッピング列車が走ってるなんて、なんかワクワクしませんか?由利高原鉄道、是非この機会にお越し下さい!

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て松山せいじ様/小学館にあります、ので。

I-1 clubのキセキ〜激動の歴史〜

2014年 05月03日 00:29 (土)

b_wug_c_top8.jpg



Wake Up,Girls!〜七人のアイドル〜舞台探訪記
Wake Up,Girls!舞台探訪記①
Wake Up,Girls!舞台探訪記②
Wake Up,Girls!舞台探訪記③
Wake Up,Girls!舞台探訪記④
Wake Up,Girls!舞台探訪記⑤
Wake Up,Girls!舞台探訪記⑥
Wake Up,Girls!舞台探訪記〜I-1clubのキセキ〜


以前I-1clubの視点から、その歴史を舞台とともに紹介する「I-1 clubのキセキ」を記事として紹介しましたが、その後小説版「Wake Up,Girls! それぞれの姿」及びCD「極上スマイル」特典DVDにより謎に包まれていたI-1 clubの過去が明らかになりました。
今回は舞台探訪記「I-1 clubのキセキ」の追補記事として、I-1 club、そして白木GM、さらには真夢の母との確執まで全てを年表形式でまとめてみたいと思います。



1990年代(?) 白木氏による「セイント40」結成。
島田真理(島田真夢の母)、オーディションの応募するも落選。
「セイント40」は一世を風靡するも、その後自然消滅。


小説版で触れられている部分ですが、真夢と母の関係を読み解く上で非常に重要な過去でもありますね。


2009年9月 一期生オーディション募集。



2010年1月 一期生メンバー決定。
        (真夢、志保、麻衣、愛、芹香ら20名が決定)

b_wug_c_9917.jpg

b_wug_c_9909.png b_wug_c_9910.png b_wug_c_9911.png b_wug_c_9924.png

応募総数約1万人の中から選抜されたのは僅かに20名。いかに熾烈な選抜戦だったのかが伺われますね。
同年5月にI-1 clubは正式発足及びインディーズデビューが決定し、一期生たちは春休み返上の猛特訓に励みますが、デビューを前に白木氏による20名のランキングが発表されます。第一位はご存知、センターを務めることとなる真夢。第二位は志保、三位は芹香、四位は麻衣でした。この後、とある事件をきっかけにI-1を辞めざるをえなくなる芹香ですが、能力は抜群だったことが伺えます。現I-1 clubを支える二代巨頭、センター志保と「鬼軍曹」ことリーダー麻衣はやはり最古参なんですね。



2010年5月 発足。インディーズレーベルからシングル「キミに夢中」を発売。オリコン55位。

b_wug_c_9918.png



その後、吾妻橋でゲリラライブ。
センターは志保・真夢・芹香の交替制。


b_wug_c_9903.png b_wug_c_9904.png

初期シングルはウィークリーチャート最高55位、デビュー記念ライブも会場を半分以下しか埋められなかった時代でした。



2010年12月〜2013年1月 ほぼ毎日、押上を中心とした都内のライブ会場で、正月返上でライブを敢行。「休まないアイドル」として徐々に知名度が上がっていく。


2011年1月 二期生オーディション 菜野花、玲奈加入。総勢50人に。


b_wug_c_9912.png b_wug_c_9914.png



2011年3月 東日本大震災。被災地で何度もチャリティライブを開催。


2011年4月 メジャーデビュー「リトル・チャレンジャー」
        真夢センターでオリコン1位、ミリオンセラー。


リトル・チャレンジャー[CDのみ]

リトル・チャレンジャー[CDのみ]
(2014/03/26)
I-1club

商品詳細を見る

2011年6月 「I-1クラブ全部見せちゃうぞ!」発売。



2011年7月 武道館で初ライブ。2ndシングル「渚でハイタッチ」が再びミリオンセラー。人気を不動のものとする。


b_wug_c_9919.png
第9話のワンシーンからの切り抜きのため、不鮮明で申し訳ありません・・・・



2011年12月 紅白初出場



2012年1月 三期生オーディション。ティナ加入。総勢150人に。


b_wug_c_9915.png



2012年3月 3rdシングル「ノックアウト!」で三作連続ミリオン。


b_wug_c_9925.png
こちらも第9話からの切り抜きのため、画像が不鮮明・・・。「渚でハイタッチ」と並び、劇中曲が披露されていないだけに、是非とも再現してほしいですね。



2012年6月 4thシングル「一緒にプリ撮って」で真夢と志保。Wセンターで発売。四作連続ミリオン。I-1アリーナ完成。

b_wug_c_9926.png b_wug_c_9927.png



2012年夏(?) I-1ナンバー3である黒川芹香が恋愛問題により解雇。

真夢自身、小説版で自身が親交を結んでいたのは芹香と愛の二人だったと述べており、白木GMによる芹香の解雇が転回点となっていきます。


2012年10月 真夢が率いる「I-1クラブ」と志保が率いる「チームしほっち」がシングル同日リリース。結果「チームしほっち」の売り上げがまさる。真夢I-1センター解任。志保がセンターへ。

b_wug_c_9922_20140506233906e15.png b_wug_c_9923_20140506233908664.png
b_wug_c_9921_20140506233905586.png

非常に重要な事件なのですが、このときリリースされた曲名は一切明らかにされてませんね。



2012年11月 真夢I-1クラブ脱退。志保センターへ。選抜、志保、麻衣、愛、菜野花、玲奈、ティナ。

このため、真夢の両親は離婚、真夢は母親の実家がある仙台へ移住。中学3年生のときでした。



2012年12月 紅白連続出場。



2013年1月 四期生オーディション。萌歌加入。総勢200人に。加入と同時に萌歌、選抜入り。

b_wug_c_9913.png



2013年1月「シャツとブラウス」発売。以後12ヶ月連続でシングル発売。全てミリオンに。



2013年7月 東京ドーム公演発表。

b_wug_c_9920_2014050623393394e.png

その頃、仙台では密かにWakw Up,Girls!プロジェクトが始動を始めていたのでした。
言うまでもなく、劇場版はここから開始されます。



2013年8月 五期生オーディション。里佳加入。総勢250人に。



2013年12月 東京ドーム公演。

b_wug_c_0g110.png b_wug_c_0g111.png

同日、Wake Up,Girls!が、仙台・勾当台公演でライブを行っています。
ここからが劇場版からTV版への切り替え時点となります。



2013年12月 紅白連続出場。「シャツとブラウス」がレコード大賞。



2014年1月 日本全国ふれあいプロジェクト開始。各都道府県にI-1シアター建設。大阪、名古屋、福岡、札幌の第一弾から始まり、徐々にシアターをオープンさせていく。

東京ドームライブが決定した際の記者会見で、白木GMが、かつての目標が実現した今、これまでの目標は通過点に過ぎなくなった、という趣旨を述べていますが、I-1はさらなる高みへと登り続けます。


2014年5月 仙台シアターオープン 志保、麻衣、愛、菜野花が出演。

b_wug_c_9930.png b_wug_c_9929.png

同日、仙台市内「MACANA」ではWake Up,Girls!が新作「16歳のアガペー」を披露するも、圧倒的なI-1には比べるもなく。この時の敗北感と、I-1の力量を思い知らされたWUGメンバーもまた、新たなステージへと突入します。

2014年5月 「ジェラ」発売。

b_wug_c_9928.png



2014年11月 「極上スマイル」発売。

極上スマイル

極上スマイル
(2014/04/23)
I-1 club

商品詳細を見る

このわずか前にはWake Up,Girls!がアイドルの祭典東北地方予選を同曲で勝ち上がったばかりでした。

2014年12月 アイドルの祭典。I-1の公式ライバルを決定。激戦の末、赤みそオールスターズが選定される。

ここまでがTV放映の最終回となります。


今回はかなり趣を変えて、「Wake Up,Girls!」という作品をより深く楽しむ、という自身の興味から記事を起こしてみました。一部楽曲が公開(というか制作)されていないものもありますが、WUGのキャッチフレーズの一つである「アイドル戦国時代」を象徴する存在としてのI-1 clubの全貌が今回明らかになったのは非常に興味深いものでした。
ごく普通の少女たちが、一歩一歩アイドルへと成長していくWUGユニットとの対局としてI-1が存在しており、WUGという作品の魅力のバックグラウンドとしてI-1の存在はやはり抜きにしては語れないものがあるでしょう。

現在、スピンオフ作品としてコミックでI-1を描いた作品が連載中とのことですが、自分としては志保らを正面からとらえた作品も是非見たいという思いがあります。


*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てGreen Leaves/Wake Up,Girls製作委員会にあります、ので。