08月 « 2014年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

グラスリップ舞台探訪記⑧

2014年 09月30日 20:38 (火)

b_glassrip_p_top.jpg

グラスリップ舞台探訪記①
グラスリップ舞台探訪記②
グラスリップ舞台探訪記③
グラスリップ舞台探訪記④
グラスリップ舞台探訪記⑤
グラスリップ舞台探訪記⑥
グラスリップ舞台探訪記⑦

b_glasslip_c_1201-3.png b_glasslip_c_1201-2.png

終盤・沖倉家での演奏会で突如冬に舞台が移った十一話でしたが、冬の三国に透子が転校する驚きの展開を見せた十二話「花火(再び)」。曇天の夕暮、雪に覆われた街、全てが日本海側の冬景色の特徴を見事に再現していました(流石は富山に本拠地を置くP.Aさんですね)。そして打ち上がる花火。同時に始まるピアノの旋律。本作屈指の芸術性を誇ると言っても過言ではないでしょう。曲の起伏と見事にマッチした物語の展開、そして透子を襲う「唐突な当たり前の孤独」は、視聴者に激しい情動を起こすものともいえます(少なくとも自分はそうでした)。
連載最終回は、色と音響に彩られながらももっとも難解といえる十二話、そして最後に、最終話から推察できる「グラスリップ」に込められた意味を試論として読み解きたいと思います。

b_glasslip_c_1202.png b_glasslip_p_1202.jpeg
第十二話:三国港駅
東京から両親の都合でこの街に引っ越してきた透子が駆と出会ったのは、花火見物客の雑踏の中。

b_glasslip_c_1203.png b_glasslip_p_1203.jpeg
第十二話:三国港駅

b_glasslip_c_1204.png b_glasslip_p_1204.jpeg
第十二話:三国港駅

b_glasslip_c_1205.png b_glasslip_p_1205.jpeg
第十二話:三国港駅前

b_glasslip_c_1206.png b_glasslip_p_1206.jpeg
第十二話:三国港駅前
駆に連れられて駅前のスロープを上がり、振り返ると。

b_glasslip_c_1207kai.png b_glasslip_p_1207.jpeg
第十二話:三国港駅前
透子の眼前に広がる冬の三国港。

b_glasslip_c_1208.png b_glasslip_p_1208.jpeg
第十二話:三国港駅前
初めて二人は自己紹介を交わし、透子は今日が花火大会の日であることを知らされます。

b_glasslip_c_1209.png b_glasslip_p_1209.jpeg
第十二話:カフェ・コトノハ
駆はやなぎたちに透子を紹介するために「カゼミチ」で合流するシーンですが、冬らしく蒔ストーブが焚かれていますね。

b_glasslip_c_1210.png b_glasslip_p_1210.jpeg
第十二話:三国湊座
「花火大会まで町をまわってみたい」と一人雪の「日乃出浜」を巡る透子。

b_glasslip_c_1211.png b_glasslip_p_1211_20140930202354468.jpeg
第十二話:見返り橋付近

b_glasslip_c_1212.png b_glasslip_p_1212_20140930202355d5c.jpeg
第十二話:見返り橋付近

b_glasslip_c_1213.png b_glasslip_p_1213.jpeg
第十二話:永世寺葬務社
細い路地を抜けて花火大会会場となる「日乃出浜」へと続く海岸道へ。

b_glasslip_c_1215.png b_glasslip_p_1215.jpeg
第十二話:龍翔館付近踏切前
雪哉が休息しているのは、第二話「ベンチ」のモデル候補として紹介した踏切前のベンチですね。

b_glasslip_c_1216.png b_glasslip_p_1216.jpeg
第十二話:白山神社前
透子は待ち合わせ場所へ。

b_glasslip_c_1217.jpeg b_glasslip_p_1217.jpeg
第十二話:白山神社
透子が白山神社に到着するのと時を同じくして、夕暮れの日乃出浜に花火が打ち上がります。

b_glasslip_c_1218.jpeg b_glasslip_p_1218.jpeg
第十二話:龍翔館付近
ここから終盤まで、駆の母が奏でる(?)ピアノ曲(サウンドトラックでの曲名「唐突な当たり前の孤独」)が中断されることなく9分間にわたって流れ、曲名が指し示す「唐突な当たり前の孤独」に視聴者が透子とともに直面し、そこに救いの手が差し伸べられるまでの劇的なシーンが演出されます。

b_glasslip_c_1219.png b_glasslip_p_1219.jpeg
第十二話:白山神社
第一話では花火の開始は完全日没後(実際の花火大会は19:30時開始)ですが、本話では夕陽がまだ残る時間帯(推定では16~17時頃)となっています。ある種現実離れした情景を描くことで、これが後に透子が言葉にする「想像」の世界であることを示唆し、日没にかけて心理的に不安定となる透子の様子も投影されているのかもしれません。

b_glasslip_c_1220.png b_glasslip_p_1220.jpeg
第十二話:白山神社
コトノハで挨拶を交わした雪哉。

b_glasslip_c_1221.png b_glasslip_p_1221.jpeg
第十二話:白山神社

b_glasslip_c_1222.png b_glasslip_c_1222-1.png
第十二話:白山神社
しかし雪哉、そして神社で合流したやなぎに透子は「記憶」として認知されていませんでした。
意味不明な状況を理解しようと必死になる透子。

b_glasslip_c_1223kai.png b_glasslip_p_1223.jpeg
第十二話:白山神社
四人の記憶の中に自信が不在であることに悄然とする透子。

b_glasslip_c_1224.png b_glasslip_p_1224.jpeg
第十二話:白山神社
この時、透子は駆を苛んできた「唐突な当たり前の孤独」を体感したといえます。

b_glasslip_c_1225.png b_glasslip_p_1225.jpeg
第十二話:白山神社
そこで彼女に声をかけてくれた唯一の存在は駆でした。それは孤独の中の一筋の救い。

b_glasslip_c_1226.png b_glasslip_p_1226.jpeg
第十二話:白山神社
そして「欠片」を見た透子。彼女が全てを理解し、「現実」の主体性を取り戻します。駆が口にしてきた(と聞かされた)「唐突な当たり前の孤独」を理解し、駆にとって透子自身がいかなる意味を持つ存在であったのか完全に共感できた瞬間でした。透子が見てきた冬の世界、それは透子の他者に強く共感する優しさが作り出した仮想現実であり、駆の心情理解を強く求める想いが作り出した、駆の内面世界そのものだったといえます。透子はその優しさが故に他者の心情を解し、深く傷つきます。

b_glasslip_c_1230.png b_glasslip_c_1230-1.png
また、この一連の駆の内面を描いた仮想世界は、単に透子の理解の過程を描いただけでなく、透子の視線を通して視聴者に駆の「唐突な当たり前の孤独」と、孤独の暗中にあって唯一の救いであった透子を求める心情の理解を促すものでもあります。これまでの物語では、駆に対する視聴者の目線は主人公たちと同等の位置に置かれるため、共感を全く産まなかったものが、冬の世界における透子の心情を丁寧かつ劇的に描くことにより見事に共感可能となる仕掛けだったのです。

b_glasslip_c_1227.png b_glasslip_p_1227.jpeg
第十二話:白山神社
透子が現実世界の主体性を取り戻したことは、透子と駆の一連の会話からも明らかにされます。今、透子の隣にいる駆は想像の世界における駆でありながら、「さっきまでとは違う」、つまり現実世界の駆の投影に入れ替わっていることになります。

b_glasslip_c_1228.png b_glasslip_p_1228.jpeg
第十二話:白山神社
「透子が見えない」やなぎたちの像が薄れていくのは、「さっきまで」の駆同様、透子が作り出した仮想人格であったことに意識を向けたことの作用と言えるでしょう。

b_glasslip_c_1229.png b_glasslip_c_1229-1.png
第十二話:白山神社
駆の全てを理解した透子は、やがて仮想世界から消え去ります。また、それは他者からの表層的な受容→「唐突な当たり前の孤独」→自己の消滅(転居)を繰り返してきた駆の姿、そのものだったのかもしれません。

本話一連の流れ、特に後半部で美麗な映像と音響、その中で交わされる透子と駆の想いが深層心理でつながりを見せる展開は、本作でも傑出した芸術性を感じさせるものがあります。そしてそれは本作の中心にあった透子と駆の恋愛を巡る実質的な終着点であり、最終回であったと私は考えます。


しかし第十三話は蛇足では決してなく、常に難解であり続けた本作を理解するための重要な示唆を与えるシーンが登場しています。透子と雪哉が校庭で鶏の名前について言及するシーンであり、これは第一話で同様の状況において透子と駆が交わした会話の再出です。物語の第一話と最終話で鶏の名前について主人公たちに言及させたのは、そこに物語の重要なキーを理解する伏線であったことを示唆しているとも思われます。
第一に「ジョナサン」。これは明らかに「かもめのジョナサン」からの引用でしょう。それは「孤高、孤独」の象徴であり、主人公たちに「孤高の人」と揶揄された駆の存在そのものといえます。
第二に思想家の名を冠した「フッサール」。エトムント・フッサールと現象学については第一話の記事でも記載しました。そして作品中において現象学的アプローチではないかと思われる描写が登場しています。第十二話で意識(主観性)を転移させることによる他者(もしくは世界)を理解しようとする透子の姿もその一つです。第十二話の冬の世界が「欠片」の世界であるのだとしたら、恋愛を主題に据えた本作品にファンタジーの色彩を与えた「欠片」は未来を見る試みではなく、透子による無意識下での事象の本質を、意識・主観性から理解しようとする試みと捉えることが可能と思われます。第十話で駆の「唐突な当たり前の孤独」を理解しようと、無意識にガラス玉を通して町を見て歩く姿は、自明のものとして存在してきた世界に疑義を持つ態度とも受け取れます。

だいぶ長くなりましたが、あくまで本作品に対する「試論」に過ぎません。未回収の伏線(あるいは回収されたが理解できていないのか)も多数存在しますが、それについてこれ以上記載するのは「舞台探訪記」としての記事の本質から乖離するものなので、これにて終わりとします(機会がありましたら別建てで記事を執筆したいと思います)。

~編集後記的なもの~
PV公開より三国と「グラスリップ」に様々な角度からアプローチしてきましたが、遠征・長期連載記事で舞台探訪記を執筆したのは「Wake Up,Girls!」に続けてとなります。三国という町の魅力についてはことあるごとに述べてきましたが、先人たちの残した風光明美な町並み、文化、そして人々の故郷に対する誇りを肌で感じることのできる現地での感覚、まさしくそれであると思います。また、本作品を通して福井県在住の探訪者の方々と舞台探訪、また交流会(というか飲み会)で楽しい一夏を過ごさせていただきました。グラスリップ探訪者の皆様、そして執筆の励みとなった読者の皆様に、4か月にわたる探訪記を完成させられたことに深く謝意を表したいと思います。


より大きな地図で グラスリップ 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示


より大きな地図で グラスリップ 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てP.A.WORKS・glasslip projectにあります、ので。

グラスリップ舞台探訪記⑦

2014年 09月16日 20:48 (火)

b_glassrip_p_top.jpg

グラスリップ舞台探訪記①
グラスリップ舞台探訪記②
グラスリップ舞台探訪記③
グラスリップ舞台探訪記④
グラスリップ舞台探訪記⑤
グラスリップ舞台探訪記⑥

b_glasslip_c_bd02.jpg b_glasslip_p_bd02kai.jpg
BD二巻ジャケット:三国港突堤

幸による月下の告白というラストだった第九話で、修羅場を期待(笑)しましたが、第十話冒頭で幸から発せられたメッセージは「透子ちゃんもヒロくんも好き」というものでしたね。幸・透子・祐を巡る三角関係は一旦収束した第十話でしたが、一方で急接近する透子と駆。唐突なリアル・キスシーンが待ってました。

b_glasslip_c_1029.png b_glasslip_c_1029-1.png

第十話・十一話では三国の古い町並みのカットも多く、あわら・加賀の遠景やえち鉄沿線の知られざる撮影ポイント、謎とされてきた沖倉家自宅位置に迫ることの出来る情報もありましたので、その点に重点を置きつつストーリーを紹介していきたいと思います。
それでは第十話「ジョナサン」より。

b_glasslip_c_1001.png b_glasslip_p_1001.jpg
第十話:ジェラート・カルナ

b_glasslip_c_1002.png b_glasslip_p_1002.jpeg
第十話:ジェラート・カルナ
カルナ向かいの巨木ですが、相当な樹齢ではないでしょうか。

b_glasslip_c_1003.png b_glasslip_p_1003.jpg
第十話:ジェラート・カルナ
夜の「麒麟館」でこってり絞られた後はカルナでジェラート。「友情の証」なわけですねw

b_glasslip_c_1004.png b_glasslip_p_1004.jpeg
第十話:めがね橋
一方、合宿先でやなぎから散文的なメールを受け取った雪哉ですが…

b_glasslip_c_1005.png b_glasslip_p_1005.jpg
第十話:めがね橋
「本日、晴天。日乃出橋、布団。」
正直、この場所は公共スペースなので布団が実際に干されているとは考えにくいですねw私もそんな現場を見たことはありません。

b_glasslip_c_1006.png b_glasslip_p_1006.jpg
第十話:大木道具店
ジェラート・カルナの向かいになりますが、古美術・古道具店のようです。

b_glasslip_c_1007.png b_glasslip_p_1007.jpg
第十話:ジェラート・カルナ前
「一日中晴天。 ジェラート屋さんの前。 黒1 白2」

b_glasslip_c_1008.png b_glasslip_p_1008.jpg
第十話:三国港突堤

b_glasslip_c_1009.png b_glasslip_p_1009.jpeg
第十話:三国港突堤

b_glasslip_c_1010.png b_glasslip_p_1010.jpg
第十話:三国港突堤
「今日も晴天。空が高い。」
やなぎのメールを辿り、雪哉は何か見つけたのでしょうか?

b_glasslip_c_1011.png b_glasslip_p_1011.jpg
第十話:見返り橋付近
ここから数カット、三国の古い街並みが続きますが、見返り橋を登りきったところにある本カットの交差点から、順に坂を下って河川方面に歩くと後続カットも見つけやすいかと思います。マップでも可能な限り掲載していますので、そちらもご参考ください。

b_glasslip_c_1012.png b_glasslip_p_1012.jpg
第十話:見返り橋付近
OPカットの坂を逆に上から下へ向いたカットになります。

b_glasslip_c_1013.png b_glasslip_p_1013.jpg
第十話:見返り橋付近

b_glasslip_c_1014.png b_glasslip_p_1014.jpg
第十話:見返り橋付近
「つたや」の看板が目印。

b_glasslip_c_1015.png b_glasslip_p_1015.jpg
第十話:見返り橋付近
こちらはかなり河川に近いです。
いずれも再限度が極めて高く、三国の風情を切り取った見事な背景カットといえるでしょう。

b_glasslip_c_1016.png b_glasslip_p_1016.jpg
第十話:白山神社

b_glasslip_c_1017.png b_glasslip_p_1017.jpg
第十話:白山神社
幸を連れ出した駆ですが…呼び出し・連れ出しは必ず白山神社と決まっているんですかね?w

b_glasslip_c_1019.png b_glasslip_p_1019.jpg
第十話:白山神社
「あなた、透子ちゃんのこと全然守ってない。」
「…おれが透子に助けてもらっていいかな。」
カメラを南から北へ回すカットもそうですが、神社からの眺望はあまり一致していないようですね。

b_glasslip_c_1018.png b_glasslip_p_1018.jpg
第十話:真砂郵便局前
走るやなぎの姿を見て、
「あいつ…もしかして。」
雪哉は近くで自分を支えていたやなぎの大きさ、自身の依存に気付いた様子です。
それが帰宅後のやなぎを迎える雪哉の言葉へとつながります。

b_glasslip_c_1020.png b_glasslip_p_1020.jpg
第十話:港橋

b_glasslip_c_1021.png b_glasslip_p_1021.jpg
第十話:港橋
駆の両親から、駆の「唐突な当り前の孤独」を繰り返した生い立ちを聞かされた透子。

b_glasslip_c_1022.png b_glasslip_p_1022.jpg
第十話:港橋
「ここがずっと、わたしが住んできた街。」

b_glasslip_c_1023.png b_glasslip_p_1023.jpg
第十話:竹田川(港橋から)

b_glasslip_c_1024.png b_glasslip_p_1024.jpg
第十話:港橋
「グラス越し」に街を覗いて回る透子ですが、そこには孤独を抱えた駆の救いとなりたい思いもあったのでしょう。

b_glasslip_c_1025.png b_glasslip_p_1025.jpg
第十話:港橋

b_glasslip_c_1026.png b_glasslip_p_1026.jpg
第十話:港橋
「ここは、駆くんが持つことのなかった、わたしの風景。」

b_glasslip_c_1027.png b_glasslip_p_1027.jpg
第十話:見返り橋付近
このカットは隅に移っている紅白のポールからお気づきかもしれませんが、先ほどの街並み連続カット最初の、見返り橋を登った交差点を反対側から見た風景となります。

b_glasslip_c_1028.png b_glasslip_p_1028.jpg
第十話:見返り橋付近


そして学校でジョナサンに導かれるままに美術室へと入った透子は駆と邂逅し、冒頭のキスシーンで幕を閉じる第十話ですが本当に難解ですね。
「未来の欠片」とは?街に降る「雪」とは?

続けて第十一話「ピアノ」です。


b_glasslip_c_1101.png b_glasslip_p_1101.jpg
第十一話:港橋
沖倉家に招待された深水家一行は港橋を三角州へ向け歩いていますが、後のシーンと併せて沖倉家の所在を特定するカギになるかもしれません。

b_glasslip_c_1106.png b_glasslip_p_1106.png
第十一話:駆の山(?)
駆がいつも登っている近所と思われる山ですが、遠景から竹田川と九頭竜川の合流地点の三角州付近のようです。
川などの地形の他、集落や田んぼの位置までほぼ一致しています。もっとも、三角州付近は完全な平地で山や丘陵は全くないので創作かと思われますが、沖倉家は三角州の集落にあるという設定かもしれません。

b_glasslip_c_1102kai.png b_glasslip_p_1102.jpg
余談、透子が覗いているレコードですが、元ネタはピアニスト・マルタ・アルゲリッチのジャケットのようです。
Martha Argerich: The Collection 1: The Solo RecordingsMartha Argerich: The Collection 1: The Solo Recordings
(2008/09/30)
Martha Argerich

商品詳細を見る



b_glasslip_c_1103.png b_glasslip_p_1103.jpg
第十一話:鉄道橋(九頭竜川)
福井市内(?)にあるやなぎの通うダンススクールからの帰路、えち鉄車両が通過する鉄橋ですが、中角駅手前の九頭竜川に架かる橋ですね。

b_glasslip_c_1104.png b_glasslip_c_1104-1.png
第十一話:刈安山
一方、二人で登山をした裕と幸ですが。

b_glasslip_c_1105.png b_glasslip_p_1105.jpg
第十一話:北潟湖(刈安山より)
二人が見た風車が立つ遠景はあわら市と加賀市に跨る北潟湖の風車群です。
ただ、第三話で登場した展望台からでは山の影になって見えないため、キャンプ場へ行く途中の分岐点をダート路に進む必要があります。また、キャンプ場からも北潟湖が望める山道へアクセス可能で、キャンプ場の蕎麦屋脇の細道を15分ほど歩くと上記のダート路に合流します。

b_glasslip_c_1107.png b_glasslip_c_1107-1.png

ラストで駆にも見えた「雪」。
「雪」が何を意味するのか、ストーリーの本質はともかくとして、雪の降り積もる龍翔館や街並みも見てみたいですね。冬の三国も、北陸らしさを堪能できるのではないか思います(冬の味覚・越前ガニも食してみたいですしw)。

いよいよ残すところ2話となりましたが、果たして「未来の欠片」と「雪」の正体は明らかになるのでしょうか?そして次回予告「花火(再び)」とは何なのか?終盤も終盤でとてつもない展開が待っているのかもしれませんね。


より大きな地図で グラスリップ 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示


より大きな地図で グラスリップ 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てP.A.WORKS・glasslip projectにあります、ので。