11月 « 2014年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

Wake Up,Girls!舞台探訪記・番外編 〜光のページェント〜

2014年 12月31日 11:28 (水)

b_wug_p_top6_20141231105253908.jpg

Wake Up,Girls!〜七人のアイドル〜舞台探訪記
Wake Up,Girls!舞台探訪記①
Wake Up,Girls!舞台探訪記②
Wake Up,Girls!舞台探訪記③
Wake Up,Girls!舞台探訪記④
Wake Up,Girls!舞台探訪記⑤
Wake Up,Girls!舞台探訪記⑥
Wake Up,Girls!舞台探訪記・完結編
Wake Up,Girls!舞台探訪記〜I-1clubのキセキ〜
I-1 clubのキセキ〜激動の歴史〜

「Wake Up,Girls!〜7人のアイドル〜」の終盤、2013年12月24日に作中のWUG!が勾当台公園野外ステージで「タチアガレ」を初披露するシーン。仙台市の年末風物詩「SENDAI光のページェント」の情景が登場しています。今年の「光のページェント」は1年近く経ちますが放映後初めてということで、今回取材しました。
今年で29回目を迎える「光のページェント」、その歴史は意外に古く1986年になります。現在はスタッドレスタイヤが取って代わりましたが、かつて北国の都市ではスパイクタイヤが使用されており、冬期には粉塵が大量発生し「仙台砂漠」と呼ばれる状況にありました。そのため杜の都を象徴する定禅寺通のけやき並木も粉塵により汚れてしまい、これを憂えた市民ボランティアが冬期に電源装飾を施したのが始まりになります。今でこそ大規模イルミネーションは珍しくなくなりましたが、当時としては先進的な取り組みで、阪神大震災後に「ルミナリエ」を始めた神戸市が「光のページェント」を参考にしたり、海外都市からも視察団が訪れています(阪神大震災と東日本大震災の両被災都市の不思議なつながりですね)。
「光のページェント」は定禅寺通の他、青葉通など仙台市内各所で装飾がなされていますが今回は「Wake Up,Girls!」にゆかりのある定禅寺通と勾当台公園を紹介していきましょう。


〜定禅寺通〜

b_wug_p_1307.jpeg
定禅寺通・光のページェント開始地点となる仙台三越前。

b_wug_p_1301.jpeg
b_wug_c_1301.png
第1話:定禅寺通(一番町)
第1話で登場する市バス「るーぷる」が「光のページェント」の中を走るシーンですが、背景に見えている看板から一番町付近のバス停かと思われます。(写真が若干ぶれ気味で残念…)

b_wug_p_1302.jpeg
b_wug_c_1302.png
第1話:定禅寺通(国分町付近?)
こちらも冒頭登場するシーンですが、木々の湾曲具合から、けやきの木々を国分町付近から勾当台公園方面に見た景色が近いかと思われます。

b_wug_p_1303.jpeg
b_wug_c_1303.png
ED:定禅寺通(一番町付近)
作品のEDは実際の写真を加工したものを使用しているものと思われますが、EDの光のページェントのシーンもやはりありました。木々まで一致!

b_wug_p_1304.jpeg
b_wug_c_1304.png
「言の葉 青葉」MV:定禅寺通(晩翠通交差点付近)
ED曲「言の葉 青葉」のMVは「光のページェント」の中でWUG!が歌う映像が流れますが、こちらは定禅寺通・晩翠通交差点を少し西に進んだスペースになります。



作中登場した定禅寺通のカット等は以上ですが、光に包まれる「幻想都市」となった仙台の様子をもう少し紹介しましょう。

b_wug_p_1309.jpeg

b_wug_p_1308.jpeg

b_wug_p_1310.jpeg

b_wug_p_1315.jpeg

b_wug_p_1312.jpeg

b_wug_p_1314.jpeg

b_wug_p_1313.jpeg

b_wug_p_1311.jpeg

無数の光に照らされる定禅寺通がオレンジに照らされる様子は、まさに幻想的な都市の景観ですよね。


〜勾当台公園〜

b_wug_p_1305.jpeg
b_wug_c_1305.png
劇場版:勾当台公園
こちらは劇場版でライブをした野外ステージのある勾当台公園東側です。どうやら協賛企業によって毎年クリスマスの装飾が変わるようで、作中で再現されていたのは2012年の日立協賛時の様子になります。「WUG!」放映の1年以上前になりますが、仙台ご在住のkaroraさん(@karora111)が撮影していらっしゃいましたので、写真を提供いただきました。
karoraさんのHP:ちょっとマヨイガ行ってくる

b_wug_p_1306.jpeg
b_wug_c_1306.png
劇場版:勾当台公園
こちらも2012年撮影。作中カットより手前、階段下より撮影したものですが木々の装飾が青であることが確認できます。

また、勾当台公園の西側でも装飾が施されていましたので今年の様子を少し紹介しましょう。

b_wug_p_1316.jpeg

b_wug_p_1317.jpeg

「光のページェント」の紹介記事は以上となります。思い起こせば今年のはじめに「WUG!」劇場・第一話が放映されて仙台での舞台探訪活動を開始して1年が過ぎようとしています。そんな2014年をしめくくる記事を年末にふさわしい「光のページェント」で終えることができそうです。「WUG!」に関しては新劇場版の放映が決定しており、来年以降も積極的に「WUG!」探訪活動を行っていきたいと考えています。


より大きな地図で Wake Up,Girls!舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てGreen Leaves/Wake Up,Girls製作委員会にあります、ので。

C87 Wake Up Girls!探訪・巡礼本頒布について

2014年 12月13日 18:17 (土)

wug_kesennuma_top.jpg

wug_kesennuma_P4.jpg



コミックマーケットC87 にてWake Up,Girls!聖地巡礼本頒布いたします。
舞台となった仙台では公式ガイドマップや巡礼サイトが開設され、ワグナーによる巡礼が活発に行われていますが、実は気仙沼を訪問された方は意外に少ないのではないでしょうか?また気仙沼で舞台となった魚町一帯は復興工事及び津波対策としてかさ上げ工事が行われており、あと数年で第九話で登場した背景、震災遺痕は失われます。
そこでアニメで描かれた気仙沼の「今」を記録すると同時に、仙台WUG巡礼の際には1日滞在を延ばして気仙沼も訪問していただけたら…との思いから今回WUG・気仙沼巡礼本を制作することと致しました。

本誌は震災の記憶をとどめると共に気仙沼の復興に微力ながら力になりたいという趣旨もありますので、売上の多寡に関わらず全額を気仙沼市に寄付することを考えております。
気仙沼市 寄付金・義援金受付について

今回は 
1日目 西け31a「探訪どうでしょう」 様
3日目 西ら32a「朝焼け航路」 様
にて委託販売致します。

頒布価格は1部300円となります。

当日、お暇がありましたらブースまでお越しいただけたらと思います。


※御礼及びご報告(1/6)

コミケ会場にてご購入いただきました皆様、どうもありがとうございました。当初予定頒布数は全て完売し、増刷分も完売と自身、驚く結果でした。
本誌売上に関しましては、当初予定頒布数50部の売上金額を予定通り気仙沼市及び気仙沼市の被災者の方への義援金・寄付金として送金させていただきましたので、ご報告させていただきます。