04月 « 2016年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

ふらいんぐうぃっち舞台探訪記⑥

2016年 05月25日 09:21 (水)

b_fwitch_p_top1-5.jpg


(参考:コミック版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①〜弘前市街地編〜
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②〜弘前市郊外編〜

(アニメ版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記③〜弘前さくらまつり〜
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記④
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記⑤


山菜採りに行くことになった真琴、圭、千夏、なおは、はるばる白神山地の山村までやってきます。晩春の東北の山地では山菜採りもまだ旬。帰宅後採れたてのこごみに舌鼓を打ちつつも、茜の紹介でデザートを楽しむことになり、とある喫茶店を紹介されます。
今回は第七話「喫茶コンクルシオ」、モデルとなった藤田記念庭園内の大正浪漫喫茶室はふらいんぐうぃっちファンならずとも観光客に大人気の素敵な喫茶店ですが、今回取材してみるとなんとメニューまで作中と同じであることが判明したり、いつの間にか「ふらいんぐうぃっちコーナー」が充実していたりと驚きの連続でした。そんな弘前の素敵スポットが今回も登場する第七話、紹介します。


b_fwitch_c_0701.png b_fwitch_p_0701.jpeg
第七話:弘前市立相馬中学校
なおさんが歩いているのは紙漉澤橋近くにある相馬中学校前のようです。

b_fwitch_c_0702.png b_fwitch_p_0702.jpeg
第七話:西目屋村下大秋入口
真琴たちがバスでやって来たのは弘前の隣にある白神山地の麓・西目屋村です。

b_fwitch_c_0703.png b_fwitch_p_0703.jpeg
第七話:西目屋村下大秋入口
バス停はありますが、携帯の電波が入るかも怪しいくらいの奥地ですので、自家用車で行くのを推奨します(弘前市内から車でも4、50分かかりますので自転車はほぼ無理です)。

b_fwitch_c_0704.png b_fwitch_p_0704.jpeg
第七話:西目屋村下大秋入口
作者である石塚千尋さんは真琴たちが山菜採りしていた場所は絶対見つからない、ということを仰ったそうですが、実際に下秋入口バス停前からの山道はありません。

b_fwitch_c_0705.png b_fwitch_p_0705.jpeg
第七話:西目屋村下大秋入口

b_fwitch_c_0706.png b_fwitch_p_0706.jpeg
第七話:下湯口奥三叉路

b_fwitch_c_0707.png b_fwitch_p_0707.jpeg
第七話:下湯口奥三叉路
こちらは神明宮から奥に進んだところにある三叉路です。第二話でも登場していますね。

b_fwitch_c_0708.jpg b_fwitch_p_0708.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
そして茜の勧めで真琴・圭・千夏は「魔女が経営するオシャレな喫茶店」にやってきます。実際には入店するために二礼二拍一礼する必要はありませんw

b_fwitch_c_0709.png b_fwitch_p_0709.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
建物全体に魔法をかけて、二礼二拍一礼の動きで本当の姿が見える仕組みになっていました。

b_fwitch_c_0710.png b_fwitch_p_0710.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
一行は呆気にとられながらも館の中へ。

b_fwitch_c_0711.png b_fwitch_p_0711.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室

b_fwitch_c_0712.png b_fwitch_p_0712.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室

b_fwitch_c_0713.png b_fwitch_p_0713.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「奥がお店って書いてあるーー」

b_fwitch_c_0714.png b_fwitch_p_0714.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
暖炉や調度品までかなりリアルに再現されていますね。

b_fwitch_c_0715.png b_fwitch_p_0715.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室

b_fwitch_c_0716.png b_fwitch_p_0716.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「店っていうより館だな…」
「家としても使っているんですかね?」

b_fwitch_c_0717.png b_fwitch_p_0717.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室

b_fwitch_c_0718.png b_fwitch_p_0718-2.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「ごめんくださーい。」
こちらのシーンですが、現在は丸テーブルが数個室内に並べられており、作中とは少し違っています(写真は昨年夏に撮影)。

b_fwitch_c_0719.png b_fwitch_p_0719.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「わあー、すてきー。」
「おおぅ…」

b_fwitch_c_0720.png b_fwitch_p_0720.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「けれども誰もいませんね…ん?」
と、そこで床に落ちている紙切れを拾い上げてみると…

b_fwitch_c_0721.png b_fwitch_p_0721.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「「いらっしゃいませ、お好きな席へお座りください。」ですって…」

b_fwitch_c_0722.png b_fwitch_p_0722.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「店員さんいないのか?」
「だと、注文できませんね。」

b_fwitch_c_0723.png b_fwitch_p_0723.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
思いあぐねているとそこへ…

b_fwitch_c_0724.png b_fwitch_p_0724.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
カラン、と響く氷の音。

b_fwitch_c_0725.png b_fwitch_p_0725.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室

b_fwitch_c_0726.png b_fwitch_p_0726.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「…」「…」「…」

b_fwitch_c_0727.png b_fwitch_p_0727.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
そこにはやはりメッセージが書かれた紙切れが置かれていました。

b_fwitch_c_0728.png b_fwitch_p_0728.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「…おお?」

b_fwitch_c_0729.png b_fwitch_p_0729.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
とりあえずこの店を紹介した茜に電話をかけて聞いてみますが。

b_fwitch_c_0730.png b_fwitch_p_0730.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「ふんふん、なるほどー。」

b_fwitch_c_0731.png b_fwitch_p_0731.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「なんだって?」

b_fwitch_c_0732.png b_fwitch_p_0732.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「やっぱりこのお店の店員さん、幽霊なんですって。」
「おおー!」
「マジかよ…」

b_fwitch_c_0733.png b_fwitch_p_0733.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「幽霊さんがウェイトレスだなんて、素敵ですね!」
「いやいや、怖いだろ…」
「お兄ちゃん幽霊ダメだもんね〜。」

b_fwitch_c_0734.png b_fwitch_p_0734.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
とりあえず見えないウェイトレスにチョコレートケーキとりんごパイを注文すると、厨房からにわかに食器を動かす音が聞こえてきます。

b_fwitch_c_0736.png b_fwitch_p_0736.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「人の気配がしてきた…」
「本物の幽霊さんに会えて感動です!」
「後でサインもらおー。」

b_fwitch_c_0737.png b_fwitch_p_0737.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「幽霊さんってどんな人なんだろー」
「そうですね、ちゃんと見てみたいですね。」
というわけで真琴は一計を案じて魔法を使ってみます。

b_fwitch_c_0739.png b_fwitch_p_0739.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
真琴が用意した魔法陣を踏んだ「幽霊さん」がいよいよ姿を現します。

b_fwitch_c_0740.png b_fwitch_p_0740.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
とりあえず店主の魔女はいるか聞いたところ、本日は不在とのことでした。

b_fwitch_c_0741.png b_fwitch_p_0741.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「はいはいしつもーん。幽霊さんは何歳なんですか?」

b_fwitch_c_0742.png b_fwitch_p_0742.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「わー、百年も昔の人なんだ。すごーい!あ、だからか〜、だから着物着てるんだ〜。」
「…え…あ…あれ?もしかして見えてます…?」

b_fwitch_c_0743.png b_fwitch_p_0743.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「け…け、ケーキ只今持ってきます…。。」

b_fwitch_c_0744.png b_fwitch_p_0744.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
そしてラストで登場するケーキですがなんと実在するメニューでした。こちらはりんごパイの「タムラファーム」。

b_fwitch_c_0745.png b_fwitch_p_0745.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
そしてこちらは本日のケーキ、ガトーショコラです。

b_fwitch_c_0746.png b_fwitch_p_0746.jpeg
第七話:藤田記念庭園・大正浪漫喫茶室
「そ…それでは、ごゆっくりおくつろぎくださいませ…」
「…」「…」「…」

第七話「喫茶コンクルシオ」いかがでしたでしょうか。今回舞台として登場した藤田記念庭園の大正浪漫喫茶室をはじめとして、古い建築物を改装したスターバックスなど、弘前は洋風建築物が多数残っておりそれを喫茶店などの形で活用しています。弘前といえば弘前城公園が真っ先に思い浮かびますが、町中にある洋館や教会にを巡ってみるのも楽しいかもしれませんね。また、大正浪漫喫茶室ではふらいんぐうぃっち関連商品を多数取り扱っていますので、作品関係のお土産をお探しの方も是非お越し下さい。



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て石塚千尋・講談社・ふらいんぐうぃっち制作委員会にあります、ので。

ふらいんぐうぃっち舞台探訪記⑤

2016年 05月24日 09:14 (火)

b_fwitch_p_top1-5.jpg


(参考:コミック版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①〜弘前市街地編〜
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②〜弘前市郊外編〜

(アニメ版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記③〜弘前さくらまつり〜
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記④


真琴たちと暮らすうちに魔女の世界にますます魅せられて行く千夏でしたが、ついに意を決して茜に弟子入りを申し込みます。「人としての生活すら送れなくなる」という茜の言葉から、人から魔女になることが容易でないことを知りつつも、千夏の夢に優しく応じる茜のしっかりした一面も伺えますね。が、後半は真琴と千夏を魔法の実験にする少し意地悪というかお茶目な一面も見せます…そんなわけで第六話「おかしなおかし」、紹介します。


b_fwitch_c_0601.png b_fwitch_p_0601.jpeg
第六話:ローソン弘前湯口店
二人が買い物に来たのは第五話で登場したとちない橋からすぐのところにある交差点のローソンがモデルです。

b_fwitch_c_0602.png b_fwitch_p_0602.jpeg
第六話:ローソン弘前湯口店
「びっくりです。千夏ちゃんが魔女になるなんて。」
「見習いですが。」
「魔女の数は減ってきていますから、魔女界にとってはいいニュースですね。」

b_fwitch_c_0603.png b_fwitch_p_0603.jpeg
第六話:ローソン弘前湯口店
「でもあれですよ、周りの人に魔女になったってことは…。」
「うん。言っちゃダメ!」

b_fwitch_c_0604.png b_fwitch_p_0604.jpeg
第六話:ローソン弘前湯口店
「まあ〜わたしが言うのもなんですけど…。」
「うん!」

b_fwitch_c_0605.png b_fwitch_p_0605.jpeg
第六話:とちない橋前の坂
「ねえ〜まこねえ。魔女ってなったら何すればいいの?」

b_fwitch_c_0606.png b_fwitch_p_0606.jpeg
第六話:とちない橋前の坂
「これっていう決まりはないですよ。基本的になにしてもいいんです。」

b_fwitch_c_0607.png b_fwitch_p_0607.jpeg
第六話:とちない橋前の坂
「なにしても?」

b_fwitch_c_0608.png b_fwitch_p_0608.jpeg
第六話:とちない橋前の坂
「はい。例えば薬を作って商売したり、魔法をおぼえて遊んだり、犬飼さんみたいに占い師になったり…わたしですか?ん〜、正直、まだはっきりとは決まってないですけど、理想は周りの人の役に立って、自分のためにもなる、そんな魔女ですかね。」
「千夏ちゃんは何をしたいですか?」

b_fwitch_c_0609.png b_fwitch_p_0609.jpeg
第六話:とちない橋前の坂
「う〜ん、魔法を覚えて…あっ、かぼちゃの馬車とか出してみたい〜。」

b_fwitch_c_0610.png b_fwitch_p_0610.jpeg
第六話:とちない橋前の坂
おもちゃを動かしたいなど、子供らしさをこれでもかとアピールする千夏ですが…

b_fwitch_c_0611.png b_fwitch_p_0611.jpeg
第六話:とちない橋前の坂
最後は「お菓子の家を作って入って来た人を食べちゃうの〜」で見事に落ちをつくりましたね()


以上、今回は登場個所も少ない回でしたが第六話紹介となりました。ちなみにとちない橋近くにあるコンビニは、下湯口地区ではほぼ唯一のコンビニで、ちょうど紙漉澤橋へと向う途中地点になりますので、水分補給には非常に重宝しますね。次回はいよいよ、ふらいんぐうぃっち・弘前でも人気舞台の一つ「喫茶コンクルシオ」を紹介いたします。



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て石塚千尋・講談社・ふらいんぐうぃっち制作委員会にあります、ので。

ふらいんぐうぃっち舞台探訪記④

2016年 05月23日 09:11 (月)

b_fwitch_p_top1-5.jpg


(参考:コミック版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①〜弘前市街地編〜
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②〜弘前市郊外編〜

(アニメ版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記③〜弘前さくらまつり〜

ふらいんぐうぃっち第五話は「チトナビ」ことチトさんが、真琴と千夏に下湯口のマニアックな場所を紹介する「使い魔の活用法」です。千夏はチトさんの招きで下湯口の路地裏に案内されますが、そこで待つものは…。前回の弘前さくらまつりとは打って変わって、再び何気ない日常が描かれる第五話ですが、登場舞台は実にマニアック!の一言です。移住一ヶ月で下湯口をマスターするとは、流石は有能使い魔チトさん。と持ち上げたくなるのですが、実際訪れると何故この場所が舞台に…と首をひねりたくなる場所ばかりですw
それではちょっとディープな弘前・下湯口を紹介しましょう。


b_fwitch_c_0501.png b_fwitch_p_0501.jpeg
第五話:神明宮付近
チトさんが千夏を先導して歩いて行くのは神明宮裏に面している道路です。

b_fwitch_c_0502.png b_fwitch_p_0502.jpeg
第五話:神明宮付近
チトさんの後を付けて行く千夏ですが。

b_fwitch_c_0503.png b_fwitch_p_0503.jpeg
第五話:神明宮付近
と、ここでチトさんが立ち止まっている様子。

b_fwitch_c_0504.png b_fwitch_p_0504.jpeg
第五話:神明宮付近
チトさんの視線の先には何やら古い民家が…

b_fwitch_c_0505.png b_fwitch_p_0505.jpeg
第五話:神明宮付近
どうやら木戸の人の顔の形をしたシミに注目していたようです。千夏流に解釈すると「魔法で閉じ込められた人」だそうですw

b_fwitch_c_0506.png b_fwitch_p_0506.jpeg
第五話:下湯口バス停付近
作中多数の反射鏡が出てきますが、こちらは下湯口バス停から神明宮に向う途中にあるものです。

b_fwitch_c_0507.png b_fwitch_p_0507.jpeg
第五話:下湯口バス停付近
チトさんはバス停のある28号線から脇道へと入って行きますが…

b_fwitch_c_0508.png b_fwitch_p_0508.jpeg
第五話:下湯口バス停付近

b_fwitch_c_0509.png b_fwitch_p_0509.jpeg
第五話:下湯口バス停付近
チトさんを追って入った脇道を行くと一件の民家が…

b_fwitch_c_0510.png b_fwitch_p_0510.jpeg
第五話:下湯口バス停付近
なんとチトさんが犬を倒したようです。戦った!?

b_fwitch_c_0511.png b_fwitch_p_0511.jpeg
第五話:下湯口三叉路
千夏はチトさんを追ってOPにも登場する下湯口の三叉路のゴミ捨て場までやってきます。

b_fwitch_c_0512.png b_fwitch_p_0512.jpeg
第五話:下湯口三叉路
地元のご婦人から頭に何かついていると言われて…まさか…けむし!?

b_fwitch_c_0513.png b_fwitch_p_0513.jpeg
第五話:下湯口三叉路
正体は桜の花びらでした。ご婦人曰く、地面に落ちる前の桜の花びらを持っていると、好きな人と両思いになれるとか。千夏には少し早いようですね…

b_fwitch_c_0514.png b_fwitch_p_0514.jpeg
第五話:寺沢川茂森新町緑地
チトを探して千夏はさらに川岸にある公園までやってきますが…
公園およびその付近の河川のモデルとなったのは、28号線を下湯口からりんご公園を越えて市街地に入った一角のようです。確かに類似していますね。

b_fwitch_c_0515.png b_fwitch_p_0515.jpeg
第五話:寺沢川茂森新町緑地
千夏がキョロキョロと辺りを見回すと…。

b_fwitch_c_0516.png b_fwitch_p_0516.jpeg
第五話:寺沢川茂森新町緑地
川の反対側にチトさん発見!

b_fwitch_c_0517.png b_fwitch_p_0517.jpeg
第五話:寺沢川茂森新町緑地
そして後に真琴たちがタイムカプセルを発見する公園ですが、まあアパートをはじめ一致はしないので、あくまでモチーフになった可能性があるという程度にとどめておきましょう。下湯口近辺は一軒家がほとんどで、アパートはありません。

b_fwitch_c_0518.png b_fwitch_p_0518.jpeg
第五話:下湯口農業研修会館
こちらは下湯口農業会館前にある火の見櫓です。最近では田舎に行かないとめったに目にすることはありませんね。

b_fwitch_c_0519.png b_fwitch_p_0519.jpeg
第五話:下湯口農業研修会館
下湯口農業研修会館は下湯口バス停の向かい側にあります。

b_fwitch_c_0520.png b_fwitch_p_0520.jpeg
第五話:下湯口バス停付近
落とし穴にはまり、それを見越していたかのような「ちかづくな」の木札に驚き家に走り帰る千夏ですが、内心ではチトさんが用意した(?)スリルを楽しんだ様子ですw

b_fwitch_c_0521.png b_fwitch_p_0521.jpeg
第五話:神明宮付近
そして今度は真琴がチトさんの散歩に付き合わされることになりますw

b_fwitch_c_0522.png b_fwitch_p_0522.jpeg
第五話:下湯口バス停付近
人面板→犬と定番「おすすめ」コースですが…

b_fwitch_c_0523.png b_fwitch_p_0523.jpeg
第五話:下湯口バス停付近
なんと今回は犬の鎖が抜けて追い立てられるハメにw他所様の犬をいたずらしてはいけませんw

b_fwitch_c_0524.png b_fwitch_p_0524.jpeg
第五話:下湯口バス停付近
くだんの家の方と雑談したところでは、こちらのお宅は数年前まで大型犬を実際に飼っていたそうです。作者さんがそれをモチーフにした可能性は十分ありますね。

b_fwitch_c_0525.png b_fwitch_p_0525.jpeg
第五話:とちない橋
逃げて辿り付いたのは神明宮を相馬方面に抜けたところにあるとちない橋です。

b_fwitch_c_0526.png b_fwitch_p_0526.jpeg
第五話:とちない橋
「あ〜びっくりした〜…チトさん、もうあんなことしちゃダメですからね。」

b_fwitch_c_0527.png b_fwitch_p_0527.jpeg
第五話:とちない橋
「こんなに疲れる散歩ははじめてですよ〜。」
「もっといい場所がある?」

b_fwitch_c_0528.png b_fwitch_p_0528.jpeg
第五話:紙漉澤橋

b_fwitch_c_0529.png b_fwitch_p_0529.jpeg
第五話:紙漉澤橋付近の東屋
なおが通りかかったところの東屋にいたのは真琴の姿ですが…。

b_fwitch_c_0530.png b_fwitch_p_0530.jpeg
第五話:紙漉澤排水処理施設前の東屋

b_fwitch_c_0531.png b_fwitch_p_0531.jpeg
第五話:紙漉澤排水処理施設前の東屋
チトは完全にチョウチョウと戯れ、真琴もぼーっとしている様子。

b_fwitch_c_0532.png b_fwitch_p_0532.jpeg
第五話:紙漉澤排水処理施設前の東屋
と、そこへなおが忍び寄り…

b_fwitch_c_0533.png b_fwitch_p_0533.jpeg
第五話:紙漉澤排水処理施設前の東屋
「わっ」と真琴を驚かしたつもりが髪に付いていた毛虫に逆に驚かされることになるなおでしたw

b_fwitch_c_0534.png b_fwitch_p_0534.jpeg
第五話:紙漉澤排水処理施設前の東屋
東屋の隣は小さな池がありますが、水の流れがなく、残念ながら淀んでます…

b_fwitch_c_0535.png b_fwitch_p_0535.jpeg
第五話:紙漉澤排水処理施設前の東屋
「なにしてたの?こんなところで?」
「散歩の途中でしてー。少し休憩していたんです。なおさんもどこかお出かけですか?」
「んん、わたしは仕事中。」

b_fwitch_c_0536.png b_fwitch_p_0536.jpeg
第五話:紙漉澤排水処理施設前の東屋
「あ、猫だ。人懐っこいね、君。」
実は今回がなおとチトさんの初対面でした。

b_fwitch_c_0537.png b_fwitch_p_0537.jpeg
第五話:紙漉澤排水処理施設前の東屋
「へへ、かわい〜〜。」
「お前もな。」

b_fwitch_c_0538.png b_fwitch_p_0538.jpeg
第五話:紙漉澤橋
こちらは少々わかりにくいですが、紙漉澤橋の東詰めになります。

b_fwitch_c_0539.png b_fwitch_p_0539.jpeg
第五話:下湯口バス停付近
で、結局なおの仕事に付き合って酒の届け先まで一緒に行くことに。

b_fwitch_c_0540.png b_fwitch_p_0540.jpeg
第五話:下湯口三叉路
「なんだか立派な家が多いですね〜。」
「特にこの辺りは昔、農業ですごく栄えていたんだって。」
という会話にあるとおり、確かにかなり大きめの家が多いのが下湯口地区の特徴ですね。

b_fwitch_c_0541.png b_fwitch_p_0541.jpeg
第五話:下湯口三叉路
ただ、かなり年季の入った家が多く、近くで見ると屋根がはがれかかっていたり壁が崩れていたり。


以上になります。チトナビによる散歩ということで、これまでの放送に比べると地味ながら格段にディープな背景ばかりでした。なかなか探し辛い場所もありましたが、ネット上で特定活動をされている方々の情報を参考にほぼ回ることができました。下湯口バス停や神明宮から少し路地に入った場所に、現在では地方でも見かけることの少ない古い民家が多数ありますので、そういった津軽地方の風土を味わってみる舞台探訪・聖地巡礼もありかもしれませんね。



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て石塚千尋・講談社・ふらいんぐうぃっち制作委員会にあります、ので。

ふらいんぐうぃっち舞台探訪記・番外編〜弘前さくらまつり〜

2016年 05月01日 21:10 (日)

b_fwitch_p_top4.jpg




(参考:コミック版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①〜弘前市街地編〜
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②〜弘前市郊外編〜

(アニメ版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②

今回は本筋の「舞台探訪記」から少し脱線して、4月23日から開催された2016年弘前さくらまつりの様子を、ふらいんぐうぃっち第四話「桜の中の占い師」に登場した背景を交えつつ紹介したいと思います。
弘前城の桜は1715年に藩士が京都の嵐山からカスミザクラを持ち帰り植樹したのがはじまりと言われています。明治時代に入り、廃藩後に荒れ果てていた弘前城内に積極的なソメイヨシノの植樹がなされ、1895年からは弘前城跡が公園として一般開放されるようになりました。1918年には「観桜会」として現在につながるさくらまつりが開始され、戦後には「弘前さくらまつり」として全国的に有名になりました。場内には2600本ともいわれる桜が城内一帯に咲き乱れ、昼には雄大な岩木山を背景に、夜は堀の水面にライトアップされた桜が反射して幻想的な空間となります。
さて、今年はふらいんぐぅぃっちが4月よりTV放映ということで、弘前観光協会が作品を全面的にバックアップし、弘前さくらまつりポスターにイラストが起用されるなど、例年とは異なる盛り上がりもありました。アニメ制作サイドもインタビューで「さくらまつりが開かれる関係から、春クール以外の放送は考えていなかった」と言うほど思い入れようでした。
前置きが長くなりましたが、弘前さくらまつり、見ていきましょう。






☆追手門外壕☆

b_fwitch_p_0051.jpg

b_fwitch_c_0051.png

最初に登場するのは追手門付近から見た外壕の様子です。






b_fwitch_p_0062.jpg







b_fwitch_p_0052.jpg

b_fwitch_c_0052.png

堀に延々と並ぶ桜並木に沿って、ぼんぼりも。やはり地元協賛企業によるものがほとんどですね。






b_fwitch_p_0053.jpg

b_fwitch_c_0053.png

こちらは追手門外壕を、追手門側から見た様子です。代表的な撮影スポットということだけあって、撮影に並ぶ観光客がひっきりなし。






b_fwitch_p_0063.jpg

こちらは市役所屋上から追手門外壕を見た景色です。上から見ると堀が桜に囲まれている様子がよくわかりますね。






☆追手門☆

b_fwitch_p_0054.jpg

b_fwitch_c_0054.jpg

弘前城への南東からの入り口になるのがこちら追手門です。






☆追手門〜中壕☆

b_fwitch_p_0055.jpg

b_fwitch_c_0055.png

追手門から中壕へと抜ける桜の通り道です。向かって右が植物園、左が市民広場となります。





b_fwitch_p_0056.jpg

b_fwitch_c_0056.png

通り道の一角では秋田名物「ババヘラ」が売っていましたw






☆杉の大橋☆

b_fwitch_p_0083.jpg

追手門から中壕に当たると、まず目に飛び込むのは色鮮やかな杉の大橋です。






b_fwitch_p_0084.jpg

中壕ではカヌーで楽しむ観光客の姿もありました。






b_fwitch_p_0086.jpg

こちらは杉の大橋たもとにある石碑です。






b_fwitch_p_0065.jpg

近くでは見事な一本桜が咲き乱れていました。






b_fwitch_p_0085.jpg

蒼空に映えるピンクの花びら。






☆下乗橋☆

b_fwitch_p_0057.jpg

b_fwitch_c_0057.png

真琴たちが記念写真を撮影した下乗橋は弘前城で一番人気の撮影スポットになります。(写真はアニメカットと逆からになります)






☆弘前城天守閣☆

b_fwitch_p_0058.jpg

b_fwitch_c_0058.png

下乗橋が撮影スポットとして一番人気であるのは、赤い橋、桜、弘前城天守閣が一枚に収まるからといえるでしょう。しかしながら現在は修復工事の一環で天守閣は本丸内に写っています。






b_fwitch_p_0070.jpg






b_fwitch_p_0067.jpg

修復で天守閣が移設中のため、下乗橋からは写真のとおり石垣の上に天守閣がありません。






☆本丸☆

b_fwitch_p_0068.jpg

こちらは有料ゾーンになりますが弘前城本丸です。本丸西側からは岩木山の姿が遮るものもなく、一望できます。






b_fwitch_p_0069.jpg

岩木山と桜、この構図を撮影したかったのです。






☆レクリエーション広場☆

b_fwitch_p_0059.jpg

b_fwitch_c_0059.png

弘前さくらまつりといえば桜は勿論のこと、立ち並ぶ屋台を楽しむのも一興です。ただ、休日はご覧のとおりものすごい混雑ですw






b_fwitch_p_0060.jpg

b_fwitch_c_0060.png

作中登場するお化け屋敷も毎年出店しています。







☆さくらのトンネル☆

b_fwitch_p_0061.jpg

b_fwitch_c_0061.png

犬飼さんが占いをしていたのはコミックでは波祢橋付近ですが、アニメでは少し南に下った、さくらのトンネル付近のような印象を受けます。






☆夜の弘前城☆

b_fwitch_p_0074.jpg

b_fwitch_c_0062.png

茜と犬飼さん、そして犬飼さんが箒で飛ぶシーンにて夜の弘前城が登場していますが、夜になると全く異なる顔を見せる弘前城です。






b_fwitch_p_0075.jpg

こちらは東門における鏡面桜ですが、あまりに美しかったので撮影しました。






b_fwitch_p_0076.jpg

裁判所前から追手門方面を望んだ外壕ですが、花筏が形成されつつあり、実に幻想的な光景でした。






b_fwitch_p_0077.jpg

そして再び追手門前の様子です。






b_fwitch_p_0078.jpg

上記昼の写真と見比べていただくとわかりますが、夜は全く別の魅力を放つ弘前城ですね。






b_fwitch_p_0079.jpg

杉の大橋からの中壕に反射する桜のライトアップです。






b_fwitch_p_0080.jpg

そして下乗橋から、石垣に少しだけ顔を覗かせた弘前城天守閣を桜越しに一枚。







b_fwitch_p_0081.jpg

東内門付近の桜ですが、横に広がりを見せ見事に咲き誇っていました。






b_fwitch_p_0082.jpg

そしてこちらは世界一古いと言われるソメイヨシノです。1882年植樹とのことですね。






以上になりますが、ふらいんぐぅぃっち登場のカットとともに巡る弘前さくらまつりの様子、いかがでしたでしょうか。今年は昨年同様、例年より一週間近く開花・満開ということで、GWただ中には既に葉桜になっているかもしれません。また、私が撮影に出かけた4月最終日曜が満開予想、晴天予報と重なり、例年にない人出だったようです。
さて、次回以降は再びストーリーをフィーチュアーする形で初夏から夏へと季節移り行く弘前の様子をお届けできたらと思います。



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て石塚千尋・講談社・ふらいんぐうぃっち制作委員会にあります、ので。