04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有頂天家族2舞台探訪記⑤

2017年 05月10日 06:44 (水)

uchotentop2.jpg


有頂天家族舞台探訪記(第一期)
有頂天家族2舞台探訪記①
有頂天家族2舞台探訪記②
有頂天家族2舞台探訪記③
有頂天家族2舞台探訪記④


下鴨神社で数年ぶりの将棋対局を果たした矢一郎と玉瀾でしたが、矢一郎が投了した途端に玉瀾が将棋盤に吸い込まれてどこかへ。続いて矢一郎、矢三郎も飛び込んだところ、そこは見覚えのある父の「将棋部屋」でした。なんと将棋部屋は赤玉先生のアパートの一室につながっており、そこで「茶釜エンジン」を発見しますが…
季節は8月も半ば過ぎ、五山送り火を迎えた京都。今年、今宵も下鴨家と夷川家による納涼船合戦が送り火の空で繰り広げられる第五話「続・大文字納涼船合戦」です。

b_uchoten2_c_0501.png b_uchoten2_p_0501.jpeg
第五話:出町橋西詰
コーポ枡形を出た矢一郎・矢三郎は、玉瀾を見送るために出町橋の西詰へ。

b_uchoten2_c_0502.png b_uchoten2_p_0502.jpeg
第五話:出町橋西詰
「じゃあ、わたしはここで。ありがとう、矢三郎ちゃん。」
「なんのなんの。」

b_uchoten2_c_0503.png b_uchoten2_p_0503.jpeg
第五話:出町橋西詰
「そうだ、もうすぐ五山の送り火だ。玉瀾もうちの納涼船においでよ。」
「是非お伺いいたします!」

b_uchoten2_c_0504.png b_uchoten2_p_0504.jpeg
第五話:出町橋西詰
「それじゃ、また。」

b_uchoten2_c_0505.png b_uchoten2_p_0505.jpg
第五話:出町橋西詰
「お前また、余計なことを!」
「なんだよ、せっかく気を利かせてやったのにその言い草は。」

b_uchoten2_c_0506.png b_uchoten2_p_0506.jpg
第五話:出町橋西詰
「五山の送り火に浮かべる船がないのだ…。」

b_uchoten2_c_0507.png b_uchoten2_p_0507.jpg
第五話:出町橋西詰
「え!奈良の狸から遣唐使船借りるはずだったろ。」
「あの話はだめになった。」


どうやら夷川が金にものを言わせて奈良の狸を買収した様子で、矢二郎の「偽叡山電車」に茶釜エンジンを搭載して浮かべることに。矢一郎と玉瀾の告白も行われ、和やかな雰囲気になったタイミングで宿敵・夷川家の遣唐使船が接近して結局戦闘状態に突入。そこへ弁天が拝借してきた洋椅子を取り返しに来た二代目が登場して、狸の喧嘩は天狗の喧嘩に発展しますが…

白い浴衣姿の弁天と、黒ずくめの二代目は、狸たちが固唾をのんで見守る中、傾いた帆柱の真下で向かい合った。転落して船板にめりこんだ電光掲示板がばちばちと青白い火花を散らしている。弁天は怒りを腹に秘め、二代目は軽蔑を腹に秘め、たがいに睨み合っている。弁天は冷たい微笑を頬に浮かべた。
「倫敦でお会いしたときには、ひどく空が荒れていましたわね」と彼女は謎めいたことを言った。「虫が好かなかったのですよ、あの日からずっと」



「弁天がどこへ堕ちたか分かるな、矢三郎]
「はい。見ておりました」
「迎えに行ってやらねばなるまい。ついてこい」
「承知しました」

(『有頂天家族 二代目の帰朝』P251及びP254より)

b_uchoten2_c_0508.png b_uchoten2_p_0508.jpg
第五話:西賀茂橋東詰
我々は西賀茂橋のたもとでタクシーを降り、川の左岸を歩いていった。

b_uchoten2_c_0509.png b_uchoten2_p_0509.jpg
第五話:西賀茂橋東詰
賀茂川はひっそりとした住宅や畑の広がる町を抜けて、巨大な獣のようにうずくまる北の山に向かっている。

b_uchoten2_c_0510.png b_uchoten2_p_0510.jpg
第五話:MKボウル上賀茂前
弁天は夏草の生い茂った賀茂川の中州にひとり座っていた。撃墜されたときに川に落ちたらしく、長い黒髪は乱れているし、浴衣も濡れて泥だらけである。青ざめた頬にも、生々しい泥の跡が一筋こびりついていた。

b_uchoten2_c_0511.png b_uchoten2_p_0511.jpg
第五話:MKボウル上賀茂前
私と赤玉先生が川べりに下りていっても、彼女はこちらを見ようとしなかった。

b_uchoten2_c_0512.png b_uchoten2_p_0512.jpg
第五話:MKボウル上賀茂前
赤玉先生は川を渡っていき、彼女のかたわらに立った。

b_uchoten2_c_0513.png b_uchoten2_p_0513.jpg
第五話:MKボウル上賀茂前
「悔しいかね」と問いかけるのが聞こえた。
弁天は小さく笑ったようである。
「…悔しいですわ」
「そうか。そうであろうな」と先生は優しい声で言った。

b_uchoten2_c_0514.png b_uchoten2_p_0514.jpg
第五話:MKボウル上賀茂前
「しかし天狗も時には堕ちるものだ」
弁天とならんで川面を眺めながら、先生は静かに言い聞かせるようにした。
「悔しかったら、強うなれ」

(『有頂天家族 二代目の帰朝』P255-P257より)


彼女の横顔には二代目への青白い怒りが燃えていた。
しかしその顔を見た瞬間、言いしれぬ哀しみが私の胸をいっぱいにした。そのとき船上にいた狸たちの一匹として私の気持ちが分かったとは思えない。
ひとり私だけが確信していたのである。
弁天は二代目に負けるだろうと。

(『有頂天家族 二代目の帰朝』P251-P252より)





*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て「有頂天家族2」製作委員会にあります、ので。
スポンサーサイト

有頂天家族2舞台探訪記④

2017年 05月06日 20:26 (土)

uchotentop2.jpg


有頂天家族舞台探訪記(第一期)
有頂天家族2舞台探訪記①
有頂天家族2舞台探訪記②
有頂天家族2舞台探訪記③

二代目に続いて帰朝した弁天は早速、その噂を聞きつけ二代目の新邸宅にやってきます。
弁天の美貌にも臆せず小娘扱いする「紳士的」対応に、「別に怒ってませんよ」といいながらも弁天は怒り心頭の様子。さてその頃、矢一郎は父・総一郎が始めた南禅寺の将棋大会を復活させるべく奔走しておりましたが…
矢一郎と玉瀾の過去、そして二人の交情が進展する第四話「狐将棋大会」を紹介していきましょう!

さて、対局は矢一郎の投了で終わりましたが、将棋盤に現れた謎の穴。穴に吸い込まれてしまった玉瀾は一体どこへ?
次回に続きます。

b_uchoten2_c_0401.png b_uchoten2_p_0401.jpeg
第四話:京都市動物園前
「大事なのは愛嬌です。」

b_uchoten2_c_0402.png b_uchoten2_p_0402.jpeg
第四話:京都市動物園前
「しかし媚びるのではありません。誇りを持って狸を演じる。それがコツです。」

b_uchoten2_c_0403.png b_uchoten2_p_0403.jpeg
第四話:京都市動物園
「それでは、留守をよろしく〜。」

b_uchoten2_c_0404.png b_uchoten2_p_0404.jpeg
第四話:京都市動物園
と、いうわけで、小遣い稼ぎに岡崎狸の代わりに動物園の檻に入る矢三郎でした。
矢三郎たちが入っていたのは、実際に京都市動物園でホンドタヌキが飼育されている場所になります。

b_uchoten2_c_0405.png b_uchoten2_p_0405.jpeg
第四話:京都市動物園
「我々狸が得意とする化け術は、檻の中では使えない。」
「化け術は自由の概念と密接なつながりがあるからなぁ。」

b_uchoten2_c_0406.png b_uchoten2_p_0406.jpeg
第四話:京都市動物園
「だから動物園の狸は、その道のプロフェッショナルである岡崎の狸たちが交代で務めるのが、昔からの習わしなのさ。」

b_uchoten2_c_0407.png b_uchoten2_p_0407.jpeg
第四話:京都市動物園
作中登場する動物園の観覧車は昭和31年完成の本州最古の現役観覧車とされているそうです。

b_uchoten2_c_0408.png b_uchoten2_p_0408.jpeg
第四話:京都市動物園
「素敵な狸ぶりね、矢三郎ちゃん。」
「玉瀾!どうしてこんなところに?」
「矢三郎ちゃんが岡崎の狸たちの代打で出ているっていうから、応援に行ってあげようと思って。」
そこに将棋を指していた矢二郎が現れ、話題は南禅寺の将棋大会のことに。

b_uchoten2_c_0409.png b_uchoten2_p_0409.jpeg
第四話:京都市動物園
「矢一郎さんが頑張って復活させたっていうのに来ないっていうの?そんなつれないことを言っては駄目よ。」

b_uchoten2_c_0410.png b_uchoten2_p_0410.jpeg
第四話:京都市動物園
「矢一郎さんは今でも将棋を指さないのね…」
「ああ…玉瀾が一番分かっている…」
「いつまで拘るのかしら…もう立派な毛玉なのに。」
「それをあいつに言ったかい?」

b_uchoten2_c_0411.png b_uchoten2_p_0411.jpeg
第四話:京都市動物園
「言えない…なんでか分からないけど、言えないの。」

「この世に毛深き恋のなかりせば…」

思わせぶりな口ぶりの矢二郎でしたが、その晩、いよいよ南禅寺で将棋大会が開催されます。しかし金閣・銀閣の阿呆兄弟に応戦した矢三郎、さらに堪忍袋の緒が切れた玉瀾が虎に変化し、用意に用意を重ねて来た将棋大会はおじゃんになってしまいます。

b_uchoten2_c_0413.png b_uchoten2_p_0413.jpeg
第四話:相生社
矢一郎に金閣・銀閣の揶揄いに応戦したことを叱責され、拗ねる矢三郎でしたが…

b_uchoten2_c_0413-5.png b_uchoten2_p_0413-5.jpeg
第四話:相生社・連理の賢木
木の上から矢一郎の隠し穴を発見。
さて、こちらの木は相生社に隣接する連理の賢木といい、縁結びのスポットとして有名であり、「京の七不思議」の一つともされています。

b_uchoten2_c_0414.png b_uchoten2_p_0414.jpeg
第四話:南禅寺・三門
母は玉瀾を矢一郎の嫁に、との考えでしたが、母の「優しい弟がなんとかしてくれる」との言葉に逆らえず、そのまま南禅寺へと向かいます。

b_uchoten2_c_0415.png b_uchoten2_p_0415.jpeg
第四話:南禅寺・三門
三門に佇むのは南禅寺家当主で玉瀾の兄である、南禅寺正二郎。

b_uchoten2_c_0416.png b_uchoten2_p_0416.jpeg
第四話:南禅寺・三門
「やあ、矢三郎君。」

b_uchoten2_c_0417.png b_uchoten2_p_0417.jpeg
第四話:南禅寺・三門
「玉瀾の様子はいかがですか?」
「相変わらずの天岩戸でね。ひとたび立て篭ると決めたら、兄の言うことなんて聞きませんよ。」

b_uchoten2_c_0418.png b_uchoten2_p_0418.jpeg
第四話:南禅寺・三門
「この度は、色々と申し訳ありませんでした。」

b_uchoten2_c_0419.png b_uchoten2_p_0419.jpeg
第四話:南禅寺・三門
「気にしなさんな。雨降って地固まることもありますから。」

b_uchoten2_c_0420.png b_uchoten2_p_0420.jpeg
第四話:南禅寺・三門
「兄貴は色々とどんくさくて。」
「僕は矢一郎のことがよくわかるのだが、父親が洛中にあんなに名高い狸だったら、終始父親に見張られているような気がして、間違えなくていいことも間違えたりするものですよ。」

b_uchoten2_c_0421.png b_uchoten2_p_0421.jpeg
第四話:南禅寺・三門
「でも僕は、矢一郎のことが好きですよ。」

b_uchoten2_c_0422.png b_uchoten2_p_0422.jpeg
第四話:南禅寺・三門
「将棋の神様がね…。将棋に惹かれて取り憑かれて、この世から姿を消した者たちのことを、南禅寺では「将棋の神様に連れて行かれた」と言ってね。」

b_uchoten2_c_0423.png b_uchoten2_p_0423.jpeg
第四話:南禅寺・三門
「いずれ玉瀾も将棋の神様に連れて行かれるのではないかと、僕は気が気ではないんだ。」
そして玉瀾を将棋の神様に連れて行かれるのを引き止めてくれる人、その人こそ矢一郎であって欲しいという兄の妹に対する思いやりでした。

b_uchoten2_c_0424.png b_uchoten2_p_0424.jpeg
第四話:南禅寺・三門
三門に籠る玉瀾の説得に登る矢三郎。

b_uchoten2_c_0425.png b_uchoten2_p_0425.jpeg
第四話:南禅寺・三門
阿呆将棋で矢三郎に笑わされた玉瀾は、昔、赤玉先生に雲ヶ畑の大杉に吊るされたとき、矢一郎と暗闇の中を探しに向かった日のことを思い出していました。

b_uchoten2_c_0426.png b_uchoten2_p_0426.jpeg
第四話:南禅寺・三門
「で、玉瀾はどうするんだい?まだ意地を張るつもり?」
「阿呆将棋はもう結構よ。」
さて、作中丹念に描かれている三門の仏間ですが、外の通路より拝観はできますが撮影禁止となっています。

b_uchoten2_c_0427.png b_uchoten2_p_0427.jpeg
第四話:下鴨神社・御手洗池
そして矢三郎の一計により、玉瀾と矢一郎は数年ぶりに将棋で対局する中、心を通わせていくのでありました。

「ここに一つ、毛深き恋の物語がある。恋に落ちる雄狸と雌狸は、運命の赤い毛で結ばれているという。運命の赤い毛が、母を狸谷不動から糺ノ森に引っ張って来たように、今度は南禅寺に絡み付いた。今まさに、狸君と狸嬢の毛深くも慎み深い交情が進行中である。」




*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て「有頂天家族2」製作委員会にあります、ので。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。