09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

酒コーザ7回:グラスにこだわる

2007年 02月24日 02:10 (土)

IMGP2374.jpg


ネット通販で注文していたグラスが到着。

ワイングラスに見えますが、こいつはウィスキー用のテイスティンググラス。(まあ、ワイングラスとしても使えますが)

そんなわけで今回は産地別シングルモルトの話題から離れてグラスの話をば。


ウィスキーにはロック、水割り、ストレート(ニートともいう)と単純化すれば三つの呑み方がありますが、それぞれに向いているグラスというものがあります。

①オールド・ファッションド・グラス

IMGP2380.jpg


居酒屋などでもおなじみのタイプ。
幅があるのでロック・水割りに向いており、ジャパニーズウィスキーを飲むときはこれがあっているような気がします。
サントリー山崎蒸留所見学記念品。

②ショット・グラス

IMGP2373.jpg


ストレート用のグラス。
自分としてはショットグラス=バーボンというようなイメージ(というよか思い込みか)があるので、バーボンを飲むときに愛用しています。
近くのショッピングセンターで400円ほどで購入。

③チューリップ型のグラス

IMGP2376.jpg


IMGP2379.jpg


スコッチを味わうにはやはりこれ。
先がすぼまっているため香りが籠もり、繊細な香りを楽しみたいシングルモルトにはぴったり。
難点は・・・壊れやすいところ。
実は今回購入したのも、今まで使用していたものを破壊してしまったからなんです・・・。
ネット通販にて一個1600円にて購入。(シュピーゲル社製)


模型しかり、将棋しかり、麻雀しかり、趣味が高じると道具にこだわりたくなるもの。
グラスに金をかけすぎて中に注ぐものがお粗末とあっては本末転倒ですが、もちょっと安全に扱えるようになったら高級品が欲しいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

2007年02月25日 12:37

自分もバーボンはショットグラスやオールドファッションで呑んでます。チューリップグラスを使うと何かしっくりしないんですよね。
>シュピゲラウ
オーセンティスシリーズのデジスティフとテイスティングでしょうか。シュピゲラウは値段の割に材質、作りが良くて自分も愛用しています。

2007年02月26日 02:42

>しっくりしない
う~んやはり。
私の場合、バーボンは深々と香りを味わうというより、グッといったときの高揚感とその余韻を楽しみたいところですので、飲みやすいショットグラス等が合っているとおもっています。

>シュピゲラウは値段の割に材質、作りが良く
値段が手ごろで雰囲気を味わえますね。
手製の高級グラスは怖くてまだ手を出せません。