08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

「その正体を見極められたら、あたらしいものが創りだせそうな・・・そんな気がするんだ」

2010年 03月15日 01:22 (月)

IMG_1045.jpg

土日は職場仲間で十條、十津川温泉へ泊りがけのクーリングに出掛けていました。
今回はこれといって聖地巡礼ネタはないので、あっさりと・・・

IMG_0924.jpg

十條の町屋にて。
手前が私のボンネビル、向こうが参加者のZ1000。
ボンネビルは古い町並みにしっくりきますね。


さて、今週のお勧めコミック

少女素数 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)少女素数 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2010/03/12)
長月 みそか

商品詳細を見る


12歳双子少女のほんわか日常を描いた作品ですが、その観測者として登場するのが年の離れたフィギュア原型師の兄貴。

自分がフィギュアを作り続ける理由って、うまく言葉に出来た試がないのですが、原型師のアニキが妹二人を遠巻きに眺めつつ、つぶやいた一言が全てを代弁したくれた気がします。

「エロティシズムをまるで感じないかといえばそうでもないんだが」
「おんなのコってなんていうか、妖精を宿してる時期みたいなものがあるんじゃないかなあ」
「その正体を見極められたら、あたらしいものが創りだせそうな・・・そんな気がするんだ」

この年になっても二次元をやめられないのは単なる恋愛の代替などでは勿論なく、三次元を含めた何か普遍への憧れがあるから。
そんな高尚な考えが根底にあるかは自分でもよくわかりませんが、益々もって女性が恋愛とか性欲とかそういう此岸の対象としての興味が薄れ、彼岸の存在になっていく気がします。

そんな視点から少女をとらえた書をもう一冊

少女古写真館 (ちくま学芸文庫)少女古写真館 (ちくま学芸文庫)
(2001/12)
飯沢 耕太郎

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント