12月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北へ⑤

2010年 05月05日 01:13 (水)

IMG_2265.jpg

朝起きると一面の霧。

見通しの悪い路面を進みますが、霧に霞む牧場風景はまたよし。

IMG_2255.jpg

IMG_2261.jpg

IMG_2266.jpg


静内の案内所がサラブレッド見学の拠点になっており、重賞レース勝利馬繋養先牧場と、見学条件等について懇切丁寧に教えてくれます。


まず向かったのはHBA門別種馬場のテイエムオペラオーとアドマイヤボス。


まずはテイエムオペラオー。

IMG_2294.jpg

IMG_2299.jpg

三歳クラシックまでは勝ち負けを繰り返しましたが、古馬になってからはGⅠを連戦連勝、現在まで賞金獲得額は世界No1です。(もちろん、だから世界最強というと話は別でしょうが)


次はGⅠ勝利こそなかったのですが、常に好走を続けたアドマイヤドン。

IMG_2326.jpg

IMG_2319.jpg


そこから少し離れた日西牧場にはビワハヤヒデが繋養されています。

IMG_2370.jpg

IMG_2391.jpg

IMG_2401.jpg

IMG_2372.jpg

IMG_2378.jpg

弟にナリタブライアンがいるため、どうしても地味な印象ですが、レース運びは豪快、圧巻そのものでした。

4歳時、古馬GⅠ戦線を圧倒し、3歳3冠を制覇したナリタブライアンとの直接対決を期待されながら、怪我のため実現を見ず引退を余儀なくされました。
ちなみに私は、仮に有馬記念で対決が実現していたら、ビワが勝っていたと信じています。いや、お世辞じゃなく。


さて、札幌についてからは、いつもどおりとらとメロンを回って、ススキノへ。

IMG_2441.jpg

そして「Bar山崎」。

IMG_2442.jpg

ここも実は聖地巡礼。


最近発売された「バーテンダー」16巻が北海道編と銘打って、主人公佐々倉溜が札幌のバーテンダーに会いに行くのですが、ここがモデル。

作中、白髪の優しげなベテランバーテンダーが登場するのですが、入ってみて「ああこの人!!」と瞬時にわかりましたよ。

佐々倉溜の足跡どおり、まずはラーメン屋でラーメンとギョウザを注文、それから向かいます。

少し強めのオリジナルカクテルを注文したのですが、食後の胃と舌にしみ入るうまさでした。


明日はコミックどおり、余市のニッカ蒸留所に向かう予定。


あ、コミックも紹介

バーテンダー 16 (ジャンプコミックスDX)バーテンダー 16 (ジャンプコミックスDX)
(2010/03/04)
長友 健篩

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。