10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徹底討論!実写版マリア様がみてる

2010年 11月08日 01:06 (月)

公開初日、有志4名(夷、H、K、Y)で見てきました。

鑑賞後、新装開店した巫女bar月天で討論会。

以下、そこでの作品評価。

映画の出来=リリアン・山百合会の再現度合いという観点で。


・福沢祐巳
H:妹キャラを演じようとした頑張りは素直に評価
Y:「百面相」は確かに再現されていた
K:ナレーションの割舌が悪い。しょっぱな、噴出しそうになった
Y:原作どおり日ごとにリボンの色を変えてほしかった
夷:ツインテが長すぎ

・小笠原祥子
一同:容姿、冷徹さ、その反面のヒステリックさは祥子そのもの

・水野蓉子
夷:祥子を手玉にとるお姉さまの貫禄は原作そのまま
Y:薔薇様全員にいえるが、事前の説明なしでは、原作知らずの人には蓉子の立ち位置が不明では

・島津由乃
一同:髪型、顔立ちが原作イラストに最も近いキャラだった
   セリフが少なすぎて気の毒。この役者で黄薔薇革命をやってほしい

・支倉 令
H:自分の中では今回のベストキャスト
夷:髪をもう少し切り詰めて、もう少しボーイッシュにしてもいいのでは

・鳥居江利子
一同:気の毒だが今回の役者の中では最もミスキャスト。オバさんっぽい。いや、過ぎる
夷・Y:江利子らしくするにはもう少しアンニュイっぽさがほしい

・藤堂志摩子
K:サイトで見た写真ではミスキャストかと思ったが、作品を見て評価が一変した
夷:ふくよかさを感じさせる髪、顔立ちは志摩子の神聖っぽさを体現していた

・佐藤聖
一同:おそらく今回の登場人物では最も再現度が高い
   バタくさい顔、バッサリした髪型、日本人離れした感じ。黒髪でよくあそこまで再現できたものだと思う

・武嶋蔦子
夷:いかにもカメラマニアらしい演出が随所に現れていた(レンズを調整したりブロアーで清掃するところとか)


総じて、登場人物の再現度が非常に高く、期待を裏切らない内容。
ただ、説明があまりに少ないので、あくまで原作ファンに対するサービスと捉えたい。


と、まあ総じてみんな評価高かったです。
その他作品も作ってくれ、てなところです。(もうDVD販売だけでもいいからさ!)


☆4.0




コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。