10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ところで今年なに年でしたっけ・・・?

2011年 01月01日 11:05 (土)

新年あけましておめでたうございます。


30日帰省したのですが、一番の驚きは無線LANが使えるようになっていること。

おかげで自室でブログ更新、動画も見放題ですよ。


さて、年越しは前日秋田のジュンク堂で買い込んでおいたコミックやら小説やらを消化。


で、今年最初の書評


マリア様がみてる ステップ (マリア様がみてるシリーズ) (コバルト文庫 こ 7-69)
(2010/12/28)
今野 緒雪

商品詳細を見る


昨年暮れに発売されたマリみて外伝新刊です。

今回もサイドストーリーで、薔薇様が一切絡まない話です。

リリアンに通う学友・律と佳月、そして律の兄・徳と大学の学友甲太の4人が登場人物。
リリアン2人の百合あり、マリみてシリーズでは珍しく(江利子以来?)男女恋愛ありの、読後思い返すと
フツーな内容でしたが、フツーな物語をよくもまあここまで楽しく描けるものだと感心したっすねぇ。

私は祥子並にマリみてに出てくる男キャラが苦手(花寺連中は特に)なのですが、今回はそうしたわだかまりが一切なく読み進めることが出来ました。

シンプルながらも非常に良作です。

☆5.0



バーテンダー 18 (ジャンプコミックスデラックス)
(2010/12/29)
長友 健篩

商品詳細を見る


続けてテレビドラマ化も決まった『バーテンダー』新刊。

ホテルカーディナル会長の死をきっかけに、ホテルバーから町場バーでの開業を目指すバーテンダー佐々倉溜と見習いの和久井翼。
独立のため、バーが揃えるべき4つの宝物とは?

佐々倉溜は相も変わらずですが、翼の成長ぶりが著しいです。

かつてホテル新入社員として配属され「バーのスタッフなんぞ」とこぼしていた翼君がねぇ・・・。

☆4.5


と、読みふけっていたら


紅白の水樹奈々見逃しました・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。