03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

Rollei de たまゆら~もあぐれっしぶ~③

2013年 10月22日 23:33 (火)

b_tamayuramore_p_top.jpg

Rollei(ローライ)のレンズ越しにたまゆらの情景を紹介していくシリーズ第三弾。
広島の桜写真コンテストに参加するため、晩春に桜を求めて竹原のあちらこちらを巡る楓とかなえ。
今回はその足跡を辿り第五話より竹原市内各所、そして隠れ名所とも言える「宿根の桜」を見ていきましょう。

Rollei de れっづ・ふぉと!なので。
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜①
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜②

第5話:『明日のためにレッツフォト、なので』
桜まつりのパフォーマンスも終わり、写真部の課題は卒業アルバムの写真を撮影することになりました。 みんなの大事な高校生活を残す仕事に二人は気合いが入ります。 そんな二人が撮影した写真を見せてもらおうとかおるたちが頼みますが、かなえはなぜか、いい写真がまだないからと断ってしまいます・・・。 そんな時、顧問の下上山先生が新たなミッションとして広島の桜写真コンテストに応募してみないかと二人に提案をしました・・・。
(公式ホームページより)

b_tamayuramore_c_0501.png b_tamayuramore_p_0501.jpeg
第五話:バンブージョイハイランド第一駐車場
桜写真コンテストに応募することになった二人が訪れたのは、先日パフォーマンスを行ったバンブージョイハイランド。

b_tamayuramore_c_0502.png b_tamayuramore_p_0502.jpeg
第五話:バンブージョイハイランド貯水池付近

b_tamayuramore_c_0503.png b_tamayuramore_p_0503.jpeg
第五話:町並み保存地区普明閣

b_tamayuramore_c_0504.png b_tamayuramore_p_0504.jpeg
第五話:照蓮寺

b_tamayuramore_c_0505.png b_tamayuramore_p_0505.jpg
第五話:照蓮寺
けれど桜は見つからず…。
場所はOPで登場する石段の門の裏側です。

b_tamayuramore_c_0506.png b_tamayuramore_p_0506.jpeg
第五話:照蓮寺
もあぐれっしぶなぽって部長w

b_tamayuramore_c_0507.png b_tamayuramore_p_0507.jpeg
第五話:照蓮寺石段
石段ですが、OPに登場する石段とは反対側、町並み保存地区方面からの入り口になります。

b_tamayuramore_c_0508.png b_tamayuramore_p_0508.jpeg
第五話:アイフル商店街楽市楽座前
桜が見つからなかった二人は商店街へ。

b_tamayuramore_c_0509.png b_tamayuramore_p_0509.jpeg
第五話:アイフル商店街誠家前
困りきった二人の前に現れたさよみさん。この時点でいやな予感しかしないw

b_tamayuramore_c_0510.png b_tamayuramore_p_0510.jpeg
第五話:アイフル商店街ももねこ様像誠家前

b_tamayuramore_c_0511.png b_tamayuramore_p_0511.jpeg
第五話:アイフル商店街ももねこ様像誠家前

b_tamayuramore_c_0512.png b_tamayuramore_p_0512.jpeg
第五話:アイフル商店街ももねこ様像誠家前

b_tamayuramore_c_0513.png b_tamayuramore_p_0513.jpeg
第五話:アイフル商店街ももねこ様像誠家前
さよみ「ふふ、ふふ〜。うふふ、ふ、ふ、ふ、ふ」

b_tamayuramore_c_0514.png b_tamayuramore_p_0514.jpeg
第五話:アイフル商店街ももねこ様像
撮影した日はハローウィンコスでしたw

b_tamayuramore_c_0515.png b_tamayuramore_p_0515.jpeg
第五話:新港橋東詰

b_tamayuramore_c_0516.png b_tamayuramore_p_0516.jpeg
第五話:頼山陽像
新港橋東詰にある頼山陽(らいさんよう)像。
頼山陽とは江戸時代末期、主に広島・京都で研究・著述活動を行い、史伝「日本外史」著者として日本史教科書にも掲載される文人ですが、頼家のルーツは竹原にあります。山陽自身は大坂において生を受けましたが、祖父・享翁は竹原出身。父・春水も大坂にて私塾を開いていました。叔父・春風が竹原にて塩田を経営する傍ら学問にも力を入れ、竹原の文化振興に大きな功績を残しました。頼山陽を顕彰して設置されたのがこの銅像ですが、町並み保存地区には春風の自宅が「春風館」として保存されています。

b_tamayuramore_c_0517.png b_tamayuramore_p_0517.jpeg
第五話:頼山陽像
頼山陽のりえたんw

b_tamayuramore_c_0518.png b_tamayuramore_p_0518.jpeg
第五話:頼山陽像
こうたんは妻・梨影でしょうかw

b_tamayuramore_c_0520.png b_tamayuramore_p_0520.jpeg
第五話:頼山陽像
のりえ「むふ〜。かおたん写真とって写真、むふ、むふふ〜」

b_tamayuramore_c_0521.png b_tamayuramore_p_0521.jpeg
第五話:頼山陽像
かおる「写真タイトルー、頭の中が満開な女子高生ー」

b_tamayuramore_c_0521-5.png b_tamayuramore_p_0521-5.jpeg
第五話:頼山陽像
真打ち、さよみさん登場。

b_tamayuramore_c_0522.png b_tamayuramore_p_0522.jpeg
第五話:国道185号線NTT前
道の駅から呉方面へ進んだ、最近出店したマクドナルドの向かいになります。

b_tamayuramore_c_0523.png b_tamayuramore_p_0523.jpeg
第五話:国道185号線NTT前

b_tamayuramore_c_0524.png b_tamayuramore_p_0524.jpeg
第五話:国道185号線NTT前

b_tamayuramore_c_0525.png b_tamayuramore_p_0525.jpeg
第五話:国道185号線NTT前
眼鏡市場が出店したのも最近のようで、OPENののぼりが出ています。

b_tamayuramore_c_0526.png b_tamayuramore_p_0526.jpeg
第五話:国道185号線NTT前

b_tamayuramore_c_0527-5.png b_tamayuramore_p_0527-5.jpg
第五話:国道185号線消防署前
賀茂川の橋手前にある竹原消防署。地元中学校美術部(でしたっけ?)による可愛げな壁画が特徴的です。

b_tamayuramore_c_0527.png b_tamayuramore_p_0527.jpeg
第五話:朝日山山道
さよみ一行は185号線から朝日山山道に入りますが、目的地までの背景は周辺との一致度があまり高くないため、「とりあえず雰囲気が似ている」ということで撮影。

b_tamayuramore_c_0528.png b_tamayuramore_p_0528.jpeg
第五話:宿根の桜付近
朝日山山道途中に宿根の桜の看板があり、道が分岐しています。
鉄線越しに畑の中から撮影はできませんので。

b_tamayuramore_c_0529.png b_tamayuramore_p_0529.jpeg
第五話:宿根の桜付近
朝日山山道から分岐してからも少々分かりづらいのですが、ここまで来たらあと少しです。

b_tamayuramore_c_0530.png b_tamayuramore_p_0530.jpeg
第五話:宿根の桜付近

b_tamayuramore_c_0531.png b_tamayuramore_p_0531.jpeg
第五話:宿根の桜付近

b_tamayuramore_c_0532.png b_tamayuramore_p_0532.jpeg
第五話:宿根の桜
本編にてさよみさんによる解説もありますが、宿根(すくね)の桜は樹齢250年、広島県下3番目の大樹である江戸彼岸桜です。最近2009年まで雑木林に覆われていましたが、地元の協議会の掛けあいにより地域の観光名所とするべく整備されました。開花時期には各地からの鑑賞者で賑わうとのことで周囲に鑑賞ルートが設けられており、桜の植樹も進められているようです。

b_tamayuramore_c_0533.png b_tamayuramore_p_0533.jpeg
第五話:宿根の桜
宿根の桜周囲には保護のため柵がめぐらされており、作中のように根元まで立ち入ることはできません。

b_tamayuramore_c_0534.png b_tamayuramore_p_0534.jpeg
第五話:宿根の桜
本来Rolleiではなく、PENTAX Qで撮影するべきところですが、まあそこは突っ込まんといてくださいw

第五話の紹介は以上となります。
2011年4月桜の時期に一度、朝日山を訪れているのですが、まさか山道の外れにこのような観光名所があるとは思いもしませんでした。バンブージョイハイランドとともに、機会があったら桜咲き乱れるシーンを撮影したいですね。

次回記事は第六話。いよいよ竹原を飛び出して広島各地を巡る旅となります。


より大きな地図で たまゆら〜もあぐれっしぶ〜 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てたまゆら製作委員会にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント