09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

Wake Up,Girls!キービジュアル探訪

2013年 10月29日 18:32 (火)

b_wug_c_key1.jpeg b_wug_p_key1.jpeg
キービジュアル:青葉城址展望台

キービジュアルの発表から少し時間が空きましたが、2014年1月より放映予定の山本寛監督作品「Wake Up,Girls!」。公式ホームページにおいても仙台市を舞台にした作品であることが明らかにされており、今回はキービジュアルの他版権絵についても背景が特定できたものについて探訪を実施しました。

b_wug_c_key2.jpeg b_wug_p_key2-1.jpeg
版権絵①:仙台定禅寺ビル
定禅寺通と晩翠通の交差点付近のビルです。ここの一階がガラス貼りとなっています。しかしながら、ビルが通りに対してやや斜面になっているため、交差点を挟んで反対側にあるビルが実際には映りこみません。

b_wug_p_key2-2.jpeg
定禅寺通・晩翠通交差点
こちらは上記ビルの前より交差点を撮影した写真を反転させたものです。ビルは勿論、並木に至るまで忠実に再現されています。また、工事中の建物についても、googlemapにて壊される前のビルを確認できます。

b_wug_c_key3.jpeg b_wug_p_key3.jpeg
版権絵②:仙台フォーラム前
こちらは繁華街からやや離れていますが、仙台フォーラム及び駐車場の看板からこの場所であることが分かります。
ちなみに仙台フォーラムは映画館で、映画鑑賞からの帰り道という設定なのかもしれませんね。

b_wug_c_key4.jpeg b_wug_p_key4.jpeg
版権絵③:仙台七夕祭
2011年8月に仙台七夕祭を訪れた際に撮影したものです。仙台中心地は全国でも有数の規模のアーケード街が広がっており、祭期間中は飾りで埋め尽くされます。

今回は以上ですが、キービジュアル及び版権絵から本作品はかなり忠実に仙台市が再現されていることが分かり、綿密なロケハンが行われたのではないかと推察されます。また、登場人物の出身地が仙台市の他にも東京都、青森市、山形市、石巻市、気仙沼市などと設定されており、これらも舞台として登場するかもしれません。

〜「Wake Up,Girls!」とは?〜
仙台市に拠点を構える「グリーンリーヴズ・エンタテイメント」は廃業寸前の弱小プロダクション。起死回生、社長の決断のもとアイドルユニットを編成することになり、アイドルの「原石」探しをするマネージャー松田は、街である少女と運命的な出会いをする…。
現段階ではストーリーの詳細は発表されていませんが、「アイドルとは何か」を、少女達がアイドルを目指す中で発見していくような青春群像劇になりそうです。

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てGreen Leaves/Wake Up,Girls製作委員会にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント