08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

Rollei de たまゆら~もあぐれっしぶ~⑦

2013年 12月28日 22:20 (土)

b_tamayuramore_p_top.jpg

Rollei(ローライ)のレンズ越しにたまゆらの情景を紹介していくシリーズ第六弾。
今回は竹原・秋の風物詩、憧憬の路の回となりました第9話から。
2013年の憧憬の路は、本来の開催日である10月26日、27日の他、「たまゆらの日」に合わせて11月2、3日においても開催されました。
私が竹原入りしたのは11月3日でしたが、当日は残念ながら天候は雨。竹灯りは中止となってしまいましたが、「なんとか来てくれた方の思いに応えたい」という地元の方の心意気でしょうか。雨天の中も可能な範囲で灯りが灯っていたようです。
私は宿泊が竹原でなかったため早々に竹原を離れてしまったのですが、翌日も憧憬の路の竹飾りが設置されていたのでカット撮影ができました。
残念ながら作中の温かな情景を伝えるには至りませんが、アニメ本編を少しでも追想いただけたらと思います。

Rollei de れっづ・ふぉと!なので。
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜①
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜②
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜③
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜④
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜⑤
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜⑥

第9話:『心に灯す竹あかり、なので』
竹灯りを町中に灯すお祭り、憧憬の路。楓が竹原に来てから今回で2回目です。 今年は見る側から見られる側になり、わくわくしながらみんなと一緒に準備を進めています。 お祭りの準備が進む中、いつものように日の丸写真館に写真の現像にやって来た楓。 そこでマエストロから、今日は楓の家にお客さんが来ることを伝えられます。 ドキドキしながらカフェたまゆらに行くと、そこに座っていたのは亡くなったお父さんの友人の夏目望さんでした…。
(公式ホームページより)

b_tamayuramore_c_0901.png b_tamayuramore_p_0901.jpeg
第九話:町並み保存地区・憧憬の広場

b_tamayuramore_c_0902.png b_tamayuramore_p_0902.jpeg
第九話:町並み保存地区・憧憬の広場
この辺、カットは準備中の風景なので、流石に片付けられていました。

b_tamayuramore_c_0903.png b_tamayuramore_p_0903.jpeg
第九話:町並み保存地区・憧憬の広場

b_tamayuramore_c_0904.png b_tamayuramore_p_0904.jpeg
第九話:町並み保存地区・憧憬の広場

b_tamayuramore_c_0905.png b_tamayuramore_p_0905.jpeg
第九話:町並み保存地区・西方寺石段

b_tamayuramore_c_0906.png b_tamayuramore_p_0906.jpeg
第九話:町並み保存地区・胡堂
写真を見ても分かるとおり、たまゆらの日2日目の竹原は雨でした。これまでたまゆらの日で雨が降ったことはない、とまで言われていたそうですが、今回は実に残念。しかしながら、照蓮寺でのトークショーは盛況のうちに終わったようでした。(自分は外から音漏れを聞いていただけでしたがw)

b_tamayuramore_c_0907.png b_tamayuramore_p_0907.jpeg
第九話:照蓮寺
たまゆらの日翌日訪れましたが、たまゆらの日イベントのため、竹灯りは全て片付けられていました。

b_tamayuramore_c_0908.png b_tamayuramore_p_0908.jpeg
第九話:町並み保存地区・憧憬の広場
憧憬の路の歴史について少し紹介。元々古くから賑わっていた竹原では江戸時代から町並みをライトアップしてきたそうですが、竹灯りが現在の形式になったのは意外にも新しく、2003年からだということです。以来、たまゆらブームもあったりで、県外からも多数の来客を集めるイベントとなっているようです。

b_tamayuramore_c_0905-1.png b_tamayuramore_p_0905-1.jpeg
第九話:町並み保存地区・竹雀
竹雀さんの二階ですね。私も雨を逃れるためにお茶しにいきましたが、一階が(知り合いで)満員だったため、二階席で暖をとりました。

b_tamayuramore_c_0910.png b_tamayuramore_p_0910.jpeg
第九話:町並み保存地区・酒造交流館付近
志保美さんがももねこ様を撮影しているシーンですw

b_tamayuramore_c_0911.png b_tamayuramore_p_0911.jpeg
第九話:町並み保存地区・酒造交流館前

b_tamayuramore_c_0912.png b_tamayuramore_p_0912.jpeg
第九話:町並み保存地区・酒造交流館前

b_tamayuramore_c_0913.png b_tamayuramore_p_0913.jpeg
第九話:町並み保存地区・酒造交流館
酒造交流館は竹原の蔵本・藤井酒造さんが経営。日本酒他、酒粕アイス、さらにはたまゆらラベルの酒も販売しているので、たまゆらファンなら誰しも訪れている場所と言ってもいいでしょう。

b_tamayuramore_c_0914.png b_tamayuramore_p_0914.jpeg
第九話:町並み保存地区・町並み保存センター裏
少し記憶が曖昧ですが…たしか町並み保存センターの裏側だったと思います。

b_tamayuramore_c_0915.png b_tamayuramore_p_0915.jpeg
第九話:町並み保存地区・松坂邸
松坂邸の庭に設置されていました。これは是非灯りがついた状態のものを見たかったですね。ちなみに松坂邸は有料です。

b_tamayuramore_c_0916.png b_tamayuramore_p_0916.jpeg
第九話:町並み保存地区・松坂邸
松坂氏は江戸初期の1674年、広島より移住したそうで、薪・石炭問屋、製塩業など多角経営で成功し、1820年頃本邸を建築、1879年に改装を行い現在の姿となったそうです。

b_tamayuramore_c_0917.png b_tamayuramore_p_0917.jpeg
第九話:町並み保存地区・松坂邸

b_tamayuramore_c_0918.png b_tamayuramore_p_0918.jpeg
第九話:町並み保存地区・松坂邸

b_tamayuramore_c_0919.png b_tamayuramore_p_0919.jpeg
第九話:町並み保存地区・松坂邸

b_tamayuramore_c_0920.png b_tamayuramore_p_0920.jpeg
第九話:町並み保存地区・松坂邸

b_tamayuramore_c_0920-1.png b_tamayuramore_p_0920-1.jpeg
第九話:照蓮寺
照蓮寺内外は先述のとおり、たまゆらの日イベントのため竹灯りは全て片付けられています。

b_tamayuramore_c_0921.png b_tamayuramore_p_0921.jpeg
第九話:照蓮寺

b_tamayuramore_c_0922.png b_tamayuramore_p_0922.jpeg
第九話:照蓮寺
夏目さん「ひねりのないやつを頼む」

b_tamayuramore_c_0923.png b_tamayuramore_p_0923.jpeg
第九話:竹原駅

b_tamayuramore_c_0924.png b_tamayuramore_p_0924.jpeg
第九話:竹原駅
マエストロと夏目さん。かつての級友同士、いい味出しているシーンでした。

今回は以上となります。やはりたまゆらの日の竹灯りが中止となったのはなんとも残念でしたね(わざわざRolleiでぽっての写真を再現しようと三脚と露出計アプリまで準備して行ったのですが)。
次回は第十話、hitotoseでも登場しました「潮待ち島」大崎下島が登場します。


より大きな地図で たまゆら〜もあぐれっしぶ〜 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てたまゆら製作委員会にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント