05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記②

2014年 01月24日 22:15 (金)

b_koiiro_p_top1kai.jpg


いなり、こんこん、恋いろは。〜キービジュアル探訪〜
いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記①

京も明日も恋をする。いなり、こんこん、恋いろは。
第一話にして物語展開の素晴らしさは勿論のこと、100を超える緻密なカット(前回ブログ掲載は60ほど)にアニメファン、舞台探訪界隈でも驚きをもって迎えられた今期期待作。第二話は新規登場カットがぐっと落ち着きました。しかしながら、今回も再現度が高く、また色々と謎を残してはいますが興味深いカットが多数登場しています。今回の記事では先日更新された公式HPのキービジュアルも併せて、第二話を紹介していきます。

b_koiiro_c_key2.jpg b_koiiro_p_key2.jpg
キービジュアル2:伏見稲荷大社・本殿付近
前回、終盤で元の姿に戻ったいなりが友人たちと合流するシーンで登場した背景でもありますね。

b_koiiro_c_0201.png b_koiiro_p_0201.jpeg
第二話:藤森中学校
第一話で登場した門は北側、こちらは西側門になります。
学校の表札は貼られていません。

b_koiiro_c_0202.png b_koiiro_p_0202.jpeg
第二話:伏見稲荷大社・参道鳥居
京阪伏見稲荷駅からの参道の入口にある鳥居ですね。

b_koiiro_c_0203.png b_koiiro_p_0203.jpeg
第二話:京阪伏見稲荷駅
駅西側、出町柳方面のホーム改札口になります。
後述しますが、いなりと墨染さんは東山方面へ向かうので、こちらの改札口を通るのは整合してます。

b_koiiro_c_0204.png b_koiiro_p_0204.jpeg
第二話:京阪伏見稲荷駅

b_koiiro_c_0205.png b_koiiro_p_0205.jpeg
第二話:京阪伏見稲荷駅
駅の券売機左側が作中では旧式のままです。
いつ頃タッチパネル式に切り替わったのかは覚えてないですね・・・ロケハン時には旧式だったのかもしれません。

b_koiiro_c_0206.png b_koiiro_p_0206kai.jpeg
第二話:京阪伏見稲荷駅
このカットを含め、改札口からホーム方面を移したシーンは若干の改変があるようで奥行きが一致しませんでした。

b_koiiro_c_0207.png b_koiiro_p_0207.jpeg
第二話:京阪伏見稲荷駅

b_koiiro_c_0208.png b_koiiro_p_0208kai.jpeg
第二話:京阪電車2600系
いなりと墨染さんが乗車した車両はこの回転グリル式の空調機から2600系かと思われます。

b_koiiro_c_0209.png b_koiiro_p_0209kai.jpeg
第二話:京阪電車2600系
上記と同じ車両を撮影したものですが、微妙に一致しません。
どうやら2600系には0番台と30番台があり、自分が乗車したのは0番台だったようです。作中モデルになったのは30番台かもしれませんが、私自身鉄道車両に関する知識は皆無に近いので、誤りの訂正など情報がありましたら容赦なく突っ込んで下さいw

b_koiiro_c_0210.png b_koiiro_p_0210.jpeg
第二話:地下鉄蹴上駅
原作に全くなかった設定ですが、いなり、墨染さんが下車したのは蹴上駅。
京阪で伏見稲荷駅→三条駅で地下鉄東西線乗り換え、蹴上駅と移動したのでしょう。

b_koiiro_c_0211.png b_koiiro_p_0211.jpeg
第二話:地下鉄蹴上駅
電柱に至るまで再現度が凄いw

b_koiiro_c_0212.png b_koiiro_p_0212.jpeg
第二話:ねじりまんぽ
蹴上駅1番出口から少し三条通りを下ったところにあります。
「ねじりまんぽ」という愉快なネーミング。「まんぽ」というのはトンネルを意味する方言で、レンガが巻貝のごとくねじれて積み上げられていることからこのように呼ばれているとか。

b_koiiro_c_0213.png b_koiiro_p_0213.jpeg
第二話:ねじりまんぽ
たしかにレンガが水平ではなく、斜めに積み上げられているのが確認できますね。

b_koiiro_c_0214.png b_koiiro_p_0214.jpeg
第二話:南禅寺付近
さて、蹴上駅で下車して「ねじりまんぽ」を抜けたいなりと墨染さん。そのまま北上すると南禅寺の境内に入ります。
ところがこのカット、いなりが歩いている「はず」の方角とは反対側、手前南禅寺・向こう「ねじりまんぽ」ということで整合がとれません・・・。

実は今回背景をトレースできたのはここまで。
南禅寺を横切り、鹿ヶ谷通りをさらに北上したところに東山中学校があります。第二話で丹波橋くんの試合会場となった体育館のある「西山中学校」。ネーミング及び位置関係から東山中学校を意識したものと推察されますが、カットと実在校舎が全く一致しません。
また、いなりが妨害を受けるシーンも、鹿ヶ谷通り付近かと思ったのですが一致する場所は発見できず。目下のところ捜索中ですが、後半町中シーン及び校舎は東山地区がモデルとはなっていないように思われます。

今後も新しい発見がありましたら、随時更新していきたいと思います。


より大きな地図で いなり、こんこん、恋いろは。 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示


より大きな地図で いなり、こんこん、恋いろは。 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全ていなり、こんこん、恋いろは。製作委員会にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント

教えてください

2014年01月25日 00:23

楽しく拝見させていただいております。今度聖地巡礼したいな~と思ってます。そこで質問なのですが、アニメと同じ場所ってどうやって見つけていらっしゃるのですか?(超超初歩的ですいません・・・)

Re: 教えてください

2014年01月26日 11:07

ご覧頂きどうもありがとうございます。

>アニメ聖地の見つけ方
自論ですが聖地の発見は「モデルとなった地域も何も情報もないところから特定」と「モデルとなった町がある程度分かった上で各コマで登場する場所の特定」の二つのレベルに分けられるかと思います。
前者は極めて高度な情報収集力を有する方が行っており、この界隈で数名いらっしゃいますが、私の能力では務まらないのでそちらの方にお任せしています。聞くところによると、背景に登場する駅や電車、バス、学校等を手がかりに、それらの画像をまとめたサイトで地道に探していくようです。それでも検索範囲があまりに広範な場合、原作者の出身地(このパターンが多いようです)、アニメ会社の所在地(京アニなら京都・奈良・滋賀周辺など)で大まかにあたりをつけるようです。
後者は私も行っていますが、舞台となった地域をGoogleストリートビューで舞台となった地域を検索します。が、隅から隅まで見る訳にはいかないので、第一情報としてEDロールで記載されている協力店、第二情報としてカットに映った看板や店舗から「○○市 ××」で画像検索をかけて一致する建物を特定して、ストリートビューで確定します。何も目印のないカットは前後のカットから「ここを通ったはず」と推理していきます。

とか、さも自分でやってるように書きましたが、昨今はTwitterで特定情報が瞬時に拡散するので、大半は他人の情報を元にいち早く現地調査をしてこのようにブログ形式でレポートするのが私のスタイルです。

鉄道ネタですがw

2014年02月14日 14:19

いつも参考にさせていただいています
作中の京阪車内ですが丸太町ちかのマークがついている2400系と思われます
壁の色もそっちが合っている感じです
天井は…なんともいえませんがw

Re: 鉄道ネタですがw

2014年02月17日 00:51

情報、どうもありがとうございます。
2600系はどうにも車内色があわないんですよね。
本日1000系の1500型に乗車したのですが、天井にグリルがあって車内色も白なのでこれではないかなと思いました。
些細なシーンではありますが、追求すると奥が深いですね。