04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記③

2014年 02月09日 11:49 (日)

b_koiiro_p_top1kai.jpg


いなり、こんこん、恋いろは。〜キービジュアル探訪〜
いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記①
いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記②

今日も恋色。いなり、こんこん、恋いろは。
今回は第3、4話登場背景を紹介していきます。
伏見稲荷大社の新規カットはほぼ出尽くしたかな?という感もありますが、第三話での京都市街地夜景カットや第四話で登場した7月の宵宮祭など夜のカットが多出しました。伏見稲荷大社は祭期間以外でも夜は照明があるため、昼とは違った一面を見ることもできます。宵宮祭のような華々しさは半年後まで待つこととして、そんな夜の伏見稲荷の魅力を感じていただけたらと思います。

b_koiiro_c_0301.png b_koiiro_p_0301.jpeg
第三話:京都市街地(四ツ辻より)
伏見稲荷は山頂が233mとのことですが、森林に覆われているため、京都市街地を見ることができるのは四ツ辻付近のみとなります。写真の市街地は京都市南部伏見区となります。

b_koiiro_c_0302.png b_koiiro_p_0302.jpeg
第三話:伏見稲荷大社・京阪伏見稲荷駅側鳥居
黒こげの大年神様ww

b_koiiro_c_0303.png b_koiiro_p_0303.jpeg
第三話:伏見稲荷大社・神宝神社入口
第一話からも登場している、いなりたちの溜まり場の向かいになります。

b_koiiro_c_0304.png b_koiiro_p_0304.jpeg
第三話:伏見稲荷大社・神宝神社入口

b_koiiro_c_0305.png b_koiiro_p_0305.jpeg
第三話:伏見稲荷大社・神宝神社入口

b_koiiro_c_0306.png b_koiiro_p_0306.jpeg
第三話:伏見稲荷大社・神宝神社入口

b_koiiro_c_0307.png b_koiiro_p_0307.jpeg
第三話:京都タワー(四ツ辻より)
四ツ辻の茶屋さん付近からギリギリ京都タワーが見えます。

b_koiiro_c_0308.png b_koiiro_p_0308.jpg
第三話:伏見稲荷大社・剱石長者社
発見に難航しましたが、灯籠の形状や並び、鳥居の位置からここかと思われます。

b_koiiro_c_0401.png b_koiiro_p_0401.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・奥社奉拝所
相変わらず乙女ゲームに興じられるうか様w

b_koiiro_c_0402.png b_koiiro_p_0402.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・奥社奉拝所

b_koiiro_c_0403.png b_koiiro_p_0403.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・楼門
祭の準備シーンですね。

b_koiiro_c_0404.png b_koiiro_p_0404.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・奥社奉拝所

b_koiiro_c_0405.png b_koiiro_p_0405.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・奥社奉拝所
奥社には狐の形をした絵馬ならぬ「絵狐」が架けられています。ファンのどなたが書かれたのか、うか様の「痛絵狐」もありますので、探してみてはいかがでしょう。

b_koiiro_c_0406.png b_koiiro_p_0406.jpeg
第四話:京阪伏見稲荷駅
OPでも登場しまする丹波橋方面の改札口ですね。

b_koiiro_c_0407.png b_koiiro_p_0407.jpeg
第四話:京阪伏見稲荷駅前

b_koiiro_c_0408.png b_koiiro_p_0408.jpeg
第四話:京阪伏見稲荷駅前

b_koiiro_c_0409.png b_koiiro_p_0409kai.jpeg
第四話:京阪伏見稲荷駅前

b_koiiro_c_0410.png b_koiiro_p_0410.jpeg
第四話:京阪伏見稲荷駅

b_koiiro_c_0411.png b_koiiro_p_0411.jpeg
第四話:懐石カフェ・蛙吉
人混みを避けて二人は疎水へ抜ける小道に入ります。
扉が特徴的な形をしているこの喫茶店、コミック版第十二話表紙として登場しています。

b_koiiro_c_0412.png b_koiiro_p_0412.jpeg
第四話:ワダ理容付近
大年神様が隠れていた電信柱はピッタリくるものがありませんでしたね・・・。

b_koiiro_c_0413.png b_koiiro_p_0413.jpeg
第四話:ワダ理容付近

b_koiiro_c_0414.png b_koiiro_p_0414.jpeg
第四話:ワダ理容付近

b_koiiro_c_0415.png b_koiiro_p_0415.jpeg
第四話:ワダ理容付近
危うしw

b_koiiro_c_0416.png b_koiiro_p_0416.jpeg
第四話:ワダ理容付近
すかさず三条さんの飛び蹴りが炸裂ですw

b_koiiro_c_0417.png b_koiiro_p_0417.jpeg
第四話:ワダ理容付近
墨染×三条が自分は一押しですw

b_koiiro_c_0418.png b_koiiro_p_0418.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・おもかる石
奥社といえばこの「おもかる石」が有名です。
隣の灯籠で祈念し、おもかる石を持った時の感触が軽ければ願いが叶うといわれています。
竹原の「おかかえ地蔵」と同じですね。

b_koiiro_c_0419.jpg b_koiiro_p_0419.jpg
第四話:伏見稲荷大社・JR稲荷駅側鳥居
ここで伏見稲荷大社の宵宮祭および翌日の本宮祭について少し解説。
本宮祭とは、稲荷大神のご分霊を祀る全国の崇敬者が総本宮に参拝し、日々の御神恩に感謝する大祭です。前日になる宵宮には、稲荷山をはじめ境内の全域に散在の石灯篭・数千に及ぶ献納提灯に灯を点ずる万灯神事が行われます。
また両日に亘り外拝殿及びその周辺で日本画家などの奉納による行灯画(あんどんが)400数十点が展観され、参集殿前の広場では本宮踊りが賑々しく奉納されます。(伏見稲荷大社公式ホームページより)
今年は7月20日夜、宵宮祭開催が予定されているようです。

b_koiiro_c_0420.png b_koiiro_p_0420.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・本殿

b_koiiro_c_0421.png b_koiiro_p_0421.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・本殿

b_koiiro_c_0422.png b_koiiro_p_0422.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・京阪伏見稲荷駅側鳥居

b_koiiro_c_0423.png b_koiiro_p_0423.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・千本鳥居
やはり平日だと淋しいですね。

b_koiiro_c_0424.png b_koiiro_p_0424.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・奥社奉拝所
夜の奥社もまた、昼とは違う雰囲気ですね。

b_koiiro_c_0425.png b_koiiro_p_0425.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・奥社奉拝所

b_koiiro_c_0426.png b_koiiro_p_0426.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・奥社奉拝所

b_koiiro_c_0427.png b_koiiro_p_0427.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・奥社奉拝所

b_koiiro_c_0428.png b_koiiro_p_0428.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・本殿

b_koiiro_c_0429.png b_koiiro_p_0429.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・千本鳥居

b_koiiro_c_0430.png b_koiiro_p_0430.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・千本鳥居
このへんの場所は適当に撮影しています。

b_koiiro_c_0431.jpg b_koiiro_p_0431.jpg
第四話:伏見稲荷大社・奥社奉拝所
外灯に縛り上げられる大年神様w

b_koiiro_c_0432.png b_koiiro_p_0432.jpeg
第四話:伏見稲荷大社・奥社奉拝所

今回は以上になります。
さて、コミック版をお読みの方でしたら既にお気づきでしょうが、アニメ版では第二巻のほとんどを飛ばして第三巻へと突入しています。次回予告では海水浴の回ということで、果たして作中登場する海水浴場は存在するのか、また原作と異なる進行を見せている本作はどのような展開を見せるのか、非常に楽しみであります。


より大きな地図で いなり、こんこん、恋いろは。 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示


より大きな地図で いなり、こんこん、恋いろは。 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全ていなり、こんこん、恋いろは。製作委員会にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

2014年02月09日 22:42

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お世話になりました

2014年02月09日 23:59

どうもお疲れ様です。コメントどうもありがとうございます。
自分のブログ記事を持っていらしたので、嬉しくなり声を掛けさせていただきました。
茶屋で聖地巡礼談話楽しかったです。
ご友人の案内、頑張って下さい!