05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記④

2014年 02月16日 19:16 (日)

b_koiiro_p_top1kai.jpg


いなり、こんこん、恋いろは。〜キービジュアル探訪〜
いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記①
いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記②
いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記③

墨染さんも恋する、恋いろは。
今回は第五話登場の海水浴場を紹介する予定でしたが、本日に至も場所が特定されず。予定を変更して、カット数が少ないのですが第五話に登場した伏見稲荷大社の新規カットを紹介したいと思います。(最後に、おまけということで海水浴場に関する若干の考察も記述します。)

b_koiiro_c_0501.jpg b_koiiro_p_0501.jpg
第五話:伏見稲荷大社・楼門
逆光になってしまい、見苦しい写真で申し訳ありません。。。

b_koiiro_c_0502.png b_koiiro_p_0502.jpeg
第五話:伏見稲荷大社・千本鳥居
鳥居から灯籠をかけるハシが突き出しているのは千本鳥居入口付近ですが、途中二叉に分かれたところのほうが密度感的にしっくりきます。

b_koiiro_c_0503.png b_koiiro_p_0503.jpeg
第五話:伏見稲荷大社・千本鳥居(奥社〜熊鷹社途中)
電線などが写り込んでしまいますが、鳥居の大小や並びは似ています。
奥社〜熊鷹社途中にあるトイレ付近で撮影。

b_koiiro_c_0504.png b_koiiro_p_0504.jpeg
第五話:伏見稲荷大社・八島ヶ池付近

b_koiiro_c_0505.png b_koiiro_p_0505.jpeg
第五話:伏見稲荷大社・八島ヶ池付近
奥社付近でゲームに興じたうか様は伏見稲荷大社北側入口となる八島ヶ池へと抜けたようです。
第一話でいなりがコンを助けた橋の近くです。

b_koiiro_c_0506.png b_koiiro_p_0506.jpeg
第五話:伏見稲荷大社・八島ヶ池付近
産婆稲荷方面より伏見稲荷大社に入る燈日。

b_koiiro_c_0507.png b_koiiro_p_0507.jpeg
第五話:デイリーヤマザキ伏見稲荷大社前店
伏見稲荷大社のJR稲荷駅方面鳥居前の店ですね。

b_koiiro_c_0508.png b_koiiro_p_0508.jpeg
第五話:伏見稲荷大社・本殿横

b_koiiro_c_0509.png b_koiiro_p_0509.jpeg
第五話:伏見稲荷大社・八島ヶ池付近

b_koiiro_c_0510.png b_koiiro_p_0510.jpeg
第五話:伏見稲荷大社・八島ヶ池付近
木に巻かれているござまで一致してますね。

b_koiiro_c_0511.png b_koiiro_p_0511.jpeg
第五話:伏見稲荷大社・八島ヶ池付近
第一話でも登場した場所ですが、作中描かれている鳥居は数年前まで存在していたそうです。確かにコミック版でも鳥居は描かれており、かつて存在した場所に土台の跡が残っています。

b_koiiro_c_0512.png b_koiiro_p_0512.jpeg
第五話:伏見稲荷大社・奥社奉拝所
狐形の絵馬が掛けられている所ですね。
本日確認できたところでは、うか様2つにいなりちゃん1つの痛絵馬がありましたw

b_koiiro_c_0513.png b_koiiro_p_0513.jpeg
第五話:伏見稲荷大社・千本鳥居
こちらは奥社付近の二叉に分かれているところです。

今回伏見稲荷大社の新規カット紹介は以上となります。
さて、問題の海水浴場ですが、ロケーションとしては敦賀〜舞鶴にかけての若狭湾と考えてよさそうです。根拠としては、途中いなりたちが乗車していた電車が125系と類似していること。おそらくは、京都駅から湖西線で敦賀に向かった後、小浜線で海水浴場に向かったものと推察されます。しかしながら、放映以来若狭湾の海水浴場を調べてみたのですが、一致する所が見つかりませんでした(和田海水浴場が近くにキャンプ場もあり、これかな?とも思いましたが)。正直、海水浴場の描写が、防波堤が異常に高かったり、海水浴場後ろの松林が広すぎるなど不自然な点もあり、「創作では?」との思いも強くなっています。本件については今後も調査を継続したいと思います。


より大きな地図で いなり、こんこん、恋いろは。 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全ていなり、こんこん、恋いろは。製作委員会にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年02月19日 20:51

海水浴場ですが、和田浜に間違いないでしょう。何回も行ってますが、浜に降りる階段、背景の山の形、浅瀬の岩、ボートが通過した時の波など一致します。食い違うところ(海の家がない等)は創作かと。 しかしよく調べてますね。

Re: No title

2014年02月20日 00:33

ご情報どうもありがとうございます!
和田浜もネットにアップされている限り探したのですが、「コレだ!」と決めてになる画像がなかったんですよね…
もし所持されている参考画像がありましたら提供お願いいたします。
HPはリンクが切れていますがこちら
nurhaci1559@yahoo.co.jp
がネット交流用のメールアドレスになりますので。

ネットで検索してもラチがあかないので、時間があれば今週末あたり現地調査をしたいと思っています。

2014年02月20日 20:21

残念ながら、画像はないですね。和田浜の手前(敦賀側)に2つ海水浴場があります。それらと和田浜とを合わせて創作したのではないかと思います。手前の海水浴場は砂浜の広さ、堤防の高さなどが似ていると
思います。

Re: タイトルなし

2014年02月22日 02:00

重ね重ね、ご情報ありがとうございます!
後は現地で実地調査ですね。
どこまで作品に迫れるかわかりませんが、コメントをたよりに決行したいと思います。

管理人のみ閲覧できます

2014年02月22日 16:31

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

2014年02月24日 01:36

ご情報どうもありがとうございました。
土曜日夜コメントを拝見し、「やっぱりか」と思いましたが、自身を納得させるため日曜確認に行きました。
結果はいただいた情報のとおりでしたが、もはや若狭湾で該当しそうな箇所が思い当たらないので、海水浴場の調査に一区切りつけたかと。
とは言えど、新話探訪の片手間で探し続けたいと思っています。
今後とも、何とぞよろしくお願いいたします。