07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記⑤

2014年 02月23日 22:15 (日)

b_koiiro_p_top1kai.jpg

いなり、こんこん、恋いろは。〜キービジュアル探訪〜
いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記①
いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記②
いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記③
いなり、こんこん、恋いろは。舞台探訪記④

墨染さんも恋する、恋いろは。
第六話は前話に引き続き海水浴回となりました。前回「若狭湾の和田浜海水浴場がモデルとして近いかも」という趣旨を書きましたが、その後コメントで賛否両論いただきバイクにて実地調査をしました。また、伏見稲荷大社も結構ハードルの高いカットも登場していますので、合わせて紹介していきます。

b_koiiro_c_0601.png b_koiiro_p_0601.jpeg
第六話:伏見稲荷大社・楼門
今日もコンビニ、伏見燈日。
何度も登場してますが、このアングルも美しいので掲載。

b_koiiro_c_0602.png b_koiiro_p_0602.jpeg
第六話:伏見稲荷大社・参集殿食堂
JR稲荷駅側からの参道南側にあるコンクリートの建物ですね。

b_koiiro_c_0603.png b_koiiro_p_0603.jpeg
第六話:伏見稲荷大社・楼門付近

b_koiiro_c_0604.png b_koiiro_p_0604.jpeg
第六話:伏見稲荷大社・楼門

b_koiiro_c_0605.png b_koiiro_p_0605.jpeg
第六話:伏見稲荷大社・祭場
この辺も何度も登場していますが、このアングルは確か初めてだったはず。

【3月5日改訂】
b_koiiro_c_0606.png b_koiiro_p_0606kai.jpg
第六話:伏見稲荷大社・本殿横
伏見稲荷大社には狐形の絵馬の他、鳥居がかけられている場所もあります。
本カットはお守り等を拝領できる本殿横の建屋前だと思われます。

b_koiiro_c_0608.png b_koiiro_p_0608.jpeg
第六話:伏見稲荷大社・舞殿

b_koiiro_c_0609.png b_koiiro_p_0609.jpeg
第六話:伏見稲荷大社・新池(熊鷹社より)
今回最も驚嘆したカットです。枝の形まで一致!

b_koiiro_c_0614.png b_koiiro_p_0614.jpeg
第六話:伏見稲荷大社・御膳谷御塚
お稲荷様や鳥居の配置からここだと思われるのですが、背景の大木がないようです。

b_koiiro_c_0615.png b_koiiro_p_0615.jpeg
第六話:伏見稲荷大社・四ツ辻〜御膳谷御塚
こちらも石碑の特徴的な形からここだと思われますが、撮影しようとするとどうにも外灯と鳥居が写ってしまいます。

さて、ここからはまたまた、舞台となった海水浴場について考察していきたいと思います。
まず、今回現地調査をした和田浜海水浴場について結論から言うと一致しませんでした。全体として一致しないのは事前にネットで画像を調べて予想していたのですが、パーツすら合いませんでしたね・・・。ただ、雰囲気としてはイイ線いっていたのではないかと思います。

b_koiiro_c_0514.png b_koiiro_p_0514.jpeg
第五話:
こちらは和田浜海水浴場に隣接する白浜海水浴場です。
砂浜がなだらかに湾曲して遠方に小高い丘が見えるところは似ていなくもないですね。

b_koiiro_c_0610.png b_koiiro_p_0610.jpeg
第六話:
和田浜海水浴場と推測したもう一つの要素は野外キャンプ場が存在することでした。
しかしログハウスはなく、バーベキュー用の建屋があるだけでした。

b_koiiro_c_0611.png b_koiiro_p_0611.jpeg
第六話:
こちらは上記の建屋とは別ですが、同じくキャンプ場内にある小屋です。

b_koiiro_c_0613.png b_koiiro_p_0613.jpeg
第六話:
こちらも同じく。

ネット調査で狙いをつけていたのはここ和田浜海水浴場付近と、美浜及び東美浜。いずれもバイクにて実地調査しましたが、和田浜海水浴場及び白浜海水浴場がかろうじて雰囲気だけ似ているかな?という結果でした。(なお、若狭湾には各半島部にも海水浴場が点在しますが、いなりたちが小浜線を利用していることからその沿線のみを実地調査の対象としました。)
以上から、モデルとなる海水浴場は若狭湾に存在する可能性は極めて低いとの結論となりました。しかしながら、第六話でいなりたちが立ち寄ったお土産屋から、やはりロケーションは若狭湾(しかも福井県)という設定で間違いはないようです。

b_koiiro_c_0616.png
お土産屋に並ぶ地酒の一つ「黒竜」。これは福井県の地酒「黒龍」をモデルにしているものと思われます。黒龍は全国的に有名な福井県を代表する地酒で、品揃えの良い酒屋またはネット通販でも手に入ります。
黒龍酒造株式会社

【2月24日追記】
b_koiiro_c_0618.png
ブログの読者さんからの情報ですが、「三本義」のモデルは「一本義」。
一本10500円とかwと思っていましたが、本当に10500円の商品があって真顔。
酒舗藤原


b_koiiro_c_0617.png
また、終盤いなりがうか様にあげたお土産の地酒が「越前」。こちらも福井県の地酒「越前岬」をモデルにしているものと思われます。
田邊酒造有限会社
以上から、いなりたちが福井県を旅行した設定だったことは疑いないと思われます。

第六話で友情(百合展開もありましたがw)を巡るストーリーも一段落。コミックから大分展開が変わっているため、予告からでは次回が予測できませんでしたが、海水浴場の謎はこれまでとして心機一転。次回以降も舞台探訪記事をお送りしたいと思います。


より大きな地図で いなり、こんこん、恋いろは。 舞台探訪・聖地巡礼マップ(ポイントをクリックすると画像が表示されます) を表示

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全ていなり、こんこん、恋いろは。製作委員会にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

2014年02月24日 08:18

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2014年02月24日 21:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

2014年02月24日 23:56

おおお!
これは気がつきませんでした。早速記事に反映したいと思います。
ご情報ありがとうございました!

Re: No title

2014年02月25日 00:14

どうもです。
若狭湾に一致する場所が存在する可能性は低いと覚悟してましたが、今回は自分自身を納得させるための探訪でもありました。
昨晩Twitter上で私見を述べたのですが、本作品は事前に原作者さんにヒアリングを行い、実際に現地取材をした場所はロケハンを行い、それ以外(原作者さんの想像で描かれた?)の場所はコミックの絵を元に創作されているのではないかと思います。
一例として、第二話で登場した「西山中」のモデルは今になっても発見の報が全く入りませんが、アニメではコミックそのままに描かれています。
今回の海水浴場及びバーベキュー小屋やログハウスもコミックの絵に非常に忠実だったので、実在しない可能性が高いと考えます。
もし存在するとしても若狭湾から外れると、途端に捜索範囲が膨大になってしまうので、次回以降も特定作業を続けることを鑑みると時間的リソースの限界を超えてしまうんですよね…。
私もある程度舞台が知れてから詰めていくタイプなので、No情報から特定するのは苦手です(笑)
ともあれ、またお会いする機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

2014年02月25日 13:48

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

2014年02月26日 01:03

凄いですね・・・
自分は「白嶽」で検索かけてヒットせず諦めましたが。
残るは「蟹〜」ですねw
何度もご情報ありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

2014年02月28日 07:42

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

2014年03月01日 01:36

ありがとうございます!
スマホかタブレットを所持されている方がおりましたらmapが場所をクリックしたらキャプ写真比較画像が出てくるようになっていますので、よろしかったらご使用ください。
明日ご同行の方にとっても巡礼が楽しい旅になることを!

2014年03月11日 01:53

初めまして。
いつも物凄く的を得た聖地探索に感動を覚えます!

私、福井県人ですが、この海水浴場はわかりません(泣)

だけど直感ですが、いなりのお父さんの鯖Tシャツで!小浜だなと思ってました。
ただの直感ですが(^-^;
一度、探索してみます!

Re: タイトルなし

2014年03月12日 17:55

弊ブログの記事をご覧頂き、どうもありがとうございます!

海水浴場はコレというのが特定されてないんですよね。
私が訪れた和田浜海水浴場の他、Twitterのフォロワーさんが大飯にある赤礁崎オートキャンプ場がモデルではないかという結論を出しています。

ただ、先日探訪した出雲大社があまり一致しなかったことから、伏見稲荷大社付近以外はあまりロケハンしてないのではないかと思われますね・・・。