03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

たまこラブストーリーPV探訪

2014年 03月22日 23:03 (土)

b_tamakolove_c_key.jpg b_tamakolove_p_key.jpeg

たまこまーけっと本編記事

昨年1月から3月にかけて放映された京都アニメーション「たまこまーけっと」。
出町・桝形商店街をモデルとした「うさぎ山商店街」を舞台に、たまこと友人たちや幼馴染み、そして商店街の人々との暖かくも人情味溢れるストーリーで人気を博しました。「everybody loves somebody」。この「love」すなわち愛。しかし主人公たまこの「love」は自分を育んだ商店街の人々への「愛着」であり、たまこ自身の「love」が作品上発露されることはありませんでした。
TV放映時には高校1年生だったたまこたちは、高校3年生に。
誰しも変わりゆく環境に戸惑いを覚えたことのあるこの「季節」。たまこに訪れたのは「love(恋)」の季節でした。

今回発表されたPVで登場した背景もTVとほぼ同じロケーションでした。少し早いのですが、映画公開を記念して劇場版で登場するであろう背景を、一部紹介していきましょう。

b_tamakolove_c_pv01.png b_tamakolove_p_pv01.jpeg
劇場版:鴨川デルタ
もち蔵がたまこに告白する、おそらくは今回見せ場の一つとなるであろうシーンに選ばれたのは「けいおん」でおなじみの飛び石でした。

b_tamakolove_c_pv02.png b_tamakolove_p_pv02.jpeg
劇場版:鴨川デルタ

b_tamakolove_c_pv03.png b_tamakolove_p_pv03.jpeg
劇場版:鴨川デルタ
東京の大学に行くこと、そして自分の恋心を正面からぶつけるもち蔵。

b_tamakolove_c_pv04.png b_tamakolove_p_pv04.jpeg
劇場版:藤森駅周辺

b_tamakolove_c_pv05.png b_tamakolove_p_pv05.jpeg
劇場版:藤森駅周辺
東京に発つもち蔵のもとに駆けつける設定なのでしょうか?

b_tamakolove_c_pv06.png b_tamakolove_p_pv06kai.jpg
劇場版:京都駅11番線ホーム?
東京の大学を受ける、との言葉からすると、京都駅新幹線の11番ホームあたりが背景ではないかと思われます。
背景にフォーカスが合っていないのでぼやけていますが、奥に見える設置物からホーム東京方面端のほうでしょうか?

PVカットは以上となります。
冒頭にも申し上げましたが、本劇場作品はPVを見る限り、「たまこの恋」というより、もち蔵の恋に突き動かされ、段階一歩一歩踏みしめるたまこの物語となりそうです。
思えば、「成長の階段」というものは、自分で駆け上がるものではなく、自己を取り巻く環境や他者によって後押しされるものではないかと思います。もち蔵の言葉に、「恋」を知り戸惑いを隠せないたまこ。たまこに幼い頃から恋心を抱きながら打ち明けられず、自身の環境の変化と周りの人々に影響され、たまこに告白したであろう、もち蔵。そして二人にもどかしい想思いを抱きつつも、肩を押してくれる級友たち。
ドライな関係性が好まれるかもしれない現代にあって「面倒」で片付けられてしまう人間関係ですが、そこにこそ生きる喜びを再発見できるのではないかと思います。
今回の「たまこラブストーリー」、自身の根幹を揺さぶられる予感がしてたまりません。

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て京都アニメーション・うさぎ山商店街にあります、ので。


コメントの投稿

非公開コメント

いい文章ですね!

2014年04月12日 03:49

ずっと、書いてください!

Re: いい文章ですね!

2014年04月14日 19:10

ありがとうございます!

たまこラブストーリーにつきましても、公開後舞台特定を行っていきたいと考えております。