06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

たまこラブストーリー舞台探訪記〜後編〜

2015年 01月19日 20:45 (月)

b_tamakolove_p_top.jpg


史織 「なんか、怖いよね。何かが急に変わっていくって。」
かんな「わたしも、宇宙の入口に立ったみたいな気分なんですよ。」
(「たまこまーけっと」第11話)

たまこまーけっと本編記事
たまこラブストーリー舞台探訪記〜前編〜

b_tamakolove_c_0015.png b_tamakolove_c_0015-1.png

幼馴染みからの突然の告白を受け、戸惑い、逡巡しながらも大人への階段を登るたまこ。
TV版では「お妃騒動」に直面し、たまこが届かぬ彼岸へと飛び立ってしまうこと、それにより日常性に変化が訪れることを「宇宙の入口に立ったみたい」と表現しています。「お妃騒動」に際しても友人や商店街への愛着を吐露して動じることのなかったたまこ。もち蔵からの突然の告白で、「ご近所さん」というコミュニティに抱擁された揺籃期は終りを告げ、少女は今、大人になります。

前編ではたまこの日常からもち蔵による告白までを紹介しました。今回後編は告白を契機にして変わるふたりの距離、激しく振れるふたりの意識が収斂されるラストシーンまでを、舞台とともに紹介していきたいと思います。

b_tamakolove_c_0053.png b_tamakolove_p_0053.jpeg

もち蔵の告白に戸惑うたまこに、そしてそれを「やっちまった」自分に悶々とした思いを抱えたもち蔵。
いつものように朝、たま屋に入ろうと意を決したとき、出て来たのはあんこでした。

b_tamakolove_c_0054.png b_tamakolove_p_0054.jpeg

出町橋で突然走り出したもち蔵。

b_tamakolove_c_0055.png b_tamakolove_p_0055.jpeg



b_tamakolove_c_0057.png b_tamakolove_p_0057.jpeg

それまでの二人の関係を変えてしまったこと、それが結果として、自分が守るべきたまこを苦しめている矛盾。

b_tamakolove_c_0016-3.png b_tamakolove_c_0016_20140518211142121.png

b_tamakolove_c_0056.png b_tamakolove_p_0056.jpeg

やり場のない感情、「なにやってんだ、俺ーーー!!」てな叫び声が聞こえてきそうですね(笑)。
さて、蒼空を背景に溜まる感情を吐き出すように叫びをあげるもち蔵のシーンですが、先に掲載した夜空を前に立ち竦むたまこと対になっているようにも思えます。作中(白い)鳥が羽ばたくシーンが二度、象徴的に登場します。二度目となる(日暮れの)仄暗い蒼空を白い鳥が漂うシーンは、若山牧水の和歌「かなしからずや」を想起させるものがありますね。
それが意味するものはもち蔵の孤独感でしょうか。

b_tamakolove_c_0058.png b_tamakolove_p_0058.jpeg

終止無言(のように見える)でもち蔵を見守るあんこの大人びた姿も印象的です。
考えてみれば作中あんこの登場シーンではTVシリーズで見せたような「子どもらしい」所作の描写がほとんどなく、むしろたまこ以上に「女性らしさ」が強調されています(銭湯で髪を結うシーンなど)。既にTVシリーズでゆずき君との「小さな恋」を経験しており、OPでのネームのアイコンが(ゆずき君からプレゼントされた)アンモナイトだったことからも、劇場版では一歩先に大人の味を知ったあんこの姿を描こうとする意図が見えます。

b_tamakolove_c_0016-2.png b_tamakolove_c_0016-1.png

たまこは告白前、もち蔵は告白後に「星とピエロ」を訪れていますが、ここでのマスターの言葉と、二人の珈琲の飲み方にも微妙な差異が合って興味深いです。物語冒頭、マスターはたまこに「変わること」を示唆する言葉を呟いており、もち蔵には後悔もまた(人生の)味わいに転化すると説いています。たまこはミルクを取り上げられてブラックを、もち蔵は自ら砂糖を入れようとする手を止めてブラックを。受動性と能動性、ストーリー開始から中盤にかけての二人のスタンスの違いが描き分けられていますね。

b_tamakolove_c_0017.png b_tamakolove_p_0017.jpeg

「星とぴえろ」を後にし、告白の場所で佇むもち蔵。

b_tamakolove_c_0018.png b_tamakolove_p_0018.jpeg

「苦・・・」

b_tamakolove_c_0059.png b_tamakolove_p_0018-1kai.jpg

変わること、大人になることは孤独を受け入れることでもあります。彼は今、それを実感しているのかもしれません。


そしてここからたまこは、自身の中に芽生えていた慕情を自覚するステップを踏んでいきます。
最初は福さんが病院に搬送される際、もち蔵が率先して救急車に乗り込んだ時。次に、かつて母が死んだ際、もち蔵が餅で慰め、勇気づけてくれた記憶を取り戻した時。
このステップの中で、史織が与えた影響も見逃せませんね。史織が留学のため、ホームステイを計画していることをたまこに打ち明けた時、現状から「一歩踏み出す」勇気を持つ友人が、たまこにとって眩しく映ったことでしょう。そして、もち蔵から告白を受けたことを打ち明けた時、たまこの「好き」という言葉を引き出したのも史織でした。

それでもなお、異性として正面から向き合うことを躊躇するたまこでしたが、偶然にもひなこが豆大に宛てた「返歌」を聞くことにより、「一歩踏み出す」勇気が生まれます。満点の星空を見つめるひなこのシーンでは、夜空は「宇宙=畏怖すべき対象」としては描かれていません。あんこと共に母の恋の返歌を聴くことにより、生を実感している「この時」が生まれた奇跡に気付いた時、彼女の中で無限の闇は可能性へと転化したともいえるでしょう。

そして翌日、登校途中でのみどりとたまこ。

b_tamakolove_c_0061.png b_tamakolove_p_0061.jpeg

「わたし、ちゃんとキャッチできるような気がする。」

b_tamakolove_c_0060.png b_tamakolove_p_0060.jpeg

「ちゃんと、もち蔵にも返事する。」

たまこは自身の決意をみどりに告げます。
一瞬、寂しさと憂いを見せながら、「だね!」と精一杯の笑顔を返すみどり。

b_tamakolove_c_0018-1.png b_tamakolove_c_0070.png

これまた名シーン「上を向いて歩こう」とバトン演技。バトンに仮託されたもち蔵の想いを受け止めることに成功するシーンですが、少女としての最後のモラトリアムのようであり、華やぎの中に一抹の寂しさ感じます。

b_tamakolove_c_0071.png b_tamakolove_c_0071-1.png

演技の終盤、たまことみどりがすれ違い、二人が強くうなずきあうシーン。
それはたまこの決意と、それに対するみどりのエールでしょう。

【1月19日追記】

さて、この「Usagiyama Marching Festival」のモデルとなった公園ですが、京都市内に実在する場所であることがレンタサイクルの稲妻さん(@thunder_cycle)により明らかとなりました。園内には京都水族館、また梅小路蒸気機関車館も隣接しており、水族館前の芝生公園が今回会場のモデルとなった場所と思われます。

b_tamakolove_c_0095.png b_tamakolove_p_0095.jpeg

パネルがステージを覆っているため分かりにくいのですが、よく見ると左側にステージ奥の屋根が見えます。

b_tamakolove_c_0096.png b_tamakolove_p_0096.jpeg

こちらはかなり具体的で、背後に特徴ある京都水族館の屋根が映り込んでいます。

b_tamakolove_c_0097.png b_tamakolove_p_0097.jpeg

本編を象徴する「たんぽぽ」の綿毛が飛ぶシーンですが、該当するポールはありませんでしたね。遠景からステージを望むとこんな感じでしょうか?

休校となった学校の教室、午前8時20分。
学校でもち蔵に想いを告げようとしたたまこに、最後の強烈な一押しを加えたものみどりでした。

b_tamakolove_c_0019.png b_tamakolove_p_0019.jpeg

「大路、来ないよ。」

b_tamakolove_c_0020.png b_tamakolove_p_0020.jpeg

「思いきったことするよね、いきなり転校だなんて。」

b_tamakolove_c_0072.png b_tamakolove_p_0072.jpeg

「9時過ぎの新幹線、急げばまだ間に合うと思う。」

みどちゃん策士ですなw

しかしそこには、もち蔵に告白するよう嗾けた際に、自己嫌悪を口にしたようなみどりの鬱な表情はありません。TVシリーズでみどりはたまこを「クマのぬいぐるみ」に喩えていましたが、手放すときが来たことを悟り、受け入れたのでしょう。みどりの「少女」もこの時終わを告げます。

b_tamakolove_c_0021_2014051802253301d.png b_tamakolove_c_0021-1.png

b_tamakolove_c_0022.png b_tamakolove_p_0022.jpeg

「一歩踏み出す」勇気をもって、グラウンドの木に登ったかんなの額を初夏の風が撫で、二人が彼方を見つめるシーン。二人が見つめる先は、たまこともち蔵がいる方角とも重なります。
モデルとなった聖母女学院の体育館裏、グラウンドにある木々のいずれかなのでしょう。



物語はクライマックス、京都駅へ。

b_tamakolove_c_0025.png b_tamakolove_p_0025.jpeg

b_tamakolove_c_0027.png b_tamakolove_p_0027.jpeg

b_tamakolove_c_0023.png b_tamakolove_p_0023.jpeg

b_tamakolove_c_0073.png b_tamakolove_p_0073.jpeg

b_tamakolove_c_0074.png b_tamakolove_p_0074.jpeg

b_tamakolove_c_0075.png b_tamakolove_p_0075.jpeg

b_tamakolove_c_0028.png b_tamakolove_p_0028.jpeg

b_tamakolove_c_0076.png b_tamakolove_p_0076.jpeg

近いようで遠かった二人の距離。

b_tamakolove_c_0024.png b_tamakolove_p_0024kai.jpg

もち蔵は烏丸方面から新幹線乗り場へと向かいます。

b_tamakolove_c_0077.png b_tamakolove_p_0077.jpeg

その後を追い、南北自由通路ロッカー前を駆けるたまこ。

b_tamakolove_c_0078.png b_tamakolove_p_0078.jpeg

JR在来線改札を通り過ぎ、エスカレーターを駆け下り。

b_tamakolove_c_0079.png b_tamakolove_p_0079.jpeg

八条口の新幹線改札口。

b_tamakolove_c_0080.png b_tamakolove_p_0080.jpeg

入場券を買う心の余裕すらありません。

b_tamakolove_c_0082.png b_tamakolove_p_0082.jpeg

もち蔵が何号車に乗るのかすらわからずもホームをひたすらに目指し。

b_tamakolove_c_0030.png b_tamakolove_p_0030.jpeg

b_tamakolove_c_0081.png b_tamakolove_p_0081.jpeg

b_tamakolove_c_0083.png b_tamakolove_p_0083.jpeg

b_tamakolove_c_0084.png b_tamakolove_p_0029.jpeg

11番線ホームにたどり着き、今まさに新幹線に乗り込もうとするもち蔵の姿を認めます。

b_tamakolove_c_0031.png b_tamakolove_p_0031.jpeg

「もち蔵ーーーーー!」

b_tamakolove_c_0085.png b_tamakolove_p_0085.jpeg

東京行きの「めばえ22号東京行き」。
乗車しようとしたもち蔵が振り返ります。

b_tamakolove_c_0086.png b_tamakolove_p_0086.jpeg

「もち蔵ーーーーー!!」

b_tamakolove_c_0087.png b_tamakolove_p_0087.jpeg

「たまこ!?」

b_tamakolove_c_0088.png b_tamakolove_p_0088.jpeg


「待ってよ…待ってよーーーー。」
「なんで、なんで東京行っちゃうの?遠いよ?東京遠いよ?」
「ずっと近くにいたのに、なんで離れちゃうの?」

b_tamakolove_c_0089.png b_tamakolove_p_0032-1kai.jpg

「わたし、まだもち蔵に何も…わたし…」
溢れ出す感情が、たまこの口から次々に断片的な言葉となって表出します。

無意識のうちにたまこは糸電話をもち蔵にほうり投げて「あ、間違えた」
かつて豆大が「恋の歌」を送り、ひなこが「豆大さんへ」で返歌としたように、二人の絆の証である糸電話を通して恋の問答をすることに特別な意味を見いだしていたのかもしれません。

そしてもち蔵も状況を理解したのでしょうか。たまこに糸電話を投げつけて

b_tamakolove_c_0090.png b_tamakolove_p_0090.jpeg

b_tamakolove_c_0091.png b_tamakolove_p_0091.jpeg

遠く響く電車の停止音が止んだ時、糸を通して伝わる言葉は





「もち蔵、大好き。ドーゾ。」




b_tamakolove_c_0092-1.png b_tamakolove_c_0092.png


b_tamakolove_c_0093.png b_tamakolove_p_0093.jpeg



***


二人の揺れる思いに焦点を当て、舞台とともに追想してゆく舞台探訪記、いかがでしたでしょうか。
映画を視聴した時から、「これはただの舞台探訪記事では収まらない作品」との思いで、構想をあれこれと練ってきましたが、「二人の恋の行方を、臨場感をもって(私自身が)楽しみたい」ということで普段と異なる探訪記事となりました。
「たまこラブストーリー」という映像作品の魅力については、前編冒頭で申しましたように、非常に多くの、そして優れた言説が溢れていますので私が敢えて語る必要性も少ないでしょう。「思春期の恋愛」というド直球なテーマ、アニメーションという表現技法、そして山田尚子監督という異才が結実して世に出た奇跡のような作品です。「映画を意識して制作した」と山田監督が述べていますが、繊細過ぎて実写映画では伝えることが困難な心の機微を、人物の所作や表情を通して「描く」ことによって、私のような映画素人でも容易にその本質に触れることが出来ます。映画ファンも唸らせるほどの巧みなカメラワークと、様々な暗喩を駆使した深みのある本作品は、芸術性を獲得しているとも言えます。作品に込められたシンプルな「恋=愛」「成長」というテーマの普遍性は時を経ても色褪せるものでなく、その芸術性とともに本作品が映像史の1ページとして記憶されていくことを願ってやみません。


*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て京都アニメーション・うさぎ山商店街にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

2015年01月25日 09:29

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

2015年01月27日 01:27

どうもご無沙汰しております。
八条口のアイリッシュパブは昨年京まふ2日目有頂天家族上映会が近くであったので、富山城端からお越しの方と一緒に飲みました、多分同じ店かと。
三国は私も12話のシーン撮影を狙って先日訪れたのですが、もくろみが外れてからっからの晴天でしたw
白山神社のフェンス確かにありましたね、出来れば2月積雪の日を狙い再訪する予定ですので、地元の方にはご迷惑かもしれませんが福井の雪を待ち望んでおります。
WUGライブはみるらり東京が初めかと思ったのですが、仕事関係で参戦できなく残念この上ないです…