10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラスリップ舞台探訪記・番外編〜三国花火大会〜

2014年 10月06日 19:24 (月)

b_glassrip_p_top6.jpg

グラスリップ舞台探訪記①
グラスリップ舞台探訪記②
グラスリップ舞台探訪記③
グラスリップ舞台探訪記④
グラスリップ舞台探訪記⑤
グラスリップ舞台探訪記⑥
グラスリップ舞台探訪記⑦
グラスリップ舞台探訪記⑧

b_glassrip_c_1401.png b_glassrip_c_1401-1.png
第一話「花火」、そして第十二話「花火(再び)」で登場した花火大会のモデルとなった三国花火大会。今年はグラスリップ放映中に催行されるとのことで、グラスリップとのコラボレーションポスターが作成されるなど、これまで地域の祭事と連携してきたPA作品としても異例の放映中のタイアップ企画となりました。本来の催行日は8月11日でしたが、順延の末強風のため中止。しかし関係者の働きがあってでしょうか(?)なんと1ヶ月ずらしての9月6日決行となりました。
今回は舞台探訪記・番外編ということで、やや季節外れではありますが探訪記を締めくくる記事として三国花火大会の写真を本作のカットから再構成し、透子たちの一夏の思い出を追想いただけたらと思います。

b_glassrip_c_1402.png b_glassrip_p_1402.jpeg
第一話:サンセットビーチ前
この日は19:30時花火大会開始でしたが、私がサンセットビーチに到着した昼過ぎの時点でカメラマンがガチスタンバイ状態。3時間前の16:30時からは会場周辺は交通規制が敷かれました。

b_glassrip_c_1403.png b_glassrip_p_1403.jpeg
第一話:サンセットビーチ前
サンセットビーチ周辺には露店が出店しており、中には作中参考になった(?)と思われるお店も。

b_glassrip_p_1404.jpeg
b_glassrip_c_1404.png
第一話:三国港駅
花火大会は1時間程で終了してしまうため、駆のように打ち上げ開始後に会場入りするとはあまり考えられませんが…
写真は帰り際に三国港駅でえちてつ車両を背景に花火を撮影してみました。

b_glassrip_p_1405.jpeg
b_glassrip_c_1405.png
第一話:三国花火大会
ここからはしばらくカットで再現された花火の様子を、実際の写真と比較しながらご覧ください。

b_glassrip_p_1406.jpeg
b_glassrip_c_1406.png
第一話:三国花火大会

b_glassrip_p_1407.jpeg
b_glassrip_c_1407.png
第一話:三国花火大会

b_glassrip_p_1408.jpeg
b_glassrip_c_1408.png
第一話:三国花火大会

b_glassrip_p_1409.jpeg
b_glassrip_c_1409.png
第一話:三国花火大会

b_glassrip_p_1410.jpeg
b_glassrip_c_1410.png
第一話:三国花火大会
前年に西村監督は花火大会を取材しており、その際の印象を次のように述べています。
「三国花火を砂浜で見ましたが、今までの持っていた花火のイメージを覆すような衝撃を受けました。『花火は美しく咲く花ではなく、まさしく火薬の爆発なんだ」と。その時感じた印象を、作品で表現したいと思いました。」(広報「さかい」8月号より)

b_glassrip_p_1411.jpeg
b_glassrip_c_1411.png
第一話:三国花火大会
三国花火大会の目玉でもある水中花火です。写真は主人公たちが見物したのと同じ白山神社から撮影したものですが、海岸線からやや離れたところでもまさしく火花に包まれるかのような臨場感でしたね。

さて、今回グラスリップとのタイアップ企画の一つとして、OP「夏の日と君の声」fullバージョンに併せたスターマインがありました。ファンとしては嬉しいサプライズでしたが、写真では伝えきれない音と光のハーモニーをYou Tube上でokayann yamatozi様が素晴らしい動画でアップされていますので紹介させていただきます。




以下、カットの比較の他、数枚の写真を紹介しましょう。

b_glassrip_p_1414.jpeg
b_glassrip_p_1412.jpeg
1時間ほどの間に「これでもか」と惜しげなく打ち上げられる花火。

b_glassrip_p_1423.jpg
b_glassrip_p_1420.jpeg
b_glassrip_p_1422.jpeg
やはり水中花火は凄かったですね。もう手持ちのカメラでは見切れて全体像を捉えきれないほどでした。

三国花火大会の紹介は以上となります。当日はあいにく開始直前からの雨でレンズに着く水滴との闘い、また自身が花火撮影初体験ということでなんとも迫力を伝える決定的な一枚が撮れず歯がゆい思いもしましたが、撮影を終えて白山神社から降りる際の坂道。上も下も空間の中で眼前に広がる花火の壮大さは、しばし言葉を失うほどでした。

b_glassrip_p_1424.jpg

来年もまた来たいですね。それまでに撮影の腕を上げなければなりませんが(笑)。
北陸を代表する一大花火大会、この夏の探訪の1ページとして自身の記憶にも残るものとなりましたね。開催にご尽力された関係者の皆様、本当にどうもありがとうございました!

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てP.A.WORKS・glasslip projectにあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。