08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

Rollei de たまゆら 番外編〜憧憬の路〜

2014年 10月27日 09:01 (月)

b_tamayuramore_p_top4kai.jpg

Rollei de れっづ・ふぉと!なので。
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜①
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜②
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜③
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜④
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜⑤
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜⑥
Rollei de たまゆら〜もあぐれっしぶ〜⑦

Rollei35Sのレンズ越しにたまゆらの舞台を紹介する、「Rollei de たまゆら」シリーズ。
久方の更新になりますが、今回は「憧憬の路」の紹介となります。昨年は二週連続「憧憬の路」開催となるはずだった「たまゆらの日」当日が雨ということで、残念ながら夜の「憧憬の路」をご紹介することができませんでしたが、一年を経て念願叶いました。竹原市の歳時記ともいえる「憧憬の路」については既に優れた記事がいくつもありますので今更説明する必要はないかと思います。2014年今年は連続小説テレビドラマ「マッサン」効果もあってか(?)地元の方からも例年にない人の出、という話もありました。
Rolleiでの撮影についてはRollei de れっづ・ふぉと!なので。でも紹介しておりますが、改めて説明します。全マニュアル式のRolleiにとっては夜間撮影には非常にシビアなダイヤル設定が必要とされますが、そこで必須のアイテムは二つ、露出計と三脚です。露出計については、Rollei内蔵のものでは夜間撮影では全く役に立ちませんので露出計が別途必要です。これについては上記記事で紹介している露出計アプリもしくはデジカメを利用して、最適露出を算出することもできます。おおよそ、「憧憬の路」ぐらいの灯りですと、Rollei35Sの最大開放値2.8Fで1/6秒ぐらいのようです。手ぶれなしで撮影できる限界が大凡1/20ぐらいと言われるので、1/6では三脚が必要となります。レリーズがあればさらにベストでしょう。

それでは、Rolleiのレンズから覗いた「憧憬の路」竹灯りをご覧ください!


b_tamayuramore_p_1401.jpg
b_tamayuramore_c_1401.png
たまゆら〜hitotose〜第七話:竹原市歴史民俗資料館
「憧憬の路」でも最も人気のスポットですね。竹を曲げて構築されたトンネルを、竹の毬に包まれた白熱球が行く人々を優しく照らします。

b_tamayuramore_p_1402.jpeg
b_tamayuramore_c_1402.png
たまゆら〜hitotose〜第七話:松坂邸
カットの場所とは違うかもしれませんが、灯籠が煌煌と。

b_tamayuramore_p_1412kai.jpg
b_tamayuramore_c_1412.png
たまゆら〜もあぐれっしぶ〜第九話:松坂邸
こちらも松坂邸の中庭です。彩られた和紙越しに、子供たちがじゃれ合い、その様子を親御さんたちが撮影しているほっこりする情景を楽しめますね。

b_tamayuramore_p_1403.jpeg
b_tamayuramore_c_1403.png
たまゆら〜hitotose〜第七話:竹原町並み保存センター
今年は装いを新たにし「いとしのエリー」として大々的なオブジェが展示されていました。こちらも人気撮影スポットとなっていました。

b_tamayuramore_p_1404.jpeg
b_tamayuramore_c_1404.png
たまゆら〜hitotose〜第七話:茶房ゆかり前
この通り、人混みが凄かったですね…あまりの人の多さに竹灯りが全く写らず。

b_tamayuramore_p_1405.jpeg
b_tamayuramore_c_1405.png
たまゆら〜hitotose〜第七話:憧憬の広場
憧憬の広場では第七話同様、その場で願いを書いて、そのまま蝋燭の灯りで灯していただけます。中にはたまゆらーのイラストなどもちらほらと。

b_tamayuramore_p_1406.jpeg
b_tamayuramore_c_1406.png
たまゆら〜hitotose〜第七話:ほりかわ前
ちょっと暗過ぎてどこか分かりにくいのですが、ほりかわさん前から西方寺の階段を写したものになります。

b_tamayuramore_p_1407.jpeg
b_tamayuramore_c_1407.png
たまゆら〜hitotose〜第七話:竹楽横
さきほどのアーチ状の竹のトンネルを一回りした出口ですね。

b_tamayuramore_p_1411.jpeg
b_tamayuramore_c_1411.png
たまゆら〜もあぐれっしぶ〜第九話:酒蔵交流館
酒蔵交流館前道沿いの水流沿いに竹のアーチが続き、それを下から照らして白壁に影が映し出される「光と影のアート」。

b_tamayuramore_p_1410.jpeg
b_tamayuramore_c_1410.png
たまゆら〜もあぐれっしぶ〜第九話:酒蔵交流館

b_tamayuramore_p_1409.jpeg
b_tamayuramore_c_1409.png
たまゆら〜もあぐれっしぶ〜第九話:酒蔵交流館

b_tamayuramore_p_1413.jpeg
b_tamayuramore_c_1413.png
たまゆら〜もあぐれっしぶ〜第九話:照蓮寺
こちらは今年、作中に比べやや控えめでしたが、竹灯りに浮かぶ照蓮寺と庭園が印象的です。

b_tamayuramore_p_1414.jpeg
b_tamayuramore_c_1414.png
たまゆら〜もあぐれっしぶ〜第九話:照蓮寺
なんと言っても2014年は「マッサン」なんですかね…
照蓮寺前は「マッサン」コーナーと化していましたw

さてさて、日没から滞在時間が2時間で、ワンカットづつ露出測定、カメラを調整、三脚を設置、シャッターチャンスを伺いながらということで、撮影枚数がかなり少なくなってしまいました。また初の夜間撮影ということで果たして成功しているかもわからず不安のまま竹原を後にし、現像に出してみたのですが、思いのほか綺麗に写っている写真を見るとなんとも言えない感動がありましたね。極端に光が少ない場所は黒で潰れてしまっていますが、何枚かはフィルムカメラならではのぼんやりした柔らかさを実感できる写真を撮影できたのではないかと。また、カラーフィルムですが30年、40年時間を巻き戻したかのような独特な色彩はトイカメラのような面白みがあり、見る者の錯覚を誘うような「絵」を作り出せたのではないかと思います。

既に来年の劇場版での完結編公開が決定しているたまゆらですが、今後も継続的に「Rollei de たまゆら」お送りしていけたらと思います。

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全てたまゆら製作委員会にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

2014年10月28日 01:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

2014年11月02日 09:32

先週は憧憬の路、大変お疲れ様でした。
本当に想像していなかったほどの人出で粘りに粘って、なんとか使える写真がwebに掲載したものぐらい、というのが実情でした。
来年はマッサンブームも少し落ち着き、たまゆら劇場版の新規カットも登場するかと思うので、再度チャレンジしたいですね。

管理人のみ閲覧できます

2014年11月02日 12:33

このコメントは管理人のみ閲覧できます