05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

響け!ユーフォニアム舞台探訪記④

2015年 04月29日 03:33 (水)

b_eupho_p_top1.jpg

響け!ユーフォニアム舞台探訪記①
響け!ユーフォニアム舞台探訪記②
響け!ユーフォニアム舞台探訪記③

吹部顧問・滝によるスパルタ教育がいよいよ火を吹く第四話「うたうよソルフェージュ」。「期日までに合奏ができなければサンフェス出場中止」との滝の言葉に、不満が渦巻き、時に涙を見せながらも北宇治高校吹奏楽部員たちは着実に成長を見せていく第四話でした。
それでは第四話に登場した背景カットを紹介していきましょう。

b_eupho_c_0401.png b_eupho_p_0401.jpeg
第四話:セブンイレブン宇治黄檗公園店
まさかの三話連続の登場となるセブンイレブンですw
厳しい言葉を浴びせられるかと思った低音パートですが、滝は「ソルフェージュ」による音程合わせを行ったのみで肩透かしだった模様です。

b_eupho_c_0402.png b_eupho_p_0402.jpeg
第四話:セブンイレブン宇治黄檗公園店
「みどりも滝先生の練習見たかったです。」
「そんなにいいもんじゃなかったよ…」

b_eupho_c_0403.png b_eupho_p_0403.jpeg
第四話:セブンイレブン宇治黄檗公園店
「あ、塚本くんです!」

b_eupho_c_0404.png b_eupho_p_0404.jpeg
第四話:セブンイレブン宇治黄檗公園店
「ねぇ、トロンボーンはどんなかんじ?今日先生に見てもらったんでしょ?」
「たっぷり絞られたよ、、」

b_eupho_c_0405.png b_eupho_p_0405.jpeg
第四話:セブンイレブン宇治黄檗公園店
「やっぱり優しかったの低音パートだけだよ、もしかして先生に認められているのかも!」
「それか、もう諦められているか…」

b_eupho_c_0406.png b_eupho_p_0406.jpeg
第四話:セブンイレブン宇治黄檗公園店
「久美子って結構捻くれてるよな。」
「はぁ?」
「あぁ、いやいや。」

b_eupho_c_0407.png b_eupho_p_0407.jpeg
第四話:京阪宇治駅
二人が電車を降りたのは第一話でも登場した京阪宇治駅。

b_eupho_c_0408.png b_eupho_p_0408.jpeg
第四話:京阪宇治駅
「まてまて!話があるんだよ!」
「なーに?」

b_eupho_c_0409.png b_eupho_p_0409.jpeg
第四話:京阪宇治駅
「高坂のことなんだけどさ」
「高坂さんなにかしたの!?」

b_eupho_c_0410.png b_eupho_p_0410.jpeg
第四話:京阪宇治駅
「いやいや、トランペットパートの先輩に目付けられているみたいで。」

入部当初から突出した才能を見せていた麗奈ですが、孤高とも言える彼女の言動は上級生たちの反感を買っていきます。

b_eupho_c_0411.png b_eupho_p_0411.jpeg
第四話:朝霧橋東詰
二人が佇むのは朝霧橋東詰め、宇治神社鳥居の近くになります。

b_eupho_c_0412.png b_eupho_p_0412.jpeg
第四話:朝霧橋東詰
「なんか先生に聞かれて、思っていることはっきり言ったらしくてさ。」
中の島の木々までかなり一致していますが、残念ながら現在は河川工事中ですね。

b_eupho_c_0413.png b_eupho_p_0413.jpeg
第四話:朝霧橋東詰
「いい先生なら、そういうとこもフォローしてくれるんだろうけど、あの先生吹奏楽部の顧問するのも初めてらしいし。」
このカットはかなりのハイアングルで撮影には一脚が必要ですね。

b_eupho_c_0414.png b_eupho_p_0414.jpg
第四話:朝霧橋東詰
「ずうっと同じ練習させるし、強引だし、指導力があるかっていったら…」
「あるに決まってるでしょ!」

b_eupho_c_0415.png b_eupho_p_0415.jpeg
第四話:朝霧橋東詰
二人の背後には自転車を押した帰宅途中の高坂。

b_eupho_c_0416.png b_eupho_p_0416.jpeg
第四話:朝霧橋東詰
「なんでここに?」
「わたしの家、この近くだし。」
このカットも一脚を使用するハイアングルカット。先程のカットと併せて、ピッタリ一致するかはわかりませんが、もう一段の高さが必要なようです。
ちなみに原作では高坂の自宅は宇治神社付近という設定になっています。

b_eupho_c_0416-1.png b_eupho_p_0416-1.jpg
第四話:朝霧橋東詰
「言っとくけど、滝先生凄い人だから。馬鹿にしたら許さないから!分かった!?」

b_eupho_c_0417.png b_eupho_p_0417.jpeg
第四話:朝霧橋東詰
「別に馬鹿にした訳じゃ…」

b_eupho_c_0418.png b_eupho_p_0418.jpeg
第四話:朝霧橋東詰
「何か言った?」

b_eupho_c_0419.png b_eupho_p_0419.jpeg
第四話:朝霧橋東詰
「いえ!なんでもないです!!」

b_eupho_c_0420.png b_eupho_p_0420.jpeg
第四話:朝霧橋東詰
自転車で走り去る麗奈。

b_eupho_c_0421.png b_eupho_p_0421.jpeg
第四話:朝霧橋東詰
「思わぬ一言」が麗奈を傷つけてしまったトラウマが再燃し、落ち込む久美子。それにしても何故麗奈はそこまで滝のことで激高したのか?

しかし学校で久美子を呼びだした麗奈がまさかの謝罪を口にし、また一つわだかまりが解けていきます。
そして迎えた約束の合奏の日へ。久美子の言葉を借りれば、自己否定されたことに対する不満や敵対心が、それまでバラバラだった部員たちを一つにまとめ上げていったと言えるでしょう。その部員たちの奏でる「合奏」は滝にとって及第点となる出来でした。そしていよいよ、「サンライズフェスティバル」通称「サンフェス」で北宇治高校は「今年は一味違う」ところを初めて披露することになります。
「全国」を目指し紆余曲折を経ながら躍進する北宇治高校吹部、そして久美子と麗奈の関係という二つの軸が螺旋状に絡み合い、今後の展開にも目が離せませんね。

「その挑戦的で屈託のない笑顔を見て、わたしもみんなも気がついた。この先生は本気だと。」(黄前久美子)



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て「響け!制作委員会」及び宝島社にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2015年04月29日 20:29

太陽が丘でサンライズフェスティバルって本当にあるのかな?

Re: No title

2015年04月30日 08:14

ちょうどこの時期、原作サンフェスのモデルになったと思われるマーチングバンドイベントが万博公園であるので、その線も捨てきれませんね。

No title

2015年05月21日 21:51

京阪黄檗駅付近でパン屋といえばナカジベーカリーです
あのロールパンがあるかは憶えてません
中学の頃よく買いに行きました(30年近く前;)

Re: No title

2015年05月25日 01:51

すでに探しにいっている人がいるようですがナカジベーカリーのロールパンがあったそうですw
私も今度巡礼ついでに買い食いしてみますw