04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑨

2015年 06月03日 05:15 (水)

b_eupho_p_top1.jpg


響け!ユーフォニアム舞台探訪記①
響け!ユーフォニアム舞台探訪記②
響け!ユーフォニアム舞台探訪記③
響け!ユーフォニアム舞台探訪記④
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑤
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑥
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑦
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑧
響け!ユーフォニアム舞台探訪記・番外編〜マーチングバンド♪〜

夢のような県祭の一夜は終わり、再びオーディションという現実と向き合い、戦うことになる北宇治高校吹奏楽部員たち。北宇治高校吹奏楽部のうちコンクールA編成部門に出場できるのは55人まで。
少し詳しく説明しましょう。吹奏楽コンクールはA(大編成部門)、B(小編成部門)、C(合同部門)の3編成部門がありますが、このうち全国大会への道が開かれているのはA編成部門のみとなっています。A編成部門は上限が55人と規定されているため、これ以上の人数を抱える吹奏楽部は必然的に出場できない者が出てくることになります。その場合でもB編成部門で大会出場は可能ですが、こちらは地方大会しかありません。従って、全国を目指すために努力してきたことが報われるための最低限の前提条件として、A編成メンバーに選ばれる必要があるわけです。
そんな緊張感の中ついにオーディションの日がやってくる第九話「おねがいオーディション」。実力がものをいい、努力が報われるとは限らない吹部の残酷な一面を垣間見せる一幕、紹介していきましょう。

b_eupho_c_0901.png b_eupho_p_0901.jpeg
第九話:羽戸山緑地公園付近

b_eupho_c_0902.png b_eupho_p_0902kai.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園
県祭の一件以来本調子に戻らない緑輝。あすかを怒らせてしまい、緑輝を連れて学校近くの公園へと連れ出しますが。

b_eupho_c_0903.png b_eupho_p_0903.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園

b_eupho_c_0905.png b_eupho_p_0905kai.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園
「チョップ!チョップ!チョップ!チョップ!」

b_eupho_c_0906.png b_eupho_p_0906kai.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園
「いつまでうじうじしてるの!もういいって言ったでしょ?」

b_eupho_c_0907.png b_eupho_p_0907kai.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園
「ですが…みどりがあんなこと言わなければ…」

b_eupho_c_0908.png b_eupho_p_0908.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園
「誰かに背中を押してもらえて良かった」「時間をかけても変わらなかった」と葉月は緑輝をさとし、久美子に話をふるものの曖昧な返事。

b_eupho_c_0909.png b_eupho_p_0909kai.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園
「だからもう気にしないで、わたし本心でそう思っているからさ。」

b_eupho_c_0910.png b_eupho_p_0910kai.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園

b_eupho_c_0911.png b_eupho_p_0911kai.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園
「「みどりちゃん」」

b_eupho_c_0912.png b_eupho_p_0912kai.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園
「「おれ、ジョージくん、元気出して!」」

b_eupho_c_0913.png b_eupho_p_0913kai.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園
「これも好きなんでしょ?」

b_eupho_c_0914.png b_eupho_p_0914kai.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園
「もちろんです〜。死ぬ程集めてます。」

b_eupho_c_0915.png b_eupho_p_0915kai.jpeg
第九話:羽戸山第三児童公園
それは友からの大切な贈り物でした。

b_eupho_c_0917.png b_eupho_p_0917.jpeg
第九話:京阪六地蔵駅

b_eupho_c_0918kai.png b_eupho_p_0918kai.jpeg
第九話:京阪六地蔵駅付近山科川橋梁

久美子と二人になった葉月は、実は緑輝を巻き込もうとしていたこと、そして久美子の弱気をあてにすれば秀一に迫れるかもしれないと思っていたちょっぴりダークな部分を吐露します。しかし久美子の照れ隠しの「無自覚さ」に微笑ましさを覚え、久美子と秀一の仲をとりもつ優しさを見せます。

b_eupho_c_0920.png b_eupho_p_0920.jpeg
第九話:京阪黄檗駅
アレ?カーブが逆のようですね…

b_eupho_c_0922.png b_eupho_p_0922.jpeg
第九話:中路ベーカリー
毎回秀一が黄檗駅で降りてパンを買っていたのはこちら、京阪黄檗駅すぐ横の中路ベーカリーさんです。すぐそばに有名パン屋さんの「たまき亭」があるのですがこちらもひけをとらない美味しさ。メニューはたこやきパンや宇治抹茶生クリームパンなど珍しい商品も並んでいます。(ちなみに、「食べログ話題のお店」に選ばれているそうです)

b_eupho_c_0923.png b_eupho_p_0923.jpeg
第九話:中路ベーカリー
そしてこちらが作中登場していると思われる中路ベーカリーさんのウィンナーデニッシュ。1個160円(税抜き)でしっかりした太さのウィンナーをサクサクのデニッシュが包み込んでいて、中々食べ応えのある一品ですね。

b_eupho_c_0924.png b_eupho_p_0924kai.jpeg
第九話:京阪宇治駅

b_eupho_c_0925.png b_eupho_p_0925.jpeg
第九話:京阪宇治駅

b_eupho_c_0926.png b_eupho_p_0926.jpeg
第九話:京阪宇治駅

b_eupho_c_0927.png b_eupho_p_0927.jpeg
第九話:京阪宇治駅
葉月に指摘されて自覚し始めたものの、秀一と一度捩じれてしまった関係は中々に修復しそうにありません。


そんな微妙な秀一とのスレ違いと葉月たちとの友情の狭間で、いよいよオーディション当日を迎えます。そこに至るまで夏紀の努力、また「最後の年」のトランペットソロにかける香織の思い、様々な思惑や情熱が交錯する中オーディションの1日が終わります。そして結果発表、まさしく実力が努力に勝る結果を視聴者にも見せつけるシビア過ぎる結果でしたが、

「ソロパートは高坂麗奈に担当してもらう。」

ラスト、トランペットソロパートの選抜でどよめきが起こります。「吹部のマドンナ」中世古香織を追い抜いての大抜擢、一波乱ありそうですね。



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て「響け!制作委員会」及び宝島社にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント