04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑩

2015年 06月10日 05:35 (水)

b_eupho_p_top1.jpg


響け!ユーフォニアム舞台探訪記①
響け!ユーフォニアム舞台探訪記②
響け!ユーフォニアム舞台探訪記③
響け!ユーフォニアム舞台探訪記④
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑤
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑥
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑦
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑧
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑨
響け!ユーフォニアム舞台探訪記・番外編〜マーチングバンド♪〜

緊張が張りつめたオーディションの結果発表のラスト、トランペットパートの発表でまさかのソロパート1年生大抜擢となった高坂麗奈。しかし麗奈が滝の知人であったことが発覚して滝への不信感が募り、合奏練習もままならないほどになる北宇治高校吹奏楽部でした。自身はソロパート争いに敗れながら、結果に不公正はなかったと主張する中世古香織でしたがその内心では…?
再び部内に緊張と亀裂が走る第10話「まっすぐトランペット」。登場背景が少ないですが、BD・DVDジャケットの背景とともに紹介しましょう。

b_eupho_c_1001.png b_eupho_p_1001.jpeg
第十話:羽戸山第三児童公園
公園の名称が「北宇治第三児童公園」に変更されていますね。

b_eupho_c_1002.png b_eupho_p_1002.jpeg
第十話:羽戸山第三児童公園
結果に納得できない不満を訴えるのは香織を慕う2年生優子。

b_eupho_c_1003.png b_eupho_p_1003.jpeg
第十話:羽戸山第三児童公園
「わたしはもう、納得しているから。」

b_eupho_c_1004.png b_eupho_p_1004.jpeg
第十話:羽戸山第三児童公園
「でも!…」
「先生は、わたしより高坂さんのほうがソロにふさわしいと判断した」

b_eupho_c_1005.png b_eupho_p_1005.jpeg
第十話:羽戸山第三児童公園
「それがオーディションでしょ。」

b_eupho_c_1006.png b_eupho_p_1011.jpeg
第十話:羽戸山第三児童公園
「だから、そのオーディションが!…」

b_eupho_c_1007.png b_eupho_p_1007.jpeg
第十話:羽戸山第三児童公園
「優子ちゃんもコンクール出るのよ、これからは全員で金賞目指して頑張る。ちがう?」

b_eupho_c_1012.png b_eupho_p_1012.jpg
第十話:羽戸山第三児童公園
「香織先輩あきらめないでください!最後のコンクールなんですよ!」

b_eupho_c_1008.png b_eupho_p_1008.jpeg
第十話:羽戸山第三児童公園
「香織先輩の夢は…香織先輩の夢は…絶対叶うべきなんです!」

b_eupho_c_1009kai.png b_eupho_p_1009.jpeg
第十話:羽戸山第三児童公園
しかし香織は優しく微笑み
「ありがと。」

b_eupho_c_1010.png b_eupho_p_1010.jpeg
第十話:羽戸山第三児童公園
優子の脳裏に浮かぶ教室での香織との時間。それは後輩としていつも見慣れてきた笑みだったのか、または1年前の「あの事件」で見せた寂しげな笑みだったのか?

そして紛糾したソロパートの問題に決着をつけるために滝が用意したのは再オーディションのチャンス。まっすぐ、最後のコンクールに向けて3年間努力を続けてきた香織はゆっくりと静かに、しかし力強く挙手します。

「ソロパートのオーディションを、もう一度やらせてください。」



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て「響け!制作委員会」及び宝島社にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント