04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑭

2015年 12月23日 17:25 (水)

b_eupho_p_top1.jpg


響け!ユーフォニアム舞台探訪記①
響け!ユーフォニアム舞台探訪記②
響け!ユーフォニアム舞台探訪記③
響け!ユーフォニアム舞台探訪記④
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑤
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑥
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑦
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑧
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑨
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑩
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑪
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑫
響け!ユーフォニアム舞台探訪記⑬
響け!ユーフォニアム舞台探訪記・番外編〜マーチングバンド♪〜
響け!ユーフォニアム舞台探訪記・番外編〜CD・BDジャケット〜

最終話で見事関西大会進出を決めた北宇治高校吹奏楽部。遡ること2ヶ月前、6月の大会メンバー選抜オーディションに落選した葉月たち10名は、「チームもなか」として再スタートします。滝は一曲仕上げてみるように指導しますが、彼女たちは全国大会を目指すメンバーをサポートする「裏方」として一つの企画を考えだします。そんな「もなか」たちの夏を描いた番外編「かけだすモナカ」を舞台とともに紹介していきましょう。

b_c_eupho_1405.png b_p_eupho_1405.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近
県祭以来久美子・秀一・葉月の仲がギクシャクしたまま、なんとも不安定な日々が続きます。

b_c_eupho_1406.png b_p_eupho_1406.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近
久美子と秀一の仲を気にかけている葉月ですが…

b_c_eupho_1407.png b_p_eupho_1407.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近
「葉月ちゃん…もしかしてそれは…」

b_c_eupho_1402.png b_p_eupho_1402.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近
「略奪恋!!」ww

b_c_eupho_1408.png b_p_eupho_1408.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近
「サファイア…」

b_c_eupho_1409.png b_p_eupho_1409.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近
「みどりです!」

b_c_eupho_1410.png b_p_eupho_1410.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近
「チョップ!!」w

b_c_eupho_1411.png b_p_eupho_1411.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近
「なにごと!」w

b_c_eupho_1412.png b_p_eupho_1412.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近
「違うの、そうじゃなくて」

b_c_eupho_1413.png b_p_eupho_1413.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近
「わたしのせいで二人の仲がギクシャクするのはいやだなーって思ったの。」

b_c_eupho_1414.png b_p_eupho_1414.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近
久美子と秀一の仲を心配する葉月の優しさ、そしてそんな友人を励まそうとする緑輝の優しさがじんわりとするシーンですね。
「なんかさ、前は恋とかって面倒だって思ってたんだけどね。
 本当に…面倒だったわ…なんか分けわかんないしさ…告白とかしなきゃよかったよ…」

b_c_eupho_1415.png b_p_eupho_1415.jpeg
番外編:四条寺町
そしてチーム「もなか」は御守りをメンバーにプレゼントする企画を立てて、買い出しに京都市内へ。

b_c_eupho_1416.png b_p_eupho_1416.jpeg
番外編:京阪宇治駅

b_c_eupho_1417.png b_p_eupho_1417.jpeg
番外編:宇治大橋

b_c_eupho_1418.png b_p_eupho_1418.jpeg
番外編:宇治大橋

b_c_eupho_1419.png b_p_eupho_1419.jpeg
番外編:宇治大橋
葉月と夏紀の下校シーンのようにも見えますが、どうやら宇治駅近くにある「もなか」のメンバー宅で御守り制作をしていたという設定のようですね。

b_c_eupho_1420.png b_p_eupho_1420.jpeg
番外編:宇治大橋
「まあね、忙しい方がいいよ。暇だったら暇で、寂しいからさ。」
「ですよね。」
「で、さっきのは誰のおみくじ?」
葉月ははぐらかしますが、実は部内の恋愛事情にも鋭い夏紀は既に気付いているのかもしれませんね。

b_c_eupho_1421.png b_p_eupho_1421.jpeg
番外編:宇治大橋
と、そこで聞こえてくるのはトロンボーンとユーフォニアムの音色。

b_c_eupho_1422.png b_p_eupho_1422.jpeg
番外編:宇治大橋
音色は久美子と秀一のものだと察する葉月。実はこのシーン、第十二話の舞台裏という設定なんですね。

b_c_eupho_1423.png b_p_eupho_1423.jpeg
番外編:宇治大橋
「なんですか急に〜!」
「なんかお前が愛おしくなった。」
「なんで!?」
「わからないって言ってるでしょ。」

b_c_eupho_1425.png b_p_eupho_1425.jpeg
番外編:宇治大橋
「わたしが言えるのは、後悔しないようにってことぐらいかな。」

b_c_eupho_1424.png b_p_eupho_1424.jpeg
番外編:宇治大橋
夏紀の暖かさを感じ、低音パートのチームに自身の拠り所を再発見する葉月でした。

b_c_eupho_1426.png b_p_eupho_1426.jpeg
番外編:京阪黄檗駅
そして迎えた大会本番の朝。

b_c_eupho_1427.png b_p_eupho_1427.jpeg
番外編:莵道高校

b_c_eupho_1428.png b_p_eupho_1428.jpeg
番外編:莵道高校
準備を終え、バスで会場へと向う出場メンバーを見送るチーム「もなか」。

b_c_eupho_1429.png b_p_eupho_1429.jpeg
番外編:莵道高校
出場メンバーが向った後は片付け、そして会場に向って演奏の準備手伝いと休む暇もありませんね。

b_c_eupho_1430.png b_p_eupho_1430.jpeg
番外編:莵道高校

b_c_eupho_1431.png b_p_eupho_1431.jpeg
番外編:莵道高校
「もなかもなか。」

b_c_eupho_1432.png b_p_eupho_1432.jpeg
番外編:莵道高校
「それじゃあいくよ、チーム「もなか」、ファイト!」
「「オー!!!」」

b_c_eupho_1433.png b_p_eupho_1433.jpeg
番外編:京阪六地蔵駅

b_c_eupho_1434.png b_p_eupho_1434.jpeg
番外編:京阪六地蔵駅
なんと本番直前になって、マレットを忘れていることが発覚。

b_c_eupho_1435.png b_p_eupho_1435.jpeg
番外編:京阪六地蔵駅

b_c_eupho_1436.png b_p_eupho_1436.jpg
番外編:京阪六地蔵駅
「わたし、取ってきます!」
そこで名乗りを挙げたのは葉月。

b_c_eupho_1404.png b_p_eupho_1404.jpg
番外編:京阪六地蔵駅
「後の電車で追いかけるので、皆さん先に行って下さい!」

b_c_eupho_1438.png b_p_eupho_1438.jpeg
番外編:京阪六地蔵駅

b_c_eupho_1439.png b_p_eupho_1439.jpeg
番外編:京阪六地蔵駅
「加藤〜!」

b_c_eupho_1440.png b_p_eupho_1440.jpeg
番外編:京阪六地蔵駅
「待ってるよ〜!!」

b_c_eupho_1441.png b_p_eupho_1441.jpeg
番外編:京阪六地蔵駅
仲間の信頼を一身に背負って、「もなか」が駆け出します。

b_c_eupho_1442.png b_p_eupho_1442.jpeg
番外編:宇治御蔵山郵便局付近

b_c_eupho_1443.png b_p_eupho_1443.jpeg
番外編:京阪宇治駅
懸命に走る葉月の脳裏に浮かぶのは夏紀との会話。

b_c_eupho_1444.png b_p_eupho_1444.jpeg
番外編:京阪宇治駅
きつい練習、オーディション落選というしんどさの中でも、吹奏楽部に入って良かったと思える瞬間。

b_c_eupho_1445.png b_p_eupho_1445.jpeg
番外編:宇治御蔵山郵便局付近
何かに懸命になること、そしてそれはかけがえのない思い出となって葉月にも残ることでしょう。

b_c_eupho_1446.png b_p_eupho_1446.jpeg
番外編:宇治御蔵山郵便局付近

b_c_eupho_1447.png b_p_eupho_1447.jpeg
番外編:セブンイレブン宇治黄檗公園店

b_c_eupho_1448.png b_p_eupho_1448.jpeg
番外編:羽戸山緑地公園付近

b_c_eupho_1449.png b_p_eupho_1449.jpeg
番外編:羽戸山第三児童公園
目に映る人や風景が全て輝いて見える。それはまさしく葉月が青春真っ最中であるからでしょう。

b_c_eupho_1450.png b_p_eupho_1450.jpeg
番外編:ゆう薬局六地蔵店

b_c_eupho_1451.png b_p_eupho_1451.jpeg
番外編:東洋パーク付近

b_c_eupho_1452.png b_p_eupho_1452.jpeg
番外編:天理教京東分教会付近

b_c_eupho_1453.png b_p_eupho_1453.jpeg
番外編:メンズヘアーサロンスズキ付近
さて、この一連の葉月が駆け抜けた場所ですが、六地蔵駅から国道36号線沿いに点在しており、御蔵山に向う筋からは一本北になります。なぜこの場所が登場したのかは少し「?」ですねw

b_c_eupho_1454.png b_p_eupho_1454.jpeg
番外編:林ビル前(?)
「チューバの肺活量…なめるなよ!」

b_c_eupho_1455.png b_p_eupho_1455.jpeg
番外編:京都コンサートホール
そしてなんとか北宇治の演奏に間に合った葉月。実は北宇治高校関西大会進出、実は一番活躍したのは葉月だったのかもしれませんね。

以上になります。BD付属の第14話でしたが、話の内容、背景芸術に至まで本編と全く遜色ない(むしろ傑作回といってもいいかも)中身でしたね。葉月を通して描かれる北宇治高校吹奏楽部「もう一つの青春物語」。眩しい程の輝きに溢れるその様子は、青春は勝ち負けの勝負だけではない、というメッセージがあるのかもしれません。既に続編制作も決定している「響け!ユーフォニアム」。次回舞台探訪記はしばらく先になるかもしれませんが、成長を続ける彼・彼女たちの物語を追い続けたいですね。
なお、今回国道36号線沿いの背景に関しまして特定情報をいただきました背景坊主さん(@high_k)にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て「響け!制作委員会」及び宝島社にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント