08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

ふらいんぐうぃっち舞台探訪記・番外編〜弘前さくらまつり〜

2016年 05月01日 21:10 (日)

b_fwitch_p_top4.jpg




(参考:コミック版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①〜弘前市街地編〜
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②〜弘前市郊外編〜

(アニメ版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②

今回は本筋の「舞台探訪記」から少し脱線して、4月23日から開催された2016年弘前さくらまつりの様子を、ふらいんぐうぃっち第四話「桜の中の占い師」に登場した背景を交えつつ紹介したいと思います。
弘前城の桜は1715年に藩士が京都の嵐山からカスミザクラを持ち帰り植樹したのがはじまりと言われています。明治時代に入り、廃藩後に荒れ果てていた弘前城内に積極的なソメイヨシノの植樹がなされ、1895年からは弘前城跡が公園として一般開放されるようになりました。1918年には「観桜会」として現在につながるさくらまつりが開始され、戦後には「弘前さくらまつり」として全国的に有名になりました。場内には2600本ともいわれる桜が城内一帯に咲き乱れ、昼には雄大な岩木山を背景に、夜は堀の水面にライトアップされた桜が反射して幻想的な空間となります。
さて、今年はふらいんぐぅぃっちが4月よりTV放映ということで、弘前観光協会が作品を全面的にバックアップし、弘前さくらまつりポスターにイラストが起用されるなど、例年とは異なる盛り上がりもありました。アニメ制作サイドもインタビューで「さくらまつりが開かれる関係から、春クール以外の放送は考えていなかった」と言うほど思い入れようでした。
前置きが長くなりましたが、弘前さくらまつり、見ていきましょう。






☆追手門外壕☆

b_fwitch_p_0051.jpg

b_fwitch_c_0051.png

最初に登場するのは追手門付近から見た外壕の様子です。






b_fwitch_p_0062.jpg







b_fwitch_p_0052.jpg

b_fwitch_c_0052.png

堀に延々と並ぶ桜並木に沿って、ぼんぼりも。やはり地元協賛企業によるものがほとんどですね。






b_fwitch_p_0053.jpg

b_fwitch_c_0053.png

こちらは追手門外壕を、追手門側から見た様子です。代表的な撮影スポットということだけあって、撮影に並ぶ観光客がひっきりなし。






b_fwitch_p_0063.jpg

こちらは市役所屋上から追手門外壕を見た景色です。上から見ると堀が桜に囲まれている様子がよくわかりますね。






☆追手門☆

b_fwitch_p_0054.jpg

b_fwitch_c_0054.jpg

弘前城への南東からの入り口になるのがこちら追手門です。






☆追手門〜中壕☆

b_fwitch_p_0055.jpg

b_fwitch_c_0055.png

追手門から中壕へと抜ける桜の通り道です。向かって右が植物園、左が市民広場となります。





b_fwitch_p_0056.jpg

b_fwitch_c_0056.png

通り道の一角では秋田名物「ババヘラ」が売っていましたw






☆杉の大橋☆

b_fwitch_p_0083.jpg

追手門から中壕に当たると、まず目に飛び込むのは色鮮やかな杉の大橋です。






b_fwitch_p_0084.jpg

中壕ではカヌーで楽しむ観光客の姿もありました。






b_fwitch_p_0086.jpg

こちらは杉の大橋たもとにある石碑です。






b_fwitch_p_0065.jpg

近くでは見事な一本桜が咲き乱れていました。






b_fwitch_p_0085.jpg

蒼空に映えるピンクの花びら。






☆下乗橋☆

b_fwitch_p_0057.jpg

b_fwitch_c_0057.png

真琴たちが記念写真を撮影した下乗橋は弘前城で一番人気の撮影スポットになります。(写真はアニメカットと逆からになります)






☆弘前城天守閣☆

b_fwitch_p_0058.jpg

b_fwitch_c_0058.png

下乗橋が撮影スポットとして一番人気であるのは、赤い橋、桜、弘前城天守閣が一枚に収まるからといえるでしょう。しかしながら現在は修復工事の一環で天守閣は本丸内に写っています。






b_fwitch_p_0070.jpg






b_fwitch_p_0067.jpg

修復で天守閣が移設中のため、下乗橋からは写真のとおり石垣の上に天守閣がありません。






☆本丸☆

b_fwitch_p_0068.jpg

こちらは有料ゾーンになりますが弘前城本丸です。本丸西側からは岩木山の姿が遮るものもなく、一望できます。






b_fwitch_p_0069.jpg

岩木山と桜、この構図を撮影したかったのです。






☆レクリエーション広場☆

b_fwitch_p_0059.jpg

b_fwitch_c_0059.png

弘前さくらまつりといえば桜は勿論のこと、立ち並ぶ屋台を楽しむのも一興です。ただ、休日はご覧のとおりものすごい混雑ですw






b_fwitch_p_0060.jpg

b_fwitch_c_0060.png

作中登場するお化け屋敷も毎年出店しています。







☆さくらのトンネル☆

b_fwitch_p_0061.jpg

b_fwitch_c_0061.png

犬飼さんが占いをしていたのはコミックでは波祢橋付近ですが、アニメでは少し南に下った、さくらのトンネル付近のような印象を受けます。






☆夜の弘前城☆

b_fwitch_p_0074.jpg

b_fwitch_c_0062.png

茜と犬飼さん、そして犬飼さんが箒で飛ぶシーンにて夜の弘前城が登場していますが、夜になると全く異なる顔を見せる弘前城です。






b_fwitch_p_0075.jpg

こちらは東門における鏡面桜ですが、あまりに美しかったので撮影しました。






b_fwitch_p_0076.jpg

裁判所前から追手門方面を望んだ外壕ですが、花筏が形成されつつあり、実に幻想的な光景でした。






b_fwitch_p_0077.jpg

そして再び追手門前の様子です。






b_fwitch_p_0078.jpg

上記昼の写真と見比べていただくとわかりますが、夜は全く別の魅力を放つ弘前城ですね。






b_fwitch_p_0079.jpg

杉の大橋からの中壕に反射する桜のライトアップです。






b_fwitch_p_0080.jpg

そして下乗橋から、石垣に少しだけ顔を覗かせた弘前城天守閣を桜越しに一枚。







b_fwitch_p_0081.jpg

東内門付近の桜ですが、横に広がりを見せ見事に咲き誇っていました。






b_fwitch_p_0082.jpg

そしてこちらは世界一古いと言われるソメイヨシノです。1882年植樹とのことですね。






以上になりますが、ふらいんぐぅぃっち登場のカットとともに巡る弘前さくらまつりの様子、いかがでしたでしょうか。今年は昨年同様、例年より一週間近く開花・満開ということで、GWただ中には既に葉桜になっているかもしれません。また、私が撮影に出かけた4月最終日曜が満開予想、晴天予報と重なり、例年にない人出だったようです。
さて、次回以降は再びストーリーをフィーチュアーする形で初夏から夏へと季節移り行く弘前の様子をお届けできたらと思います。



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て石塚千尋・講談社・ふらいんぐうぃっち制作委員会にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント