05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

ふらいんぐうぃっち舞台探訪記・番外編〜弘前ねぷたまつり〜

2016年 09月06日 22:53 (火)

b_fwitch_p_top3.jpg

(参考:コミック版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①〜弘前市街地編〜
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②〜弘前市郊外編〜

(アニメ版舞台探訪記)
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記①
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記②
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記③〜弘前さくらまつり〜
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記④
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記⑤
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記⑥
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記⑦
ふらいんぐうぃっち舞台探訪記⑧

b_fwitch_c_1301.png b_fwitch_c_1302.png

b_fwitch_c_1304.png b_fwitch_c_1303.png


久しぶりのふらいんぐうぃっち記事更新になりますが、今回は番外編として、ふらいんぐうぃっち最終話で登場したアニメオリジナルの演出である弘前ねぷたまつりの紹介となります。
東北三大祭といえば青森・ねぶた祭、秋田・竿灯祭、仙台・七夕祭が有名ですが、その中でも最も集客力があるのがねぶた祭です。その由来は江戸時代・元禄後期の弘前藩政時代に始まったとされ、「七夕祭りの松明流し・精霊流し・眠り流し」や「盆灯籠」が融合し現在のような華美な姿になったといわれています。ねぶた(ねぷた)祭は青森県各所で行われており、青森市のねぶたと並んで規模が大きいのが弘前ねぷた祭。その名称の由来は「眠り流し」が訛り、青森市では「ねぶた」、弘前市では「ねぷた」になったとされ、名称の違いの他、青森ねぶたは人形型であるのに対し、弘前は扇型が主流という違いもあります。弘前ねぷたでは人形型を「組ねぷた」、扇型を「扇ねぷた」と呼んでおり、双方合わせて参加台数は80超、これは青森ねぶたが20ほどであるのに比べても極めて多く、県内最多のねぷたが市内を練り歩きます。その他にも掛け声が青森ねぶたでは「ラッセラー」であるのに対し、弘前ねぷたが「ヤーヤードー」であるなどなど…まあ、違いを挙げるとキリがないのですが、同じ津軽地方でもこれだけ違いがあるのは文化の豊穣さを象徴しているともいえるでしょう。
今年2016年の弘前ねぷたまつりの開催期間は8月1日から7日、開催場所は1〜4日、7日が土手町(ふらいんぐうぃっち作中登場しているのはこちら)、5、6日が駅前(今回取材したのはこちら)となっています。また、今年はふらいんぐうぃっちとのコラボレーションとしてふらいんぐうぃっちねぷたコンテストが開催、書き下ろしポスターが掲示されるなど、最終回のエンドロールを見事に現実の祭につなげる展開となりました。

(参考:出典 弘前観光コンベンション協会様)
b_fwitch_p_13map1.png
b_fwitch_p_13map2.png


それでは、解説もそこそこで恐縮ですが、弘前ねぷたまつりの様子をご覧いただきましょう。


b_fwitch_p_1301.jpg

取材した8月5日は土町ではなく弘前駅前をねぷたが練り歩くコースで、332号線に待機した列が進行を開始したのは19時。先頭を飾るのは提灯行列と大太鼓。


b_fwitch_p_1302.jpg


b_fwitch_p_1303.jpg

青森ねぶた同様、弘前ねぷたも「三国志」や「水滸伝」などの伝奇物、源平合戦などの軍記物を題材にしたものが非常に多いです。


b_fwitch_p_1304.jpg


b_fwitch_p_1305.jpg

提灯お化けというちょっと変わった組ねぷたもw


b_fwitch_p_1306.jpg


b_fwitch_p_1307.jpg

そして今回弘前ねぷたまつりで開催されたふらいんぐうぃっちねぷたコンテスト作品の一つ。割と小ぶりなふらいんぐうぃっちねぷたが多い中で、これは最大級の大きさでしたね。


b_fwitch_p_1308.jpg


b_fwitch_p_1309.jpg

浦島太郎を題材にした可愛らしい組ねぷたですが、玉手箱を開けると蒸気があがり、青年が老人に変身しるからくり人形となっており、非常に高度なもの。


b_fwitch_p_1310.jpg


b_fwitch_p_1311.jpg


b_fwitch_p_1312.jpg


b_fwitch_p_1313.jpg

こちらは弘前のゆるキャラとしてふらいんぐうぃっち本編にも登場する「たか丸くん」です。


b_fwitch_p_1314.jpg


b_fwitch_p_1315.jpg

ふらいんぐうぃっちの舞台として登場する下湯口からほど近い相馬地区のねぷた行列です。ご覧の通り、相馬地区からも数台のねぷたが出ており、市中心部・郊外を問わず弘前市一帯から有志団体が祭に参加しているようです。


b_fwitch_p_1316.jpg


b_fwitch_p_1317.jpg

サラシを巻いた女性たちによる太鼓の一団は最終回でも描かれていましたが、実際のところ男性より女性の方が多い印象でちょっとした驚き。


b_fwitch_p_1318.jpg


b_fwitch_p_1319.jpg

青森ねぶたにも引けを取らない迫力ある組ねぷたが続きます。


b_fwitch_p_1320.jpg


b_fwitch_p_1321.jpg


b_fwitch_p_1322.jpg


b_fwitch_p_1323.jpg

そしてもう一つ目立ったのがこちらのふらいんぐうぃっち組ねぷた。箒やマンドレイクの再現など実に芸が細かいw


b_fwitch_p_1324.jpg

そんなこんなで次々と目の前を組ねぷた、扇ねぷたが通り過ぎていきますが、実際には扇は人力でグルグル回転する仕様となっており、引き手が巨大なねぷたをかなりのスピードで「ヤーヤードー!!」の掛け声とともに引いて回り、スリル溢れる様子はやはり写真だけからは伝えにくいですね。


以上、一気に参加ねぷたの一部(本当に一部です)をご覧いただきましたが、弘前ねぷたまつりの特徴の一つはそのほとんどが弘前市内の各町内、弘前大学などほぼ地元有志によって作成されたものであり、それだけで80もの参加があることだと言えます。行列も19時に開始して最後尾のねぷたが通過したのが21時過ぎと、想像以上の規模でした。また、今回ふらいんぐうぃっちねぷたコンテストに参加したねぷたも少し撮影しましたが、短期間の間にこれだけ準備・参加団体があったのは、ふらいんぐうぃっちに対する地元の理解と応援があったからでもありましょう。
これにてアニメ版ふらいんぐうぃっち舞台探訪記は全て執筆終了となりますが、コミック版はまだまだ続きます。アニメ版では放映されませんでしたが、鯵ヶ沢海水浴場に深夜ドライブする回など、魅力的なストーリーがありますので、次は再びコミック版の舞台をみなさまにご紹介できればと思います。



*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て石塚千尋・講談社・ふらいんぐうぃっち制作委員会にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント