10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有頂天家族2PV探訪

2017年 01月21日 17:01 (土)

b_uchoten2_c_op.jpg b_uchoten2_p_op.jpg
PV:鴨川デルタ飛び石




2013年夏に公開され人気を博したP.A.Worksによる森見登美彦原作『有頂天家族』。2015年ついに続編となる小説『有頂天家族 二代目の帰朝』が刊行されました。そして2017年春、再びTVに『二代目の帰朝』を原作として『有頂天家族2』が帰ってきます!
ストーリーは1期での夷川家による陰謀が潰えた翌年、新緑の季節から始まります。かつて100年前、赤玉先生こと薬師坊と親子喧嘩の末に英国に出奔した二代目が京都に帰朝。「天狗新時代」の幕開けに狸たちが騒然とする中、海外漫遊中だった弁天も帰国、そして人間ながら狸を化かす謎の男・天満屋の出現。京都を暗躍する「金曜倶楽部」。天狗と狸と人間の三つ巴。京都を舞台に再び繰り広げられるドラマ、この春見逃すことなかれ!

というわけで、今回はPVに登場した背景を紹介しましょう。


b_uchoten2_c_0012.png b_uchoten2_p_0012.jpeg
PV:大文字山
大文字山で文字通り大の字になって昼寝を楽しむ矢三郎。ここで「二代目」との運命的な邂逅を迎えるのですが…

b_uchoten2_c_0001.png b_uchoten2_p_0001.jpeg
PV:寺町通り商店街
1期でも登場している寺町通り、タリーズカフェの前あたり。

b_uchoten2_c_0002.png b_uchoten2_p_0002.jpeg
PV:四条花見小路付近
1期本編にはあまり登場しませんでしたが祇園界隈。

b_uchoten2_c_0003.png b_uchoten2_p_0003.jpeg
PV:四条大橋
こちらは正確には東華菜館上層階から四条大橋を眺めた風景ですね。

b_uchoten2_c_0004.png b_uchoten2_p_0004.jpeg
PV:狸谷山不動院
叡電一乗寺駅から詩仙堂を抜け、さらに奥地にある狸谷山不動院。

b_uchoten2_c_0005.png b_uchoten2_p_0005.jpeg
PV:狸谷山不動院
よく見ると矢三郎たちの母親の若き頃の姿のようですが…

b_uchoten2_c_0006.png b_uchoten2_p_0006.jpeg
PV:四条花見小路付近
人力車に振り落とされる矢一郎w

b_uchoten2_c_0007.png b_uchoten2_p_0007.jpeg
PV:加茂大橋
矢四郎は歩く間も本を読む勉強熱心ぶりw

b_uchoten2_c_0008.png b_uchoten2_p_0008.jpeg
PV:下鴨神社
そして今回も物語の中心となるであろう下鴨神社。1月初旬にはここで有頂天家族2イベントが開催されました。

b_uchoten2_c_0009.png b_uchoten2_p_0009.jpeg
PV:寺町通り商店街
今回も海星は阿呆な金閣・銀閣兄貴に振り回され、下鴨四兄弟にも振り回されながら活躍を見せるのでしょうか?

b_uchoten2_c_0010.png b_uchoten2_p_00010.jpeg
PV:京都南座
そしてこちらは赤玉先生と二代目の確執の原因となった100年前の南座での決闘のようです。

b_uchoten2_c_0013.png b_uchoten2_p_0013.jpeg
PV:大文字山
大文字山を駆け下りる矢三郎。

b_uchoten2_c_0011.png b_uchoten2_p_0011kai.jpg
PV:大文字山より京都市内
そしてPV最後を飾るのは如意ヶ嶽(大文字山)からの京都市内の眺めです。

以上になりますが、原作を読んだところでは今回も前回以上に登場場所が多岐にわたるようで、今から楽しみですね。京都の美しさ・楽しさをこれでもか!と見せつけてくれた『有頂天家族』1期の制作陣は、次はどのような京都の一面を見せてくれるのでしょうか。

*引用画像は全て比較研究目的で掲載しており、著作権は全て森見登美彦・幻冬舎、「有頂天家族2」製作委員会にあります、ので。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。