09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

key半島、その山奥にあったものは

2006年 08月21日 00:07 (月)

何の前触れもなく一週間ほど更新を休止していました。


聖地巡礼したり、実家に帰ったり、WF行ったりしてたのですが、数回に分けて一週間の報告をしたいと思います。


まずは12~13日のkey半島ツーリングから。


 


・key半島ツーリング


12日に岐阜を出発して海岸沿いにkey半島を一周、13日夜に京都入りしてその日うちに寝台列車で実家に帰省するという・・・今から考えれば無茶苦茶な計画でしたがとりあえずGO。


12日はひたすらバイクを走らせて半島南端目前の勝浦町で一泊。
翌日早朝出発して8時ころ潮岬到着。


20060820223633.jpg



モエも何もありませんが、半島南端かつ本州最南端ということで一枚。



その後2時間ほど走って白浜駅到着。


20060820230706.jpg



ねこねこの『ラムネ』に使用されたそうですが、プレイもアニメも見てないのでなんともはや。


そういえば、昨年美浜町を巡礼した時、某先輩に「行くなら南紀白浜とかフツーのところにしろっ!!」と言われたのですが、そこもしっかりと2Dの巡礼地となっておりました。



南紀白浜をぬけてしばらく走ると備長炭の里、みなべ町。
今回最大の目的地。


海岸沿いの国道から、山道を走ること30分。
山の谷間に集落がぽつぽつ点在する景色が続くと突如


IMGP1634.jpg


デジカメで、携帯でとりまくって看板のとおり進むと備長炭振興館に到着。


20060820223255.jpg



写真の左端に写っているのが我がサーヴァント、kawasakiのエストレア。


さて、バイクを降りて、なんか「それらしい」物はないかな~と周辺を散策すると


20060820223202.jpg


梅と備長炭がみなべ町の二大名産品だそうですが・・・梅のイメージキャラ酷くねぇ?びんちょうタンと並べちゃうとなぁ・・・。
梅がかわいそうっすよ。


さて、館の玄関に歩いていくとこんなもんが


20060820223954.jpg

ちげえねぇ、おれの求めるものがある、と確信して入ってみると・・・


ああ、


あああああっ!!


あるあるある!


びんちょうタンがいっぱい、というほどではないにしても、真面目な展示物に混じってしっかりコーナーが設けられている。
お土産もしっかり。


館の番をしていたおばちゃんと「暑いですね~。」とか言葉を交わしながら、びんちょうタン土産を購入。(現在今出川BOXにある・・・はず。)


その後、美浜町を一年ぶりに再訪して、浜で「ママ~」「みすず~」のシーンを思い出したりと。
何度来てもいいもんです、この浜は。


しかし、楽しいのはここまで。


和歌山市に入ったあたりから道が混みだして・・・奈良県に入ったあたりで列車時間に間に合うかぎりぎりの状態に。


しかも・・・
「えっ?うそ!雨!?」


降水確率30%なんで油断して雨具持ってこなかったところに夕立が。
ずぶぬれになって体力消耗した上に、列車時間にまにあわないことが確実なんで京都入りは断念。



奈良の従兄弟ん家で一泊して、翌日京都から実家に帰りました。

コメントの投稿

非公開コメント

2006年08月22日 00:48

みなべ町のびんちょうタンに対する
力の入れようはすごいものですなぁ。

2006年08月22日 01:25

全くもって感服するばかりです。

ご当地の熱気を感じるならこのページを。
全くもって感服するばかりです。

当の本人たちの意気込みを感じられるページはこちら。
http://www.kishu-binchotan.jp/minabe/