FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして伝説的シーンへ

2012年 05月26日 01:12 (土)

試験直前で更新がとまっていますね・・・

今回の試験、勝率5割といったところですが、多分受かっても二次試験前にここで燃え尽きそうです。


さて、久々アニメの話題。


先日サントラ紹介した『坂道のアポロン』ですが、もう今期ぞっこんです。

レコード店に並べてあったジャズレコードの名盤を逐一紹介しているサイトがあったので、参考に近くのツタヤで
レンタルしてipodに入れては試験勉強の合間にタバコ吸いながら聞いてます。
気分転換に最高!

そして今回第7話。

学園祭のシーンですが、アニメ史上に残る名シーンといっても過言ではないくらいの出来でしたね。


主人公薫が実行委員を務める文化祭のロックバンド演奏中、エレキギターの電気が断線するトラブル。
飽きて帰り始める客達にあわてるバンドメンバーに薫が
「慌てるな。つなぎは僕がするから電気が戻ったときの準備をしていろ。」
とピアノに座る。
そして弾き始めた「my favorite things」。
客達が何事かと聞き入り始めたとき、後ろからピアノに合わせてドラムが始まる。
ロックバンドに入ったため、薫と仲違いした千太郎であった。
二人のJAZZの競演。

bdcam 2012-05-26 00-52-07-718

bdcam 2012-05-26 00-53-35-390


bdcam 2012-05-26 00-51-45-640

bdcam 2012-05-26 00-49-45-406

bdcam 2012-05-26 00-57-02-046

bdcam 2012-05-26 00-52-32-187

bdcam 2012-05-26 00-55-44-546

「my favorite things」から始まって「some day my prince will come」「moanin」でシメるメドレー。

最高ですわっ!

おかえりなさいませ、なぎ様!!

2012年 05月03日 00:45 (木)

かんなぎ (7) (REXコミックス)かんなぎ (7) (REXコミックス)
(2012/04/27)
武梨 えり

商品詳細を見る


実に3年待った!

武梨えり先生の『かんなぎ』続刊。

あとがきで明かされていますが、武梨先生なんと

くも膜下出血
 だったという。


後遺症もないそうでよかったよかった。


武梨先生が宮城県出身、アニメ『かんなぎ』舞台が仙台周辺だったということで、
東北出身者のアニメファンにとっては産土様の象徴、震災復興の象徴でもあります!

武梨先生をはじめ、アニメ版の監督山カン先生も宮城で炊き出ししたりと、
本作をきっかけに交流の輪が広がったのは記憶に新しいところです。



さて、今月最終日曜日はいよいよ


公認会計士短答式試験


模試の結果も帰ってきてますがようやくC判定上位に入れた

Dか最悪Eだった12月より進歩しましたが、かなり当落ギリギリのライン。

本当にサイコロ転がすような気分です。(マークシート試験なだけに)

セッション!!

2012年 04月21日 02:24 (土)

51pr6c6eVWL__SS500_.jpg


ノイタミナで1960年代佐世保を舞台にした高校生とJAZZをテーマにした作品をやる、しかも製作陣が菅野ようこを始めとした『カウボーイビバップ』メンバー!
ということで非常に楽しみにしていた『坂道のアポロン』ですが、予想以上の良さです。

60年代が舞台にしては登場人物が洗練されすぎな感じもしますが、古く懐かしいような背景に在日米軍基地がある港町ならではの、そして60年代だからこそ日本人が感じていたアメリカの文化の香ばしさ。
そして第二話のJAZZ生セッションのかっこよさといったらもう・・・ね。

今月末早くもサントラ出るので必ず買いますよ。


さて、JAZZにまつわる話を少々。

うんちく語れるほどの知識は全くないのですが、バーに通うようになってからJAZZを聞くようになり、ちょくちょくCDレンタルで聞いています。
私は歴史的名曲を選ぶより最近の女性ヴォーカルの入った曲が好きなので、お気に入りは青木カレンですね。
バーにJAZZといえばある意味王道なのですが、それが逆に昔くさい、オヤジっぽいということでクラッシクにするとか、JAZZをかけないバーも増えてきてる気がします。
JAZZとバー。
ハイソとは離れた大衆文化の中で育ってきた二つのうち、日本のバーが最近はある種「芸術」の域までその技術水準はあがりつつありますが、それがクラッシクとか高級なものの仲間入りを目指しているのだとしたら、私は少し残念に思います。
JAZZを聞きながら酒が飲める、マスターと歓談する。でもある種の非日常を楽しめる空間。
それが私の愛するバーです。

さて、JAZZとバーといったら忘れられないのがイノセントグレイのゲーム『ピアニッシモ』

bdcam 2012-04-21 01-37-40-593

舞台は大戦前の昭和ですが(そんな昭和にこんなバーあるわけねぇだろ、てな突っ込みはおいておいて)東京神楽坂のとあるJAZZバーでのライブで幕を明ける展開は、エロゲとは思えぬスタイリッシュな作りこみで舌を巻きましたわ。

ちなみに、本作発売の年に、新宿でBGMに使用されているJAZZ曲のライブが行われたことは語り草になっているとか・・・。


というわけで、アニメから始まりJAZZとバーの話になりましたが結局エロゲの話で幕を閉じると・・・

護りたい空がある

2012年 04月02日 00:33 (月)

Ko-fuさんのお誘いで『ストライクウィッチーズ』劇場版見に行ってきました。

ストパン1期2期観てましたし、楽しんでいたのですがそれほどぞっこんだったわけではなかったので(ストパンファンにぶち殺されるかもしれませんが、実はウィッチーズの一部は顔と名前が以下略)、試験勉強時間削って見に行こうか迷っていたのですが、Ko-fuさんのお誘いを受けて「はい!行きます」。

でも見てよかった!

なんていうか

音!そしてパンツ!あ、パンツじゃねぇのか

発動機の爆音と機銃掃射音、これでもかとパンツアングルからネウロイに迫るウィッチーズの描写!

劇場でしかできないことをやってくれましたね。

☆4.0


で、別の話

『たまゆら』2期決定おめでたう!!

なんかこのままTVシリーズ終了で話題が下火になっていくのは非常に寂しいな・・・と思っていただけに、
飛び上がらんばかりの朗報でござるよ。

ラスエグ~銀翼のファム~ 感想

2012年 03月30日 02:55 (金)

ラストエグザイル-銀翼のファム-O.S.T.2ラストエグザイル-銀翼のファム-O.S.T.2
(2012/03/28)
黒石ひとみ、Hitomi 他

商品詳細を見る


なんだかんだで放映から一週間たってしまいましたが、
『LASTE EXILE 銀翼のファム』
最終放送を観ての感想、本日買ってきたサントラ2を聞きながら更新です。

*以下、激しくネタバレを含みますので、一応隠しで

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。